無利息で利用が可能!?プロミスをお得に利用する方法

2016年3月16日

銀行が運営しているカードローンに比べると消費者金融のカードローンは、どうしても金利が高くなる傾向にあります。そこでプロミスでは無利息期間を設けています。プロミスの無利息期間を理解して賢くカードローンを利用しましょう。

目次

プロミスの利息(実質年率)は?

プロミスの利息は契約内容によって若干異なりますが、メインの商品となるフリーキャッシングは4.5%~17.8%(実質年利)となっています。この実質年利は貸付限度額によって上下する仕組みとなっており、貸付限度額が高ければ高いほど利息は低くなる仕組みになっています。
自営者ローンやおまとめローンなどもほぼ同様の金利を引いており、目的別ローンが多少低めの6.3%~16.5%(実質年率)と設定されています。

プロミスの無利息期間

この最低4.5%というのは、比較的低い金利ではありますが銀行カードローンなどでは3%代も存在するのが実情です。消費者金融のカードローンは、銀行のカードローンに比べ金利が高くなる傾向は否めません。
そこで消費者金融の各社では、契約もしくは借り入れのタイミングから一定の間無利息となる期間を設けています。プロミスでは、初回ご利用から30日間に限り無利息といったサービスを行っています。

無利息期間の条件

プロミスで30日間無利息サービスを受けるためには、条件があります。
具体的には「プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま」とされており、これに適応している方であればサービスを受けることが可能となっています。

この30日間の間は無利息なので、繰り上げ返済などで期間内に完済を行った場合は、金利を支払う必要がありません。また完済を行ったあとに再度借り入れを行なっても、初回の借り入れから30日以内であれば再借り入れも利息がつきません。

無利息期間の注意点

注意点としてはまず無利息期間の30日の間に返済日が来た場合でも規定の返済を行う必要があるというものです。プロミスではリボ払い方式の返済方法を用いており、返済日は複数の日から選べる設定となっていますが忘れずに返済を行いましょう。
また30日間の間に複数回にわけて借り入れを行った場合でも利息は付きません。ただし30日を過ぎた時期から通常の利息がつくことになります。

プロミスの30日間無利息を有効活用するには?

各消費者金融で、30日間の無利息期間サービスを設けています。しかし、各社で少しだけ条件が違うので、その違いは覚えておきましょう。パターンは下記の2種類です。

1. 契約完了日より30日間無利息
2. 初回借り入れ日より30日間無利息

この2つのどこが違うかというと、前者は「利用がなくても無利息期間は経過していく」のに対し、後者は「初回利用まで無利息期間の開始を伸ばすことができる」という点です。プロミスは後者にあたるので、カードを発行したけど利用がない場合にも無利息期間を気にする必要がありません。本当に必要な時まで利用しないでいても全く損がないのです。

まとめ

・プロミスには30日間無利息期間の無利息ローンがある
・30日間無利息の利用条件は「プロミスをはじめてご利用いただくお客さまのうち、Eメールアドレスをご登録のうえ、Web明細をご利用いただくお客さま」である
・無利息期間の開始日は、初めての借り入れの翌日より30日間
・初めての借り入れがあるまで30日間の無利息サービスは伸ばすことができるので焦って利用する必要はない

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す