最短一時間融資!今すぐお金を借りれる!?即日融資可能なカードローンを紹介!

現在時刻

このページでは今すぐお金を借りたい!という方向けに、色々な条件での即日融資も可能なカードローンの選び方を解説しています。
本当に今すぐお金を借りたい人、できるだけ低金利でお金を借りたい人、もしくは収入のない専業主婦だけど即日融資を受けたい人など、様々な方のお役に立てばと思います。

最速でお金を借りるには?

即日融資してもらうにはどうすれば良いのでしょうか?カードローンの申込みは、電話や店頭窓口でも可能です。しかし、最速でお金を借りるには、インターネットでの申込みが最速です。
まずは、各金融機関の公式サイトから審査の手続きをしましょう。口座振込でなければ、銀行の受付終了時間である15時を過ぎていても借入の手続きが可能です。

プロミスアイフルなら審査通過後に、無人契約機または店舗窓口まで足を運べば、カードを受け取ることができます。受け取ったカードは、もちろん当日利用が可能です。
ちなみに無人契約機は、ほとんどの会社が22時までの営業です。遅くとも、21時には無人契約機に入ってカード受取の手続きを始めたいところです。審査完了後の、オペレータからの確認電話の際には、当日中の借入が可能であるかを、必ず確認するようにしましょう。

インターネットから申込み!審査(最短30分)>無人契約機や店頭窓口にてカード受取>申込みから最短1時間で!>借入成功!

あと

金利満足度4.0以上の金融機関を表示。※並び順は総合評価順となります。

本日申し込めば、明日中に借りられる可能性がある!(8件)

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※
最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要 公式サイト
最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※) 公式サイト
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要 公式サイト
最短30分 最短即日 1.8%〜14.6% 200万円まで不要 公式サイト
最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要 公式サイト
最短30分 最短即日 3.0%〜18.0% - 公式サイト
申込み完了画面に表示 最短即日 4.5%〜18.0% 100万円まで不要(※2) 公式サイト
最短30分 最短即日 4.0%〜14.5% 300万円まで不要 公式サイト
プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要
アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ
アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る
三菱東京UFJ銀行カードローン ※主婦は30万円以内、学生は10万円以内
みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。
モビット ※1 審査時間は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
モビット ※2 融資時間は14:50迄の振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合も有。
新生銀行カードローン レイク ※1 即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
新生銀行カードローン レイク ※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
新生銀行カードローン レイク ※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る
三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

色々な条件で即日融資カードローンを比較

目次

1. 即日融資に関してまずは基礎知識を説明
∟即日融資までの大まかな流れ
∟即日融資とはどういった内容なのか
∟インターネットでの申込み方法
∟即日融資を受けるために必要な書類
2. 即日融資が可能な金融機関に関して
∟大手金融機関の即日融資可能なカードローンに関して
∟とにかくすぐ借りたいなら消費者金融がおすすめ
∟低金利で即日融資をしたいなら銀行カードローンがおすすめ
3. 即日融資可能なカードローンの基本情報に関して
∟即日融資可能なカードローンの金利
∟すぐに返済できそうなら無利息期間を活用しましょう
∟即日融資可能なカードローンの限度額
∟即日融資可能なカードローンの審査に関して
∟まずはお試し審査を実施してみよう
∟収入証明書不要でも即日融資可能なカードローン
∟来店不要で即日融資可能なカードローン
4. 即日融資を行う上で気になるポイント
∟即日で借りたい場合にも在籍確認の電話はあるのか?
∟電話での在籍確認なしで即日融資を受ける方法
∟即日融資の場合でも現金で借りれるのか?
∟即日振込の場合に振込までのタイムラグはあるのか
∟カードがなくても現金を借りることができるのか
∟土日祝でも即日融資は可能なのか
5. 収入や職業面によっても即日融資の条件は変わるのか
∟収入のない専業主婦でも即日融資可能なカードローン
∟パートなどで収入のある主婦の方が即日融資可能なカードローン
∟アルバイトやフリーターでも即日融資可能なカードローン
∟大学生でも即日融資可能なカードローン
【FAQ】 即日融資に関する質問・お悩みを解決!
関連リンク集

1. 即日融資に関してまずは基礎知識を説明

即日融資までの大まかな流れ

即日利用可能なカードローン商品を扱う業者も増えてきましたし、消費者にとっては利便性の高い金融商品の誕生は喜ばしいことです。
即日融資を売りにしているカードローンを扱う銀行や消費者金融もたくさんありますが、ここでは即日融資までの流れについてご紹介します。今後利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

1)申し込み 2)審査 3)融資

①まずは銀行や消費者金融など、即日融資可能なカードローンへ申し込みをすることから始まります

申し込みは銀行や消費者金融によって変わってきますが、方法としては直接店頭の窓口に足を運んだり、電話やインターネットで申し込むといった方法があります。
現在の主流はインターネットなので、インターネットでの申し込みがオススメでしょう。
インターネットでの申し込みだと誰にも知られずにこっそりと申し込むことができるのに加えて、融資まですべてウェブで完結させることもできます。
銀行や消費者金融のホームページに申し込み専用のフォームが設置されているので、そこから申し込みをしてみましょう。
必要事項を記入し、身分証明書などをスキャンするか、写メを撮影して送ることで申込みが完了します。

②申し込みが終わったら審査が始まります。

無審査で融資してくれるということはまずありませんから、絶対に審査は行われます。
審査にどれくらいの時間がかかってしまうかというのは業者によってまちまちなので、一概には言えません。ただ、即日融資を謳っている銀行、消費者金融だと比較的短時間で審査を終わらせてくれることが多いです。
審査の結果はほとんどのケースにおいて電話でかかってきます。

③審査をクリアしたら融資が実行されます

融資は銀行口座への振り込みになることが多いです。消費者金融の場合は無人契約機に足を運んでカードを発行してもらい、すぐそばに設置されているキャッシュディスペンサーを使用して融資を受けることもできます。無人契約機などに足を運ぶのは抵抗がある、という方は銀行口座への振り込みを依頼したほうが良いでしょう。
これならあとはATMでお金を引き出すだけですから誰にも借金したことを知られることはありません
融資が実行された後は、毎月決まった額を返済していくことになります。

とりあえずここまでが即日融資の大まかな流れとなります。
この後契約書やカードが自宅に郵送されてくるケースが多いですが、関係書類の郵送をしないサービスを行っている消費者金融などもあります。
自宅に契約書などが送られてくるのはマズイ、という方はこうしたサービスを行っている消費者金融を利用すると良いでしょう。即日融資の大まかな流れについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
まったく難しくはありませんし、上手くいけばその日のうちに融資を実行してもらえます。
ただ、即日融資可能な金融機関でも申込みのタイミングによっては、審査に2~3日かかってしまうような場合もあります。事前にネットの口コミなどをある程度チェックしておくと良いかもしれません。
突然お金が必要なシーンには重宝できる即日融資可能なサービスをいくつかご紹介するのでぜひ覚えておきましょう。

給料日前に!無利息期間あり、即日融資も可能なカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

初めてのご利用なら5万円まで180日間無利息または30日間無利息!

申込み完了画面に表示 最短即日 4.5%〜18.0% 100万円まで不要(※2)

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

新生銀行カードローン レイク ※1 即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
新生銀行カードローン レイク ※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
新生銀行カードローン レイク ※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

即日融資とはどういった内容なのか

即日融資を行う銀行や消費者金融は増えていますが、即日融資の内容とはどういったものなのでしょうか?気になる人も多いのではないかと思います。
即日融資の内容としては普通にカードローンを借りることと大差ありません。ただ、申込みから融資を受けるまでを1日足らずで行うので審査などは特にスピーディーに実施されます。
即日融資を受けたい場合に、どのような審査を行うのかを知っておけば対策ができるかもしれませんし、いったいどのようにして審査をしているのかが単純に気になるという方もいるでしょう。
ここでは即日融資を受ける中での審査の流れなどの内容についてご紹介します。金融機関における審査の内容というのはまちまちです。
もちろん、ある程度決まった項目はあるにせよ、細かい審査基準などは業者によって変わってくることがほとんどです。一概にどのような審査が行われているか、ということを断言することはできないでしょう。
即日融資における即日審査も同じで、銀行や消費者金融によって内容は変わってきます。
ただ、基本的には安定した収入があるか、という部分を重視して審査していることが多い傾向にあると思います。
これは当然のことで、やはり安定した収入がない方に融資を実行するわけにはいきません。生活が安定していない方に融資してしまうと貸し倒れのリスクもあるので、ここはもっとも重視すべき審査ポイントではないでしょうか。勤め先や年収、勤続年数などをまずはチェックされていると思って間違いないでしょう。また、信用情報もきちんとチェックします。
金融に関わる信用情報というのは金融機関で共有されています。
どのような情報かというと、他社からどれくらいの借入を行っているのか、どこから借りているのか、過去に金融事故を起こしてはいないかといったことがチェックされます。
そのため、申し込みの段階で他社からの借り入れがないと嘘をついたとしてもすぐにバレてしまいます
申し込みの時点で虚偽の申告をしてしまうと審査で落とされてしまうことがほとんどです。
このような嘘はすぐにバレてしまうので、正直に申告するようにしましょう。
また、他社で借りていて過去に延滞があったり、債務整理をした事実などがあるとそれも当然信用情報に記録されています。こうした情報が見つかってしまうと審査で落とされてしまうでしょう。即日審査で主にチェックされるのは上記のようなポイントがあるのではないかと思います。
前述したように業者によって他にもポイントとしてる部分はあると思いますが。

