専業主婦でも借りられるカードローン徹底比較

8社から比較!

お金のやりくりをしている専業主婦だからこそ、お金の過不足には敏感になりますよね。今月はどうしてもお金が足りない、ということも有ると思います。カードローンの利用を考える方もいらっしゃると思いますが、結局どのカードローンが良いのか分からない、という方も多いのでは
そんな方のために、専業主婦でも借り入れが可能なカードローンを一覧で比較できるページを作りました。最低金利、最高金利を初めとして、即日融資が可能かどうかや、おまとめ・借り換えに利用が出来るかどうかを徹底比較できますので、是非こちらから利用するカードローンを選んで下さい。
下部には専業主婦がカードローンを借りる際に役立つ情報もたくさん掲載していますので、こちらも参考にして下さい。

専業主婦でも借りられるカードローン金利比較表

実質年率 無利息期間 最大借入限度額 即日融資 収入証明書不要 おまとめ お申込
最低金利 最高金利
並び替え

sort

sort

 

sort

sort

 

sort

 
3.0% 7.0% なし 最大1,000万円 circle 200万円まで不要 circle 公式サイトへ
1.8% 14.6% なし 10万円〜500万円 circle 200万円まで不要 circle 公式サイトへ
1.9% 14.5% 10万円〜800万円 circle 300万円まで原則不要 circle 公式サイトへ
5.8% 14.8% 10万円〜500万円 circle circle 公式サイトへ
3.9% 14.9% なし 10万円〜800万円 circle 500万円まで不要 circle 公式サイトへ
4.3% 14.8% なし 30万円〜500万円 circle 一切不要 circle 公式サイトへ
3.0% 14.8% ご契約日から30日間 10万円〜500万円 circle 原則不要 circle 公式サイトへ
1.9% 14.7% 10万円〜1,000万円 circle 500万円まで原則不要 circle 公式サイトへ

専業主婦がカードローンでお金を借りる方法

既にご存知の方も多いとは思いますが、まずは専業主婦がお金を借りる為の方法をご紹介していきます。

専業主婦は消費者金融では借りることができない。主婦と専業主婦の違いとは

いきなりですが、専業主婦は消費者金融でお金を借りることはできません。より正確に言えば、収入がゼロの方に対して消費者金融がお金を貸し付けることは、法律で禁止されています。
2010年の6月に新たに施行された改正貸金業法に含まれる総量規制では、貸し過ぎ・借り過ぎによる多重債務者や自己破産者の発生を防ぐために、消費者金融が貸し出せる金額を、借りる人の年収の3分の1未満に制限しています。つまり法律上、年収が0円の専業主婦は消費者金融からは1円たりとも借りることができないということです。

一方で、パートやアルバイトで安定収入のある主婦の場合であれば、その年収の3分の1までは消費者金融からも借り入れることが可能なのです。これが、主婦と専業主婦の大きな違いです。では、専業主婦はどこからであればお金を借りることが出来るのでしょうか?

銀行カードローンは総量規制の対象外

カードローンは大きく消費者金融と銀行カードローンに分かれます。専業主婦は消費者金融では借りられませんが、実は銀行カードローンでは借りることができるのです。何故ならタイトルの通り、銀行カードローンは上記で説明した総量規制の対象外であるためです。
総量規制は貸金業法に含まれていますが、この貸金業法は消費者金融や信販会社を対象とした法律です。銀行は全く別の「銀行法」という法律のもとで営業しているため、銀行カードローンは総量規制の影響を受けないのです。

もちろん銀行カードローンでも、銀行自体が「専業主婦には貸さない」という方針であれば借りることはできません。上記の比較表では、専業主婦でも借りられる可能性のある銀行カードローンしか掲載していませんので、その点はご安心下さい。
但し、いずれにしても審査を通過する必要はあります。審査で見られる内容は後述しますが、例えばあなたの配偶者(妻・夫)に安定収入があるかどうかなどが基準となります。しかし、配偶者に連絡が行くわけではありませんので、家族に内緒で借りることも可能です。

