初めてのアイフル!申し込みの流れをひと通り教えます!

アイフル 初心者

2017年6月26日

キャッシングを初めて利用する時にはどうやって申し込むか分からないと不安になるものです。そこで今回は、初めてアイフルを利用する方にも分かりやすいように、申し込みや審査の流れを解説していきます。

目次

アイフルの申し込みの流れ

アイフルの申し込みはその他ローンと比べても簡単で、以下のような4ステップで申し込み~借り入れを完了する事ができます。そのため、早ければ申し込みから1時間程度で融資を受ける事も可能となっています。※審査状況によっては長くなる事があります。

1.申し込み
インターネット・電話・店舗で申し込み手続きを行う事が可能。おすすめはインターネットで、インターネットなら申し込みを24時間受付けているので、時間を気にすることなく申し込みが行えます。詳しくはこの後の段落でご紹介していきます。

2.審査
申し込み手続きが完了したら、アイフルから本人確認の電話が掛かってきます。その後、審査に入ります。アイフルの審査は、早ければ最短30分で完了します。
そして審査を終えると、電話またはメールで結果連絡が行われます。

3.契約・カード発行手続き
無事、審査に通った場合、契約・カード発行手続きに入ります。
インターネットや電話で契約手続きを行う場合、カードは後日郵送となります。一方、無人契約機の場合はその場でカード発行が行えます。そのため、お急ぎの方は無人契約機での契約・カード発行がおすすめです。

4.借り入れ
カード受け取りが完了したら、アイフルATMや提携ATMですぐに借り入れを行う事が可能になります。また、アイフルは口座振込で融資を受ける事も可能です。
※口座振込の場合、平日の14時頃までに振込予約を完了していないと、翌営業日の振込になるため注意が必要です。

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 500万円 4.5%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アイフルの3つの申し込み方法

アイフルの申し込み方法には「インターネット」「店舗」「電話」の3つがあり、自分の好きな申し込み方法を選択できます。

インターネットなら24時間申し込み可能

インターネット申し込みは、24時間365日いつでもPC・スマホ・携帯電話を利用して申し込む事が可能となっており、メールまたは電話で審査結果を確認する事になります。

インターネットで申し込みの場合、借り入れを行うためのカードの受け取りは、郵送または店舗受け取りを選択可能です。
※受付時間によっては、翌営業日以降の融資になります。

店舗には有人・無人の2種類がある

アイフルの店舗には有人店舗と、無人契約機を設置している無人店舗の2種類があり、その多くは無人店舗となっています。無人とは言っても契約機横に設置されている電話を使って、オペレーターと相談しながら申し込みを行えるようになっています。

店舗申し込みの場合、申し込み・カード受け取り・借り入れまで、全てその場で行う事が可能となっています。

電話申し込みには女性専用ダイヤルもある

アイフルの申し込みダイヤルは、一般の方のためのダイヤルと女性専用のダイヤルが用意されています。女性専用ダイヤルは、対応するオペレーターが女性となっており、女性が申し込みを行う場合でも相談などがしやすくなっています。

申し込み時の注意点

申し込みの際には、氏名・住所・勤務先などの個人情報を登録する事になります。アイフルはこの情報をもとに審査を行うのですが、登録した情報に間違いがあると審査に影響が出てしまうため、登録情報の間違いには注意して下さい

アイフルの申し込みで必要になる事

アイフルに初めて申し込む際には、以下の書類やチェックが必要になりますので、事前に準備しておきましょう。

年収の3分の1以内になるかどうかチェック

消費者金融からの借入れは、年収の3分の1を超えることができない総量規制という制度により規制されます。そのため申し込む前に自分が借りたい金額が年収の3分の1を超えていないかをチェックしましょう。
また、総量規制では、借入先全てからの借入額の合計で年収の3分の1を超えることができません。

例えば、年収300万円の人は100万円までしか借りることができません。その上で、消費者金融カードローンやクレジットカードキャッシングで既に50万円を借りている場合には、アイフルでは残り50万円までしか借りることはできません。

本人確認書類の準備

本人確認書類は申込の際は必ず必要になる書類です。具体的には以下の書類を指します。
運転免許証、健康保険証、パスポートなどの、氏名・生年月日・住所等の情報が確認できる、公的な機関が発行した書類を示します。引っ越したばかりで本人確認書類の住所が変更されていない場合は、「氏名」と「現在住所」の両方が記載されている書類(公共料金の領収書、住民票の写しなど)も合わせて準備しましょう

収入証明書類が必要かどうか借入れ金額をチェックしよう

一度に50万円を超える借入れを行う場合、または他社との借入額の合計が100万円を超える場合は、貸金業法によって収入証明書類の提出が義務付けられています
上記に該当する場合には、事前に源泉徴収票や給与明細などの収入証明書を用意するようにしましょう。

アイフルで使える本人確認書類と収入証明書類の一覧

本人確認書類

運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
マイナンバーカード(個人番号の記載がないもの)
公的証明書(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
いずれかのコピー1点

本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合には合わせて提出

公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NTT・NHK)
住民票の写し
印鑑証明書
※本人氏名と現住所が記載されていること(原本)

収入証明書類

源泉徴収票
住民税決定通知書
確定申告書
所得証明書
給与明細書(直近2ヵ月分)
いずれかのコピー1点

審査時間は最短30分

アイフルの審査は最短30分で完了

アイフルの審査時間は、申し込み完了後から数えて最短で30分となっています。これはカードローンの中でもトップクラスの早さです。ですが、審査は申し込み順となっているため、申し込み者数が多い場合には時間が掛かる事もあります。

電話をすれば審査を優先してくれる!

