専業主婦でも即日キャッシング可能なカードローンは?

2016年3月15日

日々家計のやりくりをしている専業主婦の方々にはお金の悩みが尽きないことと思います。先月はなんとかなったけど、今月はどうしても赤字になってしまう…。そんな時、少しでもお金を借りることができたらなんとかなるのに、と思いますよね。
「でも、専業主婦だとお金を借りることなんて出来ないのでは?」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。実は、主婦の方でもお金を最短即日で借りることは可能です。勿論、働いており安定した収入がある方と比べるとハードルは高いですが、いくつかの条件を満たせば借入が可能となります。
ここでは、専業主婦の方々がお金を借りる条件や手順について解説します。今すぐお金が必要という方も、まずはこちらの記事を読んでからカードローンに申し込むと効率的にお金を借りることができるでしょう。

目次

専業主婦は消費者金融では借りられない?

少しでもカードローンについて調べたことのある方であればご存知かも知れませんが、一般的に専業主婦は消費者金融でお金を借りることができない、と言われます。これは一部事実です。
というのも、消費者金融をはじめとした貸金業者へのルールを定めた貸金業法に、「過剰貸付抑制」=総量規制というルールがあり、ここでは「年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する」と書かれているためです。
パートやアルバイトなども含めて、安定的な給与を受け取っていない専業主婦の場合には当然年収は0円となるので、借入可能な金額も0円となる、ということです。

先ほど、専業主婦が消費者金融でお金を借りることができないというのは「一部」事実だと書きましたが、これはつまり専業主婦でも消費者金融等の貸金業者からお金を借りられるケースもあるということです。
それは、「配偶者貸付」という制度を利用した場合なのですが、こちらについてはこのページで後述します。また、専業主婦ではありませんが、パートやアルバイトで毎月安定的な収入を稼いでいる方であれば消費者金融でも借入を行うことが可能です。

パート・アルバイト収入がある方へのオススメカードローン

ここでまず、大手の消費者金融の貸付条件を見てみましょう。

・アイフル: 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
・アコム: 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
・プロミス: 年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方

上記の様になっています。
いずれも20歳以上で、安定した収入・返済能力があり、各社基準を満たす方、という風になっています。ここでいう安定した収入は、特に会社勤めによる給金のみと限定しているわけではありません。パートやアルバイトで、年間を通して毎月安定的な収入がある方であれば、融資の対象となります。プロミスの場合は実際、公式ホームページに「主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。」という但し書きもあります。
では、「当社基準を満たす方」というのは具体的にどのような条件なのでしょうか。各社特に公開はしていませんが、例えば申込者の信用情報を確認し、その内容が各社の設定する最低基準を満たしているかどうか、等が考えられます。先ほども述べた総量規制では、年収の3分の1を越える貸付は出来ない、とされていましたが、カードローン会社によってはより厳しい審査基準を設けている可能性もあります。
なぜなら、年収に対する借入残高が高いほど返済難易度は高くなり、最悪の場合借り入れた方が自己破産してしまう可能性もあるためです。この場合カードローン会社にとっては貸し倒れ、つまり単純な損失となってしまうため、審査には非常に慎重を期していると考えられます。
その他にもカードローン会社が設けていると言われる審査基準として、実家に住んでいるか否か、扶養家族がいるか独身か、等があるとされます。
上記の通り諸々の基準はあると考えられますが、ある程度の安定した年収があり、特にクレジットカードの延滞履歴やカードローンの返済延滞、携帯代金の延滞等が無い方であれば、あまり気にしすぎず申し込んでみることをオススメします。
大手の消費者金融は審査・融資のスピードを売りにしているところが多いので、即日融資を受けたい主婦の方は銀行よりも消費者金融に申し込んだほうが確実かもしれません。

ご自身の収入が無い場合は銀行カードローン

専業主婦の場合に話を戻しましょう。仮にあなたが専業主婦で一切の収入も無い場合、基本的には銀行カードローンを選択する必要があると考えましょう。というのも、銀行カードローンは総量規制の対象外となるためです。つまり、法的には申込者の収入により借入可能額が制限されることはない、ということです。
とはいえ銀行も、返済能力の低い方に大きな融資を行うわけには行きませんので、専業主婦の方に対しての利用限度額は30万円から、多くても50万円程度に設定されているようです。生活費の範囲で返済できる限度額にとどめている、ということでしょう。