実は消費者金融にも専業主婦が借りられる商品がある

上記で専業主婦は消費者金融から借り入れができない、と書きましたが、絶対に借りられないかというとそうでもありません。しかし、銀行カードローンで借りるよりも条件が厳しいので、現実的には専業主婦の方は銀行カードローンに申し込まれる方が良いでしょう。
その条件とは、「配偶者の同意書を提出する」ことです。総量規制には「配偶者貸付」という例外があり、これは借りる本人のみではなく、夫婦の年収を合算し、その3分の1までを借りることができるというものです。消費者金融会社が配偶者貸付を行なっている場合は、下記のような書類を提出することで専業主婦でも消費者金融からお金を借りることができます。
  • ・配偶者の同意書
  • ・住民票または戸籍抄本
  • ・配偶者の収入証明書 (借入金額によっては不要)
妻や夫に、「消費者金融でお金を借りたいから同意書を書いてくれ」とは中々言いづらいですよね。また仮に同意書を捏造できたとしても、配偶者貸付の場合には消費者金融から夫の会社に在籍確認の電話が入ります。専業主婦が消費者金融からお金を借りる際には、家族に内緒にするのは無理だと言えます。
さらに、最近では配偶者貸付を行なっている消費者金融自体が非常に少なくなっています。特に、アイフル・プロミス・アコムなどの大手消費者金融は総じて専業主婦への貸し出しを行なっていません。
となると中堅消費者金融から借りるしかなくなるのですが、名前も知らない消費者金融からお金を借りるのは気が引けますよね。ですので当サイトでは、専業主婦の方はまず銀行カードローンに申し込んでみることをオススメします
万が一銀行カードローンで借りることが出来なかった場合に初めて、中小の消費者金融を検討してみましょう。

絶対に選んではいけない!ヤミ金からの借金

中小の消費者金融と書きましたが、それらの会社からの借り入れを検討するにあたって最も気をつけないといけないのがヤミ金の存在です。ヤミ金とは、財務局や都道府県に貸金業者としての登録を行わずに営業している業者のことを指します。CMで見るような大手消費者金融の場合は、確実に正規登録を行なっている会社ですので安心して利用できるのですが、よく知らない名前の消費者金融を利用しようと思う際にはまず下記をチェックしましょう。

  • ・郵便物に紛れたビラや、電柱ポスターなどで勧誘を行なっている業者ではないか
  • ・連絡先が090から始まる携帯電話ではないか (俗に090金融と呼ばれます)
  • ・「ブラックでもOK」「無審査で借りられる」「総量規制かかりません」などの文言で勧誘してくる
  • ・「ソフトヤミ金」と名乗っている (立派なヤミ金の一種です)
  • ・都道府県登録番号が適当、もしくは他社の番号を勝手に使用している
上記の他にも色々と特徴はありますが、一つでも当てはまれば確実にその業者はヤミ金です。ヤミ金は始めこそ親切にお金を貸してくれますが、法外な金利を請求される上、一度でも延滞すると手のひらを返したように暴言を吐いて返済を迫ったり、近所にも迷惑がかかるような嫌がらせをしたりする可能性が非常に高く危険です。専業主婦でも借りられると言われたからといって、これらの金融会社からは決してお金を借りないようにしましょう

専業主婦の場合の銀行カードローンの選び方

どのくらいで完済できるかで選ぶべき銀行カードローンが変わる

①数週間〜数ヶ月で返済する目処がついている場合
借りる金額も少なく、お小遣いやその他の方法で借入金額がすぐに工面できそうな場合は、数%の金利を気にしたところでそこまで変わりありませんので、金利が多少高くてもご自分にとって利用しやすい銀行カードローンを選ぶのが良いでしょう。
多くの方におすすめできるのはメガバンクのカードローンです。店舗も全国にありますし、既に口座をお持ちの方も多いでしょう。条件付きではありますが、メガバンクのカードローンであれば即日融資にも対応していますし、提携ATMも多く、数百円の手数料を気にしなければいつでも借り入れ・返済が可能です。

