プロミスに申し込む前に要チェック!必要な書類は揃っている?

2017年2月8日

その他ローンと比べ、比較的申し込む際の作業が少ないプロミスですが、それでも最低限の書類提出などは必要になります。そして、審査をスムーズに受けるためにも、前もって確認・準備をしておく事をおすすめします。

ここでは、プロミスに申し込む際に必要になる書類についてや、提出する際の注意点などを解説しています。

目次

まずはプロミスの申し込み条件から

プロミスの申し込み条件は、「20歳~69歳の安定した収入がある方」となっています。そのため、主婦や学生の場合であっても、パートやアルバイトなどで安定した収入があれば申し込む事が可能となっています。

申し込み時に必要になる書類

プロミスに申し込む際、必要になる書類は以下の2点です。

本人確認書類 運転免許証
パスポート
在留カード
特別永住者証明書
健康保険証+住民票など1点(来店契約の場合)
収入証明書類(場合によっては不要) 源泉徴収票(最新のもの)
確定申告書(最新のもの)
税額通知書(最新のもの)
所得証明書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヵ月分+賞与1年分)

『本人確認書類』は必ず提出が必要

本人確認書類は、プロミスに申し込む際には必ず提出が必要になる書類です。運転免許証の裏に変更した住所が記載されている場合や、カード型の健康保険証の場合には両面を写して提出する必要があります。

また、本人確認書類に記載している住所をまだ変更していないなどの理由で、「現在住んでいる住所と、本人確認書類の記載住所が異なる場合」には、以下の書類を併せて提出する必要があります。

・本人確認書類の記載住所と、現在の住所が異なる場合

国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
社会保険料の領収書
公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

『収入証明書類』の提出は条件による

収入証明書類とは、源泉徴収票や給与明細などの所得を証明する書類のことを指します。必ず提出が必要なわけではなく、一定の条件に当てはまる場合に提出が必要になります。

その条件とは「希望する利用限度額が50万円を超える場合」や「他社からの借入額との合計が100万円を超える借入れを行う場合」です。
このことは貸金業法で定められた基準となっているため、プロミスだけではなく、消費者金融全体で共通しています。

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

必要書類の提出で気をつけること

マイナンバーは隠す

今のところ、マイナンバーは行政の事務の効率化などのためだけに利用するものですので、プロミスなどの民間金融機関では使用しません。そのため、プロミスに提出する書類にマイナンバーが記載されている場合、その箇所を黒く塗りすぶすなど、分からないようにしてから提出して下さい。

必要書類は鮮明に写しましょう

必要書類は、スマートフォンのカメラで写したり、コピーなどを郵送したりして提出を行います。ですが、必要な部分が鮮明に写っていない場合や収まりきれていない場合には、再度提出を求められる事になるため、審査結果が出るのがそのぶん遅くなってしまいます。
そのため、必要書類の提出の際には気をつけましょう。

必要書類以外にも確認しておきたいこと『総量規制』

総量規制とは、「年収の3分の1を超える借り入れ」を制限する制度の事をいいます。例えば、年収300万円の人が借りられる金額は最高で100万円までになります。

プロミスで借り入れを行う場合にはこの制度が適用されるため、他社からの借り入れがあるとプロミスの利用限度額が少なくなる場合や、最悪、全く借りられない場合があります。
そのため、すでに他社からの借り入れを行っている方はいちど、どの程度の借り入れが可能か確認してから、申し込みを行う事をおすすめします。

まとめ

・プロミスは、安定した収入があればパートやバイトなどであっても申し込みが可能
・本人確認書類の提出は必ず必要になる
・収入証明書の提出が必要な基準は50万円超の借入れまたは他社と合計で100万円を超える借入れを行う場合
・提出する書類にマイナンバーが記載されている場合には、塗りつぶすなど、分からないようにする
・他社から借り入れがある場合、総量規制の影響を受ける場合がある

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す