借りられる可能性があるカードローンから探す

消費者金融はお金を貸す事を業務として行っています。そのため、お金を借りる場所としては、もっともオーソドックスなところだと言えます。
そして、申込み手続きや審査についてある程度知っておくと、いざ借りるときには、比較的落ち着いて行動することができます。

そもそも消費者金融とはどういう会社なの?

かつてはサラ金と呼ばれ様々な事件もあった消費者金融に対して、未だに「怖い」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、それは間違いです。そもそも消費者金融とはどのような会社なのでしょうか。

消費者金融は合法的な存在です

消費者金融でお金を借りると何か怖い目にあわされるのではないかと警戒している人も少なくないかもしれません。しかし、それは誤解です。確かにかつては消費者金融をめぐるトラブルが社会問題化したこともありましたが、現在はまったく違います!

現在の消費者金融は貸金業法という法律に従って営業を行っています。これは、利用者の返済能力を無視した無理な貸し付けや、隣近所にまで知れ渡ってしまうような無茶な取り立てを禁止した法律です。貸金業法がなかった時代には多重債務による一家離散なども確かにありました。深夜、早朝に突然自宅訪問をするドラマのような取り立てもあったのです。

しかし、現在では貸金業法の総量規制によって消費者金融は利用者の年収の3分の1以上を貸し付けてはいけないことになっています。また、玄関に督促状を貼り付けるようなプライバシーを無視した取り立ても厳禁です。職場にいきなり催促の電話がかかってくるような心配もありませんが、返済が滞ってしまった場合には確認連絡の可能性はあるので注意しましょう。

かつて「サラ金」などと呼ばれ事件沙汰になったような営業は、今では正規の消費者金融であればどこも行っていません。テレビドラマや映画に出てくるような恐ろしい金融業者はあくまでもフィクションの世界の話なのです。そういったイメージを払拭するために各金融会社ではソフトでカジュアルなイメージの商品を開発するなどの努力もしています。たとえば、女性専用のレディースローンなどもその一例です。オペレーターを全員女性にして何でも相談しやすくするなどの工夫が見られます。これまでは消費者金融を敬遠する女性も少なくありませんでしたが、年々利用者が増えているというデータもあります。消費者金融はより親しい存在になりつつあるとも言えるでしょう。

消費者金融は登録が必要

現在ではたくさんの消費者金融業者が存在しますが、こうした消費者金融業者は登録制となっていることをご存じでしょうか?いくら業者側が消費者金融であると看板を掲げたとしても決められた登録をしない限りその会社が消費者金融とは認められないのです。これから消費者金融を利用しようと考えている方は、業者が登録をきちんとしているかどうかを確認しなくてはなりません。

もともと消費者金融のような金融業を営むには登録が必要だったのですが、かつては決められた登録をせずに営業するような悪質な金融業者も数多く存在していました。いわゆる闇金融業者などはその代表格ですし、街金融でも登録をせずに営業するような会社は少なからず存在していたのです。では、未登録だといったい何が問題になるかというと、企業としての実態が掴めないため信頼性という部分で著しく劣ることになってしまいます。

お金を借りるわけですから業者の信頼性というのは非常に重要ですし、そこをもっとも重視しないといけないのは当然のことと言えるでしょう。未登録業者だといつから営業をしているかもまったく分かりませんし、このような業者に限って社名を変えながら悪質な行為を繰り返しているのです。今でこそ数は少なくなったものの、少なからず未登録の金融業者は存在しますから注意しなくてはなりません。貸金業を営む消費者金融は財務省か都道府県知事の許可が必要となりますし、許可を受けて登録しないと営業することはできません。

