銀行でお金を借りる

急な出費が必要になるケースは誰にでもあるはずです。そのような時、便利なのがカードローンです。カードローンには銀行のものと消費者金融系のものがあります。このページでは銀行カードローンについて紹介します。

目次

銀行カードローンとは?

銀行カードローンとは、その名の通り銀行が運営するカードローンのことです。
「銀行」と聞くと堅苦しいイメージがありますが、そんなことはありません!銀行カードローンでも手続きは簡単で、インターネットなら24時間いつでもお申込みが可能です。圧倒的に低金利で安心感のある銀行カードローンは、借り入れが初めての方にも借り入れ経験のある方にもとても人気が高いです。

まずはメインバンクと他銀行のカードローンを比較してみましょう

銀行カードローンでお金を借りるためには、多くの場合、銀行カードローンを提供する銀行で口座を開設する必要があります。そのため、メインバンクが提供しているカードローンと他銀行のカードローンを比較して、自身にメリットの大きい銀行カードローンを選択する事をおすすめします。

銀行カードローンの比較ポイント

三井住友銀行カードローン オリックス銀行カードローン スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」

金利

年4.0%~14.5%

年1.7%~17.8%

年3.9%~14.9%

融資スピード

-

(オリックス銀行カードローンは)カード発行後、最短即日融資(可能)

最短即日融資

限度額

10万円~800万円まで

最高800万円

10万円~800万円まで

無利息期間

-

-

-

上記3つの銀行カードローンは「都市銀行」「ネット銀行」「地方銀行」からそれぞれピックアップしています。銀行カードローンを比較する場合、上記のように金利・融資スピードなどのポイントごとに比較すると分かりやすいかと思われます。

例えば、上限金利で選ぶなら「三井住友銀行カードローンが最適」。下限金利で選ぶなら「オリックス銀行カードローンが最適」といった事がひと目でわかります。このように、比較ポイントを明確に分ける事で、ご自身が利用しているメインバンクとの比較も行い易くなります。そのため、当サイトを利用して比較してみる事から始めましょう。

おすすめの銀行カードローンはコチラ!

安心・低金利のおすすめ銀行カードローンをご紹介!最短で即日も利用な銀行カードローンをチェック

審査時間 融資スピード 実質年率

最大ご利用限度額は充実の800万円!

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0%
最短即日 最短即日 1.9%〜14.5%

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

楽天銀行"スーパーローン" お申し込みにあたっては、当行および保証会社の所定の審査があります。審査の結果、ご契約をお断りする場合もあります。なお、審査結果の理由については、お答えいたしかねますので予めご了承ください。

銀行カードローンのメリット・デメリット

カードローンは大きく分けて、消費者金融と銀行が提供する2つのカードローンに分けられます。ここでは、消費者金融の提供するカードローンと銀行カードローンを比べた場合、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

銀行カードローンのメリット

消費者金融よりも低金利で借りられることが多い

一般的に銀行のカードローンは、消費者金融系に比べて金利が低くなっている場合が多くあります。
例えば、消費者金融と銀行カードローンで同じ金額を借りた場合、銀行カードローンの方が低金利になる事が多くあります。低金利で借り入れを行う事ができれば、そのぶん毎月発生する利息も少なくなるため、返済総額も少なく済みます。

専業主婦でも利用できる銀行カードローンがある

銀行カードローンの中には、専業主婦の方でも利用できるカードローンがあります。そのため、専業主婦の方の場合は、無職でも例外的にお金を借りる事が可能となっています。

限度額が大きい

銀行カードローンによっては、最高1,000万円までの限度額を設けている場合があります。そのため、ほとんどの方の資金需要に対応できるようになっています。

銀行カードローンのデメリット

即日融資には対応していない銀行カードローンが多い

都市銀行などの一部の銀行を除き、多くの銀行カードローンが即日融資に対応していません
そのため、ほとんどの銀行カードローンは急な借り入れに不向きとなっています。

カードローンを利用するために口座開設が必要になる事がほとんど

銀行カードローンの多くは、利用のために口座開設が必要になる場合がほとんどです。そのため、口座開設を行うぶん手続きが増えてしまいます。

銀行カードローンの利用方法について

銀行カードローンの借り入れ方法

銀行カードローンには「ATM」と「振込」の2つの借り入れ方法があります。
ATMの場合は、専用のローンカードもしくはキャッシュカードを利用して借り入れを行います。そして振込の場合は、指定の口座へ借り入れ資金が振り込まれます。

