こんな人はアコムの無利息期間を使うべき!適用条件から節約利息まで解説

2018年4月18日

大手消費者金融では、一定期間もしくは一定の条件下で無利息になることはご存知でしたか?その無利息ローンの認知度も徐々に広がりを見せています。
大手消費者金融のアコムもこの例に漏れず「30日間金利0円サービス」を設けています!

ここではその適用条件や、様々な他のカードローンと比較した節約金額などを分かりやすく解説し、どんな方に向いたサービスなのかを明らかにしていきます。

アコムについて詳しく知りたい方はこちらから

目次

アコムを通常利用した場合の金利は3.0%〜18.0%

アコムでは利用者の状況に応じた複数のローン商品を提供していますが、メインとなるカードローンでは実質年率が3.0%~18.0%です。
審査結果によって申込者それぞれの金利は異なりますが、この幅の中で決定されます。基本的には、契約限度額が高ければ高いほど金利が低くなる傾向にあります。

具体的な金利は下記の通りです。

契約極度額(限度額) 貸付金利(実質年率)
501万円〜800万円 3.0%〜4.7%
301万円〜500万円 4.7%〜7.7%
100万円〜300万円 7.7%〜15.0%
1万円〜99万円 7.7%〜18.0%

※平成28年7月4日以降に契約された方に適用されている金利です。それ以前に契約された方の金利とは異なる場合があります。

では無利息期間が適用された場合は、具体的にどの程度お得になるのか、知りたくなりますよね。
その説明は下の「無利息期間があると、どれくらいお得になるのか比較検証」で行なっていますので、気になる方は先にそちらをご確認下さい!

さて、先ほどの金利(実質年率)は、何も消費者金融の中で特段高いわけではありません。むしろ各社横並びといって良いでしょう。
そこで特に大手では、無利息期間を設けて実質年率以外で新規顧客にメリットを提供しているのです。

次に、アコムの無利息期間はどんな方に適用されるのかという条件や、具体的な適用期間について見ていきましょう!

無利息期間が適用される条件と、期間についての注意点

アコムで無利息期間が適用される条件

まずは、どんな人であればアコムの無利息期間が適用されるのかを具体的に確認しておきましょう。
「無利息期間だと思ったから借りたのに、適用されなかった」なんてことになっては悲惨ですよね。

簡単にまとめると、ポイントは以下です。

1. アコムでの契約が初めてであること
2. 返済期日で「35日ごと」を選ぶこと
3. 契約する商品が「無担保カードローン」であること

これではよく分からないと思いますので、下記でそれぞれ具体的に説明していきます。

簡単に言えばアコムの無利息期間は、最大30日、初回利用者限定で適用されるサービスです。
これだけ見ると簡単そうですが、注意しておかないといけない事項がいくつかありますので、ここではできるだけ分かりやすくそれらを解説していきます。

アコムの無利息期間は、「アコムでの契約が初めての方」にのみ適用

タイトル通りですが、「30日間金利0円サービス」は、アコムと契約をするのが初めての方のみに提供されるサービスです。
どれだけ前の話であっても、アコムからお金を借りたことがある方には、アコムの無利息期間は適用されませんのでご注意下さい。

返済期日は「35日ごと」を選ぶことが必須!

さらにもう1つ利用条件があります。それは、「返済期日を『35日ごと』にすること」です。

さて、アコムで選べる返済期日を分類すると下記のようになります。

・返済した翌日から数えて35日後が次の返済期日となる「35日ごと返済」
・毎月一定日が返済期日となる「毎月指定期日」
・毎月6日に口座から引き落とされる口座振り替え

カードローンを利用する際に多くの方が恐れることの一つに、「返済が遅れてしまうこと」があると思います。
返済期日を忘れてしまっても大丈夫なように、できるだけ口座振替を選びたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、アコムで無利息期間を適用してもらうためには、残念ながら口座振替は選択できません
何故なら、口座振替を選択すると、自動的に返済日が「毎月6日」となってしまうためです。
※6日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日が口座振替日となります。

改めて、アコムの無利息期間を利用したい場合は『35日ごと』返済を選ぶようにしましょう。

無利息期間があるのは「無担保カードローン」のみ

「無担保カードローン」とは何なのだろう?と思う方も多いと思いますが、アコムのラインナップで言えば、通常の「カードローン(キャッシング専用アコムカード)」のみが該当します。

逆に、クレジットカード(ACマスターカード)や、ビジネスサポートカードローン、借換えローン(貸金業法に基づく借換え専用ローン)は無利息期間の対象にはなりませんのでご注意ください。

注意!無利息期間は「契約日の翌日」から30日間!

最も注意するべきなのが、無利息期間がどのタイミングで始まるのか、という点です。
よくある勘違いは、「実際にお金を借りてから30日間が無利息期間だろう」というものです。

実際には、アコムの無利息期間は「契約日の翌日から30日間」となっています。
つまり、30日間の無利息期間を有効に活用するためには、審査に通過した翌日からカードローンを利用する必要があるということです。

念のためもう一度書きますが、アコムの無利息期間はカードローンの利用開始日からではなく、契約日の翌日から30日間です。
申し込むタイミングと借り入れを行うタイミングは出来るだけ間を開けないように調整しましょう。

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

無利息期間があると、どれくらいお得になるのか比較検証

アコムの無利息期間については分かったけど、実際にはどれだけお得になるのかよく分からない!という方のために、少額を借りる場合にどの程度差が出るのかを計算してみました。

