5万円から借りられるカードローン特集

5

すぐにお金が必要になった場合、どのくらいあれば十分でしょうか?例えば急な飲み会や合コン、あるいは友人の結婚式のご祝儀や親族のお葬式の香典など、5万円あれば十分にまかなえるのではないかと思います5万円程度を借りたい場合に、利用したいのがカードローンです。以下では5万円をカードローン会社で借りる流れについて見てみましょう。

【ステップ1】カードローンを申込む

一口にカードローンといっても主には二つに分けられます。1つは銀行カードローン、もう一つは消費者金融のカードローンです。他にも「銀行系カードローン」と呼ばれるものもあります。実際かつて消費者金融だった多くの会社が現在は銀行の傘下に入っており、「銀行系カードローン」になっているのですが、実質は消費者金融と考えていただいて良いと思います。
さて、どこから借りるにしてもカードローンを利用して5万円借りる場合にはまず申込が必要です。かつては店頭に直接出向いたり、電話をして申込んだりする方法が一般的でしたが、現在ではパソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で申込むのが便利でしょう。お金を借りることを別の人にも知られたくないという方も多いと思いますので、その点からみても安心です。

オススメ!5万円お金を借りられるカードローン

5万円程度が借入可能な金融機関を厳選しました!下記の金融機関から融資時間や実質年率から比較してみましょう!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

最大ご利用限度額は充実の800万円!

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0% 公式サイト参照

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

30代~50代の方にオススメ!

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

アコム ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方
オリックス銀行カードローン ※6ヵ月以内の複数回にわたるお申し込みはご遠慮ください

【ステップ2】必要書類を揃えて提出する

必要書類 たとえ5万円という少額であっても、お金を借りるには審査が必要になります。そして、審査にはいくつかの必要とされる書類があります。大きく分けて本人確認書類収入証明書類の2つです。本人確認書類には運転免許証やパスポート、会社の保険証などが含まれます。収入証明書類とは、申込の際に記載した年収等が本当かどうかをチェックするために用いられます。源泉徴収票や給与明細などがそれに含まれます。ただ、最近では、少額であれば(例えば50万円以下であれば)、収入証明書類を不要とする会社が増えています。5万円の借入であれば、収入証明を不要とする会社もたくさんあると思いますので、そうした会社を選べば、手間を省くことができます。
こうした書類を郵送したり、スキャンしてインターネット経由で送ったりして金融機関に提出します。

【ステップ3】審査結果が出るのを待つ

きちんと申し込みフォームに入力を行い、必要書類を提出したら、あとは金融機関の審査結果が出るのを待つのみです。通常は1時間以内で通知があります。携帯電話などにその結果の通知が来ますので、無事審査に通ったら5万円の借入が可能になります。
注意したい点として、もし即日の融資を希望するのであれば、以上の手続きを早い時間帯に済ませておくことです。ほとんどの会社が即日融資を宣伝していますが、これはどの時間帯であっても即日融資が可能ということではありません。特に融資を銀行振込の形で希望するなら、銀行の営業時間とも関係しますから、遅くとも午後2時までに自分のできるすべての手続を済ませておきましょう

【ステップ4】5万円をキャッシングする

もし銀行振込であれば直接銀行口座に5万円が振り込まれます。多くの会社が保有している自動契約機で上記の手続きを行うことも可能ですが、その場合はその場ですぐにカードを受け取ることができ、すぐに併設されているATM、あるいは提携会社のATMからのキャッシングができます。
金利は会社によって異なりますが、消費者金融から5万円借りた場合の平均金利は年利18%程度ですから、金利は9,000円ということになります。金利は早く返せば返すほど少なくて済みますから、5万円借りた場合もすぐに返済することが重要です。最近では、初めての利用であれば30日無利息で借りられる会社も多くありますので、そのサービスを利用すれば金利はゼロです。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 少額借りられるキャッシング

    「サークルで合宿に行くのにお金が足りない」、「社内で飲み会があるのに給料日までまだ日にちがある」、「友人の結婚式に渡すお祝いを捻出できない」など、急な出費の悩みは誰でもあるものです。そんなとき、たくさんのお金は必要なく、少額のお金を借りることができれば十分です。少額のお金を借りる際に心強い味方がカードローンです。

  • 20万円借りられるキャッシング

    20万円が急に必要になってしまった!というときはだれにでもあります。しかし、そんな時あなたはどうやってお金を調達しますか?そういう時はキャッシングが便利です。キャッシングであれば、コンビニでも借りることができます。24時間引き出せるので便利ですね。

  • 10万円借りられるキャッシング

    お金を借りると聞くと、まとまった金額のお金を借りて毎月少しずつ返済をして行くといったことをイメージする人が多いでしょう。しかし、10万円くらいの比較的少額なお金を借りて、翌月に一括で返済したい状況の人もいます。現在手元にお金がなくても、来月確実に工面できるような場合です。そういったときに、便利なサービスについて見て行きましょう。

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す