貸す側としては「きちんと返済してくれる人かどうか」という部分を確認するために審査をしているので、リスクが感じられるような人には融資をしてくれません。
リスクがある人かどうかを判断するために信用情報をチェックしていますし、勤め先や収入などについても確認しているのです。それらの情報を中心に総合的に判断して審査しています。どの部分を重視しているかというのは銀行や消費者金融によって変わってきますから、仮にA社で審査に落ちたとしてもB社で受かったというケースは出てくると思います。即日融資のカードローンにおける即日審査の内容などについてご紹介しました。
業者それぞれに独自のポイントを中心に短時間で審査するノウハウを蓄積したことで即日融資が可能になっています。今では当たり前のように実施できるサービスですがすごいことですね。
基本的に即日融資でもそうでなくても審査の内容というのは大差ありません。
金融機関がもっとも気にしているのはきちんと返済してくれるかどうかです。安定した収入があって、過去に金融事故を起こしていなければそう簡単に落とされてしまうこともないでしょう。

インターネットでの申し込み方法

インターネットが普及したことによって消費者金融や銀行のカードローンを申し込みするときにもインターネットを利用することができるようになりました。
もちろん、店頭や電話などで申込することもできますが、ネットのほうがメリットが多いと言えます。ここではインターネットで即日融資のカードローンを申し込むときの方法についてご紹介しましょう。インターネットを利用して即日融資可能なカードローンに申し込みをするにはまず業者のホームページにアクセスします。現在では銀行でも消費者金融でも自社のホームページをインターネット上に運営しているので簡単にアクセスできます。

ホームページも運営していないような業者はやや不安ですから申し込まないほうが良いでしょう。
ホームページにアクセスしたらカードローンの申し込みを行う専用のページに移動します。分かりやすくリンクを設置していると思いますので、そこから申し込み専用のページに移動してください。
あとは指示に従って必要事項を記入していくだけです。ここで記入するのは基本的に店頭や無人契約機で記入するときと同じような内容です。

氏名や住所、勤め先、年収、借入希望額、資金の使用用途、他社からの借入額などを記入します。
後から身分証明書の画像を送信する必要がありますから、ここで虚偽の内容を申告したとしても間違いなくバレてしまいます。虚偽の申告をしてしまうと信用のない人間と判断されてしまいますし、審査で落とされてしまう可能性が高くなるので注意しましょう。正直に記入するのが一番です。
また、他社からの借入額などがあるときもできるだけ素直に書くことが大事です。銀行や消費者金融は信用情報を共有できるようになっていますので、照会されたら他社からいくら借り入れているかもすぐに分かってしまいます。嘘をついてもバレますから意味がありません。必要事項を記入したら身分証明書の画像を送信します。

写メやスキャニングした免許証、保険証などの画像をウェブ経由で送信します。
あとは審査の結果を待つだけです。審査にどれくらいの時間がかかるかは業者によってまちまちですが、早いところだと20~30分程度で審査が終わることもあります。
審査の結果は電話で届くことがほとんどですので、電話には出られるようにしておきましょう。
審査を無事通過することができたらあとは融資が実行されます。融資の実行は指定した銀行口座への振り込みや、無人契約機でカードを発行してもらってそのカードを使ってATMなどからお金を引き出します。
これでインターネットから申し込んで即日で融資を受けることができます。さて、ここではインターネットから即日融資のカードローンを申し込む方法についてご紹介しました。

特別難しいことは何一つありませんし、日頃からネットを利用している方なら誰でも簡単に申し込みはできるでしょう。セキュリティが心配という方もおられるでしょうが、現在ではセキュリティ対策も相当しっかりしているため心配することはありません。
ネットからの申し込みの場合、カードローンの申し込みに店頭まで行くことで誰かに遭遇するリスクもありませんから安心ですよ。
便利かつ安心安全なので、お急ぎの方は是非インターネットからの申し込みを試してみてください。

即日融資を受けるために必要な書類

必要な書類:運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか

即日融資のカードローンに申し込みをするときには必要書類をあらかじめ用意しておく必要があります。これまでに一度でもカードローンやキャッシングを利用したことがある方ならどのような書類が必要か分かると思いますが、初めて即日融資のカードローンを利用する方だと必要書類と言われても分かりませんよね。初めて申し込みを行う方や忘れてしまった方のためにどのような書類が必要か解説したいと思います。

即日融資可能なカードローンへ申し込むための必要書類は基本的に身分証明書だけです。
拍子抜けした方もいるかもしれませんが、銀行で住宅ローンや自動車ローンを組むときのようにいろいろな書類を揃えたりするような必要はありません。この手軽さこそがカードローンの魅力とも言えるでしょう。
身分証明書と一口に言ってもいろいろな種類がありますが、もっとも代表的なものだと運転免許証が挙げられます。

運転免許証は顔写真もついているのでもっとも信用度が高い身分証明書とも言われています。ほかにも保険証やパスポートなどが身分証明書として使えます。業者によっては保険証だけでは不十分、と言われてしまうこともありますから注意しましょう。「収入を証明するような書類は必要ないの?」と思った方もおられるでしょうが、基本的に即日融資可能なカードローンでは少額の申し込みの場合収入を証明するような書類も必要ありません

収入証明書が必要になるのは相当大口の融資を申し込むときなので、50万円くらいの希望額なら収入証明書を求められることもないでしょう。カードローンによっては300万円まで収入証明書不要というものもあります。
ただ、これもカードローンを扱っている業者によってやや対応が異なりますから事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。大手の消費者金融や銀行が扱っているカードローンなら収入証明書が不要なケースが多いです。
また、「担保や保証人が必要なのでは?」という疑問を感じた方もいるかもしれませんが、借入額が低い場合だと担保や保証人も必要ありません。お金を借りるときは保証人や担保が必要になる、というイメージを未だに持ち続けている方は多いと思います。

しかし、現在ではそのようなことはありません。100万円以下の希望額なら担保や保証人はおろか収入証明書なども必要ないことが多いですし、身分証明書だけでカードローンを申し込むことができるのです。
先ほども言ったようにこの手軽さこそが即日融資可能なカードローンの魅力であり、最大の特徴とも言えるのではないでしょうか。
公的な機関に必要書類を揃えに行くような必要もありませんし、手持ちの身分証だけでスピーディに申し込みができるというのは大きなメリットです。

即日融資可能なカードローンに申し込みをするための必要書類についてご紹介しましたが、先ほども言ったように小口の融資なら身分証明書だけで事が済んでしまいます。
誰でも手軽に申し込みをすることができますし、審査に通過すればその日のうちに融資も実行されるのであらゆるシーンで重宝できると思います。

2. 即日融資が可能な金融機関に関して

大手金融機関の即日融資可能なカードローンに関して

今すぐにお金が必要、というシーンに直面することも人生の中では何度かあります。
貯金があれば銀行で下すということも可能でしょうが、貯金がないという場合だとそれもできませんよね。
このようなときにカードローンは重宝できる存在ですが、今すぐ現金が必要というときに悠長にカードローンの申込みをして間に合うのか、という疑問を抱えてしまう方もいるでしょう。また大手の金融機関の方が安心できるけど、大手ほどすぐには借りることができないと思ってしまいますよね。
そんな悩みのある方に大手金融機関の即日カードローンについて説明したいと思います。カードローンを利用するには銀行や消費者金融に申し込みをする必要があります。当然審査も受けなくてはなりません。審査をせずにすぐお金を貸してくれるようなところはまずありませんし、あったとしても非常にリスクが高い業者と言えるでしょう。
まともな営業をしている銀行や消費者金融ならまず無審査で貸し出すようなことはしません。きちんと審査を行った上で融資を実行します。
「それだと本当にお金が必要なときに間に合わない」と思った方もおられるでしょうが、実は大手金融機関だと即日可能なカードローン商品も存在します
即日融資可能なカードローンなら申し込みをした当日に審査も済ませてくれますし、そのまま融資も実行してくれるのです。以下にオススメの大手金融機関の即日融資可能なカードローンをご紹介します。

給料日前に!無利息期間あり、即日融資も可能なカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

初めてのご利用なら5万円まで180日間無利息または30日間無利息!

申込み完了画面に表示 最短即日 4.5%〜18.0% 100万円まで不要(※2)

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

新生銀行カードローン レイク ※1 即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
新生銀行カードローン レイク ※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
新生銀行カードローン レイク ※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

即日融資可能なカードローンなら突然お金が必要なシーンに直面したとしても安心です。
まずは即日融資可能なカードローンを扱っている業者に申し込みをして審査を受ける必要がありますが、ここで一つ注意点もあります。
まず、金融機関が審査を行うにはそれなりの時間も必要となりますし、その日のうちに融資を受けるとなると銀行が営業している時間でないといけません
そのため、できれば午前中に申し込みを済ませることをオススメします。
午前中に申し込みを済ませておくとすぐに審査もしてくれるでしょうし、結果もすぐにわかるでしょう。
審査が通ったら融資も行われますから、急な出費にも対応できます。
銀行口座に直接振り込んでくれるようなサービスを行っているところもありますので、このようなサービスを行っている金融機関なら安心ですね。即日融資可能なカードローンは重宝できますが、先ほども言ったようにできるだけ早めに行動することがポイントです。
特に銀行口座への振り込みで融資してくれるような場合、銀行の営業時間内でないと融資ができません。翌日の取引扱いになってしまいますから、せっかく審査がその日のうちに終わったとしても融資は翌日ということになってしまうでしょう。今すぐお金が必要というシーンだとこれだとあまり意味がないでしょうし、できるだけ早めに行動を起こすことが基本です。なるべく午前中に申し込みをして審査をしてもらいましょう。現在では大手金融機関だけでなく貸金を営むさまざまな業者が即日可能なカードローン商品を扱っています。それぞれに特徴やメリット、デメリットがありますから、事前にしっかりと確認して理解してから申し込むようにしましょう。大手金融機関が扱っているカードローンなら安心感もありますから気になる方は一度申し込みをしてみるといいかもしれませんね。

