MR.カードローン(ミスターカードローン)で借りる前にチェック!見ておきたい比較ポイント(審査時間、金利・利息、利用限度額など)

住信SBIネット銀行が提供しているカードローンの『MR.カードローン(ミスターカードローン)』。
「MR.」と付いていますが、女性の方でも気兼ねなく利用することができます。また、住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同で出資し設立した銀行です。このように、しっかりとしたバックボーンがあるため、カードローンの利用が初めてで不安だという方でも、安心して利用することができるでしょう。
しかし、それでも心配だという方のために、ここではMR.カードローンの審査時間、金利・利息、利用限度額の他、メリットやデメリット、そして独自のサービスについて、詳しく解説しています。
他のカードローンと比較・検討する上でも非常に役に立つ情報なので、参考にされてはいかがでしょうか。

1. 検討中の方必見!MR.カードローンのメリットとデメリット

MR.カードローン(ミスターカードローン)の利用を検討している方は、特にメリットとデメリットが知りたいのではないでしょうか。他のカードローンと比較して、自分に合ったカードローンを探すためにも、このポイントは押さえておきたいところです。しっかりと把握しておきましょう。

MR.カードローンのメリット一覧

※クリックで該当部分までスクロールします

①最短即日で借入可能!※住信SBIネット銀行の口座を持っている場合
②仮審査は最短60分!
③提携ATMの手数料無料!
④本人確認書類が不要 ※住信SBIネット銀行の口座を持っている場合
⑤一定条件で金利引下げも

MR.カードローンは銀行のカードローンのため、総量規制の対象外となります。審査結果次第では年収の3分の1以上の借入が可能となりますし、銀行カードローンの中でも金利が低い設定なので、長期の利用やおまとめローンを利用するのには向いているといえます。
さらに、住信SBI証券口座を保有している方、住信SBIネット銀行に残高がある方は、基準より0.5%の金利が引き下げられる、ということもMR.カードローンのメリットとしてあげられます。

MR.カードローンのデメリット・注意点一覧

①専業主婦は借入できない
②融資までに時間がかかる
③申し込み方法がWEBのみ
④住信SBIネット銀行の口座開設が必要

MR.カードローンは、業界でも審査が厳しいといわれているため、審査や融資までに時間がかかることがあります。
そのため、すぐに融資を希望しているという方には、あまり向いていないのかもしれません。また、利用するにあたっては、住信SBIネット銀行の口座開設が必要ということもあって、口座がない場合は、開設のためにさらに時間がかかることも考えられます。

申し込み方法についてもWEBのみのため、スマホやパソコンなどインターネットに接続できる環境がなければ申し込むことができない、というところもデメリットとしてあげられます。

2. すぐに役立つ!MR.カードローンの審査時間や金利・利息、利用限度額について

カードローンを利用するときに見ておきたいポイントには、審査時間や金利・利息、利用限度額があります。
これは、MR.カードローン(ミスターカードローン)の場合も例外ではなく、しっかりと確認しておくことが大切です。
以下では、それぞれのポイントをすぐに見られるよう項目に分けて解説しています。お急ぎの方は、ご自身が気になるところだけを読み進めると良いでしょう。

MR.カードローンの審査にかかる時間は?

ポイント

① 仮審査が最短60分
② 本審査は数日かかることも
「お試し診断」で事前の確認!

仮審査が60分という、カードローンとしては審査に時間のかかるMR.カードローン。しかも本審査には、数日間必要なこともあります。さらに、住信SBIネット銀行の口座がない場合は、審査への申し込みと同時に口座を開設することになるので、その分の時間もかかってしまう恐れがあります。そのため、デメリットにもあるように、短期で即日融資を希望する方にはあまり向いてないでしょう。
しかし、少しでもその時間を短くするためには、以下の点に注意することが、一般的には良いとされています。