②返済が長期化しそうな場合
月々そこまで返済に充てられる金額が捻出できず、返済が数ヶ月〜数年にわたりそうな場合は、利用のし易さよりも金利の低さと返済金額の少なさで選ぶことをオススメします。カードローンの金利は△%〜◯%というように表示されますが、その数字が低いほど、月々の返済額に含まれる利息が少なくなります。
つまり金利は低いほど良いのですが、金利を比較する際には上記で言う「△%」と「◯%」のうち、◯%の方で比較するようにしましょう。◯%にはその銀行カードローンの最高金利が入るのですが、専業主婦の場合は限度額が低いため、ほぼ確実にこの最高金利が適用されるためです。最低金利に惑わされないようにしましょう。
返済額の比較については、上述の通り各カードローン会社の商品概要説明書にて確認することができますので、こちらにて出来るだけ返済金額が少ないものを選ぶようにしましょう。

急いで借りたい時

どうしても今日明日で資金が必要、という方もいらっしゃるでしょう。その場合には、その銀行カードローンがそもそも「即日融資」に対応しているかどうかをチェックしましょう。こちらも上記の比較表で確認することができます。
要注意なのは、地方銀行に多い「即日審査が可能」という商品です。即日融資と即日審査は異なります。後者の場合、審査結果は当日中にもらえるが、諸々の手続きを含めると融資までに数営業日掛かる、というものも少なくありません。
その点、メガバンクのカードローンは条件付きではありますが即日融資も可能ですので、どうしても当日中に借り入れたいという方は上記比較表からメガバンクのカードローンに今すぐ申し込みましょう。

郵送物でバレないか。旦那・家族に内緒でお金を借りることは可能か

専業主婦の方が恐らく最も気にされるのがこの点でしょう。お金を借りることなんて、出来ることなら誰にも知られたくはないですよね。特にご自分のための資金であれば尚更です。
大手の銀行カードローンを中心に、最近ではインターネットから申し込むことができるようになっているので、例えば銀行店舗で誰かにばったり申し込みの場面を見られる、といった可能性は低くなっています。
それよりも懸念なのは、銀行カードローンからの郵送物が自分の知らない間に届き、それを夫や子供が勝手に開封してしまう可能性でしょう。特に、申し込んだカードが郵送されてきた場合などは、それを夫が見てしまえば確実にカードローンだとバレてしまします。
これを防ぐには、カードが送られてくる前に取りに行けば良いのです。メガバンクのカードローンであれば、事前にインターネットで申し込みだけしておき、夫が仕事に行っている間に銀行の店舗に向かい、自動契約機でカードの発行だけをサクッと終わらせることができます。店舗への滞在時間も少ないので、知り合いにバレる可能性も低いでしょう。

銀行カードローンでの申し込みから融資までの流れ

専業主婦向けカードローンの選び方が分かったところで、銀行カードローンの申し込みから融資までの流れと注意点などをざっくりと理解しておきましょう。

申し込み

①インターネットで申し込み可能な銀行カードローンに申し込む
まず、申し込みの際にはインターネットを利用されることをオススメします。最近はほとんどの銀行でインターネット申込が可能になっていますが、一部の地方銀行などでは未だに店頭でないと申し込みができないようです。対面で申し込みを行うとどうしても時間が掛かっしまい、その店舗で知り合いに出くわしてしまう可能性等も高くなります。

②専業主婦がカードローン利用する際には、理由はどうすればいい?
カードローンを利用する際には、借入資金の利用用途を必ず記入しなくてはいけません。多くの場合、用途は選択式になっているのですが、カードローンは基本的に利用用途が自由です。とは言え選択肢によっては審査する方に与える印象が異なる可能性もありますので、「生活費」や「物品購入」、「引越し費用」と言った、どうしても必要な資金項目を選択するのが無難かもしれません。
一つ注意点としては、ほとんどのカードローンでは「事業資金」の貸し出しは行なっていません。専業主婦の方で事業資金を借り入れる方はそうそういないとは思いますが、間違って選択などしないように気をつけておきましょう。

③限度額は低めに申し込む
前述のとおり、銀行カードローンの専業主婦向け利用限度額は30〜50万円となっています。とは言っても、限度額ギリギリまでを申請することは避けたほうが良いでしょう。いきなり「50万円」など申請すると、「この人はとてもお金に困っているのかな?」と勘ぐられてしまう可能性もありますよね。ですので、利用限度額の申請は必要最低限にしておきましょう。
これは、ご自分の借り過ぎを防ぐためにも重要なポイントです。