とにかくすぐに借りたいなら消費者金融がおすすめ

少額で良いからとにかく今日中にお金を借りたい、即日借り入れしたい!という方には、消費者金融のカードローンがオススメです。即日融資を受けるにあたって、「時間」にさえ気をつけていれば、銀行系カードローンと比べると比較的容易に手続きを完了できるためです。特に大手の消費者金融では、他社と差別化するためにも審査時間を大幅に短縮しています。アイフルプロミスアコムなどでは最短30分で審査結果が出る上、そのままWEB上で契約手続きをすれば最短1時間で契約を完了することも可能です。

金利について言えば、「消費者金融」というと昔ながらのイメージから、人によっては法外に高金利だと思いがちですが、実は少額の借入であれば、金利もメガバンクやその他地方銀行とさほど変わりません。更に、一部の消費者金融では期間限定で「無利息期間」を設けていたりもするので、短期の借り入れであれば、むしろ消費者金融のほうがお得な場合も多々あります。

消費者金融で即日融資を受ける際には、振込での融資を受けたい場合、14時頃までには諸々の手続きを済ませ、書類を送付しておく必要があります。どうしてもこれが難しい場合には、審査まで完了したら、お近くの店舗又は自動契約機へ向かいましょう。自動契約機では備え付けの電話などでオペレーターと直接話し、必要書類をスキャナで送付して契約を完了します。するとその場でローンカードを受け取れますので、そのカードを使えば、各企業のATMや、コンビニ・各金融機関の提携ATMでいつでもどこでも即日でお金を借りることが可能になります。

即日融資も可能なオススメ消費者金融一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

低金利で即日融資を受けたいなら銀行カードローンがオススメ

多少審査が厳しく時間がかかっても、低金利で当日中に借りられるならそれで良い!という方には、銀行のカードローンがおすすめです。一般的に、銀行のカードローンは審査が厳しめだと言われています。また、上述の消費者金融のように最短30分で審査を完了、というのもなかなか難しそうです。
しかし、最近では銀行も業務改善を図っており、特にメガバンクと呼ばれるような超大手の銀行を筆頭として、即日融資も可能なカードローンを提供することが多くなっています。最も使い勝手が良いのは、普段からお使いのメインバンクにカードローン口座を作ることでしょう。既にインターネットバンキングをご利用なら、各社のインターネットバンキングシステムとの連携も進んでいるため、非常に使い勝手は良いと言えます。

また、消費者金融系のカードローンとの対比で最も特徴的なのは「低金利」ということでしょう。審査が厳しいという噂とも繋がりますが、銀行のカードローンでは、消費者金融よりも利用者の間口を狭めている、つまり、より信用力の高い人に貸し出しを行なっていると考えられます。そのため貸し倒れリスクも少なく、金利も低く抑えられる、というわけです。
では、そんな魅力的な低金利カードローンで即日借入するにはどのようなステップを踏む必要があるのでしょうか。

以下の図を見ていただければ分かりやすいかと思いますが、銀行カードローンには大きく3パターンがあります。

  • ① WEB完結: 該当する銀行の口座が無く、カードレスで別の口座に即日振込してもらうパターン
  • ② 一体型: 該当する銀行口座があり、既に持っているキャッシュカードにカードローン機能を付加して即日融資を受けるパターン
  • ③ 自動契約機: 該当する銀行の口座が無く、ローンカードを新たに発行してATMで即日借入するパターン

それぞれメリット・デメリットがありますので、自分が普通口座を持っているかどうかや、今の時間から振り込んでもらえるかどうか、等を加味すると良いでしょう。

パターン1[WEB完結]WEBで申し込み→審査→契約後、即日で口座へ振込み。パターン2[一体型]WEBで申し込み→審査→カードローン口座開設、キャッシュカードで即日借入。パターン3[自動契約機]WEBで申し込み→審査→契約機でカード発行→ATMで即日借入。

即日融資可能なオススメ銀行カードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

口座がなくても借入可能!

最短30分 最短即日 1.8%〜14.6% 200万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

最短30分 最短即日 4.0%〜14.5% 300万円まで不要

三菱東京UFJ銀行カードローン ※主婦は30万円以内、学生は10万円以内

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

3. 即日融資可能なカードローンの基本情報に関して

即日融資可能なカードローンの金利

非常に便利で人気のあるカードローンですが、現在では即日カードを発行してくれるようなカードローン商品もたくさんあります。限度額内ならいつでもお金を借りることができますし、急な出費にも対応できるため非常に重宝できるカードローンですが、やはり気になってしまうのは金利ではないでしょうか。カードローンを使っているとどんどん利息が膨らんで借金が増えてしまって、とんでもないことになってしまうといったネガティブなイメージを持っている方は少なくないと思います。
利用するにあたって、カードローンに関する間違った知識を持っている方はたくさんいますし、「カードローン=怖い」といったイメージを持っている方も少なくありません。
カードローンが怖いというイメージを持っている方の多くは「金利が高い」と思っていることがほとんどだと思いますが、実際にはカードローンの金利はそこまで高くはありませんし、雪だるま式にどんどん借金が膨れ上がってにっちもさっちもいかなくなる、というようなことは注意して利用していればほとんどありません。まずはここをしっかりと理解してください。現在では消費者金融も利息制限法に則った金利を設定するようになりました。そのため、カードローンの金利はだいたい10~18%程度となっています。
人にはよりますが、上限金利が銀行系のカードローンだとだいたい13~15%程度となっています。消費者金融系のカードローンでは18%前後となっていることが多いです。
これを高いと感じてしまうか低いと感じるかは人によってまちまちだと思いますが、決してそこまで高い金利とは言えません。15%の金利だとして10日後に一括で返済するのなら利息は約800円程度です。多くの方が思っているほど利息は高くないですね。
実際に一般的な計算式に当てはめて説明したいと思います。

計算式:利息=利用残高×利率×利用日数(365日)

付利単位1円として、1年を364日とする日割り計算になります。
例えば、年利4.9%で10万円を7日間借りた場合を計算すると

計算式:利息93円=10万円×年4.9%÷365日×7日

という計算になります。
一見するとたいした金額ではないのかもしれませんが、日数が経つにつれて利息は徐々に増えていきます。かなりの負担になりますから、こちらの計算式を参考に返済の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

少しでも金利をお得にしたいのなら銀行系のカードローンがおススメですが、銀行系のカードローンは審査や融資の実行までに時間がかかってしまう傾向にあります。消費者金融系のカードローンは銀行系に比べるとやや金利は高いものの審査や融資実行までのスピードは速い傾向です。カードローンを利用するにあたって金利はやはり気になるところだと思いますが、金利は業者によってまちまちです。
だいたいの目安はあるものの、細かく見ると業者によって違いはあるので、まずはいろいろな銀行や消費者金融のホームページなどをチェックして金利を確認してみましょう。
金利次第で利息が変わってくるので、金利などどうでもいいという考え方ではいけません。現在では実に数多くのカードローン商品が存在しますし、その数だけ設定された金利が存在します。きちんと事前にチェックしておきましょう。カードローンの金利についてお話しましたが、そこまで高くないということが理解できたと思います。
従来のようなグレーゾーン金利を採用していた頃に比べると遥かに金利は安くなっていますし、そこまで気にするほどの金利ではなくなっています。
ただ、先ほども言ったように業者によって設定している金利は違っているので、いろいろな業者のホームページを確認して金利をチェックすることをおススメします。
また利用に関しては計画的に行うことがトラブルを回避する一番の方法なので気を付けて利用しましょう。

すぐに返済できそうなら無利息期間を活用しましょう

もうすぐ給料日だけど、自分の銀行口座にはお金がない…それでも折角の週末、同僚と飲みには行きたい。そんなとき、無利息かつ即日でお金を借りることができるとしたらいかがでしょうか?
実は、期間は限られていますが、このような「無利息期間」を用意している大手のカードローン会社は実際にいくつか存在します。さらにこのような場合、特に大金が必要というわけではなく、1万円~10万円程度の金額の即日融資を受けたい、という状況の方が多いと思います。1万円から借りることが可能、という条件を考えると、最適な候補は消費者金融かもしれません。銀行カードローンの多くは10万円~の借り入れを条件としていることが比較的多いようです。
無利息期間にもいくつかのパターンがあります。

■代表的な無利息サービス一覧

  • ① 初回出金日の翌日から30日間 (プロミス: 期間中は何度借りても無利息)
  • ② 初回契約日の翌日から30日間 (アイフルアコム新生銀行 レイク: 5万円以内の借り入れ。期間中は何度借りても無利息)
  • ③ 初回契約日の翌日から180日間 (新生銀行 レイク: 5万円以内の借り入れ。期間中は何度借りても無利息)
  • ④ 借入日の翌日から7日間 (シンキ ノーローン: 初回の借り入れと、全額返済した翌月以降)

主に上記のようなパターンがあるようです。ご利用されるカードローンによって条件が微妙に異なってくるので、自分が最も利用しやすいものを選ぶと良いでしょう。
特に、「借入日」と「契約日」の違いには注意しましょう。例えば②と③の違いですが、前者の場合には、自分が借り入れを開始した翌日から起算して30日間が無利息期間となりますが、後者の場合には、カードローン契約を完了した日の翌日から起算した30日間が無利息期間となります。同じものだと思っていてうっかりしていると、少額でも利息がかかってくることになります。

給料日前に!無利息期間あり、即日融資も可能なカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

初めてのご利用なら5万円まで180日間無利息または30日間無利息!