審査の申し込みに虚偽の申告はしない

審査の申し込みで、特に注意したいのが虚偽の申告です。よくある例としては、「年収」「他社借入金額」「勤務先の情報」があります。審査の際、「年収」が高いとそれだけ通過する確率が高くなるといわれています。
そのため、本来の年収よりも少し高めに申告する方もいるようです。しかし、利用限度額300万円を超える場合は、収入証明書が必要となりますし、申込者の正確な年収が分からなくても、信用機関に借入状況や返済実績などの照会を行い、事細かに調査しますので、すぐに知られてしまうでしょう。加えて、照会では「他社借入金額」も調べることがきます。

また、在籍確認されたくないということから、以前に勤めていた会社や実際に勤めていない会社など、「勤務先の情報」に嘘の情報を記入する方もいるのだとか。しかし、こちらも在籍確認が取れないことで、審査に通過できなかったということもあるようなので、きちんとした審査を受けるためにも、正確な情報を申告するようにしましょう。

ちなみに銀行の場合、在籍確認の電話はカードローンの名称ではなく、銀行名や個人名でかけてきます。銀行は、カードローンの他にも、預貯金から投資信託、外国為替証拠金取引(FX)などといった商品も扱っていますから、勤務先に在籍確認があるからといって、同僚にカードローンの利用を疑われることもないのではないでしょうか。

記入漏れやミスがないようにする

記入漏れやミスなどがあると、審査に通らないことがあります。氏名や住所など、普段書き慣れているものほど、ミスに気付かず見落としがちになるようです。また、よくある間違いとしては、電話番号や住所などにある数字。それから、結婚や離婚などで本人確認のための書類(免許証や健康保険証など)に記載されている名字と、申請の際に記入した名字が違っている場合などがあげられます。さらに、派遣社員の方の場合、申告する会社の情報は「派遣先」ではなく「派遣元」となるため、こちらも間違えやすいそうです。

審査するカードローン会社は、申請された内容が虚偽のものなのか単にミスしただけなのかを判断することができません。したがって、記入漏れやミスがあれば信用も下がることになり、再審査も不利になりかねませんので、細心の注意を払ってから申し込みをするようにしましょう。

あらかじめ口座の開設をしておく

MR.カードローンを利用する上で必要な、住信SBIネット銀行の口座の開設。その開設には、一定の時間がかかるとされています。もし融資を受けるまでに余裕があるならば、あらかじめ口座を開設しておくというのも、オススメの方法です。住信SBIネット銀行の公式サイトにもあるように、口座を持っていれば最短で即日の借入も可能となりますので、「もうすぐお金が必要になるかも…」と思ったら、口座の開設を考えてみてはいかがでしょうか。

contnts_image

また、住信SBIネット銀行では、MR.カードローンが利用できるのかどうかを簡単にチェックできる『お試し診断』を利用することができます。「年齢」「保険証種別」「他社お借入状況」の3項目を入力するだけなので、試しに利用してみてはいかがでしょうか。
※本審査の結果を保証するものではありません

MR.カードローンでは即日融資は可能?

MR.カードローンでは、即日融資が可能です。しかし、先ほどの解説にもあるように、それは住信SBIネット銀行の口座を持っている方が対象となります。ちなみに、住信SBIネット銀行の口座をすでに持っている場合は、口座開設の手間もなく、申し込みの後、すぐに仮審査へと移行します。審査は送った情報をもとに住信SBIネット銀行と保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスによって行われ、結果は登録したメールへと送られてきます。そして仮審査を通過した後は、勤務先への在籍確認などの本審査へと移行し、通過した後、融資が始まります。

contnts_image

なお、審査に必要な書類は、お手持ちのスマートフォンやデジタルカメラなどで撮影したデータを、WEBよりアップロードすることができます。そのため、よりスピーディーな審査ができるでしょう。

MR.カードローンの金利・利息

MR.カードローンを利用する前に確認しておきたいのが、金利・利息です。借入した金額に対してどれくらい返済するのかを知っておかなければ、返済計画も立てにくくなります。
以下では、MR.カードローンの金利設定や金利の引き下げ方などを解説していますので、参考にされてはいかがでしょうか。