つまり、いくら良心的な消費者金融であろうとも許可を受けずに未登録のまま営業しているような消費者金融は基本的に違法となりますし、利用するべきではありません。では、金融関連の知識が少ない素人が業者の登録の有無などをどのようにして見分ければいいのかということですが、一つには業者のホームページをチェックすることが挙げられます。ホームページには「○○知事○○第○○号」のような表記があると思いますし、もしくは「○○財務局長○○第○○号」といった表記があるはずです。ホームページのどこを探してもまったくこうした表記が見当たらないという場合は未登録のまま営業している悪質な業者である可能性も考えなくてはなりません。貸金業の登録は一度すればそれでお終いというわけではありません。これだととりあえず登録だけしておいてあとは業者の好き放題ということになってしまうでしょうし、さまざまなトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、貸金業の登録は三年に一度の更新制となっています。登録番号のカッコ内の番号が更新されるほど数字が大きくなっていきますし、この数字を見るとどれくらい長い期間営業している業者かが分かります。初回登録の業者ならカッコの中の数字は1となっていますし、30年間営業を続けている業者だと10回の更新をしているわけですからカッコの中の数字は10となっています。悪質な闇金融業者などの場合、登録していたとしても数字が1というケースが多いです。消費者金融を営業するためには許可を受けたうえで登録が必要ということが理解できたと思います。基本的に消費者金融を選ぶときには登録をしている業者ということが大前提となりますが、勘違いしてほしくないのは登録をしているから優良な業者だと断定できるわけではないということです。あくまで知識として、目安として覚えておいてください。

消費者金融の金利を知ろう

銀行にしろ街金にしろ、消費者金融にしろお金を借りるとなると当然利息が発生します。利息はその業者が定める金利によってまちまちですが、基本的にどこでお金を借りるにしても金利と利息は発生しますし、無利息でお金を借りられるのは身内くらいのものでしょう。ここでは消費者金融の金利についてお話したいと思います。

金利の高い低いは金融機関や消費者金融からお金を借りるうえでもっとも気になってしまう部分ではないでしょうか。金融や金利などについて詳しい知識を持っていない方でも、金利が高いほうが無駄に支払うお金が高くなってしまうというのは何となく理解できるでしょう。どのような方でもできることなら少しでも総支払額を少なくしたいものですし、それを考えた場合できる限り金利の低い業者で借入することが基本となります。また、消費者金融と聞くと「金利が高い」と思いこんでいる方が多いですが、具体的な数字やどの程度の金利かということを熟知している方は恐らく少ないのではないでしょうか。詳しいことをまったく知らないのに金利が高いか低いかは判断できないでしょうし、まずは現状における消費者金融の金利について詳しく知ることが大切です。

では、実際に消費者金融の金利がいったいどれくらいの数字なのかということですが、18%と理解しておけばとりあえずは大丈夫でしょう。かつては30%近い金利を設定していた消費者金融が多くを占めていた時代もありましたが、現在ではほとんどの消費者金融が18%の金利となっています。ここから大幅に金利が変わることはあまりないため、とりあえずは18%前後と覚えておいて間違いないでしょう。どうして18%なのか、と疑問に思われた方もいるかもしれませんが、これは法律で定められた金利の上限となっています。貸金業法で定められている上限金利は10万円未満の極度額なら20%が上限、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上の極度額なら15%と決められています。極度額というのは借り入れができる限度額のことになります。

消費者金融の広告などを見てもわかるように、多くの業者では○%~○%、という表記を用いていると思います。毎日生じる利息に対する最大値と最低値を示しているわけですが、恐らく多くの方は最低値のほうにばかり目がいってしまうのではないでしょうか。最低値は5%程度の数字を表記していることも多いため、広告を見たときに「金利が安い!」と思ってしまう方も多いですが、実際にはほとんどの消費者金融が最大値の金利を適用しています。消費者金融で初回の契約を行うときにはほぼ間違いなく最大金利のほうが適用され、最低金利が適用されることはまずありません。ここを勘違いして契約しようとする方は多いですから注意してください。

では、金利が下がることはないのかということですが、金利が下がるケースとしては業者からの信用を得たときに下がることがあります。滞納なく返済を3年以上続けているような場合だと金利が引き下げられることもあります。消費者金融を選ぶときに金利は気になるポイントだと思いますが、ほとんどの消費者金融は18%の金利を提示しています。初めて消費者金融と契約を結ぶようなケースだと例外なく最大金利を適用されますから覚えておきましょう。また、限度額を100万円以上にすると自動的に金利も15%に引き下げられますからここも覚えておきたいポイントです。

消費者金融の利息にまつわる法律

消費者金融を利用するにあたってもっとも気になってしまう部分と言えばやはり利息ではないでしょうか。消費者金融に限らず銀行や信用金庫などでお金を借りるにしても利息は発生しますし、無利息でお金を借りることはできません。ここでは、この金融業に纏わる利息の法律についてお話をしたいと思います。銀行や信用金庫、消費者金融など貸金を生業としている業者は利息を純利益として得ています。

