アコムの「クレジットカード(ACマスターカード)」のご紹介

2018年4月17日

アコムではクレジットカードとカードローンが一体となった「ACマスターカード」の発行を行っています。国際ブランドは安心のMasterCard(R)で、世界のあらゆるところで決済可能といった側面を持ちつつ、いざという時にカードローンの役割をしてくれるダブルの機能が付いたクレジットカードです。
今回はこの「ACマスターカード」について詳しく解説していきます。

目次

アコムの「ACマスターカード」の概要

アコムのカードローンとクレジットカードが一体となったのが「ACマスターカード」です。ショッピング利用限度額は最高300万円、カードローンの融資限度額と合わせて最高800万円まで設定可能です。年会費無料のクレジットカードでは非常に大きな利用限度額になっています。
「ACマスターカード」はリボ専用クレジットカードになり、リボ利用手数料は実質年率10.0%~14.6%となっており、カードローンの金利は別で最高実質年率18.0%の設定になっています。カードローンの金利は利用限度額で変動し、100万円未満の場合が実質年率18.0%、100万円以上の場合は実質年率15.0%と設定されています。
またカードローン機能が付いていない「ACマスターカード(ショッピング専用)」の発行も行っています。

「ACマスターカード」のメリット

クレジットカードとカードローンが一体となった「ACマスターカード」にはメリットがいくつかあるのでご紹介していきます。

■いざという時のためのカードローン機能
まずは大きな特徴の1つである、クレジットカードとカードローンが一体となっている点がメリットとして挙げられます。クレジットカードは現金化目的としての利用は禁止のため、クレジットカード1枚では現金を手にすることができません。一方でカードローン一体型の「ACマスターカード」であれば、キャッシングを利用して現金を借り入れることができます。緊急で現金が必要になった際の助けとなります。

■即日発行が可能
「ACマスターカード」は自動契約機「むじんくん」で当日審査、当日発行も可能です。申し込み方法は電話、インターネット、自動契約機であれば即日発行に対応してくれます。「むじんくん」は最大で22時まで営業していますが、もしどうしても当日にクレジットカードが必要という場合には、午前中に「ACマスターカード」の申し込みを済ませておくことをおすすめします。

■海外でのキャッシングにも対応
海外ではチップの文化がある国も多いため、現金がどうしても必要な場合がありますが、「ACマスターカード」では海外キャッシングにも対応してくれます。ただし、2010年6月17日以前に契約している方は、海外キャッシング利用に事前申請が必要になります。アコムの公式HPより「海外キャッシング利用申込書」に記入のうえ、郵送または店頭窓口にて提出するようにしましょう。

■年会費は永年無料で維持費0円
フリーキャッシングのカードローンで年会費のかかるものは少ないですが、クレジットカードには年会費がかかるものは多数あります。「ACマスターカード」はクレジットカード機能もありますが年会費は永年無料なので、維持コストはかかりません。

「ACマスターカード」のデメリット

メリットの大きい商品である反面、デメリットや注意点もあります。

■紛失リスクが一般のクレジットカードよりも高い
クレジットカードとカードローンが1枚のカードになっている点はメリットがある反面、紛失した際にクレジットカードの不正使用に加えてカードローンで不正借り入れされるリスクがあります。もし、カードを誤って紛失してしまった場合は、すぐにフリーコール(0120-07-1000)へ連絡し利用をストップしましょう。また海外での紛失、盗難時の連絡先はショッピングデスク(03-3221-9225)となります。

■リボ払い専用クレジットカード
「ACマスターカード」はリボ払い専用クレジットカードになります。そのためショッピング利用分はすべてリボ払いになります。リボ払いは毎月の支払金額を一定にし、月々の返済を均一にできる一方で、繰り越し分には日割りのリボ手数料がかかってきてしまいます。そのため、毎月設定返済金額以上に利用し続けてしまうとどんどん手数料が膨らみ、手数料ばかり払わなくてはならない事態となってしまいます。
しかし、毎月20日で締めた利用分を翌月6日までに支払いを済ませれば手数料はかかりません。絶対に手数料をかけたくないというかたは、ご自身で6日までに返済を行うようにしましょう。

