ゴールデンウィークでもプロミスを利用したい!そんな時は?

2016年3月6日

プロミスでは、ゴールデンウィーク中でも新規申し込みやインターネット、ATMでの借り入れに対応しています。今回はプロミスのゴールデンウィーク中の利用について解説していきます。

目次

ゴールデンウィーク中の金融機関の営業時間とプロミスの営業時間は?

ゴールデンウィーク中の金融機関の営業時間は、暦通りで土日祝日は休みとなり、間の平日は通常営業しています。
ATMの業務は対応が分かれ、休日もいつも通り運用するという会社や平日に当たる部分は行うが土日は運用しないなど様々です。ただしコンビニATMの多くはゴールデンウィーク中も24時間運用しており、ほとんどの金融機関が提携しているので、休み前に引き落とし忘れたからと言って今はそこまで困るようなことはありません。
一方でプロミスは、ゴールデンウィーク中でも24時間新規申し込みを受け付けています。またプロミスのATMも7時から24時まで営業しており、コンビニ提携ATMであれば24時間営業の場合が多いので、借り入れに関してはゴールデンウィーク中でも問題なく行えます。

便利な「瞬フリ」サービスとは?

ゴールデンウィーク中でもプロミスなら、ATMのほかに振込利用も可能です。
プロミスでは申請後最短10秒という速さで振込みが行われる「瞬フリ」サービスを提供しています。条件さえ満たせば土日祝日関係なく24時間ほぼ365日振込みでの融資を受ける事ができるサービスです。
そのためゴールデンウィークなど祝日中でも融資を受ける事が可能です。また手数料はプロミスが負担するので0円となっています。

■「瞬フリ」の使い方
瞬フリサービスは店頭でも利用できますが、ネットからの申し込みが便利です。まずプロミスのホームページから会員サイトにログインします。その上でまず振り込み先の口座を設定します。設定後、振り込みサービスの項目から利用限度額内で借り入れしたい金額を入力し送信すると、最短10秒で振込みが完了します。

■「瞬フリ」を利用する時の注意点
瞬フリは最短10秒で借り入れが可能ですが、このサービスを24時間利用可能にするには条件があります。
まず三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている必要があります。それ以外の口座でも利用は出来るのですが、14時50分以降や営業時間外の申し込みは、翌営業日の振込になってしまいます。そのため、ゴールデンウィークのような祝日は翌営業日の9時30分ごろの振込となってしまいます。
一方で、ジャパンネット銀行と三井住友銀行であれば24時間振込みサービスを受ける事が可能です。この2社であれば基本24時間365日利用できます。
注意点として、メンテナンスにより利用できない場合があります。両者とも月曜日の朝方にはメンテナンスがある為に利用できない他、元旦は丸一日稼働していません。また銀行側のメンテナンスなどが行われることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。もし条件が合わない場合などは、ローンカードを利用してコンビニATMから借り入れを行う事で対応しましょう。

まとめ

・ゴールデンウィーク中は多くの金融機関の窓口業務が休みだがコンビニATMは稼働している
・プロミスでは最短10秒で振込みが行われる「瞬フリ」サービスを提供している
・24時間365日「瞬フリ」を受ける為には、ジャパンネット銀行と三井住友銀行のいずれかを振込先に指定する事
・該当する二社でもメンテナンスなどで利用できない事がある。その場合はプロミスATMかコンビニATMを利用する事

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す