利息を取らないことにはただただボランティアでお金を貸していることになりますし、ビジネスとしてお金を貸していることにはなりません。貸金を生業とするどのような業者でも必ず利息を徴収していますし、支払額にプラスした利息を利息として得ているのです。この利息は金融機関や金融業者によって大きく変わってくるのですが、業者側が自由に決められるようなものではありません。利息を業者が自由に決められるのであれば驚くほどの利息を要求するような業者も現れてしまうでしょうし、返済ができない状態に陥ってしまう債務者も増えてしまうでしょう。こうしたことにならないよう、利息に関する法律が定められており、消費者金融などの貸金業者はその法律に従った利息を設定することになります。

では、具体的にどのような利息に関する法律があるのかというと、代表的なところだと利息制限法が挙げられます。利息制限法は文字通り利息を制限する法律で、お金を借りるときに生じる金利の割合に上限を設けたものです。この利息制限法はすべての借金をした人に適用されますから、個人である法人であるは関係ありません。利息制限法は比較的古くから存在する法律ではありましたが、もともと罰則の規定が存在しなかったために法律を守る業者も少ないのが現実でした。

では、業者が常に好き勝手をやっていたのかというとそれも違います。厳しい罰則のある出資法が存在していましたから、消費者金融はこの出資法の金利を守っていたのです。出資法が改正されるまでは出資法と利息制限法の上限が異なっていたため、ほとんどの消費者金融では20~29.2%のグレーゾーン金利を採用していた経緯があります。また、消費者金融では福利も禁止されています。
消費者金融のカードローンなどは単利でお金を借りることができる契約ですから、福利によって借金がどんどん膨らんでいくということもありません。これも法律で決められていることですから、業者側で勝手に決められるということもないのです。消費者金融に福利が認められてしまうと借金をした人の債務額は雪だるま式にどんどん膨れ上がってしまいますし、支払うことができなくなり最終的に自己破産ということにもなりかねません。

また、最悪自殺してしまうような方も出てきてしまう可能性がありますから、消費者金融の借金は福利でなく単利となっています。もちろん、単利でもきちんと返済しないと借金が膨れてしまうことになりますが、少しずつでも真面目に返済すれば次第に借金が減っていくようになっているのです。消費者金融の利息に関する法律についてお話しましたが、いかがだったでしょうか。利息は業者が勝手に決めていると思っていた方もいるかもしれませんが、消費者金融もあくまで法律を守ったうえで利息を設定しています。もちろん、中には法律を守らないような悪質な業者も存在するかもしれませんが、そのような業者は関わってもろくなことにはなりませんから関わらないようにしましょう。

消費者金融の広告規制について

街中を歩いていると消費者金融の大きな看板なども目にしますよね。ひと昔前に比べて消費者金融のイメージも随分と良くなったものですが、それには消費者金融のプロモーション活動も大きく関わっていると言えるでしょう。モデルや女優、アイドルなど著名人をCMに起用したり、あらゆる媒体で広告活動を繰り返してきたことが今に繋がっていると言えます。現在ではテレビでも当たり前のように消費者金融のコマーシャルが流れていますし、誰もが知っている俳優や女優、アイドルなどが起用されることもそう珍しいことではなくなりました。

こうした著名人をコマーシャルに起用することによって観ている人に親近感を与えることができますし、こうした消費者金融の地道なプロモーション活動が業界のイメージアップに繋がったのは間違いのない事実ではないでしょうか。また、テレビだけでなくラジオや雑誌など実にあらゆる媒体で消費者金融のプロモーションは行われていますし、どこの業者も自由にプロモーションを展開していると思われがちですが、実際には消費者金融の広告には一定の規制が設けられているということをご存じでしょうか。消費者金融が行っているプロモーションは決して自由に行っていいものではなく、あくまで規制の中で行われているのです。消費者金融の広告規制に関しては貸金業法による規制と貸金業協会が行っている自主的な規制の二つが存在します。貸金業法による規制ですが、消費者金融は社名や登録番号、金利をしっかり表示しないといけないということが決められています。

