親バレを避けたい学生のための、ばれない消費者金融の利用方法

消費者金融 学生

2016年7月7日

学生でも急なピンチで消費者金融カードローンを利用したいと考えることもあるでしょう。しかし、心配なのは親バレです。親や学校にばれない、学生でも安心して利用できる消費者金融カードローンというのは、はたしてあるのでしょうか。

目次

学生でもOKの消費者金融カードローンはあるのか

学生街で「学生ローン」と書かれた看板を見かけることもありますが、いったいどんな会社がやっているのか今ひとつ不明なケースも多々あります。もし、誰でも知っている大手消費者金融カードローンなどを学生でも利用できるならば、こんなに安心できることはありません。
大手消費者金融カードローンのホームページをよく調べてみると「20歳以上で安定収入と返済能力がある人ならば申し込み可能」というような記載をよく見かけます。そこに「正社員に限る」「学生不可」といった文言を見つけることはできません。
貸金業法に基づいて営業している消費者金融は、個人の支払い能力に応じた貸し付けをするように定められています。利用者は年収の3分の1以上を借り入れることはできません。これは逆に言えば、安定した収入さえあれば、基本的には誰でも年収の3分の1までは借りることができるということです。
つまり、じつは特別に「学生ローン」とうたっているわけではない一般的な消費者金融カードローンでも、学生にも門戸は開かれているのです。十分な安定収入と返済能力があると見なされれば、たとえアルバイトでも問題ないというわけです。
安定収入があると見なされるためには、少なくとも月に1回以上の収入がなければいけないと言われています。一定額の収入があっても、不定期収入では審査を通過できない可能性があります。また、いくら多額の支払いやお小遣いがあっても、自分で働いて得た収入でなければ評価されません。
また、いくら安定収入があるからといって学生では多額融資は望めません。大きな借入金額を希望してもかえって審査落ちしやすくなることもあるので、できるだけ希望は控えめに申請することをおすすめします。

実家に電話がかかってきて親バレすることはない?

学生でも消費者金融カードローンの利用にあたっては身分を証明する必要があります。その際、たとえば実家に電話がかかってくるのではないかと心配する人もいますが、消費者金融カードローンでは基本的にそのような本人確認は行っていません。ですから、申し込みにあたって親バレするというような心配はまずありません。
本人確認としては、運転免許証、保険証、学生証などの身分証明書で十分です。一般的に申し込みの際にこれらのコピーを提出することが求められます。いずれも自分で用意できるものですし、申し込みのタイミングではばれないと思ってさしつかえありません。
もし、親バレする可能性があるとしたら返済が滞った時です。親と同居している場合には家の固定電話の番号も申込書に記載することになりますが、たとえ第一連絡先を自分の携帯電話にしたとしても、あまりに返済が滞ると固定電話にも督促の電話がかかってくるようになります。このような流れで消費者金融を利用していたことが親バレするケースは結構ありがちなようです。もし、ばれないままで利用したいならば、くれぐれも延滞するようなことのないように注意しなければなりません。
とくに、固定電話は自分専用のものを持っている、もしくは一人暮らしをしているといった場合には、親まで連絡が行くというのはよほど返済が滞っている状況です。つまり、最悪の状態で親バレしてしまうということです。そうならないためにも気をひきしめて返済していかなければいけませんし、あらかじめ親に相談をして承諾を得ておくというのも、かえって余計な心配をかけずにすむ方法と言えるでしょう。

