アコムの金利を計算!利息一覧で素早くチェック!

アコム 金利

2017年5月12日

消費者金融業界のシェアの上位にいるアコム。その金利や利息は、これからカードローンの利用を検討する方にとって、非常に気になるところだと思われます。
そのため、ここではアコムの金利や利息に重点を置いて解説を行なっています。アコムの利用で後悔しないためにも、しっかりと内容を把握しておきましょう。

目次

アコムの金利はいくら?

アコムの金利は、年率「3.0%~18%」。昨今の消費者金融の金利を見ても平均的な数値となっています。また、金利は利用限度額が大きいほど低い金利が適用されます。
ちなみに、アコムを初めて利用される方は、限度額50万円で18%の金利が適用される事が多いようです。


・アコムの借入限度額と適用金利

限度額 1万円~30万円 30万円超~100万円未満 100万円~800万円
貸付利率 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~15.0%

アコムで50万円を年18%で借りる時の利息はいくら?

では、初めてアコムを利用される方が、アコムで50万円を年18%で借りた時の利息はいくらになるのかを見てみましょう。

アコムで50万円を借りた場合、毎回の返済額は「借入金額の3.0%以上」となっています。つまり、50万円を借りたら最低でも毎回1万5,000円ずつ返済する必要があります。
そして、この金額を完済まで支払い続けた場合、利息の総額や返済期間などは以下のようになります。

・50万円かりた場合の返済期間や利息総額(毎回1万5,000円の返済)

返済期間(返済回数) 返済総額 利息総額

3年11ヵ月(47回)

698,327円

198,327円

※アコムのホームページには、毎月の返済金額や返済回数を細かく計算出来る返済シミュレーションが用意されています。そのため、返済回数、返済総額、利息などが気になる方は一度利用してみることをオススメします。

大雑把な利息が計算できればそれで十分という方にオススメの計算方法

利息は気になるが、返済シミュレーションなどを使うのは面倒という方もいるかと思われます。そんな方に、大体の利息が簡単に分かる計算式を紹介します。
以下の計算式を使えば、1年間で発生する利息を簡単に割り出すことができるため、大まかな計算でいいと思う方は是非活用してみてください。

・「借入金額×実質年率=1年間の最大利息」

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

アコムの返済早見表

ここでは、アコムで借入を行なった場合の返済期間、返済総額、利息総額を分かりやすく一覧にしました。それぞれ、10万円、30万円、50万円、100万円の借入金額でシミュレーションを行っているので、ご自身が借りる金額と、毎月の返済額に近いものを参考して下さい。


借入条件
・金利 10万円~50万円までは年18%、100万円の場合は年15%
・返済周期は毎月ごと

10万円を借りた場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額

5,000円

24回

119,772円

19,772円

8,000円

14回

111,565円

11,565円

10,000円

11回

109,158円

9,158円

20,000円

6回

104,750円

4,750円

30万円を借りた場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額

13,000円

29回

370,993円

70,993円

15,000円

24回

359,332円

59,332円

20,000円

18回

342,404円

42,404円

30,000円

11回

327,483円

27,483円

50万円を借りた場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額

15,000円

47回

698,327円

198,327円

20,000円

32回

631,374円

131,374円

35,000円

17回

566,594円

66,594円

50,000円

11回

545,806円

45,806円

100万円を借りた場合

毎月の返済額 返済回数 返済総額 利息総額

30,000円

44回

1,301,674円

301,674円

50,000円

24回

1,157,936円

157,936円

80,000円

14回

1,094,238円

94,238円

100,000円

11回

1,075,025円

75,025円

ここまでの結果をみても分かるように、毎月の返済額を少し上げただけで、返済回数や利息は大幅に減少します。そのため、利息を抑えたいと考えている場合には、通常よりも多めに返済するということが大事な要素になると言えます。

アコムの返済で知っておきたい3つのこと!返済期日・方法・金額

アコムの金利を引き下げたいなら増額する

アコムの金利を引き下げる方法は単純です。金利を引き下げたいのであれば、限度額を引き上げましょう

限度額の引き上げは、増額審査に通る事で可能になります。審査のため、当然落ちてしまう事もありますが、無事審査に通れば限度額の引き上げと共に金利の引き下げが行われる可能性があります。
※必ず金利が引き下げられるわけではありません。場合によっては限度額の引き上げのみとなる事があります。

アコムで利用限度額を増額する方法

利用実績によって金利引き下げが行われる場合もある

アコムの金利・利息を引き下げるには、返済実績を重ねることも重要です。
融資をした側(アコム)にとって、貸し付けたお金が期日に返ってくるということは、とても大切なことです。そして、きちんと返してくれる利用者ならば、また貸しても良いという信用が生まれます。

