フリーターの方でもお金を借りられるカードローンを紹介!

フリーターの方はお金を借りることが出来るのでしょうか。 まず結論から言うと、フリーターの方でもお金を借りることはできます。ただし、条件があります。 カードローンでお金が借りられるのは、パートやアルバイトなどで安定した収入がある場合に限ります。 もしあなたに収入が無く、且つ結婚をしておらず配偶者の収入も無い場合は、現時点で返済能力がないとみなされ、審査は通りません。

目次

フリーターがカードローンでお金を借りられる条件

成人で安定した収入があれば、借入を行う事は可能

フリーターの方の場合、自分でもお金が借りられるのかと不安になることもありますよね。
まずは具体的に、カードローンでお金を借りるための最低条件から見てみましょう。

カードローンでお金を借りる場合には、原則として下記の条件が大前提となります。

ポイント
年齢が20歳~69歳
本人に安定した収入がある方

上記の条件では、職業に関しては特に指定されていませんので、正社員ではなくフリーターだからといってお金が借りられないという事はありません。

ただし、あなたがアルバイトなどで安定した収入があっても、20歳未満だった場合はお申込をすることが出来ません。
逆に20歳以上であっても収入が無い場合は借入が出来ないのです。

自分の収入で、どの程度の金額を借りられる?

但し、いくらでも借りられるわけではありません。
アコムやアイフルなどの消費者金融では、貸金業法の総量規制というルールにより借入できる金額は「年収の1/3まで」と決まっています。

例えば、あなたの毎月の収入が15万円の場合は、年収にすると180万円になります。
総量規制のある消費者金融で借りる場合は、「年収の1/3まで」しか借りられないので、60万円まで借り入れる事が可能です。

しかし上記の例は、現時点でどこの金融機関からも全く借入のない場合です。
総量規制の借入金額は、現在借り入れている全てのお金が対象になります。

例えば、A社で10万円、B社で10万円を既に借りている場合は、新規で申込む金融機関では、年収の1/3の60万円の借入ができるわけではなく、60万円から既に借入がある20万円を差し引いた40万円までの借入が可能となるわけです。

申し込みに必要な書類と注意点

ご自分がカードローンを利用できるのか、果たしていくらまでなら借りられる可能性があるのか、が分かったところで、実際にカードローンに申し込む際の必要書類や注意点について見ていきましょう!

申し込みに必要な書類

カードローンを申し込む際には、以下のような書類が必要になります。フリーターだからといって特別な書類が必要になることはありません。

ポイント
・運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
・収入証明書(原則不要)

カードローン申し込みの際に準備する書類は、基本的に運転免許証などの本人確認書類のみとなります。
収入証明書は、ほとんどカードローン会社で原則不要となっています。

ですが、借り入れ希望額がカードローン会社の設けている基準を超える場合や、申し込み者の信用に不安があると判断された場合には収入証明書の提出を求められる事があります
どうしても期限までにお金を借りられないとまずい方は、念のため収入証明書も用意しておくと安心です。
収入証明書の取得方法については詳しくはこちらをご参照ください。

借入希望額は必要最低限な額を記入する

カードローンの申し込み時には、借入希望額を申告します。
ここで、自分の返済能力以上の金額を記載すると、審査が厳しくなります

カードローンでは、担保や保証人も原則として不要なので、カードローン会社は申込者の信用を元にお金を貸し出します
審査の際には「返済能力があるのか」が確認されますので、借入希望が返済能力以上に記載されている場合には、必然的に審査に落ちる可能性が高くなります。

フリーターの方の場合、収入が高くはない場合が多いと考えられますので、カードローンの申し込みの際には、本当に必要な最低限の額を利用限度額に記載するようにしましょう。
また、特に消費者金融に申し込む場合には総量規制にも注意して記載しましょう。

審査の為に、バイト先に電話が掛かって来る

カードローンの審査では、原則として「在籍確認」を行います。
在籍確認とは、申し込みした際に記載したバイト先・勤務先に申込者が在籍しているかを確認する為のものです。
在籍確認時は、カードローン会社の担当者から電話があります。

「カードローンに申し込みをした事がバイト先にバレないか?」と考えるかもしれませんが、在籍確認の電話はカードローンの会社名ではなく、基本的に担当者の名前で掛けてもらえるため、バイト先にバレる心配はほぼありません
また、確認のためだけの電話なので、時間も 1 分ほどで済みます。

急いでいるけどすぐ借りられるの?