MR.カードローンの金利設定

MR.カードローンの金利・利息は、『プレミアムコース』と『スタンダードコース』の2つがあり、『プレミアムコース』は「年2.49%~7. 99%」、『スタンダードコース』は、「年8.99~年14.79%」となっています。
これらを比較すると、金利の差が7%近くもあり、断然『プレミアムコース』がお得です。しかし、コースは審査によって決定されるため、申込者が自由に選択できるというものではありません。

MR.カードローンの金利・利息を引き下げるには

MR.カードローンでは、「SBI証券の口座を開設していること」「住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用していること」などの条件を満たすことで、“年0.1~0.6%の金利が下がる”金利優遇を受けることができます。
つまり、金利優遇を利用すれば上記の金利が、プレミアムコース「年1.89%~7. 89%」、スタンダードコース「年8.39%~年14.69%」となりますので、例えばプレミアムコースの上限利用限度額である1,000万円を借りた場合には、年1.89%という低い金利で利用することができます。
そのため、複数社のローンや借入を1社にまとめたい方、大型の融資を希望する方にとっては、非常に利用しやすいカードローンだといえます。

MR.カードローンの金利・利息が上がってしまうケース

MR.カードローンの金利・利息が上がるケースというのは、遅延損害金が発生したときが考えられます。遅延損害金とは、簡単にいうと、期日までに支払いができなかった返済金にプラスされるペナルティーのことです。イメージとしては、レンタルDVD・CDの延滞料金のようなものでしょうか。
たとえ少ない借入だったとしても、「通常の返済+遅延損害金の支払い」ということになるので、負担はより大きなものになります。そして滞納した日数分だけ、遅延損害金は増えていきますから、早めの対応が必要です。

contnts_image

そもそも返済が遅れることはよくありませんが、もし、やむを得ない事情から返済が遅れてしまうという場合は、できるだけ早く担当者に相談の連絡をするようにしましょう。

MR.カードローンの利用限度額は?

contnts_image

MR.カードローンは、銀行のカードローンです。そのため、MR.カードローンの運営者には貸金業法ではなく銀行法が適用されますので、借入は総量規制の対象外となります。そのため、おまとめローンなどの利用には、まさにオススメのカードローンだといえるでしょう。
しかし、MR.カードローンの利用限度額は、『プレミアムコース』が1,000万円、『スタンダードコース』が300万円とコースによって異なっており、その差は実に700万円。残念ながら、これらのコースは先述にもあるように、自分では選べませんので、適用されたコースの利用限度額しか利用することしかできません。

MR.カードローンの審査に必要な書類は?

MR.カードローンの審査に必要となる書類は、基本的にはありません。というのも、MR.カードローンを利用する際に必要な住信SBIネット銀行の口座を開設するのに、「運転免許証」や「パスポート」などの本人確認書類をすでに提出しているからです。一般的にカードローンを利用する場合は、これらの提出が申し込みの際に必要となります。
しかし、MR.カードローンでは、口座を開設した時点でそれが証明されているため、提出する必要がないのでしょう。

加えて、MR.カードローンの申し込み条件に、“住信SBIネット銀行の口座があること”と記載されていることからも、そのように判断することができます。
ですが、『プレミアムコース』の利用などで限度額が300万円を超える場合、給与所得者は「源泉徴収票」や「確定申告書」、個人事業主は「所得証明書」(市区町村が発行したもの)、保証会社が認める「収入確認書類」といったものが必要となります。

3. MR.カードローンの独自サービスにはどんなものがある?

カードローンを扱っている金融機関には、それぞれ独自のサービスがあります。それは、MR.カードローン(ミスターカードローン)を提供している住信SBIネット銀行も例外ではありません。いったいどのようなものがあるのでしょうか。