振込の場合、来店不要で借り入れができるため、周囲の人に利用がばれたくない方におすすめの借り入れ方法となっています。

銀行が休みの土日の利用方法

銀行カードローンによってはコンビニATMなどの提携ATMが利用できる場合や、インターネットの取引口座から借入れを行うことが可能な場合があります。
そのため、土日にしか借り入れを行う時間がないという方は、コンビニATMやインターネットを利用した借り入れが行える銀行カードローンを利用しましょう。

銀行カードローンの返済方法

銀行カードローンでお金を借りたら、もちろん返済をしなくてはなりません。その返済方法は大きく分けて2つあります。

一つ目は自動引落(口座振替)です。これは、利用している銀行の返済用口座から毎月決まった日付に決められた返済額が引き落とされるものです。

もう一つは任意返済です。任意返済は資金に余裕ができた時に随時返済していくという方法で、任意返済はいつでも行う事ができます。具体的には、銀行ATM、コンビニATM、インターネット取引口座から返済を行います。

借入れをしていると利息が発生するため、余裕がある時には任意返済をすることをおすすめします。そうすることで早く元金を減らす事ができ、返済期間や返済総額が少なくなります。

銀行カードローンは借り換え・おまとめにも向いている

限度額も大きく比較的低金利な銀行カードローンは、借り換えやおまとめローンとしての利用にも向いています。そのため、現在借り入れがある方で金利が高いと感じている方や、複数のカードローンを借りている方にもおすすめです。

銀行カードローンをおまとめローンとして利用した場合の比較

ここでは、80万円を複数社から借りれている場合と、1つの銀行カードローンにまとめた場合の利息を比較しています。借り入れ金額はどちらも同じですが、1年間で発生する利息は異なるため、どの程度利息に違いが出るのか見て下さい。

借り入れ件数と金利(借り入れ金額) 1年で発生する最大の利息

A社 年18.0%(20万円)
B社 年16.0%(40万円)
C社 年17.0%(20万円) 合計80万円

最大で134,000円

銀行カードローン1社 年13.0%(80万円)

最大で104,000円

この結果を見ると分かるように、銀行カードローンをおまとめローンとして利用すると結果として支払う利息が減る場合がほとんどです。また、借り換えローンとして利用する場合でも、借り換え後の金利が借り換え前よりも低くなるのであれば、上記のように利息を少なくする事ができます。

銀行カードローンQ&A

ここでは、銀行カードローンの利用を考えている多くの方が抱く疑問に関して、Q&A形式で答えています。

Q.学生でも利用できますか?

A.申し込み条件をクリアしていれば可能です。
銀行カードローンのほとんどは、「年齢」と「安定した収入」という条件をクリアしていれば申し込む事が可能です。年齢は20歳以上からとなっている場合がほとんどで、収入についてもアルバイトなどを継続していれば申し込み可能です。

Q.在籍確認が嫌なので、在籍確認なしで利用できるところはありますか?

A.在籍確認なしで利用可能な銀行カードローンはありません。
カードローンは無担保ローンということもあり、在籍確認なしで利用可能な銀行カードローンはありません。在籍確認の際、銀行側がカードローンの申し込みをしたと勤め先に明かす事はありません。ですが、それでも気になる方は申し込み前に相談するなどしましょう。

Q.申し込み条件にある「保証会社の保証が受けられる方」とはどういう意味ですか?

A.消費者金融や信販会社が保証人の代わりをすることです。
保証会社とは、債務者(借りる人)の返済が滞った時などに、債務者に代わって返済を行う会社の事です。銀行カードローンの保証会社は消費者金融や信販会社が担っている事がほとんどで、「保証会社の保証が受けられる方」というのは、消費者金融や信販会社の保証を受けられる人という意味になります。

Q.住宅ローンを借りている事でカードローンの審査に影響しますか?

A.よい影響もあればその逆の場合もあります。
住宅ローンを借りている銀行のカードローンを利用する場合には、通常よりも優遇された金利で借りられる事があります。それとは逆に、住宅ローンの影響で限度額が本来よりも小さくなる場合もあるようです。

Q.任意整理などの債務整理を経験した事があるのですが、利用できますか?

A.一定期間が過ぎれば利用できる可能性はあります。
任意整理や自己破産などの経験がある場合、信用情報の影響で債務整理後10年間はほとんどのローン審査に通らないとされています。ですが、債務整理を行なったという情報は最長10年で消えるとされているため、それ以降は債務整理が原因で審査が厳しくなるといった事はないと考えられます。

銀行カードローンに関する記事

絞り込み条件で探す