「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の特徴

アイフル おまとめ

2017年6月22日

アイフルが提供するおまとめ・借り換え専用のキャッシングサービスである「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」ですが、どんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」についての商品概要とメリットやデメリットを説明しています。「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」のご利用を考えている方は是非参考にして下さい。

目次

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の商品概要

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」は、アイフルを初めて利用する方限定のローン商品で、借り換えによって金利の軽減を目的とするローンとなっています。
そのため、「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」での借り入れは、他社借り入れの返済に充てる事が利用の条件になります。

利用条件は、まだアイフルを利用した事がない20歳以上の方で、定期的な収入と返済能力を有する方となっており、この条件を満たせば誰でも申し込むことができます。

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の商品スペック

実質年率 限度額 担保・保証人 支払い回数

12.0%~17.5%

1万円~500万円

不要

最長10年(120回払い)

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」のメリット

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」のメリットは、複数の金融機関からの借り入れをまとめることで、金利負担と返済の手間を軽減することです。また、返済のみに利用できる商品ですので、計画的に借り入れ総額を減らしていくことができます。

例えば、「A社から60万円を実質年率17.0%で、B社から60万円を実質年率16.0%で、C社から60万円を実質年率18.0%で」と複数の借り入れがある場合、この総額180万円を実質年率15.0%で借り換えることが出来たとすると、30日間で2,958円の負担軽減に繋がります。また、各金融機関でバラバラだった返済日も、月に一度だけにまとめることが出来ます。

覚えておくべき「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の適用範囲

加えて、この商品は「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号に基づき借換えする場合」と「貸金業法施行規則第10条の23第1項第1号の2に基づき借換えする場合」の両方に対応しているのが特徴です。

前者は、借り入れ元を限定しないため、貸金業者からの借り入れ・銀行からの借り入れ・個人からの借り入れ・クレジットカードのショッピング・不動産ローン・自動車ローン関わらず、全ての借り入れをまとめることができます。
一方で後者は、貸金業者からの借り入れのみをまとめることができるものですので、銀行からの借り入れは対象外になります。

どちらが適用されるかは審査の結果次第ということになりますが、もし前者が適用された場合には他社カードローン以外のローンもまとめて借り換えを行う事が可能になります。

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」のデメリット

一方、デメリットとしては3つあります。

1.返済方法が口座振替(引き落とし)のみである
他社ではコンビニATMや銀行振り込みにも対応しているところがありますので、利便性に少し欠けるかもしれません。

2.「アイフルを初めて利用する方」という条件
過去(現在含めて)アイフルで借り入れ経験がある方は、利用することが出来ません。

3.実質年率が最高17.5%
「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の上限金利は17.5%となっており、多くの消費者金融の上限金利18.0%とほとんど差がありません。そのため、上限金利が適用された場合には金利の軽減はほとんど見込めず、あまり意味がありません

下限金利の12.0%が適用されるのであれば話は別ですが、実際に適用される利率は審査結果次第なので難しい判断になります。

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の申し込み方法

ここでは「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」に申し込むに当たって必要になる情報をまとめました。

申し込みの種類

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の申し込み方法は、ネット・電話・店舗窓口の3種類となっています。自動契約機での申し込みは行っていませんので注意して下さい。

申し込み方法 申し込み可能時間

インターネット

24時間受付

電話(0120-626-333)

毎日 10:00~21:00

店頭窓口

平日 10:00~18:00

自動契約機

申込み不可

申し込みの流れ

ネットで申し込みの場合、公式サイトのフォームに氏名・住所・年齢・他社での借り入れ状況(借り入れ先名・借り入れ残高・契約利率・各回返済金額)を入力すれば完了です。この時点で公式に必要な書類はありませんが、他社での借り入れ状況を入力しなければならないので、把握できるように他社の契約書類などを用意しておきましょう
電話で申し込みの場合でも全く同じで、公式サイトで入力する代わりに電話で同じ内容を申告することになります。

