国からお金を借りるには?

生活に必要な資金をどこからか借りたいと思っても、銀行や消費者金融からお金を借りるのはなんだか怖い気がするし、審査に通るかどうかも分からないという方もおられると思います。実は国からお金を借りるという選択肢もあるのです。誰でもが好きなだけ借りられる訳ではありませんが、一定の条件を満たせば借りることが可能です。

総合支援資金貸付を利用できる人はどんな人?

総合支援資金貸付という国が行っている融資制度があります。これは失業などによって経済的自立が困難になっている方を対象にした制度で、生活福祉協議会とハローワークの支援を受けながら、住居に関する必要費用や、生活を維持するためのお金を借りることができます。この制度を利用できるのは生活の維持が難しいくらいに経済的に困窮していることであり、他の雇用保険や貸付制度を利用できる人はこの制度の利用対象から外れます。
また、もう一つ重要なのは生活を立て直して、ちゃんとお金を返すことができる可能性があるかどうかということです。ですから、だれでも借りることができるわけではなく、市町村の社会福祉協議会に行って、申請をしたら、上記の条件に当てはまるかどうかの審査があるのです。

融資時間・借入条件を加味するとカードローンがオススメ!

国からお金を借りるには、審査も含め10日以上は必要です。
また借入条件も厳しいため、もし安定した収入がある方は下記のカードローンもご検討ください!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by アコム株式会社

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

30代~50代の方にオススメ!

【PR】Sponsored by オリックス銀行株式会社

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

最大ご利用限度額は充実の800万円!

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

総合支援資金貸付ではどんなお金を借りられるのか?

総合支援資金貸付で借りられる資金は三種類に分けることができます。一つは生活支援費です。これは文字通り、生活費にあてる資金のことです。審査に通れば、単身で月15万円、家族が二人以上の場合は月20万円の貸付を最長12ヶ月受けることができます。二番目は住宅入居費です。これは住宅を借りるための賃料や敷金にあてる費用で、40万円以内で借入が可能です。三番目は一時生活再建費と呼ばれるもので、生活再建のためには必須だが、日常生活費には含まれない費用のことです。例えば再就職のための技能習得のための費用や、債務整理手続きの費用などを含みます。60万円まで借入が可能です。
気になる利子ですが、さすが国から借りる融資制度だけあって、連帯保証人、つまりもしものときに借金の返済を肩代わりしてくれる人がいれば、無利息で借りることができます。もし、どうしても連帯保証人になってくれる人を見つけることができなければ、年率1.5%という民間の金融機関では考えられないくらいの低金利で借りることが可能です。

高校生以上の子供がいるなら教育ローンが利用できる

次に日本政策金融公庫が行っている教育ローンについてご紹介しましょう。この金融機関は国が経営する、お金を貸すことだけに特化した金融機関という点で銀行とは異なります。また、返済期間や金利の点でも圧倒的に利用しやすい金融機関です。
銀行からお金を借りようとする場合、教育目的の融資は、他の車のローンや使途自由のローンに比べて金利が低めに設定されているのが普通ですが、それでも年率4%くらいが相場だと思います。それに対して、日本政策金融公庫の教育ローンであれば、金利は2.55%の固定金利で、返済期間は最長15年まで延ばすことができます。また、もし母子家庭であれば、さらなる優遇措置もあります。

国の教育ローンではどのくらい借りられるのか?

国の教育ローンでは、入学資金としても在学中に必要な資金としても利用できます。借りられる最高限度額は1人当たり300万円以内です。ただし、大学生が1人いるからすぐに300万円貸して欲しいといってもすぐにお金が手に入るわけではなく、やはり審査が必要です。消費者金融とは異なり、審査には1週間から10日の時間がかかります
また、融資を受けられるのは今後1年間に必要となる費用のみで、前もってどのくらいの学費や賃料がかかるのかを書類等で説明しなければなりません。ただ、あらゆる費用に関して前もって予想できるわけではありませんし、客観的な書面が準備できるわけではないので、細々したものであれば口頭での説明でも問題ないでしょう。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 市役所でお金を借りるには

    お金に困ったとき、すぐに銀行や金融機関が提供するカードローンを思いつくかもしれません。しかし、こうした銀行や金融機関が提供する貸付サービス以外にも市役所などの公的機関でも融資制度を設けており、お金を借りることができます。これは「生活福祉資金貸付制度」といいます。

  • 農協のカードローンを利用するには

    農協を母体としたJAバンクは、地元に根付いた金融機関で、農家以外でも安心して利用できる多種多様なローンがあります。店舗によって金利の設定が異なる点が他の金融機関と違いますが、一般の銀行に比べて概ね金利は低いため、できるだけ低い金利でお金を借りたい人にとって有効なローンです。ここでは農協ローンの種類や利用方法・注意点ついてご紹介します。

  • 労金のカードローンを利用するには

    あまり知られていないが、知っている人は上手く使っている低金利なカードローンです。他のカードローンと同様にコンビニやATMで利用できます。審査に時間がかかりますが、金利が低いことが魅力的なカードローンです。

  • ゆうちょ銀行 カードローン

    お金を扱う、といえば銀行が一番イメージが強いかと思います。しかし、今では「ゆうちょ」などの登場で、郵便局でお金を扱うイメージも強くなっているのではないでしょうか。郵便局は全国に約2万5000箇所あります。 また、郵便局が行っているサービスであるため、カードローンなどにくらべて比較的金利が低めになっています。

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す