では、銀行で即日融資を受けるにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか。
まずは各社の公式ページに飛び、申し込みボタンを押して入力フォームに必要事項を埋めていきましょう。入力し終われば申し込み完了です。申し込んでから暫くすると、銀行から電話で本人確認の連絡があるはずです。これは、インターネットから申し込んだ方が本当に本人なのかを確認する作業です。問題が無ければ審査段階に移ることになります。
審査が完了すると、電話もしくはメールで結果が通知されます。審査を通過した場合は、その後のフローは各銀行により異なりますが、多くの銀行カードローンの場合はお住まいの近くの店舗に来店し、自動契約機などで本契約を完了、その場でカードを受け取る必要があります。
カードを受け取ってしまえば、後は併設のATMや提携ATMでいつでもお金を借りることが可能となります。

ここで、地元の銀行で知り合いなどに鉢合わせるのが嫌だという方の場合、来店不要でも即日契約のできる銀行カードローンを探す必要があります。銀行カードローンの中には、既にその銀行のキャッシュカードを持っていれば、そのキャッシュカードにローン機能を付加することができるものもあります。この方法であれば、来店せずにカードローンを利用可能になりますので、ローン機能が付加されたキャッシュカードで各銀行のATM、もしくはコンビニなどの提携ATMからお金を借りることができます。特にメガバンクの口座及びキャッシュカードをお持ちの方は多いと思われますので、そのような方は下記のリンクからお申込みをされると良いでしょう。
また、銀行によってはカードローン口座が開設された時点で振込融資が可能になるものもあります。振込融資を受けたい場合に気をつけないといけないのは、銀行システムの稼働は多くの場合15時までとなっている、ということです。14時~14時30分くらいまでには振り込み申請を完了していないと、即日振り込み融資を受けることは出来なくなりますので注意しましょう。それでも即日融資を受けたい方は、各店舗に向かいローンカードを直接受け取るようにしましょう。

その他の注意点としては、総量規制の対象外である銀行カードローンとはいえ、その提供元である銀行が専業主婦に対する貸付を行なっていない場合もあります。逆に専業主婦に対する融資も行なっている銀行は、殆どの場合公式ホームページにあるカードローン商品詳細の「申し込み対象者」といった項目に、「専業主婦の申し込みもOK」といった文言を掲載しています。
もし既に検討していらっしゃる銀行カードローンがある場合は、念のため上記の項目を確認しておきましょう。
もし専業主婦への融資を行なっていなかった場合は、こちらでご紹介する銀行カードローンを検討頂くと良いでしょう。

夫の年収でお金を借りることも一応可能

ここまでは収入のない専業主婦がいかに銀行カードローンからお金を借りるか、ということをお話してきましたが、前述したとおり専業主婦でも消費者金融でお金を借りることは絶対にできない、というわけではありません。
それは「配偶者貸付」という制度を適用した貸付を行う消費者金融の場合です。具体的には、専業主婦(主夫)は総量規制の例外として、配偶者の年収の3分の1までであれば融資を受けることができる、とする制度です。ではそれでお金を借りれば良いのでは、と思いますが、2つほどハードルがあるのが実情です。

1つは、配偶者貸付を行なっている消費者金融はごく一部であるということです。特に、大手の消費者金融で配偶者貸付を行う会社はありません。中小企業だからといって怪しい業者ではないところもありますが、できるだけ大手からお金を借りるほうが安心だと感じられるのでは無いでしょうか。
2つ目は、配偶者貸付を受けようとする場合には、配偶者の同意書、配偶者との婚姻関係を示す書類、配偶者の収入証明書類が必要となることです。本当にお金に困っているならまだしも、少しでも自分の自由になるお金が欲しい、といった理由で即日融資を受けたい場合には、旦那さん(奥さん)に上記のような書類の準備をお願いするのはかなり気が引けますよね。

