プロミスの店舗・ATM・自動契約機で出来る事と営業時間まとめ

2018年5月15日

プロミスは最短で即日融資も可能なカードローンで、とても頼りになる存在です。しかし、いくらプロミスといえども、365日24時間、審査を行っているわけではありません。「今すぐお金が必要」そんな時は突然やってきます。そのような場合に備えて、即日融資の強い味方のプロミスの店舗窓口、ATM、自動契約機の営業時間をしっかりと確認しておきましょう。

目次

プロミスの店舗、ATM、自動契約機の設置場所(2017年1月時点)

プロミスの店舗・ATMは、自動契約機も含めると全国1,100箇所以上に設置されています。そのほとんどは自動契約機となっており、プロミスの有人店舗は全国の主要都市など18箇所だけの設置となっています。そして、店舗・自動契約機と共に、プロミスのATMが併設されているという形になっています。

全国のプロミスの店舗・ATMを探す

プロミス店舗・ATM利用可能な時間まとめ

プロミスの店舗や自動契約機、プロミスATM・主な提携ATMの利用時間を以下にまとめています。

プロミス店舗・自動契約機・ATM

店舗・ATM 利用可能な時間

プロミス店舗

営業時間 平日10:00~18:00(一部を除く)
土日・祝日 休み

自動契約機

営業時間 年中無休9:00~22:00(一部を除く)

SMBCローン契約機

営業時間 年中無休9:00~21:00(一部を除く)

プロミスATM

営業時間 年中無休7:00~24:00(一部を除く)

プロミスの主な提携ATM

提携ATM 利用可能な時間

三井住友銀行ATM(手数料無料)

設置店舗によって異なる
(最長24時間営業)

E-net

毎日 0:00~24:00
(メンテナンス時を除く)

ローソンATM

毎日 0:00~24:00
(メンテナンス時を除く)

セブン銀行ATM

平日 0:00~2:00 3:00~24:00
土曜 0:00~2:00 3:00~23:00
日曜 7:00~24:00

ゆうちょ銀行ATM

毎日 0:10~23:50
(メンテナンス時を除く)

プロミスの店舗ではどんなことが出来る?

マネーアドバイザーの主な業務

プロミス店舗とはプロミスの対応スタッフがいる有人店舗のことです。プロミス店舗には「マネーアドバイザー」がおり、カードローンの新規申込みはもちろん、増額や返済についての相談をすることができます。

電話や無人契約機でも相談できるのですが、返済計画の見直しなどは顔を合わせ話を進める方が安心できる場合もあるでしょう。時間に余裕がある方や、初めての利用で不安な方は、店舗へ行ってみてはいかがでしょうか。

【番外編】プロミスが提供する「お客様サービスプラザ」をご紹介

プロミス店舗の営業時間チェック

プロミス店舗 営業時間 
平日10:00~18:00(一部を除く)
土日・祝日 休み

プロミスの店舗の営業時間は平日の10時~18時までです(※店舗により営業時間、休日が異なります)。お昼も空いているので、お勤めの人でもお昼休みなどに行くことができます。

プロミスの自動契約機ではどんなことが出来る?

プロミスは、自社の自動契約機のほか、主に三井住友銀行内に設置されている「SMBCローン契約機」でカードローンの申し込みを行うことが可能で、どちらの契約機も同じように利用ができます。

プロミスの自動契約機・SMBCローン契約機で出来ること

自動契約機・SMBCローン契約機

1.自動契約機で申し込み
    ↓
2.必要書類の提出
    ↓
3.審査結果の確認
    ↓
4.契約書類の提出
    ↓
5.カード発行

プロミスの自動契約機・SMBCローン契約機では、上記のような、カードローン契約にかかる一連の手続きをすべて行うことが可能です。

自動契約機は、対面せず契約が行いたいという方や、忙しくて窓口に来店できないという人にはうってつけの機械です。無人ですが、どちらの契約機にもオペレーター直通の電話がついており、分からないことはオペレーターに聞けば丁寧に教えてくれるので安心です。

プロミスの自動契約機・SMBCローン契約機の営業時間をチェック

自動契約機 営業時間 
年中無休9:00~22:00
(一部を除く)
SMBCローン契約機 営業時間 
年中無休9:00~21:00
(一部を除く)

プロミスの自動契約機は平日、土日、祝日ともに9時~22時まで稼働、SMBCローン契約機の稼働時間は1時間だけ短くなります。どちらの契約機も曜日に関係なく、しかも夜まで稼働しているため、仕事が忙しいサラリーマンの方でも利用することが可能です。

ちなみに、プロミスの自動契約機が稼働している時間内は審査が行われている時間でもあります。
ですが、受付を停止する時間ぎりぎりに申し込みを行うと、審査結果は聞けても契約は翌日以降に持ち越しになる場合があります。

そのため、即日融資を受けたい場合には、早めに申し込みを行いましょう。プロミスで即日融資を受けられる可能性があるギリギリのラインは、遅くても21時までとなっています。

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスATM・提携ATMではどんなことが出来る?

会員サービスを利用すれば、来店不要で借り入れ・返済を行うことも可能

プロミスは、ATMを使って借り入れ・返済が行えるほか、プロミス会員サービスの「瞬フリ」や「口フリ」を利用すれば、来店せずに借り入れ・返済を行う事が可能になります。

便利な会員サービス「瞬フリ」「口フリ」って?

プロミスATM 営業時間 年中無休7:00~24:00(一部を除く)

プロミスATMの営業時間は平日、土日・祝日ともに、7時~24時までとなっています(※ATMにより営業時間、休日が異なります)。プロミスは全国に1,100台以上のATMを設置しているので、お住まいの近くにATMがある場合が多いです。

また、プロミスのATMは利用にかかる手数料がすべて無料となっているため、利用頻度の高い方でも安心して利用することができます。

プロミスで利用可能な主な提携ATM

提携ATM 利用可能な時間

三井住友銀行ATM
(手数料無料)

設置店舗によって異なる
(最長24時間営業)

E-net

毎日 0:00~24:00
(メンテナンス時を除く)

ローソンATM

毎日 0:00~24:00
(メンテナンス時を除く)

セブン銀行ATM

平日 0:00~2:00 3:00~24:00
土曜 0:00~2:00 3:00~23:00
日曜 7:00~24:00

ゆうちょ銀行ATM

毎日 0:10~23:50
(メンテナンス時を除く)

コンビニ各社ATMロゴ

※毎週月曜0時~7時のあいだはシステムメンテナンスのため、上記ATMがすべて利用できなくなります。

プロミスで利用可能な提携ATMは多く、設置台数が多いものとしては、三井住友銀行やゆうちょ銀行、コンビニATMなどがあります。
特にコンビニATMは、共通してほぼ24時間利用することができるため、時間を気にせずに利用することが可能です。

また、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの一員となっているため、三井住友銀行ATMの利用手数料が無料というメリットがあります。

その他の提携ATMを利用する場合には、1回の利用につき「108円~216円」の利用手数料が掛かります。

まとめ

・プロミス店舗では、対面で増額や返済の相談が出来る
・自動契約機は、カードローン契約にかかる一連の手続きが行える
・プロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料で利用が可能
・その他の提携ATMは、1回の利用につき108円~216円の手数料がかかる

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す