「ACマスターカード」の申し込み方法

では実際に「ACマスターカード」を発行するためにはどうすればいいのか、申し込みについて解説していきます。

■申し込みの種類
申し込みの種類は、インターネット、店頭窓口、無人契約機、郵送の4種類があります。即日のカード発行が必要な方は、インターネットか店頭窓口、無人契約機での申し込みを選択しましょう。近くに店頭窓口やや無人契約機がないという方は、インターネットか郵送で申し込みを行い、カードは郵送してもらう方法もあります。

■申し込みの流れ
インターネットの場合は、公式HPへアクセスし、申し込みフォームより必要事項を記入して送信します。審査結果がわかり次第、アコムよりメールか電話にて審査結果の連絡が入ります。審査通過の場合は店頭窓口か無人契約機へ本人確認書類を持っていけば契約完了となり、その場でカード発行が可能です。電話、店頭窓口の場合も必要事項を申請し、審査結果後の対応は同じです。
郵送の場合は電話にて申込用紙を手配し、その申込用紙へ必要事項を記入し、郵送にて申し込みを行います。審査結果は電話にて通知があり、登録住所へ契約書類とカードが郵送されます。

■申し込みに必要な書類
申込みに必要な書類は以下の通りです。
1.本人確認書類(自動車運転免許証もしくは健康保険証)
2.収入証明書(源泉徴収票や給与明細や所得証明書)
1の本人確認書類はすべての場合で必要になります。2の収入確認資料はカードローン利用限度額が50万円を超える場合、または他社含めて借り入れ金の合計が100万円を超える場合には収入証明書の提出が義務付けられています。

「ACマスターカード」と「キャッシング専用カードローン」の比較

クレジットカードと一体となった「ACマスターカード」と「キャッシング専用カードローン」を比べてみます。

■「キャッシング専用カードローン」の概要
金利は実質年率3.0%~18.0%で、融資限度額800万円までのカードローンです。「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」が申し込み条件となっています。資金使途は自由で融資限度額の範囲内で何度でも借り入れ、返済が可能です。
また、契約日の翌日から30日間は金利0円といったサービスも行っています。「ACマスターカード」同様に即日契約、即日発行も可能で、緊急時にも対応できる商品です。
注意点として消費者金融のフリーキャッシングとなるので、消費者金融全体から年収の3分の1を超える借入を行ってはならないという総量規制の対象になります。例えば年収300万円の人がすでに他社で40万円借りているような場合にはアコムからは60万円からしか借りることはできず、アコム単体でも100万円を超える融資限度額の契約はできないといった規制があります。

■「ACマスターカード」と「キャッシング専用カードローン」の違い
「ACマスターカード」はクレジットカードで、「キャッシング専用カードローン」はカードローンですので、買い物に利用することができるカードとお金を借りるためのカードという違いがあります。
「ACマスターカード」をカードローン付にすれば、「ACマスターカード」も「キャッシング専用カードローン」の機能を兼ね備えることとなります。

お財布の中にたくさんのカードを持ちたくない人には「ACマスターカード」がおすすめ

「ACマスターカード」はクレジットカードとカードローンを1枚のカードにすることができるため、管理が楽になります。アコムのカードローンの返済と同時にクレジットカードの支払いもでき、毎月1回の返済方法の他にも35日ごとの支払いも選択できます。また、アコムのカードと同じようにATMから支払いを行うことができます。
緊急時の借り入れ用のカードローンとお買物用のクレジットカードを1枚で管理したい方には「ACマスターカード」がおすすめです。

カードローンの機能のみ必要な方は「キャッシング専用カードローン」がおすすめ

借り入れのみで利用したい方は「キャッシング専用カードローン」のみで大丈夫です。「キャッシング専用カードローン」も「ACマスターカード」も年会費無料で持てるので、クレジットカード機能のある「ACマスターカード」は所持しているだけであれば問題ないのですが、ショッピング利用した場合にリボ払いになることには注意しなければなりません。もしメインで利用しているクレジットカードは別で持っているのであれば「キャッシング専用カードローン」のみの利用がおすすめです。

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムに関する記事

絞り込み条件で探す