アコム会員ページで出来ること7選

2016年7月12日

アコムとカードローン契約を結ぶとその後の取引状況確認などを専用ページで行うことができます。今回はその会員が利用する専用ページで出来ることをまとめました。

目次

振込み融資

インターネット上での申請で口座への振り込みによる融資を利用する事が出来ます。受付時間は土日祝日関係なく24時間いつでも受け付けており、手数料も0円となっています。振込先の口座が楽天銀行の場合、一年通してほぼ24時間の間、最短1分程度の即時振込みが行われます。
ただしほかの銀行や信用組合の口座においては二時半(ゆうちょ銀行では二時)までに申し込みを行わないと、振り込みが翌営業日の9時半(ゆうちょ銀行の場合12時)となってしまいます。
楽天銀行の口座を持っていない方や土日祝日に即日融資を受けたい方は、ローンカードを利用して提携ATMなどで借り入れを行いましょう。

ローンの返済

アコムではインターネット決済サービスであるPay-easyを利用した返済が可能となっています。
利用方法は返済金額の確認と返済額の決定を行い、次に利用可能なインターネットバンキングを選択して返済手続きを行うだけです。
このサービスを利用可能な銀行はインターネットバンキングに対応している銀行や信用組合となっています。そのため、利用する際にはインターネットバンキングの口座を作る必要があります。
インターネットを利用しての返済は原則として24時間利用可能ですが、月曜日の1時から5時や第三日曜日の夜0時から6時など特定のメンテナンス日では利用することが出来ないので注意しましょう

限度額の増額申請

アコムでは利用限度額の増額申請も来店不要で会員ページから利用する事が出来ます。増額を行う場合でも再度審査が行われるので、申請内容によっては収入証明書などを新たに求められたり、審査に通らなかったりする可能性があります。
ちなみにアコムでは、半年に一回自動審査が行われて増額の対象となる可能性がある人物の会員ページに増額可能というお知らせメールが届きます。ただしこのメールは自動審査で送られてくるため、メールを受け取った人すべてが増額可能なわけではなく、本番の審査では通らない方もいます。

収入証明書の提出

利用限度額の増額や新規契約の際に必要となる場合がある収入証明書の提出も会員ページから行う事が可能です。方法としては事前にデジカメやスマホなどで書類を撮影して保存して会員ページよりアップロードするという形になります。
またアコムは他にもスマートフォンアプリを提供しており、スマホから直接収入証明書を送る事も可能です。
不鮮明な場合など再度送信を求められることがあるので、撮影の際は書類の文字が鮮明に映るように心がけましょう。
また個人番号(マイナンバー)が記載されている場合、マイナンバーの部分だけ隠して送る必要があります。

メールサービスへの登録

会員になるとアコムが提供している返済日などを通知してくれるメールサービスを利用する事が出来ます。アコムでは土日祝日を除いた三営業日前と返済当日、そして返済期日が過ぎた後の三通のお知らせが届きます。
他には各種キャンペーンや新商品の情報、そしてアコムが提供するクレジットカードであるACマスターカードを所持している方は更新情報も届きます。

利用明細の確認・受け取り

アコムでは利用明細を配達等で受け取りたくないという方の為に明細書の電磁交付を行っています。確認できる内容はカードローンの借入に関する情報とクレジットカードのショッピング枠の利用情報、そしてそれらの返済や入金情報です。
ATMなどで直接明細書を出している場合は記載されないなど不便な点はありますが、家族に隠れて利用したいという会員にとっては心強い味方です。

各種登録情報の変更

その他にも会員ページでは氏名や住所、勤め先などの基本的な登録情報の変更や暗証番号の変更が可能です。その他の対応についてはフリーコールに連絡しましょう。

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムに関する記事

絞り込み条件で探す