消費者金融として営業するためには所定の登録が必要となりますし、金利も表示しないといけないと定められているためこれに違反することはできません。また、誇大広告の禁止も規制に盛り込まれています。事実と著しく異なっているような内容のCMを流したり、借金しようとしている方が著しく有利であることを強調するような広告は禁止されているのです。消費者が誤認してしまうような広告を展開してはいけないということですね。また、借入する人の返済能力を超えた貸付防止に配慮した広告でなければいけないという規定もあります。貸金業協会による自主規制ですが、これは貸金業を生業とする業者が加盟する貸金業協会によって定められている規制です。

基本的には先ほどご紹介した貸金業法による規制に則って行われるものであり、特別な規制項目が加えられているということではありません。加盟業者を対象とした広告の審査を行っており、商号や登録番号の記載、返済方式や期間、返済回数の記載、担保が必要な場合にはその内容を記載など多岐に亘った内容になっています。また、近年の消費者金融のコマーシャルでは「借り過ぎに注意しましょう」「ご利用は計画的に」といったメッセージが付け加えられることもありますが、これも貸金業協会による自主的な取り組みの一つと言えるかもしれません。このように、消費者金融の広告には貸金業法と貸金業協会による二つの規制が存在します。業者が自由に行っていたと思っていた広告ですが、実際にはさまざまな規制をクリアしたのちに消費者の目に触れるようになっているのです。

消費者金融の広告に明らかに安すぎると思えるような金利の記載があったり、魅力的すぎる内容の記載があった場合には広告規制に違反している可能性がありますから、いきなり飛びつくのではなくしっかり確認してください。大手の消費者金融会社なら広告規制に違反しているようなことはまずないでしょうが、マイナーな消費者金融だと分かりませんから要確認した上で申し込んでください。

消費者金融とヤミ金は違う!

より身近な存在になりつつある消費者金融ですが、ひとつ注意しなければいけないのがヤミ金との違いです。正規の消費者金融は必ず金融庁または市区町村に届け出をした上で営業を行っています。しかし、ヤミ金は未登録のまま貸金業法に従うこともなく非合法的な営業をしているのです。
ヤミ金に引っかからないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。たとえば、大手の消費者金融を利用するというのはひとつの方法です。テレビコマーシャルや電車の中吊り広告などでよく目にする機会のある消費者金融ならばまず間違いないでしょう。

難しいのが中小消費者金融です。信用情報にやや問題があり大手消費者金融の審査に落ちてしまっても、中小消費者金融ならば通過できるというケースもあります。しかし、初めて名前を聞くような業者との契約を早まってはいけません。
正規の消費者金融なのかヤミ金なのかを区別するひとつの基準は創業年数です。ある程度の歴史がある業者ならば、怪しいものではないかもしれません。しかし、たとえば昨年できたばかりというような業者は疑った方が賢明です。

また、登録電話番号が携帯だけになっていませんか?オフィスの住所もでたらめな、実態のない会社かもしれません。「インターネット時代なのでどこの会社もこんなもの」というような言い逃れをしてくるようでは、ますます怪しいというものです。少なくとも1回線は固定電話があり、きちんと事務所を構えているかどうか確認するようにしましょう。

もし、ヤミ金とは知らずに関わりを持ってしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。最初にしなければいけないのは警察への通報です。ヤミ金は違法業者であり懲罰対象です。「一度契約したものは反故にできない」「どうなるかわかってるのか」等、脅されることもあるかもしれませんが、相手にしてはいけません。少なくとも、そのまま言われるままになっているよりは、警察や弁護士に相談した方が良いに決まっています。全ての連絡を遮断した上でプロにまかせましょう。

消費者金融大手三社を比較

現在では実に数多くの消費者金融が存在しますし、一時期より数を減らしたとはいえその数は非常に多いです。規模の小さな消費者金融もあれば大手と言われる企業も存在しますが、知名度がもっとも高い消費者金融といえばやはりアコム、アイフル、プロミスの三社ではないでしょうか。

ここではこの大手三社についてお話しましょう。アコムはクレジットカードの国際ブランドであるマスターカードが日本国内で唯一ライセンスを与えている消費者金融として知られています。三菱UFJフィナンシャルグループに属する国内最大手と言われる消費者金融でもあり、テレビやラジオ、雑誌などあらゆる媒体でプロモーション活動を展開しているため知名度も非常に高い企業と言えるでしょう。