条件をクリアしていれば『金利の引き下げ』も可能

住信SBIネット銀行では、SBI証券に口座を持っている方、もしくは住信SBIネット銀行の住宅ローンに残高がある方には、基準の金利より-0.5%で、また、SBIカードを保有していて、住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定している方は、-0.1%でMR.カードローンを利用することができる、金利引下げのサービスを実施しています。
さらに、こちらは『プレミアムコース』『スタンダードコース』のどちらのコースにも適用されますので、今よりも金利を「もう少しだけ下げたい」と思っている方にはオススメです。

ちなみに、SBI証券に口座を持っていて、かつ住信SBIネット銀行の住宅ローンに残高がある場合は、-1%とはなりません。しかし、例えばSBI証券に口座を持っていて、住信SBIネット銀行の口座を引落口座に設定している場合は、(-0.5%)+(-0.1%)=-0.6%が適用されます。

海外でのキャッシングも可能な『VISA』がある

MR.カードローンのカードを見てみると、表面には『VISA』の文字があります。これは、Visaマークが付いているATMならば海外でも利用することができるため、旅行先でも非常に心強い味方になるでしょう。
また、デビット機能付なので、自分の口座から支払いができます。預金残高を超えた金額を支払うことはできませんから、買い物をしすぎてしまうということも避けられるのではないでしょうか。
そしてさらに注目したいのが、カードの紛失や盗難による不正利用の補償がされるということ。届け出より30日前にさかのぼって補償してくれます。

4. 面倒なときでも便利!MR.カードローンの店舗・ATM

MR.カードローン(ミスターカードローン)は、インターネットに特化したカードローンです。当然、インターネットバンキングの利用はできますが、全国のコンビニやスーパーなどの提携ATMを利用することもできます。ATMが設置されている店舗によっては、借入や返済など24時間365日取引することができるため、利便性は高いといえそうです。
そこでここでは、ネットバンキングを利用した場合と提携ATMを利用した場合、それぞれどのようなことができるのかを解説したいと思います。

天気が悪い日や面倒なときでも便利なインターネットバンキング

住信SBIネット銀行は上記にあるように、インターネットに特化した銀行なので店舗を持っていません。そのため、ネットバンキングの利用が主となります。
また、ネットバンキングの利点としては、とにかく誰とも会わずに、そして周囲に知られることなく利用ができるというのがポイント。ミスターカードローンでは、申し込みから借入・返済までをネット上で行えるため、このような心配もないでしょう。

さらに、インターネットが繋がっている環境ならば、お手持ちのPCやスマートフォンから場所を選ばずに利用することも可能です。天気が悪い日や出先で、“銀行窓口やATMまで行くのが面倒”、もしくは“それらが近くにない”という場合でも、気軽に借入・返済することができます。

コンビニからスーパーまで!提携ATMの手数料が無料

MR.カードローンでは、提携しているATMならば無料で利用することができます。そのため、借入や返済の際にかかる負担も少なくなります。特に、長期で利用している方にとっては、手数料はかなりの負担です。それが軽減されるだけでも、気持ちが楽になるのではないでしょうか。

ちなみに、MR.カードローンを提供している住信SBIネット銀行では、実店舗がない分、提携しているATMが全国にたくさんあるというのも特徴です。例えば、セブンイレブンやローソンなどのコンビニ、イオンやイトーヨーカドーといったスーパー、ゆうちょ銀行、駅構内にあるビューアルッテに至るまで、様々な場所での利用ができますから、急な入用や返済をうっかり忘れたというときでも、焦らずに対処できるでしょう。

5. MR.カードローンに申し込むときの条件は?

MR.カードローン(ミスターカードローン)を利用するには審査を通過する必要があります。そしてその審査を受けるためには、様々な条件をクリアする必要があります。では、具体的にはどのような条件があるのでしょうか。

パート・アルバイトでも借りられる?

