アイフルで一括返済・全額返済をする方法とメリット

2018年3月20日

アイフルで借り入れを行った場合、通常どおり返済を行っていく事も可能ですが、資金に余裕ができた時には一括返済をおすすめします。
ここでは、アイフルで実際に一括返済を行った場合どんなメリットがあるのかという事や、一括返済を行う方法などを解説します。

目次

アイフルで一括返済・全額返済をするメリット

これはアイフルに限った話ではありませんが、一括返済を行えば、本来毎月支払うべき利息が減るので支払い総額の面で断然お得です。

50万円を年率18.0%で借りた場合

通常どおりに返済した場合 借り入れから1年後に一括返済をした場合

返済回数

58回

12回

返済総額

751,057円

584,267円(差額▲166,790円)

上記は、実際にアイフルの返済シミュレーションを使い、「通常どおりの返済」と「借り入れの1年後に一括返済」を行なった場合を比較してみました。このように、一括返済をすると通常は発生するはずの「166,790円」もの利息をカットすることが可能です。

利息というのは借入をしている日数で決まるので、返済が長期化する分支払う利息は増えてしまい、支払い総額も増えてしまいます。そのため、早めの一括返済を行う事で、利息が軽減できるという訳です。

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アイフルで一括返済をする方法

アイフルで一括返済を行う場合、そのままATMへ向かっても一括返済はできないので注意しましょう。

まずは『会員専用ページ』または『会員専用ダイヤル』で返済額の確認

完済に必要な費用のイメージ

一括返済のめどが立った場合、まずはアイフル「会員専用ページ」または「会員専用ダイヤル」で、一括返済に必要な金額の確認をしましょう。そうすると、一括返済を行う為に必要な金額を知ることができます。

一括支払いで必要になるのは、「元金」+「一括返済日までに発生する利息」+「一括返済手数料」です。利息は1日ずつ増えていくため、あらかじめ一括返済する日までに発生する利息を知っておきましょう。

一括返済をする方法は5つ

一括返済の方法5つ

一括返済をする方法は、「アイフル店舗」「アイフルATM」「振り込み」「提携ATM」「コンビニATM」の5つの返済方法を利用することが可能です。

ですが、アイフルATMや提携ATM・コンビニATMを利用する場合は、1,000円未満のお釣りが出ないため注意して下さい。もし、お釣りが発生した場合、店頭窓口、銀行振り込み、郵送などで後日返却してもらう事になります。

一括返済後は解約することも可能

ローンカードをはさみで切断

会員専用ダイヤルに電話をかけた際、同時にアイフルから契約書の取扱いについての確認があります。その際に返却を求めるとアイフルを解約することが可能です。

そして、解約後のローンカードは、ハサミなどで切断して破棄しましょう。

継続利用する場合でも手数料などは掛からない

引き続きその契約を維持したいという場合は、アイフルでそのまま契約書を保管するという形になります。また、ローンカードであるアイフルカードも今までと同じように保管しておけば次回利用する事ができます。

アイフルで契約を続ける場合、契約維持の手数料を取られる事は一切ないため、解約する理由がない場合は、継続利用をする方がもしもの時に安心かも知れません。

一括返済をする際の注意点

注意マーク

一括返済をする際の注意点は4つあります。

注意点1: 利息は1日毎に発生するので確認が必要

借り入れ金額に対する利息は毎日かかります。そのため、1日でも返済日がかわると返済金額も変動します。そのため、一括返済日が決まったら、返済金額を確認してもらいましょう。そしてその日の時点の指定金額を間違いなく返済するようにしましょう。

注意点2:ATMで返済する場合のおつり

アイフルATMや提携ATMは、硬貨に対応していない場合がほとんどです。そのため、返済を行う場合は、百円単位を繰り上げて千円札単位で支払いを行う必要があります。

注意点3:自動引き落としの場合は通常とは違う

自動引き落とし(口座振替)を選択している方は一括返済の日程によって対応が変わります。会員専用ダイヤルに支払額を確認した際に問い合わせるようにしましょう。

注意点4:一時的にアイフルの利用ができなくなる

一括返済を行なった場合、アイフルを利用する事が一時的にできない状態になります。そのため、一括返済後、すぐに資金が必要になるような場合には注意しましょう。

まとめ

・一括返済を行うことで利息を軽減できる
・「会員専用ページ」または「会員専用ダイヤル」で一括返済に必要な金額を確認できる
・アイフルATMや提携ATM・コンビニATMでは1,000円未満のお釣りが出ない
・一括返済後は、解約・継続利用どちらかの選択が可能
・一括返済後はアイフルが一時的に利用できなくなる

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

絞り込み条件で探す