学生でもアルバイト先への在籍確認はある

消費者金融カードローンというのは、本人の安定収入・返済能力を担保にしている商品とも言えるかと思います。そのため、基本的に勤務先への在籍確認もきっちり行われます。それは、たとえ学生相手でも変わりません。
勤務先に知られるのも親バレと同じぐらい嫌だと考える学生も多いでしょう。しかし、消費者金融の在籍確認ではけっして会社名を名乗るようなことはないので心配はありません。必ず個人名を名乗って電話するというルールになっているのです。
自分がシフトに入っていない日に電話があったとしても、確かにそこでアルバイトをしているという事実が確認できれば問題ありません。しかし「働いていない」「辞めた」「休職中」などと誤解されるような対応があると、審査落ちとなる可能性もあるので要注意です。
また、家庭教師の仕事で安定収入を得ている場合、たとえば派遣スタイルの家庭教師ならば登録会社に電話があるので比較的スムーズです。しかし、個人契約での家庭教師では、まさか個人宅に消費者金融が電話を入れるわけにもいきません。もし、契約書を交わしているならばそのコピーや、収入を証明できる領収書等の何らかの書類が必要になります。
親バレという点でもっともリスキーなのは家業を手伝っている場合です。その時は家に在籍確認の電話がかかってきてしまうからです。しかし、消費者金融によっては若いスタッフに在籍確認をさせるなど「友達からの電話かな?」と、なるべく親にばれないように工夫をしてくれるとこともあります。もし、心配ならば電話申し込みや窓口申し込みなどにして「親バレは回避したい」という要望を相談しておくことをおすすめします。

郵送での親バレを回避する方法

以上のように、消費者金融カードローンを親バレせずに利用するには、まず電話連絡に用心しなくてはいけません。そこを上手くクリアできたとしても、ここで気を抜いてはいけません。それは、郵便物から発覚する危険も十分あるからです。
もし、フリーダイヤル等で郵送による申し込みをしてしまうと、郵送で申し込み書類一式が届くことになります。一人暮らしならば問題ありませんが、実家暮らしではいきなり最初から親バレしてしまいます。必ずWEBや店舗窓口等で申し込むようにしなければいけません。
親バレせずに審査を無事通過できたとしても、ローンカードが郵送されてきては台無しですよね。ローンカードも店頭受け取りなどを選択してリスク回避しましょう。同様に、月々の明細書も要注意です。一般的には自宅へ毎月送られてくることになっていますから、電話や会員サイトなどから設定を変更して、明細はネットのみの確認とするプランを選択しなおさなければいけません。
また、督促状が届かないように延滞しないことも大事ですが、どうしても返済が間に合わないこともあります。そのような時には、消費者金融から連絡が来る前に自分から、何日までに支払うか連絡しておくようにしましょう。しかし、せっかく再設定してもらった支払日に遅れるようなことがあれば、結局は督促の連絡が来ることになるので、無理なく確実に返済できる日を申告するようにしましょう。
いろいろ手段を講じておいても、キャンペーンのお知らせなど思わぬ郵便物が届く可能性もあります。そういったものも含め、一切の郵送物は送らないで欲しいと消費者金融に伝えておくことも大事です。もし、どうしても親バレを回避したい事情があるならば、事前に相談しておくことをおすすめします。

親バレ・バイト先バレ以上に不安な学校バレはないのか

消費者金融カードローンの利用が親やアルバイト先にバレるのもイヤなものですが、それ以上に学校バレが心配という学生もいます。学校に発覚して卒業や就職活動に不利になってしまうようなことはないのでしょうか。そもそも就職活動のために消費者金融カードローンで借り入れをしているという学生もいます。就職活動をするにはスーツ一式なども必要ですし、飛行機や新幹線で説明会や試験に足を運ばなくてはいけないこともあり、何かとコストがかかります。そういった出費を捻出するために利用した消費者金融カードローンで就職が不利になってしまうのでは本末転倒としか言えません。
しかし、学生が消費者金融カードローンを申し込んで借り入れを行い、万が一返済を滞ってしまった場合まで含めても、基本的には消費者金融から学校に連絡が入るタイミングはありません。電話はもちろんのこと郵便物が届くこともないでしょう。消費者金融によっては学校名を明かさなくても借り入れをすることができるところもあるようです。もし、どうしても学校名を知られたくないというのであれば、そういったものを選択するのもひとつの方法です。
以上のように、じつは学生でもまわりにバレずに消費者金融カードローンを契約することはできます。しかし、安易な利用はけっしておすすめできません。なぜならば、消費者金融カードローンを利用したという記録は、解約後、最長でも5年間は信用情報に記載されているからです。滞ることなく返済していれば問題ないと思う人もいるかもしれませんが、厳格なローンでは学生時代にカードローンを利用したことがある、という経歴だけで審査を落とされる場合もあります。審査が厳しいローンの代表例としては住宅ローンがあります。どうしても高額融資になる住宅ローンは、それだけ審査も厳しいのです。健全に完済したとしても5年程度はその履歴が信用情報に残ります。学生時代の消費者金融カードローンのせいで、住宅ローンを組むことができなかった……というような事態に陥ることのないよう、利用にあたっては十分注意しなければいけません。
また、もし金融業界への就職を希望しているならば、信用情報が採用試験に悪影響を及ぼすことがあるとも言われているので要注意です。本来は採用試験のために信用情報を利用することは禁じられていますが、一部金融機関では選考基準としているとの噂もあります。用心するに越したことはありません。

