プロミスの返済まとめ!

プロミス 返済

2017年4月21日

プロミスは借り入れに関するサービスだけではなく、返済においても充実したサービスを提供しています。そこで、ここではプロミスの返済期日、返済方法、返済金額について、細かく解説を行なっています。既にプロミスを利用している方や、利用を考えている方、両方に有益な情報をまとめているので、是非参考にして下さい。

目次

忘れずに!プロミスの返済期日

まずは、プロミスの返済期日についてです。プロミスの返済期日は、毎月5日、15日、25日、末日の中から自分の都合のいい日を選ぶ事が可能となっています。

返済期日の確認は、プロミス会員サービスからいつでも行う事ができますが、それでも不安な方は「ご返済日お知らせメール」に登録をしておきましょう。そうすれば、返済期日前にメールでお知らせが届くので、返済忘れを防ぐ事ができます。

また、返済期日を変更したい場合、プロミス会員サービスやプロミス自動契約機から、期日変更の申し込みを行う事も可能です。

初回の返済期日に注意しましょう

プロミスの初回返済期日は、「初めて借り入れを行なった日」と「選択した返済期日」によって異なります。そのため、初回返済期日が翌月になる場合もあれば、翌々月になる事もあります

・初回返済期日の一覧

返済期日 初回の借入日 初回の返済期日

毎月5日

1日~19日

初回の借入日の翌月5日

毎月5日

20日~末日

初回の借入日の翌々月5日

毎月15日

1日~末日

初回の借入日の翌月15日

毎月25日

1日~9日

初回の借入日の同月25日

毎月25日

10日~末日

初回の借入日の翌月25日

毎月末日

1日~14日

初回の借入日の同月末日

毎月末日

15日~末日

初回の借入日の翌月末日

プロミスの返済方法は主に4つ

口フリ(口座振替)

口フリは、毎月の返済を口座引き落としによって行う事ができるサービスで、申し込みは、プロミス会員サイトから行うことができます。
口座引き落としを利用の場合、基本的に返済期日は毎月5日となります。ですが、三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座をお持ちの方の場合は、5日、15日、25日、末日のいずれかから選択することが可能となっています。

口フリの口座振替日

金融機関名 三井住友銀行・ジャパンネット銀行 その他の金融機関
返済期日 5日、15日、25日、末日のいずれか 5日
借入残高への反映日 当日 3営業日後

プロミスの口フリ(口座振替)について詳しく知りたい方はコチラ!

コンビニ返済

プロミスは、コンビニATMやマルチメディア端末を利用した返済方法にも対応しています。利用可能ATMは、ゆうちょ銀行、E-net、ローソンATM、セブン銀行があるため、多くのコンビニで24時間いつでも返済が可能となっています。

ただし、コンビニATMで返済を行う場合には、1回につき108円~216円の手数料が掛かってしまうというデメリットがあります。そのため、手数料を支払いたくないという場合には、ローソンやミニストップに設置の「ロッピー」、ファミリマート設置の「ファミポート」などを利用すると手数料無料で返済が行えるためおすすめです。

プロミスのコンビニ返済について詳しく知りたい方はコチラ!

プロミスATM・三井住友銀行ATMで返済

プロミスATMは、主にプロミス自動契約機のそばに設置されています。プロミスATMの場合、借入・返済手数料は平日・土日ともに無料となっています。また、プロミスは三井住友銀行ATMを利用することが可能となっており、三井住友銀行ATMはいつでも手数料無料で利用する事ができます。
そのため、ATMでの返済が多い方は、プロミスATMまたは三井住友銀行ATMを利用する事で手数料の節約ができます。

プロミスATMの営業時間 年中無休 7:00~24:00(一部店舗除く)
三井住友銀行ATM 年中無休 0:00~24:00(一部店舗除く)

インターネット返済

インターネット返済は、パソコン・ケータイ・スマートフォンから24時間いつでも返済が行えるサービスです。インターネット返済なら、土日・祝日でも瞬時に返済処理が行われるため、返済が翌営業日に持ち越されるという心配もありません。また、振込手数料も無料で利用可能です。

インターネット返済が利用できる銀行

「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」
などがあります。

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスの返済金額はいくら?

プロミスの返済金額は、最後に借入を行なった際の借入残高によって変動します。返済金額が知りたい場合、既に借り入れを行っている方は、プロミス会員サービスで確認する事が可能です。
まだ借り入れをしていない方の場合は、以下の計算式を元に割り出す事ができます。

最終の借入残高 返済金額

30万円以下

最終の借入残高×3.61%
(1,000円未満切り上げ)

30万円超過~100万円以下

最終の借入残高×2.53%
(1,000円未満切り上げ)

100万円超過

最終の借入残高×1.99%
(1,000円未満切り上げ)

例えば、最終の借入残高が10万円だった場合、計算式は「10万円×3.61%=3,610円」となります。そして、1,000円未満の端数は切り上げとなるため、返済金額は4,000円という事になります。
もし、追加の借入がない場合には、毎回この金額の支払いを完済前まで行なっていきます。

プロミスの返済シミュレーション

プロミスの公式サイトでは、「返済金額シミュレーション」「返済期間シミュレーション」「借入可能額シミュレーション」の、3つのシミュレーションができるようになっています。そのため、プロミスの利息や返済期間が気になる方は、是非利用してみてはいかがでしょうか。

一括返済をするならプロミスに問い合わせる必要がある

一括返済を行う場合、一括返済を行なう日によって支払う金額が異なります。そのため、一度プロミスに問い合わせを行い、一括返済を行う日にちと、その日に返済する金額を前もって確認する必要があります。一括返済は口座引き落とし不可のため、インターネット返済やATMを利用して返済を行う事になります。

・問い合わせ電話番号 「プロミスコール(0120-24-0365)」

プロミスで借り入れ残高を一括返済するメリットを詳しく解説

返済が1日遅れたら遅延利息が発生するため注意が必要

プロミスの返済が遅れた場合、年20.0%の遅延利息が発生します。そのため、通常の返済額よりも多く返済を行う必要が出てきます。また、返済が遅れてしまうと信用の低下にも繋がるため、返済遅れが起こらないよう注意しましょう。

どうしても返済期日までにお金が用意できず、返済できないと分かっている場合は、プロミスに電話で相談をしましょう。

まとめ

・プロミスの返済期日は、毎月5日、15日、25日、末日から都合のいい日を選択できる

・プロミスの返済方法には「口座振替」「コンビニ返済」「プロミスATM・三井住友銀行ATMでの返済」「インターネット返済」の4つがある

・プロミスの返済金額は、最後に借入を行なった際の借入残高によって変わる

・プロミス公式ページでは、「返済金額」「返済期間」「借入可能額」の3つをシミュレーションできる

・返済が1日でも遅れると遅延利息が発生する上、信用の低下にも繋がる

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • カードローンの返済方法やコツを徹底解説!

    カードローンでこれからお金を借りる人にとっても、既に借りている人にとっても、借りたお金の返済というのは重要なテーマですよね。「借りる前にしっかり返済計画を立てておきたい」、「借りたのは良いけど、思ったより返済がきつい…」、「気付いたら返済日間近だけど、返せる目処が立っていない!」などなど、様々な状況の方に向けて、カードローンの返済方法やコツといったコンテンツをご用意しております。是非、カードローン返済の参考にしていただければと思います。

  • カードローンの返済期間をシミュレーション

    カードローンで借り入れを行う前に返済シミュレーションを行なっておくと、どのようなメリットが有るのでしょうか?

このページと合わせてよく見られている記事

基本知識に関するページ

企業に関するページ

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す