専業主婦でもプロミスを利用できるの?

2016年3月13日

家計を預かる専業主婦の人であれば、誰でも1度は「今月はお金がない」というピンチに陥った経験があるのではないでしょうか。このような時にカードローンといった融資商品が助けとなるかもしれません。今回は、カードローンの1つであるプロミスを専業主婦でも利用することができるかどうかについて解説します。

目次

プロミスの申し込み条件

プロミスの商品概要説明書には以下の記述があります。
「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。」

20歳以上で69歳以下の人で収入があれば誰でも申し込むことができるという内容です。結論から言うと、いくら夫や家族に収入があっても、個人に収入がない方はプロミスの申し込み対象とはなりません。そのため、パートやアルバイトを行っていない専業主婦は、プロミスを申し込むことはできないということになります。

プロミスを利用するならパートやアルバイトを

先述したように、プロミスは本人に収入がないと申し込むことすらできません。そのため、どうしても専業主婦がプロミスのカードローンを申し込みたいのであれば、パートやアルバイトをして自分自身である一定の収入を得るようにしてから申し込みを行う必要があります。契約社員や正社員のような固定給でなくても、パートやアルバイトで収入を安定的に稼いでいれば申し込みは可能です。ここが最低限の申し込みラインとなります。

どうしても必要なら配偶者に申し込んでもらおう

もしどうしてもプロミスを利用したいのであれば、まずはパートやアルバイトを行い、収入を得られるようになってからカードローンに申し込む必要があります。
しかし、プロミスのカードローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1までしか利用できません。もし家事の合間を縫ってパートを始めたとしても、そもそも希望の利用限度額の申し込みすらできないかもしれません。
そのような場合には家計状況を夫へ相談し、夫がプロミスへ申し込むということが現実的かと思います。

申し込みの際には夫の本人確認資料と、一定条件では収入証明書が必要です。収入証明書が必要なのは、借入金額が50万円を超える場合、または他社との借入合計額が100万円を超える場合となっています。
なお本人確認資料というのは運転免許証や、健康保険証、パスポートなどが代表的で、収入証明書というのは源泉徴収票、給与明細、所得証明書などが代表的です。

まとめ

・安定収入のない専業主婦はプロミスに申し込むことはできない
・プロミスを利用したい場合は、パートやアルバイトで安定した収入を得る必要がある
・どうしても借り入れ必要な場合は、夫婦で相談し、夫が借り入れることも考えよう

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す