カードローンの返済方法やコツを徹底解説

カードローンでこれからお金を借りる人にとっても、既に借りている人にとっても、借りたお金の返済というのは重要なテーマですよね。「借りる前にしっかり返済計画を立てておきたい」、「借りたのは良いけど、思ったより返済がきつい…」、「気付いたら返済日間近だけど、返せる目処が立っていない!」などなど、様々な状況の方に向けて、カードローンの返済方法やコツといったコンテンツをご用意しております。是非、カードローン返済の参考にしていただければと思います。

カードローンの効率的な返済方法

やむを得ない事情があるとはいえ、出来る限り借金はないに越したことはありませんよね。誰でも、できるだけ早く完済して、返済に追われる状態から逃れたいと思っているはずです。では、返済を早める効率的な方法など有るのでしょうか?
実は、いくつかの方法で返済額を抑えることは可能です。以下に箇条書きでその方法を提示していきます。

①返済方式を見直す
②月々の返済額を多くする (余裕のある時に繰り上げ返済をする)
③できるだけ手数料のかからない返済方法を取る
④借入中のカードローンから、増額できるものが無いか探す
⑤おまとめローンや借り換えローンを利用する

実は上記の方法は、同じ「返済額を抑える」方法でも、月々の返済額やトータルの返済額には違いが出てきます。
まずは、「月々の返済額を抑えたい」のか、「トータルの返済額を抑えたい」のかを明確にしましょう。借金を返済する場合、返済金額は元々借りた金額である「元金」と、それに掛かって来る「金利」に分けられます。 一般的に、月々の返済額を抑えると、その分元金の減少幅は少なくなるため、金利がかさみます。となると、返済期間は長期化し、トータルで返済しないといけない金額は多くなる傾向にあります。
一方で月々の返済額を増やすと、元金の減少スピードは大きくなるため金利の支払額も少なくなり、トータルの返済金額は抑えられることになります。

いずれにしても上記どちらの方法を選ぶべきかは、ご自分の支出をしっかりと管理することが大前提です。無理に返済金額を増やして生活を圧迫することになっては元も子もありません。月々の返済額とご自分の生活、そしてトータルの返済金額を把握し、最も適切な返済方法を選ぶことが、カードローンとのうまい付き合い方だと言えるでしょう。

おまとめ・借り換えローンで返済負担を減らす

返済の負担を減らす有効な方法の一つとして、借入先の変更もしくは一本化が考えられます。現状の借入先が1社で、金利負担が厳しい、という方は、より金利の低いカードローンで借り換えが出来ないかを確認しましょう。数%の差とは言え、1年単位で見ると思った以上に差がでるものです。
また、複数の借入先があり、各社の返済期日が異なっていたり、返済金額が異なっていたりして、月々の返済金額は勿論、管理も難しくなってきている、という方はおまとめローンを検討しましょう。返済期日は一本化され、かつ借入金額を1社にまとめることになるため、金利も下がる傾向にあり、返済負担が大きく軽減することが期待されます。

おまとめローンも可能なオススメカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by アコム株式会社

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

最短即日 最短即日 3.0%〜14.0% 公式サイト参照

おまとめ・借り換え希望の方に人気!

【PR】Sponsored by オリックス銀行株式会社

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

年会費・入会金が無料!

【PR】Sponsored by 株式会社モビット

最短30分 最短即日 3.0%〜18.0% -
最短即日 最短即日 0.99%〜7.99% 公式サイト参照

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

モビット ※1 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
モビット ※2 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。

借り入れ前には返済計画を立てる

上記の話はお金の借り入れ後、返済中にも検討すべき事項ですが、本来であればカードローンを利用し始める前に返済計画を立てておくべきです。これからの利用を検討している、という方は、あまり難しく考えず、まずはどれくらいの金額を借りて、月々どれくらいずつ、トータルで何ヶ月、いくら返済していくのか、という試算から行なってみると良いでしょう。
当サイトでは、上記を試算するためのシミュレーションもご用意しております。以下のリンクからシミュレーションを行うことが出来ますので、カードローン選びの参考としてみてください。

返済シミュレーションをする >

約定返済と随時返済を上手く使う

既にカードローンをご利用されている方はご存知かと思いますが、返済には大きく分けて約定返済と随時返済という2種類があります。前者は、各カードローン会社との契約で決まっている、「毎月◯日にいくら返済してくださいね」という返済であり、後者は契約内容に関わらず、自分にお金の余裕ができた時に返済を行うことです。

実は、カードローンでは随時返済を適宜行うことで、最終的な支払金額を大幅に削減出来ることがあります。下記の図でも示していますが、例えば50万円を借り入れて、各月1万円を返済する場合と、給料日ごとに追加で5万円(合計毎月6万円)を返済する場合だと、返済期間と利息総額に大きな違いが出てきます。
随時返済を行えば、それだけ早く借金から解放されますし、トータルの支払金額も減ります。ご自分の生活を圧迫しない程度に、計画的に返済を行うようにしましょう。

約定返済のみの場合。約定返済と随時返済の場合

カードローンの返済が遅れるとどうなる?

カードローンの返済が遅れてしまうと、脅迫的な取り立てを受けるのでは無いか?と考えて、カードローン利用をためらっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、現在では法規制によりそのようなことを行う業者はほとんどありません。
「ほとんど」というのは、法律で規制されているにも関わらず未だに存在する「ヤミ金」や「街金」といった存在は、規制を無視してでも取り立てを行う可能性があるためです。連日連夜、職場にまで掛かって来る電話、家への訪問、家族友人に及ぶ取り立てなど、これらの行為は全て違法に当たります。

CMを行なっているような、いわゆる大手の消費者金融や銀行カードローンなどは、このような取り立てを行うことは一切ありません。延滞してしまったとしても、まずはいつまでに返済が可能かの確認電話があり、そこで返済期日を決めれば、少なくともその期日までは電話が掛かって来ることも無いのが普通です。
但し、延滞が続いており、かつ本人とも連絡が取れないような場合には、家や会社に督促状が届いたり、電話がきたりする可能性もあります。飽くまで法律に則った対応にはなりますが、他人に借金を知られることは気分のいいことではありませんよね。
もし返済目処が立たないことが事前に分かっている場合は、しっかりと金融会社に連絡をし、どのような解決策を取るかの合意をとっておくようにしましょう。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

このページに関連するQ&A