恐らく、消費者金融で一度もお金を借りたことがないという方でもアコムの名前くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。アコムは初回限定で最大30日間金利ゼロの取組を行っていますし、融資までのスピードが速いという特徴があります。店頭窓口やネット、無人契約機などどの申し込みでも最短一時間で融資を受けることが可能です。もちろん、審査状況にもよりますがこのスピード感はアコム最大の特徴であり強みと言えるのではないでしょうか。

アイフルも国内では大手の部類に属している消費者金融の一つです。可愛いチワワをテレビコマーシャルに使ったことでも知られていますし、そのイメージ戦略によって大幅に知名度と収益をアップした企業でもあります。アイフルも初回の貸付における30日間無利息の取組を行っていますから、お得にお金を借りたいと考えている方におススメの消費者金融かもしれません。また、店舗や自動契約機に足を運ばずとも電話やウェブ経由での申し込みが可能ですし、こうした申し込みでも即日融資可能という強みも持っています。店舗や契約機に足を運ぶことなく即日融資が可能というのは消費者にとって嬉しいポイントでしょう。また、低金利のおまとめプランなどさまざまなプランが充実していますから、借りる人のニーズに応じてプランを選ぶことができます。

プロミスも大手の消費者金融会社です。著名なタレントを積極的にテレビコマーシャルに起用しイメージ戦略を繰り返してきた企業で、瞬く間に大手と呼ばれるほどの規模を誇るようになりました。これまで数々の著名人をCMキャラクターに抜擢しており、女優やタレント、歌手、モデルなどさまざまなジャンルの有名人を起用してきた経緯があります。プロミスも初回30日の無利息キャンペーンを行っていますし、最短一時間で融資可能ということをアピールしています。

また、契約完了後に電話やウェブから申し込むと振り込みキャッシングにより最短10秒でキャッシング可能というのもプロミスの強みでしょう。2015年よりウェブ完結サービスもスタートし、郵送物なしでカードレスという新たな取り組みが始められたのは記憶に新しいですよね。こうした新たな取り組みにも積極的なのがプロミスの強みと言えるのかもしれません。

大手の消費者金融を三社ご紹介しましたが、どの会社も大手と言われるだけのサービスや取り組みを行っていることが分かると思います。また、営業期間も長いですし、大手ならではの信頼感や安心感があるのも大手の強みと言えるでしょう。どこの消費者金融にしようか迷っている、という方はとりあえずこれらの三社から選んでおけば問題ないと思います。

消費者金融のメリットとは?

正規の消費者金融ならば安心して利用できますし、そのメリットは実にたくさんあります。たとえば、パートやアルバイトでも利用できるというのも便利です。非正規雇用では審査を通過できないのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、消費者金融ならばそのような心配は不要です。貸金業法の下に営業している消費者金融は、自らに安定した収入がある人全てを貸し付け対象としています。どのような手段で収入を得ているのかまでは問わないため、非正規雇用でもまったく問題ないのです。ただし、安定収入があると判断されないと難しいので注意しましょう。

安定収入ありと見なされるためには、ひとつの会社に少なくとも1年は在籍していることが望ましいとされています。たとえ正社員でも転職したばかりといったケースでは審査落ちしてしまうこともあるので要注意です。

また、審査がスピーディーというのも消費者金融の利点のひとつです。即日融資可能な商品もひとつやふたつではありません。土日祝日に急にお金が必要になったとしても「さすがに無理でしょう……」と、あきらめることはありません。金融機関がお休みでも消費者金融のキャッシュディスペンサーを利用するなどして借り入れを行うことができるようになっている商品もあります。突然のピンチに強い消費者金融なのです。

また、最近では銀行ATMやコンビニATMを利用できる消費者金融カードローンが一般的です。従来のように消費者金融の窓口かキャッシュディスペンサーしか利用できないのでは「ちょっと……」と、ためらう人も多かったかもしれません。しかし、現在ではまるで銀行でお金を引き出すような感覚で借り入れを行うことができるのです。人目を気にせず利用することができるのはうれしいですね。

消費者金融のデメリットとは?

