アイフルにログインできない理由とその時の対策方法

2018年3月20日

アイフルの利用者は会員専用サイトにログインができ、利用可能枠・融資余裕枠・次回返済額の確認などを行うことができ便利です。通常はローンカード番号(会員番号)と暗証番号の入力を行うことでログインできますが、もしできなくなってしまったときにはどんな理由と対策法があるのかを紹介していきます。

目次

カード番号の入力ミス・暗証番号を間違えて覚えている

ログインの際に会員番号と暗証番号を間違えて入力している可能性があります。特に「半角数字・ハイフンなし」で入力しないとログインできませんので注意してください。

暗証番号を忘れてしまった

暗証番号を忘れてしまったらセキュリティの都合からカードの再発行が必要になるので注意してください。カードの再発行をしてもらうには、会員専用ダイヤルに電話し、本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)のコピーを送付後、新たにカードが郵送されてくるのを待つことになります。
これでは時間がかかるという場合には、会員専用ダイヤルに電話の上、店頭窓口・契約ルームで再発行してもらうという手段もあります。この時も本人確認書類は必要ですので持参するのを忘れてはいけません。
このような手間を避けるために暗証番号を誕生日や電話番号など分かりやすい番号に設定したくはなりますが、それでは他人にも推測しやすい番号になってしまうので絶対に避けなければいけません。暗証番号は「自分だけが」忘れにくいものに設定しておくことが大切です。

暗証番号を6回間違えてしまうと…

アイフルではログインの際に暗証番号を6回間違えて入力すると、会員サービスが停止となりログインできなくなります。この場合はログインのロック解除の手続きをするのではなく、カードの再発行が必要になるので注意してください。
再発行の方法は「暗証番号を忘れてしまった」と同じです。

カードを紛失してしまった・盗難に遭った

この場合はログインできるかどうか以前に他人に悪用される恐れがあるので、すぐに会員専用ダイヤルまたは夜間カード紛失・盗難専用ダイヤルに電話してカードを使用できなくする必要があります。さらに警察へも紛失届を提出しましょう。その後、上記と同じ方法で、カード再発行の手続きを取ることになります。

まとめ

・ログイン時にカード番号を間違えていないかをしっかり確認する
・暗証番号の入力ミスにも十分に注意し、忘れないように管理する
・ログインに6回失敗するとカードの再発行が必要になる

最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 800万円 3.0%〜18.0%

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アイフルに関する記事

絞り込み条件で探す