下にある表には、MR.カードローンの融資条件が記載されています。なかでも、「お申込み資格」をクリアしていなければ、審査を受けることができませんので、申し込む前に確認しておきましょう。

返済方式 返済期間・回数 担保・保証人 お試し審査
残高スライド方式 1年毎の自動更新 不要 あり
返済期日 お申込み資格
毎月5日(銀行休業日の場合は、翌営業日) 次の条件をすべて満たす個人のお客さま
・ 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・ 安定継続した収入のあること
・ 外国籍の場合、永住者であること
・ 保証会社の保証を受けられること
・ 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
借入可能コンビニ 返済可能コンビニ

セブンイレブンセブンイレブン

ローソンローソン

ファミリーマートファミリーマート

サンクスサンクス

セブンイレブンセブンイレブン

ローソンローソン

ファミリーマートファミリーマート

サンクスサンクス

※コンビニエンスストアにより対応状況が異なる場合がございます。

必要書類
ご利用限度額が300万円超の場合、収入確認書類が必要です。詳しくは住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。

「お申込み資格」を見ると、「申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること」とあります。さらに、「安定継続した収入のあること」とあり、雇用形態についての記載はありませんので、どうやらパート・アルバイトの方でも利用はできるようです。しかし、ここで注意があります。
カードローンの審査において、一般的に“安定継続した”と見なされるには、一定期間同じ就業先に勤めていることが望ましいとされています。そのため、短期間で職場を変えている方の場合は、審査条件を満たしていないと判断されることもあるようです。

主婦でも融資は受けられるの?

MR.カードローンと聞くと、あたかも男性限定のカードローンだと思われるかもしれませんが、融資条件をクリアしていれば、もちろん主婦の方でも融資を受けることができます。また、融資条件に「安定継続した収入のあること」とあることから、本人に収入のない専業主婦の利用はできません。

外国人でもMR.カードローンの利用はできる?

こちらの場合も「お申込み資格」を見てみると、「外国籍の場合、永住者であること」とありますので、外国人の方は利用することができます。そして外国人の方がMR.カードローンを利用するためには、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」といった本人確認書類(顔写真付き)に加えて、「特別永住者証明書」や「在留カード」の提出が必要となります。また、審査申込をする際、氏名や住所などの記入の他、使用上の注意や規約などが日本語で書かれているため、ある程度の読み書きができなければなりません。

contnts_image

住信SBIネット銀行"MR.カードローン プレミアムコース"

住信SBIネット銀行"MR.カードローン プレミアムコース"

おすすめポイント

不要
公式サイト参照
  • 所定の条件を満たすと最低金利が1.89%に!
  • 限度額300万円まで収入証明書不要!
  • 最大限度額1,000万円のゆとりあるカードローン

直近60日間のアクセス数 179

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短即日 最短即日 0.99%〜7.99%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
10万円〜1,200万円 -

6. 住信SBIネット銀行にはキャッシング以外の商品もあるの?

住信SBIネット銀行の提供しているサービスは、先ほどからご説明している『MR.カードローン(ミスターカードローン)』の他にも、『目的ローン』『不動産担保ローン』といった、私たちの生活をサポートしてくれるサービスを提供しています。それぞれ、そのような特徴があるのでしょうか。

自分の目的に合わせて選択できる『目的ローン』

contnts_image

住信SBIネット銀行の提供している『目的ローン』は、「教育ローン」「自動車ローン」「リフォームローン」「多目的ローン」「フリーローン」というように、自分の目的に合わせて選択できるローンです。
いずれも10万円~1,000万円まで利用することができますが、それぞれに設定されている金利は異なるため、利用の際には確認が必要となります。ちなみに、MR.カードローンを仮審査前に利用している(契約済み)場合は、基準金利より0.5%引き下げになります。借入期間は1年から10年(教育ローンのみ15年)。申し込みについては、こちらも来店する必要はありません。
また、『目的ローン』にはシミュレーションがありますので、返済額が気になる方、あるいは利用する前に返済計画を立てたいという方は、お試しになってはいかがでしょうか。