様々なメリットがある消費者金融ですが、もちろんデメリットもあります。たとえば専業主婦は利用できないという点です。専業主婦でも家計のやりくりのためにちょっとカードローンを利用したい、というようなシチュエーションはあるものです。しかし、専業主婦では消費者金融の審査を通過できません。一方、専業主婦でも借り入れが可能なのが銀行カードローンです。一般的には消費者金融よりも銀行の審査の方が厳しいと言われているのに、なぜ、このような逆転現象が起きているのでしょうか。

じつはこれも貸金業法の影響によるものです。貸金業法によって消費者金融は、利用者各自の収入で無理なく返済できる範囲の金額のみを貸し付けることができると定められています。つまり、収入ゼロの専業主婦は返済能力もないと見なされているのです。一方、銀行は貸金業法による規制がありません。そのため、配偶者の収入を返済源と見なすことができるので、専業主婦でも審査を通過することができるのです。

また、消費者金融の利用限度額はおおむね小さめです。銀行カードローンでは1000万円まで可能な商品もありますが、消費者金融カードローンでは500万円が上限といったところでしょうか。また、いくら商品そのものとしては上限が500万円だったとしても、全ての人に適用されるわけではありません。利用限度額は各自の年収によって決まるので50万円、なかには10万円にも満たないケースもあります。

更に、消費者金融の金利は高めです。これは、利用者の範囲を広くしているぶん、貸し倒れリスクを金利に上乗せしているためです。一方、銀行の金利が低めなのは、審査を厳しくして確実に返済できると見込める人だけを対象にすることによって、貸し倒れリスクを軽減しているためなのです。

消費者金融の審査

消費者金融からお金を借りるためには審査を受ける必要があります。これは消費者金融に限らず、銀行や信用金庫など金融機関から融資を受けるときにも同じことが言えますし、審査をせずにお金を貸してくれるようなところはまずありません。その審査ですが、どのような人が通りやすくどんな人が落ちやすいのかについてお話しましょう。

消費者金融の審査に通りやすい人ですが、これは割と簡単です。安定した収入があり身元もしっかりしている人、他社からの借り入れなどがまったくないまっさらな状態の人だと比較的消費者金融の審査には受かりやすいと言えるでしょう。安定した収入があるということは支払いが滞ってしまうという心配もありませんし、身元がしっかりしているのなら業者側も安心です。業者側がもっとも恐れるのは返済不能に陥ってしまうことですし、突然雲隠れしてしまうような債務者です。しかし、安定した職に就き毎月の収入も安定しているような方ならいきなりいなくなるようなことはないでしょうし、返済不能に陥ることもないと判断されやすいのです。

また、他社からの借り入れがないということは今回融資を受けたところでそれが経済的な負担になることはないと判断されやすいと言えます。審査に落ちてしまう原因はいろいろと挙げられますが、一つには信用情報が挙げられます。消費者金融が審査を行うときには借入希望者の信用情報をチェックします。信用情報は金融機関で共有できるようになっており、他社からどれくらい借りているか、いくら借りているか、過去に滞納や踏み倒し、債務整理といった金融事故がないかどうかといった情報が揃っています。過去に自己破産や調停といった債務整理の経験があると多くの消費者金融は基本的に融資を行いません。また、過去五年間で一度でも延滞などがあると審査に落ちやすいとも言われていますし、他社借り入れ件数が5件以上あると審査に通りにくいと言われています。

消費者金融からするといろいろなところで借入している人に融資をするのはリスクが高いと考えますし、審査で落とされる可能性は高くなってきます。安定した収入がない方も審査に落とされることがほとんどです。そもそも、キャッシングやカードローンに申し込むことができるのは安定した収入がある方に限られています。収入が安定していないとみなされた場合は無条件で審査にも落ちてしまうでしょう。ただ、この安定した収入というのは業者によって判断基準がまちまちですから、毎月一回以上の収入があれば大丈夫というところもあれば定期的な収入があり返済も大丈夫だと判断されれば審査が通るところもあります。A社では落ちたのにB社では受かるということも実際あるのです。

