三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の返済について

2016年2月18日

バンクイックの返済は、最少返済額での返済となります。また、返済期日は、「35日ごとの返済」か「毎月指定日返済」のいずれかで決められること、そして返済方法も、自動支払いやATMなどの多様な方法がありますので、利用者にとっては都合に合わせやすいというメリットがあります。さらに、「Eメールサービス」を登録しておくと、返済期日の3営業日前にメールでのお知らせが来るので、うっかり返済するのを忘れることなく便利です。

目次

バンクイックの返済方法

バンクイックの返済方法には、自動支払い、ATMによる返済、指定口座への振り込みという3つの方法があります。自動支払いは、毎月の指定日に口座から自動で引き落とされます。そのため、返済忘れを防止することができるでしょう。ATMによる返済は、三菱UFJ銀行のATMと提携しているコンビニATMからの返済が可能です。手数料は無料ですし、利用できる時間帯も0:10~23:50と、ほぼ24時間、お忙しい方でも利用しやすいと思います。そして指定口座への振り込みは、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)からの振り込みで返済することができます。

バンクイックの返済期日

バンクイックの返済期日は、申込時に設定した「35日ごとの返済」か「毎月指定日返済」のいずれかで決定します。毎月指定日返済の場合は、都合の良い日に設定できます。例えば、給料日から2~3日後くらいを目処に設定しておくと、無理なく返済できるのではないでしょうか。35日ごとの返済は、初回の場合は、借入れの翌日から35日以内、2回目以降は返済の翌日から35日以内が返済期日となります。また、返済した日にちによって、返済日が変更になりますので注意が必要です。ちなみに、返済期日を事前に知らせてくれる「Eメールサービス」に登録しておくと、返済期日の3営業日前にメールでお知らせが来て返済忘れを防げるため、こちらの利用はおすすめです。

バンクイックの月々の返済額

バンクイックの月々の返済額は、最少返済額以上の金額であればいくらでも返済が可能となっています。最少返済額とは、借入利率と返済日時点の借入残高に応じた金額のこと。例えば、借入年率が年8.1%以下の場合は、10万円以下1,000円、10万円超~20万円以下2,000円と、借入残高が10万円増すごとに1,000円が追加されていきます。そして借入年率が年8.1%超の方では、10万円以下は2,000円、10万円超~20万円以下は4,000円というように、こちらも借入残高が10万円増すごとに2,000円が追加されていきます。もちろん、余裕のある月は対象返済額以上の返済が可能です。

バンクイックの返済シミュレーション

バンクイックのホームページでは、「毎月の返済額」と「返済期間」のシミュレーションができます。「毎月の返済額」の場合は、借入金額、返済月数、借入利率(年率)を入力するだけで、「返済期間」は、借入金額、毎月の返済金額、借入利率(年率)を入力するだけで、それぞれの結果を算出することができます。
なお、こちらで算出した金額や期間は、あくまで参考です。実際、毎回の最少返済額以上に返済すると、結果は変わってきます。

バンクイックで返済が遅れる場合

バンクイックで返済が遅れる場合は、毎回の返済額に加えて、遅延損害金が発生します。これは、借入残高に対して遅延損害金の利率がかかり、延滞日数から算出された金額です。なお、返済に必要な金額は、ホームページの会員ページ内にある「ご利用残高照会」か、三菱UFJ銀行ATM・提携コンビニATMの残高照会、そして第二リテールアカウント支店専用ダイヤルへの電話で確認することができます。

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
公式サイト参照 公式サイト参照 10万円〜500万円 1.8%〜14.6%

三菱UFJ銀行カードローンに関する記事

絞り込み条件で探す