大手で借りたいとも思わないし、既に配偶者からも借入の許可は得ている、という場合には、配偶者貸付制度を利用して即日融資を受けるのも良いでしょう。
但し、まとまったお金を借りる必要がある場合には、できるだけ銀行カードローンで借りることをオススメします。何故かと言うと、ほとんどの消費者金融では、初めて貸付を行う人に対しては利息制限法で決められている金利のうち最高金利、もしくはそれに準ずる水準の金利を課するためです。
銀行カードローンの場合は、審査を厳しめにする代わりに金利を低く設定していることが殆どなので、大きな金額を借りれば借りるほど、銀行カードローンの利息負担は少なくなります。

絶対に借りてはいけない金融会社

仮にあなたが銀行でも、配偶者貸付を行う消費者金融でも審査に通らず途方にくれている場合でも、絶対に借りてはいけない金融会社があります。ヤミ金や街金と呼ばれるものです。これらの会社・もしくは個人は、まともにお金を借りることのできない人に向けて甘い言葉で借入を誘います。
借りるところまでは良いかもしれませんが、このような会社は法律で定められた金利を守らないことが多くあります。少しでも返済が遅れたら、昼夜を問わない取り立てや嫌がらせを行なってくる可能性もあります。あなたの親族にも迷惑がかかるかもしれません。本当にお金に困ってしまったとしても、絶対にこのような会社には頼らないようにしましょう。
最近では広告などもあまり見なくなりましたが、電柱に貼り付けられているチラシや郵便物にまぎれたビラなどの勧誘は真に受けず、どうしても最低限の生活資金も足りない、という場合には公的な手段でお金を借りるようにしましょう。

例えば、全国の都道府県及び市区町村に設置されている社会福祉協議会が実施主体となる、「生活福祉資金貸付制度」等があります。これは、必要な資金を他から借りることが困難な低所得世帯や、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方がいる障がい者世帯、65歳以上の高齢者がいる高齢者世帯などを対象にした、公的な貸付制度です。
貸付資金の用途としては、総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金が記載されています。返済能力が低い方々のための公的制度なので、連帯保証人を立てる場合には限りますが無利子で借りることが可能となっています。

まとめ

・専業主婦は消費者金融では基本的に借入ができない
・但し、配偶者貸付可能な消費者金融なら借り入れできる可能性がある
・パートやアルバイトで安定収入がある主婦であれば消費者金融への申し込みも可能
・無収入の専業主婦であれば、低金利な銀行カードローンがおすすめ
・どうしても借りられない場合はヤミ金等に頼らず、公的な貸付制度を検討しましょう

おすすめの専業主婦も借り入れ可能なカードローン

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」

おすすめポイント

不要
公式サイト参照
  • 来店も口座も不要!口座があれば即日融資も可能!
  • 銀行カードローンには珍しい、契約日から30日間無利息!
  • 一部提携ATMでの借入・返済時の手数料無料!

直近60日間のアクセス数 145

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短即日 ご契約後最短即日 3.0%〜14.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
ご契約日から30日間 10万円〜500万円

千葉銀行“クイックパワー<アドバンス>”

千葉銀行“クイックパワー<アドバンス>”

おすすめポイント

不要
公式サイト参照
  • 10秒クイック診断でまずはチェック!
  • 審査結果の即日回答も可能!
  • 所得証明書は一切不要

直近60日間のアクセス数 138

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短即日 最短即日 4.3%〜14.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
なし 30万円〜500万円

スルガ銀行"リザーブドプラン"

スルガ銀行"リザーブドプラン"

おすすめポイント

不要
公式サイト参照
  • 最短即日スピード回答!
  • ハイスピード ”最短翌営業日融資可”!
  • 書類・来店不要カンタン申込!

直近60日間のアクセス数 176

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
公式サイト参照 公式サイト参照 3.9%〜14.9%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
なし 10万円〜800万円

ガン保障特約付き消費者信用団体生命保険への加入可
※死亡・高度障害およびがんと確定診断された時に残高が0円になります。
※保険料は銀行負担です。

絞り込み条件で探す