申込み完了画面に表示 最短即日 4.5%〜18.0% 100万円まで不要(※2)

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

新生銀行カードローン レイク ※1 即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
新生銀行カードローン レイク ※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
新生銀行カードローン レイク ※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

即日融資可能なカードローンの限度額

銀行や消費者金融の即日融資可能なカードローンを利用したいと考えている方の中には既にこれくらいの限度額で借りたいという希望を持っている方もいるのではないでしょうか。
しかし、即日融資のカードローン限度額は銀行や消費者金融の審査によって変わってきます。そのため必ずしも希望通りになるとは限らないのです。ここでは限度額について説明したいと思います。カードローンの限度額は利用する業者によっても変わってきます。

また当然のことですが申し込みをする人によっても変わってきます。
基本的に消費者金融の場合だと年収の三分の一までしか借りることはできません。
2010年まではそのようなこともなかったのですが、2010年に貸金業法の総量規制が実施されたことによって消費者金融では年収の三分の一までしか貸し出すことができなくなったのです。
そのため、年収が低ければ低いほど消費者金融のカードローンでは借りられる限度額は低くなってしまいます。銀行のカードローンなら総量規制の対象外なので、年収による規制などもありません

年収の三分の一以上の限度額にすることも可能なため、できるだけ限度額を高くしたいと考えている 場合は、消費者金融よりも銀行のカードローンをチョイスしたほうが良いでしょう。
ただ、銀行のカードローンは消費者金融に比べて審査がやや厳しい傾向にあるので、そこは注意してください。

審査に通りそうな方であれば、銀行から借りているという安心感もあるでしょうし、おまとめや借り換えにも利用できるなどメリットは多いです。審査で限度額が引き下げられてしまう理由ですが、一つは過去の金融事故が挙げられます。
他社から借り入れをしていて滞納があった場合などには予想していたよりも限度額が低くなってしまうことがあります。限度額が低くなってしまった原因や理由などを銀行や消費者金融会社に問い詰めてもまず教えてくれることはありません。

過去に金融事故を起こしている方は、ある程度覚悟しておいたほうが良いかもしれないですね。
債務整理も金融事故として信用情報に登録されているので、この場合は限度額云々の前に審査に通らない可能性が高いです。調停や破産などの債務整理をした方はカードローンの審査に通らないことが多いので覚えておいた方がいいと思います。

限度額が低くなってしまう原因はほかにもいろいろなことが考えられますが、例えば転職をしたことが原因で引き下げられてしまうこともあります。
まとまったお金を借りる予定がある場合は転職のタイミングも見計らったほうが良いですね。即日融資可能なカードローンの限度額についてお話しました。
限度額は業者はもちろん申し込みをする人によっても大きく変わってきます。

過去に金融事故もなく安定した収入を得られている方なら比較的高い限度額も可能ですが、先ほども言ったように消費者金融だと総量規制がありますから年収の三分の一までしか借りることができません。利用用途と返済計画を考えた中で限度額がどこまで必要なのか考えて申し込んでみてはいかがでしょうか。

即日融資可能なカードローンの審査に関して

カードローンの即日融資サービスを利用するためには当然審査を受ける必要があります。
即日融資を希望する場合でも審査の基準が普段と特別変わることはありません。
ただ、審査というものはカードローンを利用するときでなく、銀行や消費者金融からお金を借りるときには絶対に必要なことですし、審査を受けずにお金を貸してくれるようなところはどこにもありません。ここでは即日融資サービスを行っている銀行や消費者金融で審査に落ちてしまう理由について検証します。

銀行も消費者金融も審査にはある一定の基準を設けています。これは業者単位によっても変わってきますから一概には言えませんが、基本的に安定した収入がない方には融資をしていません。
即日融資可能なカードローンにおいても、もちろんその他のローン商品にしても安定した収入がある方を対象にしているのは間違いのない事実と言えるでしょう。

そのため、定職に就いていない方がカードローンに申し込みをしたとしても審査を通過する可能性は低いでしょうし、あまりにも収入が少ないと審査で落とされてしまう可能性が高いと言えます。他社からの借り入れが多い、借入をしている銀行や消費者金融が多いというケースでも審査を通過するのは難しいかもしれません。
いくら年収が多くても借入額や借り入れ件数が多いとなるとマイナス要因となることが多いでしょう。
お金にだらしがない、借金が嵩んでいると判断されてしまう可能性が高いので、このような場合も審査で落とされてしまう可能性は高いのではないでしょうか。

ただ、これは業者単位で判断基準が大きく異なるため一概には言えません。例えばになってしまいますが、借り入れ件数が5社以内なら大丈夫という業者もいれば、3社以上借りていたらアウトというところもあるでしょう。この辺りは本当に業者によって変わってくるポイントになります。また、虚偽の申告をしているようなケースでも審査をクリアすることは難しいです。

お金の貸し借りというのは個人間でもデリケートなものですし、嘘をついているような相手にお金を貸すのは個人でも企業でも嫌なものです。
信用問題にも関わってきますから、基本的に虚偽の申告をしているような方だと審査に落とされてしまう可能性が高いと言えるでしょう。

例えば借り入れ件数や借入額などを偽って申告した場合ですが、これも審査に影響を与えてしまいます。他社からの借り入れ件数や金額は信用情報を照会すればすぐにわかることですし、バレないことはありません
あっさりバレてしまうばかりか心象を大きく損ねてしまうでしょうから偽るべきではないでしょう。申し込みをするときには他社からの借り入れ件数や額は素直に申告することを心がけましょう。

まずはお試し審査を実施してみよう

今すぐ即日でカードローンを利用したいからといって、取り敢えず適当な消費者金融や銀行カードローンに手当たり次第に申し込んだりしていませんか?もしそうなら、すぐに申込をストップして、まずは落ち着いてこの記事を読んで下さい。
よく考えずに色々なカードローン会社に連続して申込していると、色々なデメリットが発生する可能性があります。

① いわゆる「申込みブラック」に認定される可能性あり?

まず申込みブラックとは何かと言うと、短期間に複数のカードローンに申し込むことで、よっぽどお金に困っているのだと判断されてしまい、審査に通りづらい状態になってしまう、という現象のことです。
しかし申込みブラックの存在自体は確実ではありません。どのカードローン会社も、そのような審査基準を設けているとは明言していません。
とは言え、消費者金融や銀行からすれば、短期間に不自然にたくさんの申込を行なっている人物に対して、良い印象を抱くことは無いでしょう。無駄な申込は避けたほうが良いと言えそうです。

② 申込条件をしっかり理解していないので、審査対象にもならず落とされる

同じカードローンとは言え、提供する会社によって、事前に様々な条件が設定されています。例えば、多くの大手消費者金融は、収入のない専業主婦には貸し出しをしないと決めています。また、銀行カードローンの中にもパートやアルバイトの方に対する融資を行う会社、行わない会社があります。
前提条件を理解していないと、具体的に審査されるまでもなく落とされてしまいますし、審査に落ちた記録は個人の信用情報にも残ります。これは決して良い記録ではありませんので、できるだけ無駄な申込は行わないようにしましょう。

③ 審査を待っている時間が無駄になる可能性がある

これは②に起因することでもありますが、審査に掛かる時間も短縮されてきているとは言え、最短でも30分は時間を取る会社がほとんどです。即日融資を受けたいと思っているのに、そもそも通らない審査を30分~数時間も待つのは無駄ですよね。
その間に、できるだけ通過する可能性の高いカードローンを探したほうがよっぽど有意義です。

では、事前に審査通過の可能性があるかどうかを判断するにはどうすれば良いのでしょうか?実は会社によっては、人による本審査ではなく、仮審査を行えるシステムを準備しているところもあります。まずは仮審査を行なってみて、そこで借り入れ不可となれば本審査でも通過の可能性は極めて低いと考えましょう。
このようにすれば、効率的な申込を行うことが出来ますし、結果的に即日融資を受けられる可能性も高まるでしょう。

■仮審査の時点でNGの場合、本審査にも通る見込みは薄い

①仮審査OK!→審査OK!→最短で即日融資 ②仮審査OK!→審査NG!→即日融資不可 ③仮審査NG!→審査NG!→即日融資不可

仮審査・お試し審査あり!即日融資も可能なカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

口座がなくても借入可能!

最短30分 最短即日 1.8%〜14.6% 200万円まで不要

初めてのご利用なら5万円まで180日間無利息または30日間無利息!

申込み完了画面に表示 最短即日 4.5%〜18.0% 100万円まで不要(※2)

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

三菱東京UFJ銀行カードローン ※主婦は30万円以内、学生は10万円以内

新生銀行カードローン レイク ※1 即日融資は平日14時までに手続きが完了した場合のみ
新生銀行カードローン レイク ※2 契約額に応じて、収入証明を必要とする場合もございます。
新生銀行カードローン レイク ※主婦・パート・アルバイト:安定した収入がある方に限る

収入証明書不要でも即日融資可能なカードローン

どうしても今日、今すぐお金を借りたい!
そんな時に、「審査のために収入証明書が必要です」、なんて言われてしまうと、

・どこで取得するのかも分からない。
・どれくらい取得に時間が掛かるのかも分からない。
・そもそも収入証明書ってなんだ?
といった風に、パニックになってしまうかもしれません。こうなっては、本来であれば可能だった即日融資も遠のいてしまいます。まずは、どんな書類が「収入証明書」と判断されるのかを把握しておきましょう。

