新生銀行カードローン レイクに申し込む際の審査手順徹底解説

2016年2月6日

新生銀行カードローン レイクの申込はどのように行うのかご存知でしょうか?突然お金が必要になったけど、どのように申し込んでいいか分からない!ということがないように、新生銀行レイクの審査手順について解説します。

目次

レイクの申込方法、店舗はどこ?

パソコンやスマホのインターネット、電話、郵送、自動契約機とレイクでは様々なチャネルから申込を行うことができます。但し、レイクは新生銀行のカードローンですが、新生銀行の窓口で手続きを行うことはできないためこの点には注意が必要です。
レイクの手続きを行うことができるのは自動契約機のみです。有人の店舗窓口は設置されていません。

レイクに申し込む際に必要となる書類は?

レイクの申込に必要な書類は以下の通りです。

・本人確認書類
・収入証明書(契約額に応じて、銀行側が必要とする場合)

本人確認書類は運転免許証か健康保険証、パスポートなどの提出が必要になります。

レイクの審査には在籍確認はある?

レイクの申込を行うと、申込書に記載した勤務先に本当に勤務しているかどうか、レイクの審査担当が勤務先に電話をかけて確認する勤務先への在籍確認の連絡が入る場合があります。
勤務先には個人名か新生銀行名で電話をかけるため、勤務先に「レイクですけど○○さんはいらっしゃいますか?」などと電話を掛けることはありません。ですので、勤務先の同僚などにカードローンを作成しようとしていることが直接知られる心配はありません。
在籍確認は本人に繋がるか、本人に繋がらなくても「○○は今外出しております」などの回答で、その勤務先に在籍していることが確認できれば完了です。

スムーズに審査を終える方法

レイクの審査をスムーズに終えるためのポイントを2点ご紹介します。

■記載ミスや虚偽記載をしない
申込書に虚偽の内容を記載すると、審査通過後に虚偽が発覚してしまった場合は審査のやり直しや取り扱いそのものを中止する場合も考えられ、時間がかかるだけになってしまいますので虚偽記載は絶対にやめて下さい。
また、個人信用情報は電話番号や生年月日から照会を行いますので、入力ミスなどでこの数字が違ってしまうと個人信用情報が正確に照会できなくなってしまいます。生年月日や電話番号は後で確認されますので、間違いがないように入力後に内容をしっかりと確認してください。

■勤務先の電話番号はできるだけ直通番号を記載する
大きな会社にお勤めの人は会社の代表番号を書いても、在籍確認の際に本人まで辿り着くまでに時間がかかってしまいます。審査を終えるためには自分になるべく近い電話番号を申告し、在籍確認を終えられるようにしましょう。また在籍確認の際、電話を取る方に電話がある旨を伝えておけると段取りがスムーズになります。

まとめ

・レイクの申込はインターネット、電話、郵送、自動契約機から行うことができる
・レイクの申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書(契約額に応じて、銀行側が必要とする場合)
・レイクでは勤務先に在籍確認の連絡を入れる場合があります
・申し込み時に記載項目のミスや虚偽記載をしないよう気を付ける

50万円を超える場合提出必要(※)

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短即日 最短即日 1万円〜500万円 4.5%〜18.0%

※即日振込みをご希望の場合は、平日14時までのお申込みと本人確認書類の確認の完了が必要です。
※審査結果をご確認いただける時間:8時10分~21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分~19時)
※上記以外の時間帯は、審査結果をメールなどでお知らせいたします。
※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る
※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要
※収入証明書:レイクALSAのご利用限度額の総額と他社のお借入れ総額の合計が100万円を超える場合必要
※収入証明書:他社とは、使途自由の類似無担保融資サービスを提供している会社のことを表します
※即日融資:14時以降に申込のお客様は、当日、店舗でのお手続きできれば即日融資が可能
※即日融資:初めてのお客さまへの当日ご融資は、8~22時
※即日融資:ご融資時間は、一部店舗によって異なります
※60日間無利息キャンペーン:本キャンペーンは9月3日(月)から11月30日(金)ご契約完了のお客さまが対象となります。
※60日間無利息キャンペーン:新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみが対象となります。
※60日間無利息キャンペーン:30日間無利息、180日間無利息との併用不可

新生銀行カードローンレイクに関する記事

絞り込み条件で探す