土日・祝日でも即日融資が可能なカードローンはある?申込方法とは?

即日融資 対応時間

2016年3月26日

土日や祝日に、急にお金が必要になったけれど、銀行には残高がなくて途方にくれてしまう経験は誰にでも一度はあるかと思います。家族や友人に借りることができれば良いですが、中々頼みづらい場合もありますよね。場合によっては、まとまったお金が必要になることもあるかもしれません。

そんな時に頼りになるのが、即日融資も可能なカードローンです。
ここでは、土日・祝日に即日融資を受けるための手順や必要書類、手続きの際の注意点などについて解説していきます。

目次

土日・祝日でも即日融資は可能!だが条件あり

ご存知の通り、休日には銀行を始めとした多くの金融機関が、営業をお休みしています。しかし、カードローンについては例外です。大手消費者金融や大手の銀行カードローンは、WEBからの申し込みなら24時間受付けしている場合が多く、土日・祝日でも関係無く申し込める事がほとんどです。

審査は24時間対応ではない

申し込みを24時間行なっているカードローンだったとしても、審査を24時間やっている所はほぼありません。例えば、申し込みは24時間でも、審査をする時間は9:00~21:00まで、というふうになっている場合がほとんどです。そのため審査時間外に申し込みをすると、審査結果の連絡が翌日以降になる場合があります。

条件が合えば土日・祝日でも即日融資が受けられる可能性がある

土日・祝日に申し込みをして、その日に審査が通ったとしても、すぐに融資を受けられるとは限りません。カードローンの借り入れ方法は、主に「ATM」「振込キャッシング」の2つがあるのですが、ATMで借り入れを行う場合には「ローンカード」が必要になります。そのため、ローンカードがすぐに発行できない場合は、ATMを利用することができません。

そして、振込キャッシングを利用する場合には「即日振込が可能な口座」が決まっている場合がほとんどで、指定の口座以外の場合には、振込ができないか、翌営業日になる可能性があります。

ATMで借り入れを行いたい場合は自動契約機でカード発行する

ATMで即日借り入れを行う場合は、自動契約機のあるカードローン会社を利用する必要があります。自動契約機は、その場でカード発行を行う事が可能で、土日・祝日でも営業している場合がほとんどです。ですが24時間営業ではないため、営業時間には注意が必要です。

振込キャッシングを利用する場合には、指定口座が必要

振込キャッシングを利用する場合、まずカードローン会社が振込キャッシングに対応している必要があります。そして、土日・祝日の即日振込にも対応している必要があり、さらに指定する口座を持っていないと利用できない場合がほとんどです。そのため、自動契約機を利用するよりも少しハードルが高くなります。

土日・祝日でも即日融資が受けられるカードローン

ここでは、解説してきたような条件を踏まえて、「自動契約機」があるカードローン会社と「振込キャッシング」利用可能なカードローンに分けて、土日・祝日に融資が可能なカードローンを紹介します。

自動契約機があるカードローン会社(2016年12月時点)

営業時間 備考

アイフル

毎日 8:00~22:00

アコム

毎日 8:00~22:00

プロミス

毎日 9:00~22:00

新生銀行カードローン レイク

8:45~24:00(休日は閉店時間短縮)

審査回答時間は21時まで
(第3日曜日の場合は19時まで)

モビット

毎日 8:00~21:00

三菱東京UFJ銀行"バンクイック"

平日  9:00~20:00
土日祝 10:00~18:00
日曜  10:00~17:00

三井住友銀行カードローン

毎日 9:00~21:00

※一部店舗では営業時間が異なる場合があります。

土日・祝日でも即日融資を受けたい場合には、自動契約機に出向いてカード発行を行い、その場で借り入れを行うという方法が確実性が高いです。オススメ方法としては、インターネットであらかじめ申し込みを行い、カード発行は自動契約機で行うとスムーズな借り入れが可能です。

自動契約機で申し込みを行う際の注意点

事前のインターネット申し込みが面倒な場合は、自動契約機で申し込みから借り入れまでを行えば良いのですが、自動契約機には営業時間があります。また、契約の前には必ず審査が行われるため、その時間も含めて申し込みを行う必要があり、最悪の場合は契約が翌日以降になる事もあるため注意して下さい。