・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書、納税通知書
・確定申告書

などが、比較的取得しやすく、イメージも湧きやすいのでは無いでしょうか。
源泉徴収票はある年の自分の給与、退職手当、公的年金及び、徴収された所得税額などが記載された書類です。こちらは勤務先でのみ発行されます。基本的には会社から、該当年の翌年の1月31日までに交付されます。
給与明細書は、毎月の自分の給与などの情報が記載された書類です。会社によっては紙で配布されたり、電子ファイルで送付されたりすることがあるようです。
住民税決定通知書は、副業をしていないサラリーマンであれば5月頃に会社から発行される、各個人が支払うべき住民税が記載された書類です。こちらに記載された金額を元に、会社があなたの毎月の給与から個人住民税を天引きします。この税額のうち一部は前年度の給与を元に決定されます。
最後に、確定申告書は、該当年度末に精確な税金を収めるために、自身の正確な収入と費用を記入・申告する書類です。一般的なサラリーマンの場合、年収に加え、個人で払っている保険料などの情報を記入することになります。こちらについては、自身で記入している方の場合にはご自分でコピーをとっておくこと、また税理士に依頼している場合には、事務所に保管されていることもあるので、そのコピーを貰うこともできます。最終手段としては税務署に行くことですが、多少手続きが煩雑になります。

さて、収入証明書というものが何を指すのかはご理解いただけたかと思います。しかし、どれも用意するのが大分面倒そうな書類ばかりですよね。
面倒ということをカードローン会社側も分かっていて、各社、一定の金額までの利用限度額の申込であれば、収入証明書原則不要で対応してくれる、というラインを設定していることが多いようです。
即日融資を受けたいから14時までに必要書類を揃えたいのに、何が必要なのかも良くわからないまま即日融資が受けられなくなってしまう、なんてことも、これで無くなりますね。上記の「収入証明書原則不要」のラインですが、消費者金融の場合には大体50万円が相場のようです。銀行の場合、およそ100万円から300万円の幅があります。

収入証明書不要で即日融資も可能なオススメカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

最短30分 最短即日 4.0%〜14.5% 300万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

来店不要で即日融資可能なカードローン

平日、仕事で忙しいけど、どうしても今日中にお金が必要!という方や、即日で借り入れしたいけど、近くに契約出来る店舗が無い…という方もいらっしゃると思います。そんな人でも安心なのが、来店不要で契約・借り入れ可能なカードローンです。

大手の消費者金融やメガバンクなど、主要な金融機関では来店不要で契約できるサービスを展開していることがほとんどです。ただ、カードローン会社次第では、来店不要かつ即日融資を受けるには条件を満たさなくてはならないこともあります。

一方で、少なくともアイフルプロミスアコムの3社については、当日中の銀行振込が終わってしまう15時に間に合うように契約さえできれば、その他の条件は特になく、来店不要で即日融資が可能です。 その他のカードローン提供会社については、各社の来店不要条件が異なるので、しっかりとページを確認してから申込を行うようにしましょう。

①お申し込み!→審査→カード受け取り→カードでキャッシング ②お申し込み!→審査→口座振込

来店不要で即日融資も可能なオススメカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

最短30分 最短即日 4.0%〜14.5% 300万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

4. 即日融資を行う上で気になるポイント

即日で借りたい場合にも在籍確認の電話はあるのか?

即日に融資してくれるカードローンを利用したい、という方の中には在籍確認の電話が気になっている方もおられるのではないでしょうか。
これまでに一度でも、キャッシングやカードローンを利用したことがある方なら分かっていると思いますが、基本的に金融機関からお金を借りるときには「在籍確認の電話」がかかってきます。「在籍確認の電話って何?」と思った方もおられるでしょうが、在籍確認の電話とは文字通りカードローンの申し込みをした人が申告した職場、もしくは自宅に本当にその人が在籍しているかどうかを確認するための電話です。

この確認をしないと本当に申込みをした人がその職場に在籍しているのかどうか分かりませんし、もしかすると虚偽の申告をされている可能性もありますよね。虚偽の申告をしている場合だともしかするとまったく収入のない方なのかもしれませんし、そうなると返済が滞ってしまうリスクもあります。銀行や消費者金融はこういった返済が滞ってしまうリスクを回避するために職場や自宅に在籍確認の電話を実施しているのです。

在籍確認の電話があるということをネックに感じて即日融資可能なカードローンへの申し込みを諦めてしまっている方も中にはいると思います。
職場に電話をかけてこられたら借金をしようとしていることが職場にバレてしまう、と思っている方も多いでしょうが、実際にはそのようなことにはなりません
銀行にしろ消費者金融にしろ、わざわざ「○○金融ですが~」といった感じで電話をしてくることはまずありません。

ただの問い合わせのような感じで、「○○と申しますが、そちらに○○さんはおられますか?」「○○さんをお願いしたいのですが」といった具合に電話をかけてくれますから、消費者金融や銀行から電話がかかってきたと職場にバレることはないでしょう。この辺りは金融機関も配慮しているため、在籍確認の電話が原因で職場にバレてしまうということはあまり考えられません。
なので、在籍確認の電話があるということをネックに感じていた方も気にせずに気軽にカードローンに申し込みを行っても大丈夫だと言えます。

また、在籍確認の電話がかかってくるときに職場にいないといけないのか、と思っている方もいると思います。営業で外回りが多い方や、建設現場で働く職人さんなどの場合は営業所にいないことが多いでしょう。
事務所や営業所で電話に出ないといけないのかと思っている方もおられるでしょうが、実際にはそんなことはありません。とりあえずその会社に在籍していることさえ確認できればいいわけですから、外出していたり席を空けたりしていても特に問題はないのです。心配することはないでしょう。即日融資可能なカードローンを申し込みしたときの在籍確認の電話についてお話しましたが、いかがだったでしょうか。

在籍確認の電話で会社にバレてしまうのが嫌だと思っていた方も安心できたと思います。
在籍確認の電話はどんな銀行や消費者金融でもまず間違いなく行っていますから避けて通ることはできません。ただ、本当にその会社に在籍しているのなら特に何の問題もなくクリアできるでしょう。

電話での在籍確認なしで即日融資を受ける方法

カードローンを利用する際、即日で借りられることも大事ですが、最も気になる要素の一つが「人にバレないかどうか」ですよね。連日テレビで様々な会社がCMを打っており、比較的カードローンを身近に感じられるようになって来つつあるとはいえ、やはり借金をしていることは他の人に知られたくないものです。

カードローンを利用する中で、その事実が誰かに漏れてしまう可能性のあるポイントはいくつかあります。特に即日融資をしてもらいたい時には気持ちが焦っているので、バレたくない人はしっかり下記に目を通して頂ければと思います。ここでは特に、どんなカードローンにも必ずある「在籍確認」について説明します。

在籍確認とは、カードローン会社が、利用者が申請した内容が虚偽でないかどうかを確かめるために行う作業となります。最も多いのは、申請した会社に本当に務めているかを確認するため、カードローン会社から、あなたの会社に電話がかかってくるパターンです。
特に消費者金融の場合、先方は会社名を名乗らないことにしているケースが多く、個人名であなた宛に電話が掛かって来ます。

とは言え、何がきっかけでカードローンの利用を疑われるか分からないので、出来る限り会社への電話は避けて欲しいと思う方も多いでしょう。それに、土日の場合は多くの会社が休みのため、電話での在籍確認はほぼ不可能です。そうなると、土日中の即日融資は難しい、ということになりますよね。そのような場合、一部のカードローン会社では、電話以外での在籍確認も受け付けてくれる可能性があります。
具体的には、あなたの会社が発行する「在職証明書 (在籍証明書)」や、会社名・ロゴ等が入った給与明細・セキュリティカード等が、あなたがその会社に在籍する証拠として受け入れられる可能性のある書類として挙げられます。

ただし、ほとんどの会社は電話での在籍確認を基本としていますので、どのような書類で代替が効くかは明記していないことがほとんどです。どうしても会社に電話をかけてほしくない時には、カードローン会社から連絡があった時、もしくは自分から連絡した際に、確実にその旨を伝えるようにしましょう。

お申し込み!→審査→カードローン会社から電話orメール→融資

即日融資の場合でも現金で借りれるのか?

いますぐにお金が必要というシーンにおいて重宝できるのが即日融資可能なカードローンです。
即日融資可能なカードローンは今すぐ現金が必要というシーンにおいてありがたい存在ですし、利用してみたいと感じている方も多いでしょうが、本当に現金で借りられるかどうか心配という方もおられるのではないでしょうか。銀行や消費者金融でキャッシング、カードローンを実際に利用したことがある方なら分かるでしょうが、基本的に即日融資のカードローンは現金での貸し付けとなっています。
現金以外で融資が実行されるということはまずありませんから安心してください。

まとまったお金を借りるのが初めてという方だと「小切手になるのでは」などと思っている方もおられるかもしれませんが、小切手で融資が行われるようなこともありません。
あくまで現金での融資となるので、急に現金が必要になるようなシーンにも対応できます。
現金以外での融資だったらどうしよう、と不安を感じていた方も中にはいるかもしれませんが、恐らくすべての銀行や消費者金融において現金以外での融資を行っているところはないでしょうから安心してください。現金での融資となるとどこでそのお金を受け取ることになるのか、という疑問を感じてしまう方もいるでしょう。

現在では300万円まで即日融資可能といった大口のカードローン商品も存在しますし、300万円ほどの大金でないにせよ数十万円のまとまったお金を借りる場合にどこでそれを受け取るのかが気になるという方は意外に多いのではないでしょうか。

「店頭の窓口で受け取るのはなんだか恥ずかしい」と思っている方や、「店頭で受け取って帰るのは危険な気がする」と感じている方もいるでしょう。これは業者によってまちまちですが、ほとんどのケースにおいて即日融資のカードローンは銀行振り込みになることが多いです。指定した銀行口座に現金を振り込んでくれるケースがほとんどですから、わざわざ店頭に足を運んで現金を受け取るようなこともありません。
今現在即日融資のカードローンを扱っている金融機関のほとんどが銀行振り込みに対応してきているので、上記のような心配なく、安心して融資を受けることができるでしょう。
また、審査に通ったあとに無人契約機に足を運び、カードを受け取ってからキャッシュディスペンサーで借りるということもできます。

