大手銀行系カードローン特集

急な出費が必要になるケースは誰にでもあるはずです。そのような時、便利なのがカードローンです。カードローンには銀行のものと消費者金融系のものがあります。このページでは銀行カードローンについて紹介します。

メインバンクでカードローンを利用しよう

銀行でお金を借りるためには、多くの銀行でまずその銀行に口座を開設する必要があります。口座がない場合には、カードローンの申込と同時に口座の開設も行いましょう。
なお、口座開設は銀行の窓口とインターネットで行うことが出来ます。窓口で申込む場合には、すぐに口座を開くことが出来ます。一方、インターネットから申込む場合、書面を郵送する必要があり、口座の申込から開設まで時間がかかってしまいます。平日仕事でどうしても窓口に行けない場合を除いて、窓口で手続きをすることをおすすめします。
また、口座がすでにある場合には、比較的早くカードローンを利用することが可能となります。銀行によっては、申込当日に審査が行われ、借入れまでできてしまうところもあります。
銀行カードローンを利用したい場合、給料の振込などメインで利用している銀行にサービスがあるかをまずは調べてみましょう。普段利用している銀行で借り入れれば、返済もしやすくなります。なお、現在では、ほとんどの銀行でカードローンのサービスを提供しています。

おすすめの銀行カードローン

安心・低金利のおすすめ銀行カードローンをご紹介!総量規制対象外!
最短で即日も利用な銀行カードローンをチェック!

みずほ銀行カードローン
3.7

みずほ銀行カードローン

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

おすすめポイント
  • 借入が初めての方、安心感を求める方に最適!
  • 最大200万円まで収入証明書不要
  • [エグゼクティブプラン]金利年3.0%~7.0%※と納得の金利、最大ご利用限度額はゆとりの1,000万円です!

不要200万円以下は原則収入証明書が不要

実質年率 3.0%〜7.0%
審査時間 最短即日
借入限度額 最大1,000万円
融資スピード 最短即日
利用可能なコンビニ※

この金融機関への口コミ

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行
3.6
星

10万円から最高800万円までお申込可能

三井住友銀行

実質年率 4.0%〜14.5%
審査時間 最短30分
借入限度額 10万円〜800万円
融資スピード 最短即日

不要極度額300万円以内のお申込なら収入証明書不要

おすすめポイント
  • お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。
  • 最高800万円まで、金利年4.0%~14.5%(変動金利)
  • 審査は最短30分
利用可能なコンビニ※

この金融機関への口コミ

※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

オリックス銀行カードローン
3.3
星

おまとめ希望の方に人気の大手銀行!

オリックス銀行カードローン

実質年率 1.7%〜17.8%
審査時間 最短即日
借入限度額 最高800万円
融資スピード ご契約後最短即日

不要限度額300万円以下は所得証明書不要!

おすすめポイント
  • 契約後、最短即日利用可能!
  • おまとめ・借り換え希望の方に人気の大手銀行!
  • 限度額300万円以下は所得証明書不要!
利用可能なコンビニ※

この金融機関への口コミ

※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

銀行でお金を借りるメリット

カードローンには銀行のものと消費者金融系のものがあります。一般的に銀行のカードローンは消費者金融系に比べて金利が低くなっています
また、銀行の方が安心感を持って利用できるという利点もあります。 さらに、限度額が大きいという点もメリットとして挙げられます。銀行によっては、カードローンで1000万円まで借入れができるものも存在しています。
実は、消費者金融のカードローンは貸金業法の裁量規制の対象とされ、年収の1/3までしか借入れできません。一方、銀行カードローンはこの裁量規制の対象外となっています。そのため、収入に関係なく、限度額を増やすことが可能となっています。
収入のない主婦なども銀行のカードローンであれば利用が可能なところもあります。返済が行える状態の方であれば、誰でも利用することができるのです。この点も、銀行カードローンの大きなメリットと言えます。

銀行カードローンの返済方法

銀行カードローンでお金を借りたら、もちろん返済をしなくてはなりません。その返済方法は、大きく2種類となっています。
一つ目は自動引落です。これは、利用している銀行の返済用口座から毎月決まった日付に決められた返済額が引き落とされるものです。借入れがある期間は毎月引き落としがされます。
もう一つは任意返済です。こちらの場合には、資金に余裕ができたら随時返済していくという方法です。具体的には、銀行のATM、コンビニのATM、インターネットの取引口座から返済を行うことが可能です。自分に都合のよい方法で振込むことをおすすめします。
インターネットでの取引を行いたい場合には、利用している銀行のネット用取引口座の申込をする必要があります。ネットで返済をする可能性のある方は前もって利用申し込みをしておきましょう。
借入れをしていると金利がつきますので、余裕がある時にはすぐに返済をすることをおすすめします。そうすることでコストをかけず、便利にカードローンを利用することができます。

銀行が休みの土日の利用方法

銀行が休みの土日は、銀行のATMは利用できません。しかし、提携しているコンビニのATMやインターネットの取引口座から借入れをすることが可能になっています。カードローンの口座が開設済みの人であれば、土日でも銀行からお金が借りられるのです。
なお、土日でも、カードローンの開設申込をする事が可能です。ただし、土日は銀行の休業日で審査は行われません。土日に申し込んだとしても、翌営業日に審査が行われます。急な出費に備えて、事前にカードローンの申込をしておいて、土日でも利用できる状態にしておくことをおすすめします。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 消費者金融でお金を借りる

    金融機関はお金を貸す事を業務として行っています。そのため、お金を借りる場所としては、もっともオーソドックスなところだと言えます。そして、申込み手続きや審査についてある程度知っておくと、いざ借りるときには、比較的落ち着いて行動することができます。

  • 銀行カードローンオススメ人気ランキング

    お金を借りたいけど、初めてだから安心できる会社で借りたい、という方は是非こちらの銀行カードローンランキングからカードローンを探してみましょう!世間一般でお金を借りるといえば、元々は消費者金融のイメージが強かったのですが、最近ではCMでも銀行カードローンを良く見かけるようになりました。皆さんのよく知るメガバンクもカードローンを提供していますし、地域に根ざした地方銀行もぞくぞくと独自のカードローンを提供し始めています。銀行カードローンは皆さんが普段からお金を預けている銀行が提供元なので、より安心してお金を借りることができますね。また、銀行カードローンは何と言っても低金利なのが特徴です!その分審査が厳しいとは言われますが、金利が数%変わるだけで返済金額は大きく変わるので、申し込みしてみる価値はあるでしょう。是非以下のランキングから、自分に合ったカードローンを探してみてください!

このページと合わせてよく見られている記事