プロミスはパートをしている主婦でも申し込みできるのか?

2018年4月20日

収入により借り入れ総額に制限をかける総量規制が施行されて以降、収入が0円である専業主婦の方は、消費者ローンでの借り入れが難しくなりました。ここでは主婦がプロミスで借り入れをできるかという事を解説していきます。

目次

プロミスの申し込み条件を確認

まずプロミスの申し込み条件について確認してみます。プロミスでは個人向け融資として目的別ローンやおまとめローンも提供していますが、メイン商品となっているのはフリーキャッシングです。フリーキャッシングの申込み条件は「年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方」となっています。そのため、学生や主婦でもパートやアルバイトで本人に安定した収入がある方であれば、申し込みが可能となっています。

定期的な収入とは?

「定期的な収入」とは簡単に言ってしまえば給与所得、つまりどこかに勤めて給料をもらっているか、個人事業主として相応に稼いでいるかといったことを指します。主婦・学生であればアルバイトやパートでも定期的な収入になりますし、在宅ワークや内職と言った個人事業主でも安定して稼いでいるのであれば借り入れができます。

主婦の方のプロミスの申込方法

主婦の方であってもプロミスへの申し込み方法は他と同じです。店頭または自動契約機、最近主流になっているweb申し込みの他、電話での申し込みも可能となっています。もし店頭に出向きたくないという場合は電話やweb申し込み、家に書類が届いてほしくないという場合はweb申し込みを利用しましょう。
またプロミスでは女性の方向けにレディースコールを用意しています。商品自体はフリーキャッシングと同じなのですが、女性オペレーターが申し込みや各種相談を受ける、専用のコールセンターを用意しており、借り入れの前や返済計画で相談したい場合などに気軽に相談しやすくなっています。
また自動契約機はプロミスのものだけではなく、グループ会社の三井住友銀行のSMBCローン契約機からでも申し込みが可能です。

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

専業主婦の場合はプロミスに申込可能?

主婦の方でも本人に収入があればプロミスを利用することができますが、パートやアルバイトなどをしていない専業主婦の方は利用することができません。
プロミスのような貸金業者を規制する貸金業法に定められた総量規制には、専業主婦が消費者金融を利用するための例外として配偶者の収入と本人の収入をあわせて考える配偶者貸付という制度が制定されているのですが、貸金業者の中にはこの制度を取り入れていないところも多く、そういった企業では専業主婦は借り入れを行うことができません。プロミスも同様で、専業主婦の方ははじめから利用できないこととなっています。
もし専業主婦の方で、お金を借りたいという場合は前述の配偶者貸付を取り入れている企業か銀行カードローンを利用することになります。
ただし、配偶者貸付は配偶者の方の同意が必要なので夫に隠れて借りるという事はできませんし、仮に同意があったとしても収入が0円の方に貸付を行うというのはリスクが大きいので、貸付金額に制限をしているところが多いのが実情です。

まとめ

・プロミスでは主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があれば申し込みが可能
・夫の収入がたとえ高額だとしてもプロミスでは収入0円の専業主婦への貸付は行っていない
・主婦の申し込み方法は通常の方法と変わらないが、プロミスでは、女性が利用しやすいようにレディースコールを準備している

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

絞り込み条件で探す