ただ、やはり一番安全なのは銀行振り込みですので、初めてカードローンで大金を借りるという場合には銀行振り込みを指定しておいたほうが良いのではないかと思います。即日融資は現金で受け取ることができるのか、という些細な疑問について答えてみました。
日本中探すと現金でないもので融資を行っているところもあるのかもしれませんが、基本的にほとんどの銀行や消費者金融では現金での融資となっています。

受け取り方も銀行の口座に振り込みを依頼できますから安心ですし、誰かに借金していることを知られてしまうようなリスクもないでしょう。

即日振込の場合に振込までのタイムラグはあるのか

即日振込のカードローンを利用する場合、どれくらいのタイムラグが生じるのかというのは気になるところでしょう。
できるだけすぐにお金が欲しいという方だとそのタイムラグが大問題になってしまうこともあるでしょうし、予想していた以上に時間がかかってしまいお金が必要なときに間に合わなかった、となると残念ですよね。即日振込のカードローンを扱う銀行や消費者金融はたくさんありますが、業者によって振込への対応スピードなどはまちまちです。そのため、一概にこれくらいのタイムラグがある、と断言することは難しいでしょう。
そこで働いているスタッフの数にもよると思いますし、その都度振込を行うのかまとめて振込を行うのかでも変わってくると思います。

即日対応を謳っている業者でもこの辺りの対応は実にまちまちですし、非常にスピード感溢れた対応をしてくれるところもあれば大幅なタイムラグが生じてしまうような業者もいます。
正直この辺りは利用者からは判断することはできませんが、業者によってはホームページなどでどの程度の時間で振込が可能かを知らせているようなところもあります。

実際のタイムラグに関しては、申し込みをして審査をクリアしてから数十秒で振り込みが反映されるケースもあれば、30分から1時間かかってしまうようなところもあります。
また、銀行が閉店する15時までに振り込みが実行される、いつ振込するかはっきりした時間が分からないといった業者まで実にまちまちです。

業者によっては即日振込といっておきながら翌日に持ち越されてしまったりすることも考えられます。大手ならそのようなことはあまりないかもしれませんが、中小規模の消費者金融だとこのような対応になってしまうことも考えられるでしょう。即日振込をアピールしているような業者であっても振込が反映されるまでのタイムラグはほぼ間違いなく生じると思いますから、できるだけ早めに申し込みをしておくことがポイントです。
突然思い立って申し込みをするようなケースだと仕方ないかもしれませんが、どうしてもこの日にお金が必要、ということが事前に分かっているのならなるべく早めに申し込みをして審査を受けることです。余裕を持って申し込んでおけばその日のうちに振り込みがなくても焦ることはないでしょうから、できる限り手前に申し込みをして審査を受け、いつでも融資が受けられるような体制を整えておくことが大切です。

「即日融資可能だから当日に申し込めばいいだろう」とタカを括っていざ申し込んでみると審査に落ちた、振り込みが翌日に持ち越されてしまったということにもなりかねません。即日振込でも必ずタイムラグは生じますし、どれくらいのスピード感を持って対応してくれるかは業者によってまちまちです。
数十秒で振込可、と謳っているような業者でさえ実際には1時間近く振込まで時間がかかってしまうこともあります。

そのため、あらかじめお金が必要な日が分かっているのならなるべく早めに申し込みをして審査を受けておくことをおススメします。余裕を持って申し込みしておきましょう。

カードがなくても現金を借りることができるのか

即日融資も可能なカードローンを利用するためにはその業者が発行するカードを持っていないとサービスを利用することができない、と思っている方は意外に多いのではないでしょうか。

カードローンという名称からもわかるように基本的にカードを使って融資を受けることになりますから、カードを発行してもらわない限り融資を受けることができないのではと思っている方は多いと思いますがですが、実際にはそんなことはありません。即日融資のカードローンを利用するためにはまず銀行や消費者金融に申し込みをして審査を受ける必要があります。
審査をクリアすることができればキャッシュディスペンサーやATMからお金を引き出すことができるカードを発行してもらえますし、このカードを利用して必要なときに必要なだけお金を引き出すことが可能となるのです。「やっぱりカードがないと即日融資は受けられないんじゃないか」と思ったかもしれませんが、早とちりしないでください。現在ではカードを発行する前に融資を受けられるサービスを提供している業者もたくさんあります。では、カードがないのにどうやって融資を受けるのかというと、自分の持っている銀行口座に振り込んでもらうことになります。カードを持っていなくても即日融資を利用することはできますし、指定した銀行の口座に現金を振り込んでもらうことができるのです。

現在ではこうした振り込み融資のサービスを行っている業者はたくさんありますし、カードが発行される前に振り込みで融資依頼をすることが可能なのです。
これならわざわざカードを受け取りに行ってそれから融資を受ける、という手間も省くことができるでしょう。融資までの流れも特別難しいことはありませんし、インターネットから申し込みをして振込での融資を依頼するだけです。

あとは審査が終われば指定した銀行口座に振り込んでもらえますから、あとでATMから引き出すだけです。 現在の即日融資のカードローンではこうした銀行口座への振り込みを行う業者が多くを占めています。このほうが効率的ですし、カードを受け取りに行ってから融資を受けるという手間も大幅に軽減できるでしょう。まず銀行口座に振り込んでもらい、その後カードを郵送で受け取ったり、店頭や無人契約機で発行してもらうというケースが増えていますね。

すぐにお金が必要というシーンにおいてわざわざカードを受け取りに行くのは面倒ですし、そのような暇はありませんよね。
利用者側のニーズをよく理解したサービスと言えるのではないでしょうか。また、一部の大手消費者金融ではカードすら発行しないカードレスでのサービスを行っているところもあります。カードを持っていなくても即日融資が受けられるという事実についてご紹介しました。

即日融資のほとんどは銀行振り込みに対応していますから、わざわざカードを先に作ってから融資を受けるという必要もありません。
カードがないと融資が受けられないと思っていた方は安心してカードローンを利用してください。

土日祝でも即日融資は可能なのか

お金が必要なシーンは平日よりも土日祝日に多い傾向にあります。
土日祝日には遊びに出掛けることも多くなると思います。どうしてもお金が必要になることも多くなりますよね。

現在では即日融資可能なカードローン商品もたくさんありますから申し込みをしたその日のうちに融資を受けることもできますが、土日祝日でも融資を受けることはできるのでしょうか。土日祝日に融資を受けることができるカードローンは実際に存在します
「土日祝日って銀行は営業していないけど大丈夫なの?」と思った方もおられるとおもいますが、一部の銀行系カードローンや消費者金融のカードローンだと土日祝日の振り込みにも対応していたり、備え付けのATMでお金を借りることができるのです。

土日祝日に振り込みで融資してもらうときには業者が指定するネットバンクの口座を持っていることが大前提となります。
また、消費者金融のカードローンの場合だとあらかじめインターネットで申し込みをしておき、その後自動契約機でカードを受け取ってATMからお金を引き出すという流れになります。土日祝日の融資も可能という業者は限られていますから、事前にしっかりとリサーチしておきましょう。
大手の消費者金融や一部銀行系カードローンなら土日祝日でも関係なく審査を行っていますし、そのまま融資まで実行してくれます。

ただ、他社からの借入額があまりにも多いような方だと審査に時間がかかってしまうでしょうし、審査で落とされてしまうケースも少なくありません。
土日祝日に最短30分で融資可能、とアピールしているような業者もありますが、このような条件にマッチするのは基本的に初めてカードローンを利用する方が多い傾向にあるように思います。

既に他社から借り入れをしている方だとこの条件に当てはまらないこともあるので、土日祝にお金が必要な時は早めに申し込んでおくか、現在借入をしている業者に追加融資してもらえないか確認するのがいいと思います。最初にも言いましたが土日祝日は平日に比べてお金が必要になることも多いと思います。

大切な方とデートに出掛け、思いがけず出費が重なってしまったということもあるでしょうし、旅行に出かけた先で財布を落としてしまった、買い物しすぎて手持ちが少なくなってしまったということも考えられます。
このようなシーンにおいて土日祝日でも対応可能なカードローンは重宝できるので、このようなカードローン商品が存在するということを知っておくだけでも役に立つかもしれません。

実際に利用するかどうかは別として、知識として知っておくだけでもいざという時に役立つのではないでしょうか。
いつ何があるか分かりませんから、土日祝日に融資が可能なカードローン商品も存在するという事実だけは頭の片隅に入れておきましょう。土日祝日に即日融資可能なカードローンについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。

土日祝日に融資可能なカードローンは実際に存在しているので、事前にどこの銀行や消費者金融が対応しているのかを調べておくと良いかもしれません。
また、先ほども少しお話したように他社からの借入額が多いと審査に時間がかかったり落とされてしまうこともありますからそこは注意してください。

5. 収入や職業面によっても即日融資の条件は変わるのか

収入のない専業主婦でも即日融資可能なカードローン

一家のために毎日夜遅くまで働いて、稼いで帰ってくるサラリーマンも大変ですが、家事全てを一人でこなさなくてはならない専業主婦も大変ですよね。夫が稼いできたお金で、今月もなんとかするためにやりくりするのは、往々にして専業主婦の仕事です。

勿論、自分たちでなんとか出来る消費量に収めることが最善ですが、時にはどうにもならないこともあります。住宅ローンやマイカーローンの支払い、子供の養育費・学費などの日々かさむ費用に、冠婚葬祭などの急な出費が重なると。絶妙な収支バランスが崩れてしまうこともあるでしょう。
そんな時、夫には相談できないけど、少しでもお金を借りられたら楽なのに、と思うこともありますよね。

2010年の貸金業法改正により、ある人が負える借金は、その人の年収の3分の1までと決められました(「総量規制」と呼びます)。これにより、専業主婦は一見すると借金ができなくなったように思えますが、この法改正にも例外があります。

それが銀行カードローンです。そもそも総量規制は、貸金業者からの借金により、債務者が生活できなくなることを防止するための法律なので、銀行からの貸付は例外なのです。
そんな中でも即日融資に対応している銀行カードローンは非常にまれですが、実際に存在します。ここではそんな銀行カードローンを紹介していますので、今すぐお金が必要な専業主婦の方は、ぜひご確認ください。

専業主婦でも即日融資も可能なオススメ銀行カードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

口座がなくても借入可能!

