派遣社員でも借りられるカードローン特集

カードローンからお金を借りられるのは正社員として働いておられる方だけではありません。
派遣社員の方々もお金を借りることは可能です。以下では派遣社員の方々がお金を借りる際の流れ、
また審査を有利に進めるために必要なことをご説明しましょう。

派遣社員がお金を借りるための流れ

大手の消費者金融のホームページを見ると借入ができる人の条件としてたいていは「安定した収入のある方」とあります。よって正社員であろうが、派遣社員であろうが、一定期間収入が安定している方はお金を借りることは十分可能です。
お金を借りるための最初のステップは申込を行うことです。派遣社員の方々も職場の方や家族にお金を借りることは知られたくないと思うのではないでしょうか。その場合、一番安心なのはパソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で申込むことです。自分が借りられるか心配な方は申込の前に各社のホームページを使って借入が可能かを診断するサービスを活用しましょう。ほとんどの会社で数十秒、数分で借入が可能か結果を教えてくれます。
申込をしたら、必要書類の提出が必要になります。派遣社員の方々も会社から給与明細や源泉徴収票を受け取っておられるはずですから、それらの収入証明と本人確認書類を準備して、郵送やネット経由で提出しましょう。その後、約1時間以内で審査結果が通知され、振込の形で、あるいはその後にカードが郵送されてきて、そのカードを使って現金を引き出すことでキャッシングが可能になります。

派遣社員イメージ

派遣社員にオススメのカードローン

安定した収入がある20歳以上の派遣社員の方にオススメのカードローンをご紹介!早速下記のカードローンをチェックしてみましょう!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by アコム株式会社

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

おまとめ・借り換え希望の方に人気!

【PR】Sponsored by オリックス銀行株式会社

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

最短即日 最短即日 3.0%〜14.0% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

【派遣社員が気をつけること1】勤続年数に気をつける

審査をできるだけ有利に進めるための1つのポイントは勤続年数に気をつける、ということです。勤続年数とは同じ会社にどれだけ勤めているかということですが、この年数が長ければ長いほど、審査は有利になると言えます。なぜなら、勤続年数が長いということは、その分、収入が安定しており、今後も収入に大きな変化が生じる可能性が低いことを証明するものとなるはずです。もし、派遣社員であっても、正社員であっても、仕事を取っ替え引っ替えしているような人は審査する側からしてみると信用するのに難しい人とみなされて、借入が困難になります。
実際、どのくらいの年月の勤続年数があれば安心なのかはっきりしたことは言えませんが、最低でも半年、できれば1年以上の勤続年数が望ましいでしょう。

【派遣社員が気をつけること2】申込時の申告は正直に

申込を行う際に自分が派遣社員であることや、実際の年収がどのくらいか、あるいは他社から借金があるのか、といった事柄を申告しなければなりません。ついつい「派遣社員よりも正社員と記入したほうが審査に有利になるのでは?」とか「収入も少し上乗せしてもばれないのでは?」と考えてしまうものですが、嘘は記入しないようにしましょう
嘘を記入してそれがばれてしまうと、あとで信用を回復するのが大変です。また、審査の際には本人確認書類や収入証明書類を提出しなければなりませんので、結局あとでそれがばれてしまう可能性も高いのです。

【派遣社員が気をつけること3】申込の限度額は低めにする

派遣社員の方がカードローンを申込む際に、自分が希望するカードローンの限度額を記入する項目があります。例えば、限度額30万円に設定して無事に審査に通れば、30万円の枠内で繰り返しお金を借りることができるのです。会社の最高限度額は500万円や800万円と書かれてはいますが、初めて借り入れる人がいきなりそんな高額の限度額を申込んで審査に通ることはほとんどないと言っても良いと思います。
また、派遣社員の方は正社員の方と比べると限度額は低くなりがちです。そのことを念頭に置くと、いきなり高額の限度額を申込むよりは、最初は低額で申込んで、徐々にその額を増やしていく方法が賢明だと言えそうです。

このページに関連した記事