自動契約機で申し込みを行う場合には、遅くても自動契約機が閉店する1時間前には来店するようにして下さい

土日・祝日でも即日振込キャッシングが可能なカードローン会社

振込キャッシングが可能な時間 備考

プロミス

24時間受付

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座が必要です。 振込迄の時間は受付から最短で10秒程度

アコム

ほぼ24時間受付 (0:10~24:00)

楽天銀行口座が必要です。 振込迄の時間は受付から最短で1分程度

じぶんローン

24時間受付

じぶん銀行口座が必要です。 場合によっては翌日になることもある

プロミス

プロミスの場合、月~日及び祝日の全日24時間受付を行なっており、振込時間も受付完了から最短で10秒程度です。但し、毎週月曜日の0:00~7:00はサービスが停止するので気を付けましょう。また、三井住友銀行のみ、毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00はサービスが停止されます。

アコム

アコムの場合は月~日及び祝日の全日について、0:10~23:50の範囲で受付を行なっていますので、実質24時間対応と考えて良いでしょう。振込時間は受付完了から最短で1分程度となります。但し、楽天銀行のメンテナンス日にはサービスが停止されますので、振り込み出来ない場合には楽天銀行のホームページで確認してみましょう。

じぶんローン

じぶんローンの場合、月~日及び祝日の全日24時間受付を行っており、じぶん銀行口座のみ即日振込に対応しています。ですが、じぶんローンは、場合によっては翌日になる事があるため、注意が必要です。

また、全体として気をつけないといけないのは、振込キャッシング自体は24時間可能ではありますが、審査については各社とも24時間は行なっていない、ということです。プロミス、アコム共に審査結果の連絡時間帯は9:00~21:00となっていますので、21時までに審査結果の連絡が来なければ契約は出来ず、当然ながら振込融資もできません。

できるだけお早めに申し込み、契約を完了させるようにしましょう。

休日に即日融資を受けるための注意点

休日に即日融資を受けたい時の注意点をまとめておきます。

1. なるべく早い時間に申し込み、契約を済ませておく
2. WEBで申し込む際、入力フォームには必ず正確な情報を入力する
3. 自分の所属先が休日に在籍確認が可能か把握しておく
4. 来店契約の場合、自動契約機にはできるだけ営業時間の1時間前には到着しておく
5. 各社の必要書類の内容を確認し、忘れないようにする
6. 振込融資を受けられる場合でも、できるだけ早めに契約完了しておく

このうち3番の在籍確認についてですが、カードローン会社がご自分の所属先に電話をかけた際には、本人が不在の場合でも電話を受けた人が「〇〇は現在席を外しています。」と答えれば、それで在籍確認完了となると言われています。また、休日で誰も会社にいない場合には、そのタイミングだけ出社するのも一つの手です。

カードローン会社によっては、書類提出などの電話以外の方法で在籍確認の代替としてくれることもあるので、本人確認の電話連絡が来た時点で、担当者に電話以外での在籍確認の方法を取れないか相談してみましょう

以上が、土日・祝日に24時間即日融資を受けるための方法です。休日に急にまとまったお金が入り用になり困っている方は、是非上記の方法で、以下のオススメカードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

インターネットから申し込み、即日融資を受ける手順

ここからは具体的に、どうやって土日・祝日に即日融資を受けるのかについて解説していきます。
カードローンの申し込みは、インターネットで24時間受け付けているため、まずはインターネットから申し込みを行いましょう。

1.インターネットから申し込みを行う

申し込みページから、氏名、住所、連絡先、職業等々の個人情報を入力します。金融機関によっては、このページで来店不要の振込融資希望か、来店契約でカードを受け取る方法を希望するかを選択する必要があるので、ここで必ず来店契約を選択するようにします。これは先ほども説明したとおり、休日の振込融資はハードルが高いので、来店して契約を完了すると同時にカードを受け取り、カードを利用してATMでキャッシングを行う方が簡単です。

