20万円以上でも借りられるカードローン特集

20

20万円が急に必要になってしまった!というときはだれにでもあります。しかし、そんな時あなたはどうやってお金を調達しますか?そういう時はキャッシングが便利です。キャッシングであれば、コンビニでも借りることができます。24時間引き出せるので便利ですね。

カードローンでお金を借りるにはどうすれば良い?

20万円借りる際に、キャッシングという方法があります。しかし、誰でも借りられるというわけではなく、お金を貸してくれる業者の審査に通過した人だけが利用できます。キャッシングの一つにカードローンというものがあります。
カードローンは、「審査を通過した額以内であればいくらでも借りることができる」というものです。もし、急に20万円必要になったのであれば、その日のお昼ぐらいに貸してくれる業者に審査申し込みをすれば、即日融資を受けることもできる場合があります。

オススメ!20万円お金を借りられるカードローン

20万円程度が借入可能な金融機関を厳選しました!下記の金融機関から融資時間や実質年率から比較してみましょう!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

最大ご利用限度額は充実の800万円!

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0% 公式サイト参照

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

30代~50代の方にオススメ!

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

アコム ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方
オリックス銀行カードローン ※6ヵ月以内の複数回にわたるお申し込みはご遠慮ください

20万円借りるための審査ってやっぱり厳しい?

即日融資のカードローンなどであれば、審査はあまり厳しくないと言われています。審査する側は何を見ているのかというと「信頼できるかどうか」です。業者側は、信頼してお金を貸して利益を得ます。そのため、踏み倒されてしまうと丸々損をしてしまいます。
それを防ぐために審査を行っており、特に個人信用情報に事故情報が記載されていなければ審査は通る場合が多いです。ただし、年収の3分の1以上は総量規制の対象で、銀行以外からは借りられないので注意が必要です。 また、20万円では必要のない業者も多いですが、収入証明書等の書類が必要になることもあるので申し込む際に予め準備しておくと良いでしょう。銀行系は審査が厳しいという反面、金利が低金利で借りることができます。
消費者金融系で借りるか、銀行系で借りるかは自由ですが、無理のない返済プランを立てた時、支払う利息が少ない方が今後の事を考えると楽です。

キャッシングで借りた20万円というお金はどうやって返せばいい?

返済イメージ キャッシングで20万円を借りた場合の返済方法ですが、お金を貸してくれた業者によって異なります。多くの場合は、コンビニATMや振込などで返済することができます。ただし、一部の返済方法によっては手数料が取られてしまう場合があるので要チェックです。
期日を過ぎて返済する場合は、遅延損害金というものが発生することもあるので、事前にカスタマーセンターに問い合わせを行ってから返済をすると無用なトラブルを避けることもできます。振込返済に対応している場合は、銀行の自動振り込み機能を使えば、返済し忘れを避けることも可能です。
ただし、この場合、予め銀行口座にお金を入金していないと振込されないので注意が必要です。

キャッシングで20万円借りた時の注意点!

キャッシングで20万円を借りた時の注意点は、「返済期日を守ること」「無理のない返済計画を立てる」という事です。返済期日を過ぎてしまいますと、遅延損害金が発生することがあり、「元本+利息+遅延損害金」を支払わなければならなくなり、大変もったいないです。
そのため、返済期日は必ずチェックし、返済日までに入金しておくことが大切です。また、無理のない返済計画ですが、これも重要です。返済日が近づくにつれ、お金が用意できないと焦ってしまい、別の業者からお金を借りて返済するということを繰り返すと、大変なことになります。
20万円と言えども大金です。無理のない返済回数を指定し、生活が苦しくならないような返済プランを立てて返済していくことが大切です。
業者側も、無理なプランを立てられて消えてしまわれては損をしてしまうため、無理なプランは推奨してきません。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 少額借りられるキャッシング

    「サークルで合宿に行くのにお金が足りない」、「社内で飲み会があるのに給料日までまだ日にちがある」、「友人の結婚式に渡すお祝いを捻出できない」など、急な出費の悩みは誰でもあるものです。そんなとき、たくさんのお金は必要なく、少額のお金を借りることができれば十分です。少額のお金を借りる際に心強い味方がカードローンです。

  • 5万円借りられるキャッシング

    すぐにお金が必要になった場合、どのくらいあれば十分でしょうか?例えば急な飲み会や合コン、あるいは友人の結婚式のご祝儀や親族のお葬式の香典など、5万円あれば十分にまかなえるのではないかと思います5万円程度を借りたい場合に、利用したいのがカードローンです。以下では5万円をカードローン会社で借りる流れについて見てみましょう。

  • 10万円借りられるキャッシング

    お金を借りると聞くと、まとまった金額のお金を借りて毎月少しずつ返済をして行くといったことをイメージする人が多いでしょう。しかし、10万円くらいの比較的少額なお金を借りて、翌月に一括で返済したい状況の人もいます。現在手元にお金がなくても、来月確実に工面できるような場合です。そういったときに、便利なサービスについて見て行きましょう。

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す