アイフルは急ぎの方のために審査を優先して行ってくれます。その方法ですが、申し込み完了メールが届いたあと、以下のフリーダイヤルに電話をしてその旨を伝えましょう。そうする事で優先して審査をしてくれます。

・フリーダイヤル TEL 0120-337-137 (9:00~21:00)

審査の際には在籍確認が行われる

在籍確認は、申し込み時に登録された勤務先に在籍しているかどうかを確認するために行われます。在籍確認の方法としては、勤務先にアイフル担当者が電話をします。在籍確認の際にはアイフル担当者の個人名で問い合わせを行うため、アイフルに申し込みを行なっている事が会社にバレてしまう心配は少ないでしょう。

アイフルで審査落ちしないために!審査の流れ・条件・審査時間まとめ

契約手続きで本人確認書類の提出を行う

審査が完了したら契約手続きに入ります。契約手続きは「インターネット」「無人契約機(来店)」から行う事が可能で、契約手続きでは本人確認書類などの提出や、借り入れに必要なカードの受け取りをします。

契約手続きをインターネットで行う場合

契約手続きをインターネットで行う場合、本人確認書類などの提出はアップロードで行う事が一般的です。アイフルは、「書類提出サービス(送信フォーム)」「FAXまたは郵送」「メール」を使って本人確認書類などの提出ができるようになっています。

借り入れカードの受け取り方法

インターネットで契約手続きを行う場合、借り入れ時に必要なカードの受け取り方法を「郵送」「自動契約機」「えらべーる」の3つの中から選択できます。「えらべーる」は、指定の時間帯に配達してくれるサービスで、受け取りは本人限定となっています。

無人契約機ならその場でカード受け取りが可能

無人契約機で契約手続きを行う場合、必要提出書類などの提出が完了すればその場でカードの発行が行えます。カードが発行されれば、アイフルATMや提携ATMなどを利用して、その日に借り入れを行うことが可能です。

借り入れ方法は2つ

アイフルの借り入れ方法には、「ATM」「振込予約」の2つの方法があります。

ATMの場合、どこでお金を引き出せるか?

ATMで借り入れを行う場合、発行したカードを使って、全国に設置しているアイフルATMか提携ATMで借り入れが行えます。アイフルATMは店舗に隣接している場合が多いです。

アイフルの提携ATM

借り入れ・返済が可能 借り入れが可能

セブン銀行
ローソンATM
E-net
イオン銀行
三菱東京UFJ銀行
西日本シティ銀行
親和銀行

福岡銀行
熊本銀行

提携ATMでのキャッシングの場合は手数料が発生する

アイフルではコンビニATMなどからキャッシングを行うことが出来ますが、このような提携ATMを利用する時は借入時と返済時に以下の手数料が発生します。

1万円以下の取引: 108円
1万円超の取引: 216円

振込予約の場合は時間に注意しましょう

振込予約は口座振込で借り入れを行う方法です。インターネットの会員サービスから申し込みが行え、24時間いつでも振込予約が可能となっています。
振込予約は銀行の営業時間とも関係してくるので、手続き後、すぐに振込が完了されない場合もあります。手続き時間が遅かったり、休日の手続きだったりする場合は翌営業日の振込となってしまう場合もあるので注意しましょう。

なるべくバレずに借りる方法

家族などにアイフルを利用している事があまりバレたくない方もいるでしょう。家族に借り入れがバレる理由としては、利用明細書などの郵送物が大きな原因となっています。

アイフルは、「利用明細書を送付する・しない」の選択が可能となっているため、利用明細書を送付しないようにしておけば、郵送物が原因でバレる可能性は低くなります。
利用明細書は、振込で借り入れを行った際には原則送付されるため注意が必要です。

初めてのアイフル利用で30日の無利息期間サービス

初めてアイフルと契約する場合には、契約日の翌日から30日間無利息のキャンペーンが適用されます。契約日の翌日から30日間の無利息ですので、契約してから翌日までにお金を借りれば30日間の無利息が適用されます。
無利息期間中は利息が発生しないため、期間中に完済できれば元金のみの返済でOKになります。

アイフル無利息期間サービスの注意点

アイフルの無利息期間は、契約日の翌日から自動的に適用が開始されます。そのため、借り入れを行なっていない場合でも無利息期間は減っていきます。アイフルの無利息期間を無駄なく使うためにも、契約したらすぐに借り入れを行う事をおすすめします。

アイフルの無利息期間とは? 金利ゼロで借りられるお得なサービス

初めてのアイフル!限度額や金利はどのくらい?

融資限度額は最大500万円まで

アイフルは最大500万円まで融資を行います。しかし先述したように、消費者金融からは年収の3分の1を超える金額を借りることはできませんので、自分の限度額は最大でも年収の3分の1までであると考えておきましょう。

金利は実質年率4.5%~18.0%

アイフルの金利は実質年率4.5%~18.0%ですが、初めて借りる場合には、融資限度額が数十万円単位で金利は最高金利の18%が適用されることが一般的なようです。
カードローンの最低金利は、融資限度額が最大の方に対して適用される場合がほとんどですので、アイフルの場合であれば500万円の融資に対して適用されます。最低金利だけを見て勘違いはしないようにしましょう。

アイフルの金利の事がすぐ分かる!金利目安・利息の早見表

まとめ

・年収の3分の1を超えないかチェック
・申し込み方法には「インターネット」「店舗」「電話」の3つがある
・審査を早く済ませたい場合は、アイフルに電話をする
・振込キャッシングは銀行の営業時間に間に合うように余裕をもって依頼しよう
・契約してからできるだけ早くお金を借りて無利息期間を最大限活用しよう

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 500万円 4.5%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

このページに関連した記事

このページと合わせてよく見られている記事

基本知識に関するページ

企業に関するページ

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す