プロミスのカードローンで海外キャッシングはできるのか?

2016年3月4日

プロミスは、日本全国の提携ATMやプロミスのATMからいつでもキャッシングをすることが出来る便利なキャッシングサービスです。そのプロミスですが、海外からキャッシングを利用することはできるのでしょうか?結論から言うと、プロミスは海外キャッシングに対応していません。しかし、ちょっと工夫するだけで、間接的にではありますが、海外キャッシングのような方法を取ることはできますので、紹介したいと思います。

目次

プロミスで海外キャッシングはできない?その理由

プロミスには、海外に提携しているATMがありません。また、為替を介したシステムも有しておりません。そのため、契約者に海外キャッシングサービスを提供することができないのです。しかし、海外にいると、ちょっとした買い物やチップなど、現地通貨は何かと必要になるものです。手持ちの現金がなくなったら、不都合な場面はたくさんあります。プロミスは海外キャッシングを利用できないので、それらは別のサービスで代替するしかないのでしょうか?

プロミスから間接的に海外キャッシングする方法

間接的に、プロミスを使って海外キャッシングする方法は2つあります。

■国際キャッシュカードを利用する
最初に紹介するのは、国際キャッシュカードを発行できる銀行口座を事前に作っておく方法です。国際キャッシュカードがあれば、世界中どこからでも、提携しているATMを使って日本の預金口座から、現地通貨で現金を引き出すことができます。つまり、プロミスの振込キャッシングサービスをインターネットで手続きをして、その銀行口座へ振り込めば、事実上海外キャッシングと変わらずに利用することが出来るのです。国際キャッシュカードを発行する銀行の代表例としては、SMBC信託銀行プレスティアや新生銀行の総合口座パワーフレックスがあります。
ただし、日本の銀行口座を介す分、海外で引き出すときには海外送金手数料や為替手数料などが発生するため、割高感は否めません。一度に引き出す金額や、引き出し回数を考えて利用しましょう。

■デビットカードを利用する
次に紹介するのは、国際ブランドが付帯されたデビットカードを作成しておくことです。国際ブランドにはVISA、MasterCard、JCBなどありますが、VISAが世界中で使える加盟店が最も多いため、VISAのデビットカードは最低限持つことをすすめます。
デビットカードは、あらかじめ紐付けた銀行口座から、ほぼリアルタイムで引き落とされる決済手段です。そのため、銀行口座にある残高を限度額として利用することができます。このデビットカードは、海外キャッシングに対応しています。そこで、デビットカードに紐付けている銀行口座にプロミスから振込キャッシングを行えば、事実上海外キャッシングをすることが可能となります。
ただし、デビットカードの国際ブランドが使える店舗と使えない店舗がある上に、現金決済しか対応していない店舗やサービスがあるのも事実です。どちらにしても現金は必要になりますので、注意しましょう。

国際キャッシュカードやデビットカードを利用するときの注意点

先ほども述べたように、海外のATMでお金を引き出す時は、海外送金手数料や為替手数料が発生するため、割高になります。さらに、プロミスの借入金利も発生しますので、コスト意識はしっかり持った方がいいでしょう。

まとめ

・プロミスは海外キャッシングに対応していない
・国際キャッシュカードやデビットカードを活用することで、プロミスを使って間接的に海外キャッシングを行うことができる
・上乗せレートや手数料などが海外キャッシングには発生するので、気をつける

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す