5万円を借りて、1カ月で一括返済した場合

まずは5万円を借りて、1カ月で返済しきる場合を考えてみましょう。
ちなみに、カードローンの金利は実際には日ごとに加算されるので、下記の式で計算できます。

金利 = 残高 × 年率 ÷ 365 × 借入日数

さて、支払うことになる金利を、

・無利息期間が適用されたアコム(年率18%)
・一般的な消費者金融(無利息期間無し、年率18%)
・一般的な銀行カードローン(無利息期間無し、年率14%)

で比較したのが下記の表になります。

アコム
(無利息期間適用)
一般的な消費者金融
(年率18%)
一般的な銀行カードローン
(年率14%)
1ヶ月目 ¥0 ¥740 ¥575

無利息期間のない消費者金融に対しては740円お得、銀行カードローンに対しては575円お得になることがわかります。

10万円を借りて、1カ月で一括返済した場合

上記と同様に、10万円を1カ月で返済したときの支払金利は下記のようになります。

アコム
(無利息期間適用)
一般的な消費者金融
(年率18%)
一般的な銀行カードローン
(年率14%)
1ヶ月目 ¥0 ¥1,479 ¥1,151

この場合は無利息期間のない消費者金融に対しては1,479円お得、銀行カードローンに対しては1,151円お得になります。

1,000円を越えてくると、無利息期間のお得感が少し増しますよね。

無利息期間の注意点まとめ

上記でも検証したように、条件を満たした初回利用者ならお得に利用できるアコムの無利息期間ですが、注意点がいくつかあります。

無利息期間の開始時期には気をつけよう

1つ目は、先ほども言及しましたが、アコムの無利息期間の30日は「契約日の翌日から30日」ということです。

無利息期間や無利息ローンには、会社によって「契約日の翌日から」と「初回利用から」の2種類があります。

アコムの無利息期間は「契約日の翌日から」30日間であるため、例えば契約してから20日たった後に急にお金が入り用になったとしても、無利息期間は10日分しか残っていない事になります。

無利息期間が延びることはない!

2つ目の注意点としては、無利息期間中の金利の扱いです。

まず、無利息期間中の金利ですが、30日の間は何度利用しても無利息が適用されます。そのため、無利息期間の30日間であれば、借り入れや返済を繰り返したり、追加の借り入れを行ったりしても、金利は発生しません

ただし、2回目の借り入れをしたからといって、無利息期間が伸びることはありません。あくまでも、契約日の翌日から30日間であることを忘れないでください。

また、無利息期間だからといってむやみに借り入れをしたり、限度額いっぱいになるまで借り入れしたりするのは禁物です。無利息期間が終了すれば、当然通常の金利が加わります。無利息終了時の残高で金利計算がされますので、無利息だからといって無計画な借り入れなどは行わないことが大切です。

規定通りの返済では金利が発生してしまう!

3つ目は、無利期間中の返済の扱いについてです。

アコムは、無利息期間の適用条件として、35日間ごとの返済を定めています。そのため、無利息期間中に返済日を迎えることはありません。
もちろん繰り上げ返済をすることは可能ですので、利息を発生させたくない場合は繰り上げ返済をしましょう。

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムの無利息サービスを利用すべき人、そうでない人

ここまで、アコムの無利息サービスについて解説してきました。
要点を簡単に理解頂くため、どんな人がアコムの無利息サービスを利用すべきで、どんな人にはオススメできないのかをまとめてみます。

アコムの無利息サービスの利用をオススメできる人

・アコムをこれまで一度も利用したことが無い方
・必要な金額が少額の方 (5万円〜10万円程度)
・無利息期間内、もしくは無利息期間を含む2カ月程度に返済の目処が立つ方
・期日を忘れずに返済できる方
・契約してすぐに借りる予定の方

アコムの無利息サービスをオススメできない人

・必要な金額が数十万単位の方
・今後も何度か借入の予定がある方
・期日を守るのに自信が無く、引き落とし返済を希望する方

アコムの無利息期間に関する疑問

無利息で借りる時に収入証明書は必要?

アコムでは無利息期間を利用するかどうかに関わらず、借入希望金額・限度額が50万円以下であれば収入証明書は原則不要です!

但し、「原則」ですので、例えば申告した収入に疑問のある場合などについては、収入証明書の提出を求められる可能性もあります。

また、他の金融機関で借入がある際にも、提出が必要になる可能性があります。アコムは消費者金融ですので、総量規制のため借り入れする人の年収の3分の1以上は貸し出すことができないのがその理由です。

他社借り入れがあっても大丈夫?

3,4社から借入があったり、1社であっても多大な金額を借りていたり、他社への返済を大幅に・もしくは何度も延滞していたり、すでに総量規制ギリギリまで借り入れていたり、といった実績が無ければ、基本的には問題は無いと思われます。

ただし、上記でも簡単に触れましたが、アコムでの借入希望金額・限度額が50万円以上であったり、他社借入との合計で100万円を超えていたりする場合には、収入証明書が必要になります。

まとめ

・アコムの無利息期間は「契約日の翌日から」30日間である
・利用条件として返済期日「35日ごと」で契約をしなければならない
・上記返済サイクルでは利息が発生するので、本当に無利息にするには繰り上げ返済が必要
・アコムの無利息期間なら、1ヶ月内に返済すれば一般的な銀行カードローンよりもお得

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムに関する記事

絞り込み条件で探す