最短30分 最短即日 1.8%〜14.6% 200万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

三菱東京UFJ銀行カードローン ※主婦は30万円以内、学生は10万円以内

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

パートなどで収入のある主婦の方が即日融資可能なカードローン

家計を支えるために、少しでも助けになればとパートやアルバイトで堅実に稼いでいる主婦の方は相当数いらっしゃると思います。安定した生活を送るためのパート・アルバイトではありますが、時には急な出費で、どうしても即日の借入に頼らなくてはならない時もあるでしょう。

普段の生活費、子供の養育費は結構かかりますし、その上で自分のためのお金も欲しいですよね。そんな中で冠婚葬祭や家族もしくは自分の入院、引っ越しなどお金の掛かるイベントが発生してしまった場合、パートやアルバイトで安定した収入のある主婦であれば、専業主婦よりも豊富な借入先候補を見つけることが可能です。また、ちょっと高いけどどうしても欲しい服がある、でも現金がない…というような時に、即日融資を受けることもできます。

まず、専業主婦には融資を行なっていない消費者金融のカードローンでお金を借りることができます。これは、パートやアルバイトで収入がある場合、専業主婦の項目でも説明した、「総量規制」を適用してもある程度の借入ができると認められるためです。特に大手の消費者金融は、即日審査・即日融資に対応しているため、非常に使い勝手は良いはずです。また、これらの消費者金融はレディースローン(女性専用ローン)を持っていることも多く、女性の方でも安心してカードローンに申し込むことが出来ます。

ただし、その総量規制によって利用限度額が非常に小さくなってしまいます。せいぜい100万円以下でしょうか。もしそれ以上に借り入れたい場合は、銀行のカードローンに申し込んでみましょう。
いきなり100万円以上を主婦に貸してくれる銀行は中々無いかもしれませんが、何度か借りて、遅延を起こさずに返済実績を積み立てれば、いつかはそこまでの利用限度額に達することも不可能ではないでしょう。

銀行の場合、その銀行のキャッシュカードを持っていると即日でカードローン機能をつけて、即日融資が可能になる、というパターンもあります。自分の銀行がカードローン事業を行なっているかも是非確認してみましょう。

収入のある主婦なら即日融資も可能なオススメカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

アルバイトやフリーターでも即日融資可能なカードローン

正社員としての職業には就いていないアルバイト・フリーターだけど、急遽お金が必要になった!でも収入もそんなに無いし、大手の金融機関の審査に通って、お金を借りることができるのかどうか不安…。そんな方も多いのではないでしょうか?

しかし、だからといって怪しい金融機関に駆け込むことは、一度思い留まって下さい。
実は、金融機関側としては最重要視しているのは雇用形態ではなく「安定した収入があるかどうか」なのです。 勿論アルバイトよりも正社員の方が、雇用形態としてはより「安定」しており返済能力は高いと認められるため、多少は有利かもしれません。

また、一般的には収入も正社員の方が多いため、利用限度額も少なめにはなってしまいますが、アルバイト収入があるだけでも十分審査対象として認められます。

では、アルバイト・フリーターの方に向いた、即日融資も可能なカードローンとはどんなカードローンなのでしょうか。

① 気づいたら口座残高がほぼゼロ!即日でお金を借りたい時

アルバイトやフリーターの方の場合、月収が固定ではありませんよね。いつも通りに生活していても、気付いたら銀行口座にお金が無い、ということもあると思います。
そんな時に頼りになるのが、即日審査・即日融資も可能な消費者金融のカードローンです。特に大手の消費者金融では、WEBから申しこめば最短30分で審査完了、指定口座への振込であれば最短1時間で融資まで完了することもあるので、緊急でお金を借りたいときには非常に心強いでしょう。

② お金を借りたいけど、余裕が無いので低金利で借りたい時

毎月ギリギリで生活している中、今月だけ大きな出費があり、どうしてもお金が必要!だけど高い金利はできるだけ払いたくない…。そんな方には銀行カードローンをオススメします。消費者金融ほど融資スピードは早くないところが多いですが、一部の銀行では即日融資も可能な上、上限金利も低めです。

③ 次の給料日まで、つなぎの資金が欲しい時

今すぐお金を借りたいけれど長期間の融資は必要なく、次の給料日になれば一括でお金を返せる!という方には、「無利息期間」サービスを提供しているカードローンを利用するのをオススメします。中には、きちんと全額返済さえしていれば、何度でも無利息期間を利用できるカードローンもあります。消費者金融系の会社が多いので、即日融資も可能なカードローンを選べると最適です。

以上のような観点から、アルバイト・フリーターの方も自分に合ったカードローンを探してみましょう!

アルバイト・フリーターでも即日融資も可能なオススメカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

大学生でも即日融資可能なカードローン

どうしても今お金が必要というシーンにおいて重宝できる即日融資のカードローンですが、大学生でもお金が必要というシーンは多々あります。
サークル仲間と飲みに出かけるようなこともあるでしょうし、合コンやイベントなどお金が必要なケースはまちまちでしょうが、大学生が利用できる即日融資は存在するのでしょうか。結論、大学生が利用できる即日融資のカードローンは存在します

ただ、大学生でも利用できる即日融資のカードローンを扱っている業者はそこまで多くないので、事前にしっかりと業者を選定することは大切です。
では、具体的に大学生が即日融資のカードローンを利用するにはどうすればいいのかということですが、基本的には学生ローンを利用することになります。

学生ローンを教育ローンなどと混同してしまう方もおられるかもしれませんが、学生ローンと教育ローンはその性質が大きく異なります。
学生ローンは学生が利用できるカードローンで、使い道も比較的自由という特徴があります。即日融資を希望するのなら、即日融資が可能な時間帯までに申し込むことが大切です。
これは業者によって違いがあるので、対応可能な時間を調べて申し込むようにしましょう。

学生ローンを扱っている業者によって対応可能な時間は異なるものの、だいたい14時~14時半までに申し込めば即日融資も可能となっています。
できれば余裕を持って午前中に申し込みと審査を受けておくことをおすすめしますが、突然お金が必要になることもあるでしょう。14時~14時半までなら銀行がまだ開いているので、審査の混み具合などにもよってくると思いますが即日で融資を受けれる可能性は出てくるかもしれません。

時間を過ぎてしまうと当然即日融資は無理ですし、翌日に持ち越されてしまうのでどうしてもお金が必要なときは計画的に行動しておくことが大事です。また、審査を申し込むまでに必要な書類を揃えておきましょう
必要書類をきちんと準備しておけば手間も省けますし、スムーズに審査を申し込むことができるでしょう。
審査には身分を証明する書類が必要となるので、もし持っているのなら運転免許証を用意しておくといいです。
多くの業者では学生証や免許証、健康保険証などがあれば審査を実施してもらえるので、これらのうちどれかを用意しておきましょう。

また、学生ローンの申し込みは基本的にインターネット経由となります。
実際に学生ローンを利用する方の多くがインターネットで申し込みをしていますし、インターネットでの申し込みのほうが知人や友人に遭遇してしまうようなリスクも軽減できるのでおすすめです。大学生が即日融資のカードローンを利用する方法についてお話しましたがいかがだったでしょうか。

利用を考えている方の多くが気になっているのは「親に連絡がいくのではないか」ということかもしれませんが、基本的にアルバイトなどをしていて自分で返済できる方なら両親への連絡などもありません
安心して利用できますから、急な出費が必要となったときには学生ローンの利用も検討してみましょう。

大学生でも即日融資可能なおすすめカードローン一覧

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

最短30分 最短即日 4.0%〜14.5% 300万円まで不要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

【FAQ】即日融資に関する質問・お悩みを解決!

深夜に申込をして、即日融資を受けることは出来ますか?
申込は可能ですが、審査や実際の融資は翌日以降となります。
審査を行うカードローン会社や保証会社にも営業時間があります。各社の電話での審査受付時間は、ホームページをご確認下さい。この時間を超えていると、即日審査・即日融資を受けることは出来ないでしょう。大体21時が目処かと思います。
また各社、この時間までに申込を行えば絶対に即日融資が可能、というラインは設けていません。審査や契約に掛かる時間には、個人差があるためです。

さらに、仮に審査が完了したとしても、平日の14時40分ころをすぎている場合には、振込での即日融資は難しくなります。なぜなら、銀行のシステム上、15時以降の振込は翌日に持ち越されるためです。
この場合、振込ではなくローンカードを使ってお近くのATMから借入を行う方法が考えられます。ローンカードを発行してもらうには、各社の店頭窓口もしくは自動契約機に向かう必要があります。これらにも営業時間がありますので、しっかり確認しましょう。
総じて店舗窓口は18時〜19時、自動契約機は22時ごろまで営業しているようです。

ですので、深夜申込からの即日融資は不可能ですが、21時ごろまでであれば可能性がある、と考えていただくと良いかと思います。
24時間借入が可能なオススメ金融機関 >
土日・祝日に即日でお金を借りることはできますか?
カードローンによっては可能な場合があります。
土日・祝日に申込を行い、即日融資を受けるためにはハードルが2つあると言えます。

①そもそもその会社が土日・祝日に審査対応を行なっているのか
カードローンを申し込んだ会社が、土日・祝日の審査を行なっていないのであれば、即日融資は勿論できません。消費者金融系の会社は土日祝にも審査を行なっていることが多いですが、銀行だと、申込はできるが審査以降の手続きは翌営業日、となるパターンが最も多いようです。

