新生銀行カードローン レイクの利用限度額を増額する方法

2016年2月7日

結婚式や送別会など、急な出費が発生してしまい、カードローンで借り入れを行う際、もしかしたら利用限度額が上限に達してしまって利用できないこともあります。そんなことにならないように、「予め利用限度額を増額しておきたい」と思う方は少なくないでしょう。今回は新生銀行カードローン レイクの利用限度額増額方法を解説します。

目次

利用可能限度額とは

利用可能限度額とは、一度に借り入れが出来る上限金額のことを指します。この利用可能限度額の設定は、カードローン会社によって様々です。新生銀行レイクにおいては、利用可能限度額は最大500万円までとなっています。

新生銀行レイクの利用限度額増額の申し込み方法

新生銀行レイクの利用可能限度額を増額するには、専用の「会員ページ」から行います。会員ページにログイン後、「ご利用限度額アップのご確認・お申し込み」を選択することで申し込めます。また、「自動契約機」「レイクATM」「お客さま専用フリーダイヤル (0120-09-09-24)」でも手続きが可能です。
ただし、誰もが自由に増額出来るわけではありません。基本的には、利用実績と信用情報によって増額可否や金額も決められます。新生銀行レイクの場合は、増額申請が可能になった利用者には、その旨を通知する仕組みがあります。そのため、その通知が届くまで、じっくり利用実績を積むのがいいでしょう。
通知は前述の会員ページで確認できる他に、通知メール、レイクATM、お客様専用フリーダイヤルでも確認することができます。

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
公式サイト参照 申込完了画面に表示 500万円 4.5%〜18.0%

※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

増額申請が通りやすくなるコツ

利用可能限度額の増額申請には、もちろん審査があります。そのため、下記に挙げた2つのポイントを念頭に置いた上で、増額申請をするようにしましょう。

・申請のタイミング
・良好な取引実績

■申請のタイミング
先述の通り、新生銀行レイクの場合は、増額申請が可能になると利用者に通知が届きます。そのため、その通知が届くまでは増額申請は控えたほうがいいでしょう。もしも、むやみに増額申請を行い、審査を落ちた場合は、一定期間を過ぎないと再申請が出来なくなります。さらに、場合によっては、一定期間の融資停止もしくは融資限度額の引き下げに繋がる恐れがありますので、通知が届いていないかどうかは事前にしっかり確認を取りましょう。

■良好な取引実績
取引を継続していたとしても、その間に支払延滞などあってはいけません。それぞれの取引に問題がないことが重要です。つまりは「遅滞なく返済している」ことがポイントとなります。普段から堅実な借り入れを行い、計画的に返済をすることが、増額申請に繋がります。
新生銀行レイクの公式サイトでは、「ご返済シミュレーション」という機能がありますので、活用して返済計画を立てましょう。早期での一括返済も信用を積み重ねるには効果的です。
また、注意しなければならないのは、新生銀行レイク以外の金融期間との実績も対象になるということです。審査では、他社との取引の履歴も参照されます。新生銀行レイクの取引に問題がなかったとしても、他金融会社との間に遅延や滞納等の問題があれば、審査は通りにくくなりますのでご注意ください。

信用を失わない計画的な取引を

カードローン上で取引するお金は信用に基づいて成り立っています。信用とは、もちろん一朝一夕で築き上げるものではありません。これまでの信用情報における実績、職業など、個人のこれまでの実績に基づくものです。一方で、一度の過ちで総崩れになってしまうのもまた、信用です。そのため、利用可能限度額の増額申請においても、慎重に行う必要があるでしょう。
新生銀行レイクの場合は、公式サイトで「お借入れ診断」「返済シミュレーション」といった機能や、お客様専用フリーダイヤルで返済計画を立てるためのサポート体制が整っています。そのサポートも活用しながら、計画的かつ誠実な取引を積み重ねることを意識しましょう。

まとめ

・新生銀行カードローン レイクでは利用限度額の増額申請ができる
・増額申請を通りやすくするには「申請タイミング」と「取引実績」が重要
・常に計画的な利用を心がけよう

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
公式サイト参照 申込完了画面に表示 500万円 4.5%〜18.0%

※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
※パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

新生銀行カードローンレイクに関する記事

絞り込み条件で探す