初めてでもプロミスでスムーズに借入する方法

2016年3月7日

初めてプロミスを利用すると申し込みの際に戸惑うことがあるかもしれません。今回はそんな方のために、プロミスの申し込み方法について解説していきます。

目次

申し込む前に!他社契約や信用情報は大丈夫?

まず申し込む前に自分の借り入れ状況などを再度確認しましょう。新規の申込者の場合にはプロミスで必ず審査を行います。この審査は借り入れ後、問題なく返済できるかを確認するためのものです。
具体的に問題になるのは「収入に対して返済額が大きい」場合と「過去に問題を起こし信用情報に傷がついている」場合の二つです。
借入上限を定める年収の3分の1までといった総量規制の範囲内であっても、他社契約の返済額が月々の収入に対して大きすぎる、プロミスからの借り入れによって返済能力の限界を超えてしまうと判断されると審査通過が難しくなります。その場合は現在借り入れをしている他社契約を整理してから申し込みを検討してみましょう。
もう一つの信用情報とは過去の金融履歴で、自己破産や滞納などがあるとマイナス評価になります。マイナス評価については、自己破産などの債務整理を行っていなければ、その情報は5年で抹消されるので、前回の滞納履歴は確認してみるといいでしょう。もし心配な場合はご自身の信用情報を取り寄せることも可能です。

プロミスの申込方法

プロミスでは店頭、電話窓口の他に無人契約機やインターネットでの申し込みが可能です。
夕方~夜に、急に翌日お金が必要になった場合などは、24時間365日対応のインターネット申し込み後に無人契約機で契約完了という方法がおすすめです。外出中に急用などで現金が必要になった場合などは、最初から無人契約機へ行っても申し込みは可能です。またプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社なので、三井住友銀行のローン契約機でも申し込みが可能です。
申し込みの際に必要な書類は本人確認書類と希望融資限度額が一定額以上の場合は、収入証明書類が必要となります。

プロミスの審査は?

プロミスでは申し込みの際、最初からすべての項目を伝えておき審査を一度で済ませる方式と、一次審査と本審査の二つに分ける方式を選択することができます。
後者の場合、最初に入力した簡単な情報の上で一次審査が行われ、審査に通過すると残りの必要項目について聞かれる本審査が行われます。
審査にかかる時間は最短30分ですが、申し込み時の混雑状況や申し込み時間帯などによって時間がかかる可能性があります。審査完了後あらかじめ伝えておいた連絡先にプロミスから審査通過可否の連絡が来ます。

審査から契約までスムーズに進める方法

まず審査をスムーズに進めるためには、申し込み時の記入事項に正確な情報を記載漏れのないように書きましょう。漏れがある場合や虚偽の情報を記載してしまうと審査の通過は難しくなります。
審査に通ると、次に契約を行います。店頭や無人契約機で行う場合は、その場で契約書類とローンカードが発行されるので、直ぐにATMキャッシングなどで利用する事が出来ます。
「Web完結」を利用したい場合は、口フリ(口座振替)による返済を選びます。口フリのみの利用であれば、ローンカードや契約書の発行はありません。郵送物を一切発生させたくない場合は「Web完結」での契約方法を選ぶようにしましょう。もし利用中にローンカードがほしくなった場合には、その時点で発行してもらうことも可能です。

まとめ

・申し込み前にまず自分の信用情報を確認する
・自分にあった申し込み方法を選び、必要書類を忘れずに確認する事
・申し込み時の記入事項へは正しい情報を漏れなく記載しましょう
・郵送物、カードの有無で契約手順が変わるので、ご自身の利用方法に合わせた契約手順を選びましょう。

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す