店頭窓口では、上記に挙げた過程を全てその場で行うことができますが、在籍確認の電話に対応出来る状況でなければ、審査・契約は後日になってしまいます。そもそも審査を通過できなければムダ足になってしまうというデメリットがあるので、ネットまたは電話での申し込みがおすすめです。

審査内容について

それぞれの方法で申し込みを完了させると、申し込み内容の審査・信用情報機関への問い合わせが行われます。最終段階で在籍確認の電話が職場にきますが、本人が出ることが困難でも、職場の誰かが電話を取ることができ、申込者の在籍が確認できれば問題ありません。

ですが、申込日が会社休業日と重なる場合には注意が必要です。職場が休みで電話に誰も出られない場合は、審査が長引くことになりますので、休みが重なるようであれば前もって申込をしておきましょう。

審査後の流れ

審査を無事に通過していれば、運転免許証・健康保険証などの身分証明書と、源泉徴収票・確定申告書などの収入証明書・他社借り入れ条件等の確認ができる書類の3点を持って店舗窓口に向かうか、郵送で送ることになります。

郵送の場合は、契約書類が送られて来ますので、到着した書類に記入して上記3点のコピーを添付して送ります。近くに店舗窓口がある方なら、郵送で対応する必要はありません。なぜなら、郵送した契約書類に不備があった場合、書類の送り直しになりますので、契約までさらに時間がかかることになります。手間も時間も考えると店舗窓口がいいでしょう。

契約完了となれば、早速融資されますので、現在借り入れしている各金融機関の返済を行います。そうすると、借り入れ先がアイフルに一本化されますので、その後は計画的に返済していくのみになります。

必要書類

本契約時に必要になる書類は下記3点になります。

・ 運転免許証・健康保険証・パスポートなどの本人確認書類
・ 源泉徴収票・確定申告書などの収入証明書
・ 他社での借り入れを把握できる契約書・明細書・請求書など

アイフルで使える本人確認書類と収入証明書の一覧

本人確認書類 運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
マイナンバーカード(個人番号の記載がないもの)
公的証明書(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
住民基本台帳カード
在留カード
特別永住者証明書
いずれかのコピー1点
本人確認書類に記載されている住所が現住所と異なる場合には合わせて提出 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NTT・NHK)
住民票の写し
印鑑証明書
※本人氏名と現住所が記載されていること(原本)
収入証明書類 源泉徴収票
住民税決定通知書
確定申告書
所得証明書
給与明細書(直近2ヵ月分)
いずれかのコピー1点

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」と「キャッシングローン」の比較

では、アイフルで最も一般的なローンサービスがである「キャッシングローン」というカードローンと「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」はどのような違いがあるのか比較していきます。

「キャッシングローン」の特徴

「キャッシングローン」は、利用限度額が最高で500万円(実質年率4.5%~18.0%)で、資金使途が自由となっています。また、「キャッシングローン」はすでにアイフルのサービスを利用されている方でも申し込む事が可能です。
申し込み条件は20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方となっています。

実質年率 利用限度額 担保・保証人 支払い回数

4.5%~18.0%

1万円~500万円

不要

最長14年6ヵ月
(151回払い)

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」と「キャッシングローン」の違い

「かりかえMAX」と「キャッシングローン」の違いは明確です。
「かりかえMAX」で借りたお金は全て他社への債務の返済に充てる必要があり、加えてアイフルから追加の借り入れはできません。一方で、「キャッシングローン」の場合は使途が自由というだけでなく、融資限度額の範囲内であれば、何度でも追加借り入れを自由に行うことができます

金利の面で比べた場合、「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」は借り換えによって、返済負担を軽減するための商品のため「キャッシングローン」よりも金利設定は低くなる傾向にあるようです。

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」 「キャッシングローン」

実質年率

12.0%~17.5%

4.5%~18.0%

利用限度額

1万円~500万円

1万円~500万円

利用対象者

・20歳以上で安定的な収入と返済能力を有する方
初めてアイフルを利用する方

20歳~69歳までの安定的な収入と返済能力を有する方

利用使途

他社ローンの返済にのみ利用可

自由(事業資金を除く)

