アコムの審査時間を早める4つの方法

2016年7月18日

審査と借り入れまでの早さが売りのアコムですが、さらに少しでも審査を早める手段を4つ紹介します。

目次

【1】時や場所によって申し込み方法を選ぶ

家にいる場合ならパソコン、外出中に申し込む場合はスマートフォンがいいでしょう。店舗や自動契約機は営業時間という制約がありますが、インターネットならば、アコムは24時間365日と1年を通して審査受付を行っています。深夜帯などの店舗業務時間外に申し込みだけ済ませておくことも可能です。その状況に応じて、もっとも早く申し込みを終えられる方法を選択しましょう。

【2】申し込みが混みあう曜日・時間帯を避ける

審査の早さが売りのアコムであっても、やはり申し込みする人が多ければ多いほど審査時間は長くなります。そのため、申し込みで混みあう曜日・時間を避けるのは、審査を早める1つの手段として有効です。
夕方頃は申し込みが多く、審査も混みやすいとも言われているため、できれば午前中までに申込を完了させておくのが良いでしょう。

【3】在籍確認を省略できるかお願いする

アコムへの申し込みが終わると、必ず本人確認の電話がきます。その後に、審査の一環で勤務先に在籍確認の電話連絡が来るのですが、勤務先で電話を受けられなかったり、電話を繋いでもらえなかったりとスムーズに進まない場合があります。
そこで、本人確認書類の提出と同時に源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書を提出することで、在籍確認の代わりとして認めてもらえないか相談してみましょう。電話での申し込みならそのまま伝えれば大丈夫ですが、インターネットで申し込んだ場合は、アコムから本人確認の電話が掛かって来ますので、その際に相談すれば良いでしょう。もちろん、在籍確認を収入証明書で代用してもらうにはそれなりの理由も必要になりますので、しっかり誠意をもって伝えましょう。

【4】借入希望額に気をつける

「アコムでの借り入れ希望金額が50万円以上」または「アコムでの借り入れ希望金額と他社での借り入れ金額と合わせて100万円以上」になる場合に収入証明書が必要になります。この場合は、より審査時間もかかる可能性があります。急ぎの場合は収入証明書が原則的に必要ない条件で申し込み、申し込みを完了させてから限度額アップを希望するなど工夫しましょう。
またこの収入証明書を用いた審査は希望金額に対してだけでなく、返済能力が疑わしいときにもアコム独自の判断で行われます。信用情報に他社での延滞記録がある場合や、年収に対して希望金額が大きい場合には、同様に収入証明書が審査に必要となることがあります。信用情報の内容を申し込み時に意図的に変えることはできませんが、希望金額を下げることはできます。そこで申し込み時の希望金額を最小限の必要な金額に抑えることで、これを回避する可能性を高めることができるかもしれません。
大きな金額を借りられるのはもちろん理想ですが、アコムに対しての信用がまだ築かれていない新規の申し込みの時点で希望してしまうと、やはり審査が慎重になってしまう場合があるので、「まずは少額から」と考えることが大切です。

まとめ

・24時間申し込み可能なインターネットやフリーコールを有効活用する
・夕方は申し込みも多いので、そのような時間は避ける
・限度額を少額にするなど、審査がなるべく短縮されるように意識する

限度額50万円以下なら所得証明書不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

アコムに関する記事

絞り込み条件で探す