審査

ここでは、専業主婦がカードローン審査で見られているポイントを解説します。
①配偶者の雇用形態、収入、勤続年数
銀行カードローンであれば配偶者の同意書や、配偶者の会社への在籍確認が入らないとは言っても、銀行も返済目処が立たない人には融資をしたくありません。ですので、申込時には配偶者の雇用形態や年収及び勤続年数などを聞かれることになります。(収入証明書等は必要ありません)

②ご自分と配偶者の信用情報
信用情報とは、クレジットカードやカードローン等、信用によりお金が動く取引の利用履歴が細かく記載された情報のことです。信用情報には契約内容や返済・支払状況、利用中の残高などが記載されており、その個人の信用力を推し量るには絶好の資料となるのです。
専業主婦がカードローンに申し込む際には本人に返済能力が無いため、ご自分のローン利用履歴等と合わせて、配偶者の信用情報も確認されます。ここで仮に配偶者が他のカードローン等を利用していた場合、専業主婦の方が新たにローンを利用することは難しくなる可能性もあります。

③属性
属性と言われても何のことか分からないかと思いますが、カードローンに申し込んだ人の性別、職業、居住形態、家族構成などを指しています。これらの情報を元にして、各社の独自基準で申込者のランクを決定し、結果次第で融資の可否を決める行程があるのです(俗にスコアリングと呼ばれます)。
詳しくは「スコアリングって何?その仕組みって?」のページにて紹介しておりますので、気になる方は是非こちらもご確認下さい。

カードの発行・振込融資

審査通過後、カード発行を発行してもらいATMでキャッシングを行うか、カード発行前に振込口座を登録し、そちらに希望金額を振り込んでもらうことが出来るようになります。当日中に振込融資を受けたい、という場合には、ここまでの工程を午前中には済ませておくことが望ましいでしょう。何故なら、振込融資は銀行のシステムを通じて行うため、システムが稼働しない15時以降は振込融資の申請をしても翌日に回されてしまうためです。
振込時間を過ぎたがどうしても当日中に借りたい!という方は、自動契約機でカードを発行可能なメガバンクのカードローンに申し込みされると良いでしょう。いずれにしても、当日中に審査結果が帰ってくるための制限時間はありますので、いつまでに申し込みをしないといけないか、の目処はしっかりと立てておくことをオススメします。

内緒で借りたい時に気を付けたいポイントを解説

ここでは、専業主婦がカードローンに申し込み、借り入れ、返済を完了するまでの間に旦那・家族にバレないためのポイントを解説していきます。

自分個人のスマホ・PCから申込む

まず、ご自身しか見ることのできないスマホやPCから申し込むことを心がけましょう。理由としては、ブラウザの閲覧履歴やメール履歴を見られないようにするためです。たとえ申し込むまでいかなくても、閲覧履歴に消費者金融や銀行カードローンなどのホームページがあれば、借り入れを検討しているというのは誰でも分かってしまいます。もしあなたが今このページを共用PCなどでご覧になっているのであれば、カードローンへの申し込み後、ブラウザの閲覧履歴から消去しておくことをオススメします
また、申し込みの際に入力するメールアドレスも要注意です。絶対に自分しか知らないアドレスを登録しておきましょう。

在籍確認は携帯電話にかけてもらう

申し込みの際、電話番号もご自分の携帯電話番号を入力しましょう。固定電話がある家庭の場合、その電話番号を入力してしまうと、「在籍確認」という審査過程の際に家族にバレてしまう可能性があります。在籍確認とは、申込者が本当に入力した勤務先や住所に住んでいるのか、といったことを確認するための電話確認です。当然カードローン会社もプライバシーに配慮して、一言目にカードローン名を出すことはなく、個人名で電話を掛けてきます。それでも気付く方は気付いしまうため、専業主婦の方の場合はできるだけご自分の携帯電話番号を登録しておくことをオススメします。

返済日を守る

実際に借りることができたらそれで安心、ではありません。完済するまでがカードローンを利用するということです。返済日を守らないと、まずは返済忘れの確認電話が掛かって来ます。この電話を無視して返済をしなかったり、一度目は返済しても次回から何度も延滞を繰り返したりしていると、場合によっては家に督促の郵送物が届くこともあります
この郵送物はいつ送られてくるか分からないので、旦那さんや子供がそれと気づかず開封してしまう可能性もあります。内緒で借りている上に延滞していることがバレてしまうなど、考えたくもありませんよね。返済日は絶対に守るようにしましょう。