「給料日まであと1週間もあるけど、急にお金が必要になった」といった理由でカードローンを利用するフリーターの方も多いと思います。
そんなあなたの為に、最近のカードローンでは融資までの時間を非常に短くしてくれています。

カードローンの審査に掛かる時間

これから紹介するカードローンの審査時間は、申し込み完了後から最短30分となっています。
そのため、審査結果待ちでドキドキする時間が少なくすみますし、何より必要な時にすぐお金を借りることが可能です。

融資までのスピード

最短即日で借入出来るのは、特に消費者金融ではほぼスタンダードとなっており、最近では最短1時間で借入が可能な金融機関もあります。
急いで借入をしたい場合はまずはお手持ちのスマートフォン、またはパソコンからインターネットでお申込をするのがオススメです。

もちろん電話でのお申込も可能なのですが、漢字の表記を正しく伝えたりするのが電話では非常に面倒で、スマホやパソコンからのほうが簡単であるといえます。
申込が完了すると本人確認の電話(在籍確認)があり、その後に金融機関の審査となります。
審査が無事に通過したすると契約に進みますが、本当に急いでいる場合は、お近くの無人契約機で契約を完了させるのが早くてオススメです。

フリーターの方の場合、職場近くに無人契約機があれば、バイトの休憩時間に無人契約機でカードを受け取ることもできます(手続きはカードローン会社によります)。
また、無人契約機で契約する場合はご自宅に契約書などの郵送が無いため、例えばあなたが誰にも知られずに秘密で借りたいというときでも、そのリスクは抑えられる可能性があります。

フリーターでも借りられる!オススメカードローン

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by アコム株式会社

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

選べる借り入れ方法

元々カードを利用して借り入れる事が一般的だったカードローンですが、最近では銀行口座振込でお金を借りられるカードローンも登場してきました。
また、身近なコンビニで利用できる提携ATMなども増えており、以前よりも更に便利に利用できるようになっています。

バイトが忙しいフリーターにも優しい口座振込

口座振込は、インターネットを利用して24時間借り入れの申し込みができ、来店不要で借りる事が可能な便利なサービスです。
日中はアルバイトで忙しく来店が難しいフリーターの方も、ネットで借入が出来るのはうれしいですね。
上記で紹介しているカードローンはすべて、口座振込での借り入れに対応しています。また、借り入れ時の振込手数料は無料です。

豊富なATMで24時間借入可能

最近は、様々な提携ATMが利用可能なカードローンが増えており、ここで紹介しているカードローンはすべて「コンビニATM」が利用可能です。
また、自社ATMや一部のATM手数料が無料となっている場合もあります。

上記でご紹介しているカードローンの店舗やATMは下記ページから調べられますので、これからお金を借りたい方は是非ご活用下さい。

カードローン店舗・ATM検索

返済方法

カードローンの返済は、毎月決まった日に返済を行う「約定返済」が一般的で、その返済方法には主に「口座引き落とし」と「ATM返済」があります。
また、毎月の返済とは別で追加返済を行う事も可能です。

返済遅延の心配なし!口座引き落とし

口座引き落としの場合は、毎月決まった日に返済に必要な最低金額の引き落としが行われます。
毎月の返済日はカードローン会社によって変わるため、一度確認する事をおすすめします。
返済管理にあまり自信のない方は、口座引き落としでの返済を選択した方が良いでしょう。

ATM返済

カードローン会社によっては、ATMで毎月の返済を行う場合もあります。
ATM返済の場合は、毎月の返済期間中に返済を行えば良いため、返済日を自身で調整する事が可能です。

追加返済

追加返済とは、毎月の返済とは別で追加の返済を行う事です。
どのカードローンでも、ATMなどを利用して、追加返済を行うことが可能となっています。

追加返済を行うとその返済分は元金の返済に充てられるため、利息のかかる金額が減り、最低金額だけを返済する場合よりも返済総額が少なくなります。
そのため、お金に余裕がある時は追加返済を行う事をおすすめします。

但し、フリーターの方の中には月々の生活に余裕があまり無い人もいらっしゃると思います。
そのような場合、無理に追加返済をして生活を持ち崩しては元も子もありませんので、ご自分の収支とよく相談するようにしましょう。

カードローンとクレジットキャッシングの違い

カードローンと似たものとしてクレジットカードのキャッシングがあります。
クレジットカードはショッピングなどで利用ができますが、カードによってはキャッシング機能がついている場合があり、キャッシング契約を結ぶと利用が可能になります。

そのため、クレジットカードを既に持っている場合には「キャッシング機能を使えばいいじゃないか」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが、カードローンとクレジットカードのキャッシングには以下のような違いがあるため、よく考えてから利用しましょう。