ゆとりのある返済計画も!『不動産担保ローン』

住信SBIネット銀行の不動産担保ローンは、借入金額300万円以上~1億円以下(10万円単位)、金利が年 2.95%~8.9% (変動金利)というスペックです。融資されたお金は、事業性資金を除けば原則自由に利用することができますので、例えばおまとめローンに利用したり、リフォームや教育資金といったものにも充てられたりします。
さらに、借入期間が最長で25年ということもあり、ゆとりのある返済計画を立てることができるでしょう。
なお、不動産担保ローンを利用するにあたっては、「申込時年齢が満20歳以上で、完済時満75歳以下であること」「原則として安定継続した収入のあること」の他に、「担保不動産に保証会社を抵当権者とする抵当権を設定すること」などがあります。

7. MR.カードローンを提供している住信SBIネット銀行はどんな会社?

これまでに住信SBIネット銀行が提供している『MR.カードローン(ミスターカードローン)』について紹介しましたが、住信SBIネット銀行自体については紹介していませんでした。いったいどのような会社なのでしょうか?

住信SBIネット銀行の歴史

MR.カードローンを発行している住信SBIネット銀行は、2007年に三井住友信託銀行(旧:住友信託銀行)と、SBIホールディングスが共同出資して設立した、インターネットに特化した銀行です。設立して数年ですが、JCSIの顧客満足度調査において3年連続銀行部門第1位を獲得したという実績があります。

銀行のカードローンとしてのMR.カードローンの特徴

住信SBIネット銀行はネット専業のため、電子取引を主としています。取引の際は実店舗がありませんので、イチゴ支店、ブドウ支店、ミカン支店など、果物の名前が付いた名義上の支店を利用し、借入や返済などの取引は、基本的にインターネットかATMが中心となります。
さらに、専用のローンカードが発行されないため、持ち歩く必要もなく、取引の際に忘れてしまったなどという心配もありません。このことからも、住信SBIネット銀行は非常に利便性に優れている銀行だといえるでしょう。

その他のMR.カードローンに関する情報

プレミアムコースの利用で金利優遇を受けた場合、「年1.89%~7.89%」と圧倒的に低い金利が特徴的な、MR.カードローン。その発行元となる住信SBIネット銀行は、ネット専業の銀行なので実店舗がありません。
しかし、その代わりに店舗にかかるコストや人件費などを抑えることで、サービスに還元しているというところに特徴があります。
そしてさらに注目したいのが、利用限度額が1,000万円と高額なこと。他社からの乗り換えを検討する方もいるほど、カードローンの中でも人気のようです。

住信SBIネット銀行の会社情報

商号 住信SBIネット銀行株式会社
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー18階
登録番号 関東財務局長(登金)第636号
所属協会 社団法人金融先物取引業協会

このページに関連するコンテンツ

  • 銀行カードローンアクセス数ランキング!低金利でお金を借りるならここ

    当サイトのアクセス数順で人気の消費者金融をランキング!全国で利用可能なオススメ消費者金融をお探しなら是非こちらのランキングを確認してみましょう!

  • 銀行カードローン金利徹底比較!本当に低金利な銀行はどこ?

    銀行カードローンと言えば、消費者金融よりも金利が低いという印象が強いですよね。実際、銀行カードローンでお金を借りたい!という方の殆どは、できるだけ低金利でお金を借りたい方々だと思います。しかし、同じ銀行カードローンの中でも金利にはかなりの差があります。このページでは主要な銀行カードローンについて、最低金利と最高金利、借入限度額やおまとめが可能かどうか、といったスペックで比較可能です。

  • 銀行でお金を借りるには

    急な出費が必要になるケースは誰にでもあるはずです。そのような時、便利なのがカードローンです。カードローンには銀行系のものと消費者金融系のものがあります。このページでは銀行カードローンについて紹介します。

  • 低金利で安心なおすすめ銀行カードローン10選

    当サイトの編集部が選んだ、オススメの銀行カードローン10選をご紹介しています!銀行カードローンの多くは低金利かつ限度額も消費者金融に比べると高めです。その分審査は厳しくなりますが、長期的に大きめの金額を借り入れたい方は是非ご参考下さい!

このページと合わせてよく見られている記事

基本知識に関するページ

絞り込み条件で探す