郵便局からお金を借りるには?

お金を扱う、といえば銀行が一番イメージが強いかと思います。しかし、今では「ゆうちょ」などの登場で、郵便局でお金を扱うイメージも強くなっているのではないでしょうか。郵便局は全国に約2万5000箇所あります。
また、郵便局が行っているサービスであるため、カードローンなどにくらべて比較的金利が低めになっています。

郵便局でお金を借りるための条件

全国どこにでもある郵便局お金を借りることができたら、便利です。しかし、いくら郵便局だからといって、無条件で借りられるわけではありません。お金を借りるには2つだけ条件があります。 まずゆうちょ銀行の総合口座を持っていること、そしてその総合口座で管理している定額貯金や財形定額、財形年金定額を利用していること、です。まとめると、日頃からゆうちょを利用しており、郵便局に対して担保がある、ということが条件です。ではそれぞれの条件をご説明します。

ゆうちょの利用が無い方は、カードローンがオススメ!

ゆうちょの総合口座が無い方は借入までに時間が必要になってしまいます・・・。
カードローンなら最短即日で利用可能!お急ぎの方はオススメです!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by アコム株式会社

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

30代~50代の方にオススメ!

【PR】Sponsored by オリックス銀行株式会社

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

最短即日 公式サイト参照 3.0%〜14.0% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

財産形成貯金担保貸付けとは?

まず、財産形成貯金とは、3年以上継続して積み立てる定額貯金のことです。同様に、財産形成年金定額貯金、財産形成住宅定額貯金などがあります。これらは、それぞれ老後のため、住宅購入のために5年以上積立をしている貯金です。
一つの契約につき300万円までの貸付けが可能です。かつ自分が預けた金額に利子をたした総額の90%まで借りることができます。借入期間は2年とされているためこの期間で返済する必要があります。
簡単にまとめると、ゆうちょで財産形成のために定期的に積立をしている人が、その日頃の積立を担保に、300万円まで借りることのできる貸付けです

貯金担保自動貸付けとは?

財産形成のためだけでなく、ゆうちょの総合口座で管理する定額貯金を利用している場合にも、郵便局からお金を借りることができます。この場合は、お金を積極的に借りるというよりも、むしろ予想外の残高不足にあったときに有効です。具体的には、もしも総合残高を超える払い戻しが行われたときに、自動的に貸し付けをするというシステムです。
借りることができる金額は預入金額の90%までです。返済の方法は、いつも通りに通常貯金に預入することで自動的に返済がなされます。

郵便局でお金を借りることのメリット・デメリット

最大のメリットはその手軽さであると思います。まず、身近な郵便局で借り入れ、返済が行えるという点と、そして他のカードローンなどとくらべて審査の必要がないということです。通常カードローンの場合は、本人の収入状況などを考慮して、返済が可能かを吟味して審査をします。しかし郵便局の場合はそうではなくて、すでに契約をしてある定期預金などを担保に借り入れが可能であるので、その手順を踏む必要がないのです。うまくいけば、預金を下ろすのと同じ感覚で即日借り入れが可能になります。また金利に関しても、他の銀行等と同様に比較的低金利です。カードローンの手軽さ、銀行の低金利を持ち合わせたいいとこ取りの選択肢かもしれません。
しかし、手軽さがゆえのデメリットもあります。「預金をおろす感覚で」貸付けをできるため、「借りた」という感覚を持たないままで過ごしてしまうかもしれません。いくら低金利とはいえ、日が経てばたつほど返済金額はかさんでいくものです。少額でも、きちんと管理をするように心がけてください。また、残高不足が発生した時に、知らず知らずのうちに貸付けがされる場合があります。特に注意をして残高を確認してみてください。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 市役所でお金を借りるには

    お金に困ったとき、すぐに銀行や金融機関が提供するカードローンを思いつくかもしれません。しかし、こうした銀行や金融機関が提供する貸付サービス以外にも市役所などの公的機関でも融資制度を設けており、お金を借りることができます。これは「生活福祉資金貸付制度」といいます。

  • 国からお金を借りるには

    生活に必要な資金をどこからか借りたいと思っても、銀行や消費者金融からお金を借りるのはなんだか怖い気がするし、審査に通るかどうかも分からないという方もおられると思います。実は国からお金を借りるという選択肢もあるのです。誰でもが好きなだけ借りられる訳ではありませんが、一定の条件を満たせば借りることが可能です。

  • 農協のカードローンを利用するには

    農協を母体としたJAバンクは、地元に根付いた金融機関で、農家以外でも安心して利用できる多種多様なローンがあります。店舗によって金利の設定が異なる点が他の金融機関と違いますが、一般の銀行に比べて概ね金利は低いため、できるだけ低い金利でお金を借りたい人にとって有効なローンです。ここでは農協ローンの種類や利用方法・注意点ついてご紹介します。

  • 労金のカードローンを利用するには

    あまり知られていないが、知っている人は上手く使っている低金利なカードローンです。他のカードローンと同様にコンビニやATMで利用できます。審査に時間がかかりますが、金利が低いことが魅力的なカードローンです。

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す