プロミスのポイントが貯められるサービスとはどんなサービス?

2016年3月21日

プロミスではインターネット会員サービスの利用で、ポイントを貯めることができます。このポイントの貯め方・使い方を紹介していきます。

目次

どうやってポイントを貯めるの?

第一条件として、インターネット会員として会員サービスにログインする必要があります。その上で「プロミスポイントサービス」に申し込む必要があるのですが、実はこの申し込み特典で、初回登録時のみ100ポイントもらえるという嬉しいシステムになっています。
また、会員サイトにログインするだけで、毎月初回に10ポイントがもらえます。会員ならば頻繁にログインすると思いますので、それだけで毎月ポイントが貯まるというありがたいサービスですね。
さらに、「プロミスからのお知らせを確認」すると、5~20ポイントがもらえます。これは、会員サイトにログインしたあと、届いているお知らせがありますので、目を通すだけでポイントがもらえてしまいます。
加えて、「収入証明書類の提出」でも160ポイントがもらえます。収入証明書類は、金融機関が審査に必要とあれば提出するものではありますが、決して必要でなくとも利用者が任意で提出することができます。特に提出したくない理由がないのであれば、ポイントをもらってしまいましょう。
他には、「ご返済日お知らせメール」・「取引確認メール」・「パソコンまたはケータイによる書面の受取」の設定をするとそれぞれ1ポイントをもらえます。

ポイントは何に使えるの?

40ポイントあれば、「提携ATM手数料無料サービス」に申し込むことができます。本来であれば手数料のかかる提携金融機関ATM・コンビニATMでの借り入れ・返済の手数料が、ポイント利用の申し込み日から翌月末日までの一定期間は何回利用しても無料になります。
例えば4月1日に申し込んだとしたら5月31日までの丸2ヶ月間無料になりますので、月初にポイント利用することをすすめます。あくまでも回数ではなく期間ですので、回数の読めない長期出張などの際に便利だと思います。
また「無利息サービス」にもポイントを使うことができます。250ポイントで7日間・400ポイントで15日間・700ポイントで30日間の無利息サービスを受けることができます。しかし、このサービスは適用条件が少し複雑で、以下の取引を行った翌日からの適用となります。
・ 利息以上の返済時
・ 完済時は再度の借り入れ時
無利息期間は借り入れ残高が多いときほどお得になるので、ポイント利用のタイミングは間違わないようにしましょう。
そのうえ、このサービスは取り消しになる場合がありますので注意してください。その条件は、下記の2点です。
・ 返済を延滞してしまった場合及び、その他の事情
・ サービスが適用される前に完済してしまった場合
前者については「優良な利用者ではない場合」とも言い換えられます。せっかくの無利息サービスをムダにしないように、返済日には気を付けなければいけません。「無返済期間」ではないので返済日がサービス期間中に来ることももちろんありえます。
後者の場合は、例えば10万円の借り入れ残高がある時点で無利息サービスの30日間が始まったとしても、20日の残日数がありながらも10万円を完済してしまった場合、同時にサービスも終了となります。「完済したからいいのでは?」と思われるかも知れませんが、20日以内に再び借り入れようとしたときには利息が発生してしまいます。
そのまま借りていれば無利息だったものが、完済したことによって利息が発生するということになってしまうので、近いうちに再び借り入れの可能性があるときは無利息サービス期間中の完済はしない方がいいでしょう。

まとめ

・提携ATM手数料無料サービス:コンビニATM利用が中心の人向け
・無利息サービス:無利息サービス期間内に返済の目処が立てられる人、借り入れ残高が多い人向け

50万円以下は原則収入証明書が不要

本日中に借入する場合あと

融資スピード 審査時間 借入限度額 実質年率
最短1時間 最短30分 1万円〜500万円 4.5%〜17.8%

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

プロミスに関する記事

絞り込み条件で探す