備考

追加借入は不可

限度額内で何度でも追加借入が可能

「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」

出来るだけ負担を軽くしたい主婦におすすめ

ここまでご説明してきた通り、「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」は借り換え専用のローン商品です。返済に困っている主婦の方には、一度借り換えを検討してみる価値はあると思います。
今の実質年率に疑問を持つことから始めましょう。もしかしたら、「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」を利用することで、毎月支払っている利息が安くなるかもしれません。1円でも安く、1日でも早く返済できることを考えれば借り換えはかなり有効な方法だといえるでしょう。

バラバラの支払いをまとめたい忙しいビジネスマンにおすすめ

複数の借り入れをしていると、返済額も返済日もマチマチで管理が大変です。最初はいいかもしれませんが、段々と管理をすることが難しくなり、困った事態を引き起こしかねません。

そんな状況に陥る可能性のある忙しいビジネスマンには、いわゆる「おまとめローン」として「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」を活用することをおすすめします。今までのように複数の返済を気にすることなく、月に1度の引き落としの返済日・返済額だけに気を付けておけばいいので、落ち着いた生活を取り戻せるかもしれません。

まとめ

・「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」は、他社借り入れ金利を軽減するためのローン
・アイフルの利用が初めての人で、尚かつ年齢が20歳以上で安定した収入があれば、年齢の上限なく利用可能
・「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の借り入れは1度きり、あとは返済のみを行う商品
・「計画返済支援 おまとめローン/かりかえMAX」の申し込みは、インターネット・電話・店頭窓口でのみ可能

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 500万円 4.5%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • おまとめ・借り換えローンの金利を徹底比較!

    生活が苦しくてカードローンで借り入れ、返す目処が立たなくなり他の業者でも借り入れて返済…というようにして、いつの間にか複数の消費者金融や銀行カードローンで借り入れをしていた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。複数社から借り入れをしていると、各社の金利や返済金額、返済日がバラバラになってしまうため、どうしても管理が煩雑になってしまうもの。こうなると、いかに管理が上手い方でもどこかでほころびが生じ、思わぬ延滞などに繋がってしまうこともあります。そんな方のために用意されているのがおまとめローン!テレビコマーシャルでもしばしば宣伝されているおまとめローンですが、実際に選ぶ場合には金利や融資スピード等をしっかり比較することも必要です。ここでは、各社のおまとめローン、借り換えローンを気になるスペックで細かく比較が可能です!更に、そもそもおまとめローンとは何か、実際に利用するとどんなメリット・デメリットがあるのか、消費者金融・銀行カードローンそれぞれでおまとめ・借り換えを考える際の注意点などについても解説しています。

  • おまとめ・借り換え可能なカードローン特集

    おまとめローンや借り換えローンといった商品について聞いたことがある方も多いのでは無いでしょうか?最近では通常のカードローンと並び、おまとめローンのCMもよく見るようになりました。おまとめローンも借り換えローンも、目的の一つとしては、既に借りている金額に掛かる金利を下げることが挙げられます。ではおまとめローンと借り換えローンの違いはなんでしょうか?簡単にいえば、おまとめローンの目的は複数の借り入れを一つの業者にまとめることで複数の返済日を一本化することによる返済の簡略化、及び金利の低下にあると言えます。一方で、借り換えローンの目的は、あるカードローンから借りている金利よりも更に有利な条件の金利で、別のカードローンに乗り換えることです。つまり、おまとめローンも借り換えローンも金利を下げるという目的は同じですが、自身に複数の借り入れがあるか、1社からしか借り入れていないのか、によって呼び名が変わっているということです。

  • おまとめ・借り換えも可能なおすすめカードローン10選

    当サイトの編集部が選んだ、おまとめ・借り換えも可能なオススメカードローン10選をご紹介しています!複数社からお金を借りており、気付いたら利息が膨れ上がっていた、返済日が多すぎて管理できない、という方はこちらからおまとめ先を探しましょう!

このページと合わせてよく見られている記事

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す