また、資金の使用用途が事業資金になる場合は審査に落ちてしまうことがあります。基本的にキャッシングやカードローンは事業向け融資ではありませんから、事業資金の融資を希望するのならそれ専用の金融商品を利用することになります。消費者金融の審査についてお話してきましたが、基本的に他社での借り入れなどがあっても3社以内で返済もきちんとしているのなら新たにカードローンやキャッシングの契約をすることは可能でしょう。ただ、先ほどもお伝えしたように消費者金融の審査は業者によって判断基準が大きく異なるのも事実ですから、事前に審査のポイントや審査が通りやすい業者を狙って申し込みをするのもポイントです。

消費者金融を利用するにあたっての注意点

以上のように消費者金融にはいろいろなメリット、デメリットがあります。しかし、もし、少額を借りたいというのであれば消費者金融をおすすめします。銀行と消費者金融の金利の違いはおもに最低金利に見られるものです。最低金利とは高額融資にかかる金利なので、たくさんの借り入れをする場合には利息はかなり違ってきます。しかし、じつは最低金利に限っては銀行でも消費者金融でも1%未満の差しかないことがほとんどです。銀行で借りたからといって特別リーズナブルになるわけではないというのが実際のところです。

たとえ少額融資でも銀行の審査は厳しい場合もあります。ほんのわずかのお金を借りるために審査落ちをしてしまったらたまったものではありません。審査落ちは信用情報に記録されるので、その後クレジットカードを作りたくなった時などに支障がないとも限りません。そのような目にあう前に、最初から審査が銀行ほど厳しくないと言われる消費者金融を選択した方が賢明とも言えます。

また、毎月の返済額にも注意が必要です。無理のない返済額を設定することももちろん大事ですが、支払い能力に応じてギリギリ可能な額までがんばることも大切です。なぜならば、月々わずかの額だけを返済していては、いつまでたっても元金が減らず、30万円の借金返済に10年近く苦しむというようなケースもあるのです。余裕ができたら積極的に繰り上げ返済していくようにしましょう。

しかし、銀行ATMやコンビニATMで借り入れはできても、繰り上げ返済はできない消費者金融カードローンもあるので要注意です。繰り上げ返済は振り込みしか受け付けないというのであれば、その都度手数料もかかってしまいます。消費者金融を利用するにあたっては、いかに借りやすいかだけではなく、どれくらい返しやすいかという点にも十分注意するようにしましょう。それが消費者金融のメリットを最大限にいかす秘訣なのです。

消費者金融で計画的な返済を

借りたお金を返すのは当然のことです。身内や友人、知人からお金を借りたら感謝の気持ちを添えて返すのが当然のことですし、銀行や消費者金融から融資を受けた場合にもきちんと返済することが常識と言えるでしょう。そこで、ここでは消費者金融からお金を借りたあとに計画的な返済をするためのポイントについてまとめてみました。

消費者金融からお金を借りて返済を続けているものの、まったく借金が減らない、と嘆いているような方もいるかもしれませんが、そのような方だと何度もキャッシングを繰り返している可能性があります。消費者金融でカードを作ると限度額までなら何度でもお金を借りることができるため、最初に10万円借りてその借金が返し終わらないうちにまた数万円借金をしてしまう、ということも多々あります。いつでもATMなどを使ってお金を借りることができるため、お金を借りるというよりも自分のお金を引き出すような感覚になっているのです。最初に10万円借りたのならまずはそれをしっかりと返済することを第一に考えましょう。それをせずにどんどん借金を繰り返しているとすぐに限度額いっぱいになってしまいますし、限度額いっぱいになるとまた別の消費者金融で借りようとしてしまいます。

消費者金融の場合、最低限の利息だけを支払っていればとりあえず返済しているとみなされますから、元金を払わずに毎月最低限の利息ばかりを支払っている方も少なくありません。確かに、これだと毎月の経済的な負担は少なくなるかもしれませんが、これだといつまで経っても元金は返せませんし借金は減っていきません。毎月少しずつでもいいですから、元金も一緒に返済していくことがポイントとなります。わずかでもいいですから元金を少しずつでも支払っていればいつか借金は終わるわけですし、利息ばかり払っているのはもったいないです。毎月利息の支払いだけして満足しているような方もいるでしょうが、これだといつまで経っても借金がなくなることはありません。

利息と一緒に元金も減らしていくようにしましょう。きちんと返済計画を最初に立てておくことも大切です。特に消費者金融である程度まとまったお金を借りたときには最初に返済プランを自分できちんと練っておかないと計画的に返済することはできません。自分の収入や生活費などに出ていくお金をしっかり計算し、毎月どの程度の返済をしていくかということをきちんと考えておきましょう。