利用明細はWEB明細に切り替えておく

カードローンを利用していると毎月利用明細が送られてきます。カードローンの利用がバレる主な理由は郵送物ですので、利用明細も届かないに越したことはありません。大手の銀行カードローンであれば、WEB明細をサポートしていることも多いので、申し込む前に明細書をWEBに切り替えられるかどうかはしっかり確認しておくと安心です。

専業主婦が銀行からお金を借りる際の気になるポイントを解説

在籍確認はあるの?

軽く前述しましたが、専業主婦の場合の在籍確認は個人宅もしくはご自分の電話に掛かって来ます。自宅電話にかかってこないよう、ご自分の携帯電話がある方はその電話番号を登録しておきましょう。

収入証明書は必要ないの? (身分証明書だけで借り入れ可能!)

専業主婦の方が銀行カードローンから借り入れる場合には必要ありません。つまり、運転免許証や健康保険証等の身分証明書のみでカードローンを利用することが可能です。

クレジットカードのキャッシングとカードローンを比較するとどちらが良い?

手軽さで言えばクレジットカードのキャッシング枠の方がよいかも知れません。しかし、利用に踏み切る前に金利をしっかり確認しましょう。クレジットカードでキャッシングをする場合、その金利は消費者金融以上に高い場合が多いです。具体的には、最低金利でも15%、最高金利は18%という金利設定のクレジットカードが最も多いようです。
それに対して銀行カードローンは最高金利でも14%程度が相場です。特に長期間借りる場合には、数%の金利が数万円、十数万円の差になることもありますので、できれば銀行カードローンを利用されたほうが良いと考えられます。

深夜や土日・祝日にも借りられるの?

既にカードローン口座を開設さえしていれば、深夜及び土日・祝日でも借りることは可能です。しかし、口座を開設していないとなると、対応可能な銀行は非常に限られてきます。まず、深夜の場合はどの銀行に申し込みを行なっても翌日に回されます。土日の場合には、どうしても休みの間に借りる必要があるのであればメガバンクのカードローンに申し込んでみましょう

自宅や旦那の職場に連絡はあるの?

配偶者貸付の申し込みを行なっていない限り、配偶者の職場に連絡がいくことはありません。しかし、自宅には本人確認や在籍確認の工程で電話が掛かって来る可能性があります。

夫に借金がある場合は借りられない?

前述のとおり、専業主婦自身がお金を借りる際には配偶者の信用情報も同時にチェックされます。仮に夫が年収の3分の1、2分の1以上といった大きな借金を背負っていた場合、専業主婦の方が借り入れをするのは難しいかもしれません。とはいえ金額と割合次第ですので、まずは申し込んでみることをオススメします。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 専業主婦でも借りられるカードローン

    主婦、とりわけ専業主婦の方はお金を借りることができるのでしょうか。結論、専業主婦の方は、パートやアルバイトなどの収入がある主婦の方に比べると現状お金を借りづらい、というのが現状です。ただし「借りづらい」ということなので借りることが出来ないわけではありません。本ページでは専業主婦の方がお金を借りるためにはどうするべきかまとめました!

  • 専業主婦向けカードローンオススメ人気ランキング

    最近、専業主婦の間でカードローンの人気が高まっています。CMで見かける機会も増え、安心して利用できるというイメージが定着したと言えるでしょう。しかし、一口にカードローンといっても実は多種多様です。銀行カードローンもあれば消費者金融系カードローンもあり、それぞれメリット、デメリットがあります。専業主婦におすすめなのは銀行カードローンです。一般的には審査が難しいといわれる銀行カードローンを利用できるのですから見逃せません。しかし一方で専業主婦は、審査が銀行ほど厳しくないと言われる消費者金融系カードローンを利用することはできません。もちろん、このような逆転現象が起きているのには理由があります。専業主婦に人気のカードローンランキングとともに、その仕組や選び方を紹介します。

このページに関連するQ&A