10万円以上でも借りられるカードローン特集

10

お金を借りると聞くと、まとまった金額のお金を借りて毎月少しずつ返済をして行くといったことをイメージする人が多いでしょう。しかし、10万円くらいの比較的少額なお金を借りて、翌月に一括で返済したい状況の人もいます。現在手元にお金がなくても、来月確実に工面できるような場合です。そういったときに、便利なサービスについて見て行きましょう。

銀行のカードローンを使って10万円借りる

消費者金融は審査が早くて、すぐにお金を借りることができる反面で、利息が銀行より高めに設定されています。そのため、銀行から借りられるのなら、消費者金融ではなく銀行から借りたいと考える人が多く見られます。銀行のカードローンを申し込めば多少時間はかかりますが、安い利息でお金を借りることができるためです。カードローンで借入限度額が10万円を下回ることは、まずないため、審査に通れば安い利息でお金を借りることができます。
また、最近では銀行の中には消費者金融とあまり変わらないくらいの早さで審査を行っている所もあります。ATMにカードローンを申し込むための機械を設置して、その場でカードの受け取りができる銀行もあり、銀行だから審査が遅いというこれまでの常識はなくなりつつあります。

オススメ!10万円お金を借りられるカードローン

10万円程度が借入可能な金融機関を厳選しました!下記の金融機関から融資時間や実質年率から比較してみましょう!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

最大ご利用限度額は充実の800万円!

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0% 公式サイト参照

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

公式サイト参照 公式サイト参照 4.0%〜14.5% 公式サイト参照

30代~50代の方にオススメ!

公式サイト参照 公式サイト参照 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方
オリックス銀行カードローン ※6ヵ月以内の複数回にわたるお申し込みはご遠慮ください

消費者金融の一定期間無利息のサービスを利用する

借りたい金額が10万円くらいの場合には、翌月に一括返済をする予定であることがほとんどでしょう。つまり借りている期間は1ヶ月あるかないかくらいです。消費者金融の中には、一定期間無利息でお金を借りられるサービスを実施しているところもあります。そのため、10万円借りてすぐに一括で返す予定のときには、無利息のサービスを利用すると良いです。
一定期間無利息のサービスは、数社の消費者金融が実施していますが、それぞれ利用できる条件が異なります。また、消費者金融によっては初めての利用者のみを対象としているところもあります。自分の現在の状況に応じて使い分けることが大切です。
また、一定期間無利息のサービスでは、無利息の期間を経過しても完済されなかった場合には、通常通りの利息がかかってしまいます。この点に関しても留意した上で利用しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードを持っている人はかなり多いです。1枚だけではなく複数枚のクレジットカードを持っている人も珍しくありません。そして、クレジットカードはショッピングのときの代金決済だけでなく、キャッシング機能が付いているものもあります。その場合には、ショッピングでの利用可能枠とは別にキャッシングでの利用可能枠が決まっていますが、大抵10万円以上の金額になっています。そのため、10万円くらいちょっと借りたいのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を使うという方法を取る人もいます。
ただし、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りた場合には、消費者金融のキャッシングのサービスを利用するよりも、利息が高くなってしまうことが多いです。翌月に一括返済するのであれば、あまり気にすることもありませんが、長期間にわたって返済をする予定の場合は別の方法で借りた方が良いでしょう。

10万円であっても返済が遅れ続ける不利益を被ることも

キャッシングやカードローンなどの利息は、未返済の分に金利を乗じて日割りで計算するのが一般的です。そして、返済として支払った金額から利息分を差し引いて、残額を元本の返済に充当するといったやり方をする業者が多いです。
10万円くらいの金額でも、返済が遅れると元本が減らずに利息がどんどん増えて行きます。そのため、返済が遅れれば遅れるほど、負担が重くなります。さらに返済が遅れた記録は信用情報機関に登録されるため、新たな借入をする際に審査上不利になってしまいます。
10万円くらいの金額であっても、こうしたことを念頭に置いた上で利用しましょう。

絞り込み条件で探す