②自分の会社に電話を掛けて、在籍確認が可能なのかどうか
基本的に、カードローン会社はあなたの提出した勤務先が正しいかどうかを確認するために、職場に直接電話を掛けるようにしています。これが出来ないと審査は完了しませんので、自分の勤務先次第で土日・祝日の即日融資は難しくなります。
しかし、カードローン会社によっては、電話以外の書類等で在籍確認を行なってくれることもありますので、まずは相談してみることが重要です。
土日祝日でも即日融資も可能なオススメ金融機関 >
2社同時に申込しても問題ありませんか?
基本的に、同時に2社以上に申込することは好ましくありません。
各社の規定に、「他社との取引がある場合は融資不可」といった文言があるわけではありませんが、それでも極力避けたほうが良いでしょう。理由はいくつかあります。
多くのカードローンに申込を行う場合、申込条件を調べたり書類の準備を行ったりすることに、その分手間がかかってしまいます。それであれば、自分が通りそうなカードローン会社を探して審査を受けたほうが効率は良いと思われます。
また、複数のカードローン会社に申込をした場合、じつはその情報は各カードローン会社に参照可能となります。仮にそれらの審査に通らなかった場合、あなたの信用情報には、該当のカードローン会社で成約した、という情報が載らず、申込情報のみが記載されることになります。
つまり、直接ではありませんが、間接的に「この人は他社の審査に落ちたんだな」というのが分かるということです。複数の会社の審査に落ちている人に、積極的に貸し出しを行いたい業者はヤミ金くらいでしょう。
なお、申込情報は6ヶ月の間消えませんので、本当に即日融資を受けたいのであれば、本審査を大量に受ける前に、仮審査のある会社を探して、審査に通りそうな会社に申し込むようにするのが最も良いでしょう。
無審査もしくは審査が甘い、即日融資可能な金融機関はありますか?
残念ながら、無審査のカードローンはありません。
今すぐお金を借りたい、という人の中には、審査に掛かる時間も惜しい、もしくは普通の審査に通る自信がないので、できるだけ審査の無い業者が良い、という方々もいらっしゃるでしょう。
しかし、正規の貸金業者として運営している会社であれば、無審査でお金を貸してくれるような業者は絶対にありません。これらの会社は貸金業法により以下の通り、適切な審査を行うことを義務付けられているためです。

貸金業者は、貸付の契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入の状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。(貸金業法 第一章 総則 第十三条より)

また、審査の甘いカードローンについてですが、基本的には各社の審査水準はそこまで変わらないと思われます。何故なら、甘くすればするほど業者のリスクは高まり、回収のための金利を高くする必要が出てきますが、現在ではこの金利も最大20%に制限されています。
そのため、正規の業者は20%で回収できると思われる人のみを審査に通さないと、自分たちが損を被ることになります。そのため、各社の水準はほぼ横並びだと考えられます。

正規の業者以外であれば、無審査で貸付可能な業者はあるかもしれません。しかし、そのような業者は全て法に反した、いわゆるヤミ金です。その時は融資してくれたとしても、後々どんな請求をされるか分かりません。絶対に利用しないようにしましょう。
カードローン以外に、即日融資可能なローンはありますか?
カードローンの他にも、フリーローンやキャッシングなどがあります。
ローンには大きく分けて2種類があり、有担保ローンと無担保ローンに分かれます。有担保ローンとはその名の通り、融資を受ける側が担保を用意する必要のあるローンです。無担保ローンは担保が必要ないローンです。
有担保ローンの例としては、不動産担保ローンが分かりやすいかと思います。もしものときには自分の財産を差し押さえてもらうことを担保としてお金を借りる方法です。
それに対して無担保ローンは、担保とする財産を必要としません。つまり、融資する側からすれば有担保ローンよりも返済リスクが高いと言えます。そのため金利は有担保ローンよりも高く設定されていることがほとんどですが、担保の審査等が必要ない分、即日審査・即日融資が可能となっています。

さて、この無担保ローンに分類されるローンですが、もちろんカードローンを含め、フリーローンや住宅ローン、マイカーローンなどがあります。
ただしこの中でも住宅ローンやマイカーローンは融資が高額となることもあり、審査も比較的厳重です。そのため、現実的に即日融資が可能なのはカードローン及びフリーローンとなります。カードローンとフリーローンの違いは、簡単にいえばフリーローンは追加融資が出来ない、ということです。

また、他にも即日融資が可能な手段として、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もあります。こちらはクレジットカードの申込時にキャッシング枠を設けるかどうかを決定できますので、枠さえ持っていればいつでもお金を引き出すことが可能です。
無職でも即日融資可能なカードローンはありますか?
一切収入が無い場合、残念ながら借入は難しいと思われます。
消費者金融も銀行も、最終的には融資を利息付きで回収して利益を出さなくてはなりませんから、返済できる目処の無い方を審査で通過させることは無いと思われます。
しかし、例えば定職には就いていないが、不動産を所持しており、そこからの定期的な家賃収入などが有る方の場合には審査対象になるようです。
また、例えばWEBライターなどとして収入を得ている場合、個人事業主というカテゴリーに入りますので、無職ではないものとして審査を受けることが可能です。ただし、普通の会社員と比べると収入が不安定と取られがちですので、借り入れできる金額は少なくなると思われます。

本当に無職の場合には、まずアルバイトでも派遣でも構いませんので、安定した収入を得られる職に就くことを優先しましょう。
間違ってもヤミ金に手を出したり、クレジットカード現金化と言った違法な業者を利用したりしないようにしましょう。
未成年が即日融資を受けることは可能ですか?
カードローンでは不可能ですが、学生ローンであれば可能です。
当サイトで紹介している消費者金融や銀行のカードローンは、申込資格の一つとして「20歳以上であること」を明記しています。そのため、仮に高校卒業後に就職して安定収入を得ていたとしても、未成年であればこれらのカードローンでの借入は不可となります。
どうしてもお金が必要な状況なのであれば、両親や保護者に相談してみることが一番現実的です。

但し、「学生ローン」を提供している消費者金融であれば、未成年への融資を行なっている会社もあります。この場合の「学生」とは、高校卒業後の短大生や専門学生、大学生等を指します。高校生以下では融資を受けることは出来ないので注意しましょう。
また、このような学生ローンの中にも即日融資を提供している会社はありますので、それぞれのホームページを見て即日融資の条件をしっかり確認し、申し込みましょう。
しかし、学生にとってはたとえ10万円程度の金額でも大金です。長期間かけて返済していくと、思った以上に利息がかさむ事にもなります。
借りる前にしっかり返済シミュレーションを立てることを意識しましょう。
即日融資で100万円以上のお金を借りることは可能ですか?
不可能ではありませんが、初めての利用では難しいと思われます。
まず、消費者金融で借り入れることを考えましょう。前提として、消費者金融の場合には総量規制の対象となりますので、少なくともあなたに300万円の年収がないと審査で落とされるか、100万円よりも低い金額の限度額を提示されます。
また、クレジットカードや他のローンの利用がこれまでにほとんど無く、信用情報に参考になる記載が無いような方の場合には、年収が足りていたとしても100万円の限度額を初めから受けることはできないかもしれません。

では銀行カードローンの場合はどうでしょうか?銀行であれば総量規制は関係ないため、理論上は100万円の利用限度額が提示されてもおかしくはありません。しかし、銀行のほうが消費者金融よりも金利が低く設定されていることを考えると、消費者金融以上に審査が厳しいと考えるのが無難でしょう。

勿論、即日融資ではなく、限度額50万円から地道に借入・返済を繰り返せば、いずれは100万円以上の借入を行うことも可能にはなると思われます。
また、信用情報が豊富かつ、あらゆる支払いで遅延の無い人などであれば、初めての融資でも100万円を超える限度額がつくこともあり得ます。
ブラックリストでも即日融資ができる金融会社はありますか?
基本的には不可能だと考えられます。
ここで言うブラックリストとは、信用情報に返済遅延の情報や、自己破産などの情報が入った方のことですね。その場合、まともな金融会社からは即日融資はおろか、そもそも審査には通らないと思われます。これらの記録が消える期間は、その人の状態によってまちまちです。5年であったり、7年であったり、はたまた10年かからないと消えない信用情報もあります。
前提として、このように信用情報に傷が入らないように、常にローンや携帯代金などの支払いには目を光らせておきましょう。

また、時に「ブラック歓迎」「ブラックでも即日融資」といった広告やホームページを見ることもありますが、このような謳い文句の金融会社には絶対に頼らないようにしましょう。法外な金利を取るヤミ金であることは間違いありませんので、余計にご自分の首を締めることになってしまいます。
チラシや看板で見る「即日融資」の金融機関で借りても大丈夫?
まずは貸金業者登録を行なっているか確認しましょう。
正規の金融会社であれば、「日本貸金業協会」に登録してあるはずです。この名簿に該当業者の名前が無ければ、連絡を取ることは控えましょう。電話番号が知られてしまうため、電話をするだけでもいけません。
このような業者はヤミ金やソフトヤミ金と呼ばれる類の業者です。最初は他の業者から融資を受けられないあなたに対して優しく接してくれ、即日で融資も受けさせてくれるかもしれません。しかし、彼らの要求する金利は往々にして極めて高いものです。

単純に即日融資を受けたいだけであれば、まずは大手の消費者金融や銀行の申し込み条件を確認しましょう。それでも難しいのであれば、家族に相談するのが良いでしょう。

万が一、本当にヤミ金に頼らなければ生きていけない、というほどに金銭的に追い詰められているのであれば、まずは法テラス経由などで弁護士に相談し、その後自己破産の手続きを取るのが最良の手段となります。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

このページに関連するQ&A