おすすめの消費者金融カードローン

アイフル

アイフル

おすすめポイント

不要
最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※
  • 人気のカードローンであるアイフルはなんといっても最短30分審査、さらに最短1時間融資と融資までのスピードが特徴です!更に審査が心配な方は事前にご融資可能か1秒で診断できるので安心です!また、指定の時間帯に自宅でカードを受け取れる「配達時間えらべーる」や、専用の無人契約でんわBOXから電話するだけでカード発行ができる「てまいらず」など、利便性も抜群です!オススメです!

直近60日間のアクセス数 137

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 500万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス

プロミス

おすすめポイント

不要
50万円以下は原則収入証明書が不要
  • プロミスを初めてご利用する方に朗報!なんと30日間まるごと利息ゼロで利用が可能です(※)!さらにプロミスなら最短1時間で融資可能なので、お急ぎの方にもピッタリです!50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要、手続きもカンタン!申込前に借入可能か診断できるので、まずはチェックしてみるのも良いかもしれません。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

直近60日間のアクセス数 111

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 1万円〜500万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム

アコム

おすすめポイント

不要
限度額50万円以下なら所得証明書不要
  • アコムを初めて利用する方はなんと最大30日間金利0円で超お得!限度額50万円以下なら原則収入証明書の提出が必要ないため、手続きもカンタンです!来店不要、審査回答は最短30分、もちろん最短即日融資も可能なので、お急ぎの方にもピッタリ!

直近60日間のアクセス数 282

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
最大30日間 800万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by アコム株式会社

※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 人気消費者金融 アクセス数ランキング!安心・オススメな業者はここ

    当サイトのアクセス数順で人気の消費者金融をランキング!全国で利用可能なオススメ消費者金融をお探しなら是非こちらのランキングを確認してみましょう!

  • 学生でも借りられるカードローン

    あなたが学生の場合、カードローンでお金を借りることは出来るのでしょうか。友達と海外旅行へ行ったり、サークルの飲み会、人によっては学費を自分で払っている、なんて方も多いかもしれません、また、お金を借りるにしても、両親や友達には知られずに借りたいものです。そんな頑張る学生のために、学生でもお金を借りれる方法とどうすれば内緒で借入することができるか紹介していきます!

  • 消費者金融でお金を借りる

    金融機関はお金を貸す事を業務として行っています。そのため、お金を借りる場所としては、もっともオーソドックスなところだと言えます。そして、申込み手続きや審査についてある程度知っておくと、いざ借りるときには、比較的落ち着いて行動することができます。

  • 少額・短期の融資におすすめの消費者金融6選

    ここでは当サイトの編集部が選んだ、オススメの消費者金融6選をご紹介しています!当サイトで紹介する消費者金融はどれも安心して借り入れのできる金融会社です。少額を短期間で借り入れたい方は、是非こちらからカードローンに申し込んでみてください!

このページと合わせてよく見られている記事

このページに関連するQ&A