さらに、返済実績がある利用者は、他の金融機関に移ってもらいたくないという理由もあるため、これまでの金利を引き下げることもあるようです。
つまり、アコムにとっても利用者にとっても、継続的に利用していれば、お互いにメリットがあるというわけです。

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

金利の引き下げは借入額が大きくなるほど恩恵を受ける

金利が下がると利息が少なくなるため、お得な借入が可能になります。特に、借入額が大きければ大きいほど、金利引き下げによって受ける恩恵は大きくなります。

10万円を借りて毎月5,000円を返済した場合

金利 返済回数 返済総額 利息総額

年18%

24回

119,772円

19,772円

年7.7%

22回

107,358円

7,358円

年7.7%の金利で借りた場合、年18%で借りるよりも利息が12,364円お得になる。

100万円借りて毎月30,000円を返済した場合

金利 返済回数 返済総額 利息総額

年15%

44回

1,301,674円

301,674円

年7.7%

38回

1,128,759円

128,759円

年7.7の金利で借りた場合、年15%で借りるよりも利息が172,925円もお得になる。

アコムには金利がゼロになるお得なサービスがある!

アコムには、初めてアコムを利用する方の金利がゼロになる「30日間金利0円サービス」があります。
この金利0円サービスを利用すると、サービス期間中は金利が免除されるため、いくら借り入れを行っていても利息が0円になります。

そのため、アコムをお得に利用したいという方に大変魅力的なサービスとなっています。

こんな人はアコムの無利息期間を使うべき!適用条件から節約利息まで解説

金利0円サービスの開始日と条件について

アコムの「30日間金利0円サービス」は大変お得なサービスですが、注意点として以下の2点の事を踏まえておきましょう。

・初めてアコムを利用される方で、返済期日を「35日ごとの返済」に指定した方のみに適用
・30日間金利0円サービスの開始日のタイミングは「契約日の翌日」から

まとめ

・アコムの金利は、年率「3.0%~18%」
・初めてアコムを利用する場合、限度額50万円で18%の金利が適用される事が多いとされている
・通常よりも多めに返済することで、利息が減りやすくなる
・限度額を増額することで金利の引き下げに繋がる
・アコムには、初めての利用で30日間金利がゼロになるサービスがある

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • おまとめ・借り換えローンの金利を徹底比較!

    生活が苦しくてカードローンで借り入れ、返す目処が立たなくなり他の業者でも借り入れて返済…というようにして、いつの間にか複数の消費者金融や銀行カードローンで借り入れをしていた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。複数社から借り入れをしていると、各社の金利や返済金額、返済日がバラバラになってしまうため、どうしても管理が煩雑になってしまうもの。こうなると、いかに管理が上手い方でもどこかでほころびが生じ、思わぬ延滞などに繋がってしまうこともあります。そんな方のために用意されているのがおまとめローン!テレビコマーシャルでもしばしば宣伝されているおまとめローンですが、実際に選ぶ場合には金利や融資スピード等をしっかり比較することも必要です。ここでは、各社のおまとめローン、借り換えローンを気になるスペックで細かく比較が可能です!更に、そもそもおまとめローンとは何か、実際に利用するとどんなメリット・デメリットがあるのか、消費者金融・銀行カードローンそれぞれでおまとめ・借り換えを考える際の注意点などについても解説しています。

  • 銀行カードローン金利徹底比較!本当に低金利な銀行はどこ?

    銀行カードローンと言えば、消費者金融よりも金利が低いという印象が強いですよね。実際、銀行カードローンでお金を借りたい!という方の殆どは、できるだけ低金利でお金を借りたい方々だと思います。しかし、同じ銀行カードローンの中でも金利にはかなりの差があります。このページでは主要な銀行カードローンについて、最低金利と最高金利、借入限度額やおまとめが可能かどうか、といったスペックで比較可能です。

  • 低金利のカードローンをご紹介

    お金を借りる際に必ず付いて回るのが「利息」です。出来ることなら利息は抑えたいと誰もが思うことだと思います。ただし、実際の金利の仕組みなど、よくわからずに借入をしている方が多いのも事実です。しかし、この利息、金融機関や借入額によっては支払う金額が数千円から数万円変わってくることもあります。本特集ではその金利の仕組みと、実際にいくらくらいかかるものなのか、解説していきます。

このページと合わせてよく見られている記事

基本知識に関するページ

企業に関するページ

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す