また、最初にお伝えしたようにカードローンの場合はその都度お金を引き出してしまうようになりますから、最初に借りたお金を返し終わるまでは新たに借金しないと胸に刻み込んでおくことです。いつでもお金を借りることができると思ってしまうとついついカードを使って融資を受けてしまいますが、消費者金融のカードは魔法のカードではありません。借りたお金は必ず返さないといけないのですから、ここを考え違いしないようにしましょう。

最初に5万円借りたのならまずはそれを一刻も早く返し、また必要になったら借りるようにしてください。消費者金融でお金を借り過ぎて多重債務に陥ってしまうような方もたくさんいますが、そのような方は基本的に返済のプランなどを最初に立てていないか、消費者金融のカードを魔法のカードのように思ってしまっている節があります。正しく付き合えば消費者金融は心強い味方ですから、計画的な返済を念頭に置いて利用してください。

申込み手続きはインターネットから行える

最近ではほとんどの家庭にパソコンがあり、インターネット回線が引かれています。そのため、インターネットを利用できる環境にある人がかなり多くなって来ています。さらにスマートフォンでもインターネットに接続できることから、使えない環境にいる人はほとんどいないと言って過言ではありません。

そのため、多くの金融機関ではカードローンやキャッシングの申込みをインターネットから行えるようにしています。公式サイトに専用のフォームを設けている金融機関が多いです。フォームに必要な事項を入力して送信するだけで自宅にいながら手軽に申し込めるようになっています。審査結果もメールで通知してもらえるので、すぐに知ることができます。

オススメの金融機関はこちら!

収入証明書の提出不要、最短で即日で利用可能なカードローンを厳選しました!
早速チェックしてみてください!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

必要書類は画像データを送信して提出できる

必要書類 インターネットからキャッシングやカードローンの申込みをする場合には、必要書類の提出も画面上の操作のみで行うことができます。コピーを取って郵送するといった面倒なことはしなくて済み、提出に日数もかかりません。ちょっとした操作のみで一瞬で必要書類の提出を済ませることができます。そのため、本人確認や年収額の確認なども早く済み、迅速な審査を可能にしています。
消費者金融にキャッシングやカードローンの申込みをする場合には、自動契約機を使うこともあります。その際には、自動契約機に必要書類を読み込ませるという方法で提出します。画像をアップロードする場合と同様にデータを送信するため、申込先の金融機関には一瞬でデータが到達します。そのため、インターネットから申し込んだ場合と同様に迅速な審査が可能です。
必要書類は必ず必要になるのが本人確認種類です。主に運転免許証を用います。これらは、手元に常に置いている人が多いため、すぐに画像を送れます。また借入金額によっては、収入証明書も必要です。源泉徴収票や確定申告書を用いるのが一般的です。予めこれらの画像のデータを取っておき、スマートフォンに入れておくといいです。

有人の窓口や電話での申し込みも可能

インターネットや自動契約機を使った申込みは、人と顔を合わせずに申し込めるのがメリットですが、やり方が良く分からず困ってしまう人がいます。そういった人の場合には有人の窓口で申込みをすることも可能です。

また、ほとんどの金融機関では電話でも申し込めます。そして、窓口や電話であっても、審査や融資の手続きが遅れることはありません。業者によってはその場で手渡しで、キャッシングカードを受け取ることもできます。有人の窓口は営業時間が短い場合が多いため、利用する際には予め確認しておくといいです。

また、消費者金融の自動契約機には、受話器が付いていて、従業員に質問をしながら申込み手続きをすることもできます。分からないことが多い一方で、顔を合わせずに申し込みたい人は、このやり方をすると良いでしょう。

信用情報を意識しよう

金融機関からお金を借りる場合には、その記録が信用情報機関に登録されます。また返済状況に関しても、詳細に記録されます。遅延が生じてしまった場合には、その記録も残ってしまうため、今後お金を借りる際に審査上不利になってしまうこともあります
そのため、金融機関からお金を借りる際には、信用情報機関に記録が残るということをしっかりと意識することが大切です。

消費者金融に関する記事

絞り込み条件で探す