クレジットカードではATM手数料が発生する会社が多い

クレジットカードでキャッシングを行う場合、提携ATMなどの利用が可能ですが、クレジットキャッシングは、ATM 手数料が発生する場合がほとんどです。
カードローンの場合は、自社ATMはもちろん、一部ATMが手数料無料となっている事もあるため、手数料の面ではカードローンがお得になります。

クレジットカードの場合はキャッシングでショッピング枠が減る

カードローンの場合は限度額一杯の利用が可能ですが、クレジットキャッシングの場合は、ショッピング枠にキャッシング枠が含まれるため注意が必要です。

例えば、30 万円のショッピング枠がある場合に、20 万円のキャッシング契約をして満額借りたとします。
そうすると、ショッピング枠は残り 10 万円だけとなります。

追加返済のし易さが異なる

クレジットキャッシングは、追加返済を行うための提携ATMなどがカードローンよりも少ない事があるため、思うように追加返済ができない場合があります。
クレジットキャッシングの返済方式もカードローンと同様で、ほとんどがリボ払いとなっているため、追加返済を行わないと返済期間が長くなってしまい余分な利息が発生してしまう事になります。
よって、追加返済をしやすいカードローンで借入を行った方がお得になります。

金利・利息でもカードローンの方がお得

クレジットキャッシングの上限金利は大体が年18%程度で、多くの消費者金融の上限金利と同水準となっています。
ですが、消費者金融の場合は無利息期間を設けている事があるため、無利息期間の無いクレジットキャッシングよりもお得に利用する事が可能です。

また、銀行カードローンは、消費者金融とクレジットキャッシングよりも低金利な場合が多いため、金利の面で有利な利用が可能になります。

下記では、クレジットカード、消費者金融、銀行カードローンそれぞれの金利と無利息期間について分かりやすいよう表にまとめてみました。

金利・無利息期間比較表

会社名 借入金利 無利息期間
クレジットカード会社 三井住友VISAカード 15.0%〜18.0% なし
MUFGカード 14.95%~17.95% なし
銀行カードローン 三井住友銀行 4.0%〜14.5% なし
三菱東京UFJ銀行 1.8%〜14.6% なし
消費者金融 アイフル 4.5%〜18.0% ご契約の翌日から30日間
プロミス 4.5%〜17.8% 初回ご利用日の翌日から30日間
アコム 3.0%〜18.0% ご契約の翌日から30日間

三井住友銀行カードローンの金利について
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の金利について
アイフルの金利について
アイフルの無利息期間について
プロミスの金利について
プロミスの無利息期間について
アコムの金利について
アコムの無利息期間について

金利なしで借りられる!?無利息期間って?

無利息期間とは名前の通り、利息が発生しない期間の事を言います。
無利息期間を設けている多くのカードローンは、初めてカードローンを利用する人への特典として無利息期間を提供しています。

お得な無利息期間ですが、その期間の適用開始日は大きく分けて2パターンあり、「契約日の翌日から」と「初回利用時の翌日から」とあるので、カードローンの契約の際に確認を行いましょう。

契約日の翌日から無利息期間が発生するパターン(アイフルやアコムの場合)

「契約日の翌日から」無利息期間が適用される場合、借り入れをしていなかったとしても無利息期間は消費されてしまいます。

例えば下の図のように、ご契約日に初回の借入を行った場合は、30日間の無利息期間を全て使えますが、ご契約日の10日後に初めての借入を行った場合は、30日間の無利息期間のうち10日間の無利息期間が消滅し、無利息期間は20日間だけになります。
無利息期間を全て使うためには、契約日にお金を借入れるようにした方がよいでしょう。

アイフルやアコムがこのような無利息期間の提供を行っています。

初回借入の翌日から無利息期間が発生するパターン(プロミスの場合)

「初めて借り入れを行なった日」から無利息期間が適用される場合、借り入れを行わない限り無利息期間が開始される事はありません

上記でご紹介したアイフルやアコムの場合は、契約日の翌日から無利息期間が発生するので、無利息期間を最大限活用する場合には、契約をして直ぐに借入を行わないといけませんでした。
しかしプロミスの場合は初回ご利用日の翌日から 30 日間無利息なので、契約日に借入を行わなくても無利息期間を最大限活かす事が出来ます。

まとめ

・原則として、20歳~69歳で本人に安定した収入がある方ならカードローンは申し込み可能
・消費者金融で借入する場合は、年収の3分の1まで(総量規制)
・カードローンは融資までのスピードが最短で1時間
・返済方法は、口座引き落とし・ATM利用から選択可能
・クレジットキャッシングとカードローンでは、総合的にカードローンの方がお得
・大手消費者金融には無利息期間がついている会社が多い

このページに関連した記事

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す