プロミスへの申し込みはこちらから

アコムへの申し込みはこちらから

じぶんローンへの申し込みはこちらから

アイフルへの申し込みはこちらから

新生銀行カードローン レイクへの申し込みはこちらから

モビットへの申し込みはこちらから

三菱東京UFJ銀行"バンクイック"への申し込みはこちらから

三井住友銀行カードローンへの申し込みはこちらから

2.カードローン会社から本人確認の電話

インターネットからの申し込みが完了した後、申し込み先のカードローン会社から本人確認の電話連絡が来ます。これは、本当に申し込みを行なったのが、本人なのかどうかを確認するための連絡となります。ご家族と同居されている方などは、連絡先をご自分の携帯電話に設定されるのが無難でしょう。

3.審査開始

本人確認が完了すると、次は審査に入ります。審査は、入力された個人情報や信用機関から取り寄せた情報を元に、申込者が信頼に足るかどうかを入念に確認されます。信用機関の情報には、これまでのクレジットカードやカードローン、その他ローンの利用履歴などが詳細に記されています。

申し込みフォームの入力時には、「他社からの借入額」などの項目も含まれていますが、ここで見栄を張るのはやめておきましょう。もし、申込情報と信用情報に差があった場合、その確認に時間がかかり、最悪の場合には、審査で落とされてしまうことも考えられます。仮に審査に通ったとしても時間が取られてしまいますので、即日融資が一歩遠のいてしまいます。

4.会社への在籍確認連絡

審査の最終行程には、「在籍確認」というものがあります。これは、申込者が申請した企業に本当に所属しているかどうかを確認するため、カードローン会社からその企業に電話を掛ける作業です。この時、カードローン会社とはわからないよう、消費者金融の場合は担当者の個人名、銀行カードローンの場合は銀行名等で電話を掛けてくれるので、心配する必要はありません。

5.審査完了・自動契約機でカード発行

在籍確認が完了すれば、晴れて審査通過です。審査を通過すると、電話かメールで金融機関から連絡が来ますので、急いで各社の自動契約機に向かいましょう。

銀行カードローンの場合には、お近くの店舗に自動契約機が設置されていないかをご確認下さい。また消費者金融の場合には、各社のホームページに店舗検索機能がありますので、お近くの店舗を探してみましょう。なお、多くの自動契約機は22時までの稼働となっているので、できれば21時前には現地に到着しておくと安心です。

自動契約機に着いたら、その場で契約を完了しローンカードを受け取りましょう。これで、いつでもATMからお金を借りることが可能となります。併設のATMや、提携しているコンビニATMに向かい、カードでお金を引き出しましょう。

休日の即日融資は来店契約!必要書類を確認

在籍確認が完了すれば、晴れて審査通過です。審査を通過すると、電話かメールで金融機関から連絡が来ますので、急いで各社の自動契約機に向かいましょう。

銀行カードローンの場合には、お近くの店舗に自動契約機が設置されていないかをご確認下さい。また消費者金融の場合には、各社のホームページに店舗検索機能がありますので、お近くの店舗を探してみましょう。なお、多くの自動契約機は22時までの稼働となっているので、できれば21時前には現地に到着しておくと安心です。

自動契約機に着いたら、その場で契約を完了しローンカードを受け取りましょう。これで、いつでもATMからお金を借りることが可能となります。併設のATMや、提携しているコンビニATMに向かい、カードでお金を引き出しましょう。

申し込みの際に必要な書類

一般的に、カードローンの申し込みの際に必要な書類は以下の2種類だけです。

本人確認書類 運転免許証
マイナンバーカード
健康保険証
在留カード
特別永住者証明書
収入証明書 源泉徴収票
税額決定通知書
所得証明書
給与明細書(2ヵ月分)

※必要書類として利用できる書類はカードローン会社によって異なります。

本人確認書類の提出は必須

本人確認書類はどのカードローンに申し込む場合でも必ず必要になります
これは、氏名や住所を確認するための書類となりますので、もし引っ越しをしたばかりで、本人確認書類に記載されている住所と実際の住所が異なる方は、同時に公共料金の領収書や住民票などを取得・提示できるようにしておきましょう。

場合によっては収入証明書類の提出が必要

収入証明書については多くのカードローン会社で、申し込みの際の希望利用限度額が一定以上の場合には必要となる、という設定をしています。消費者金融の場合には50万円以上、銀行カードローンの場合には100万~300万円以上の借入を行いたい場合には収入証明書が必要となるケースが多いようです。

お勤めの会社によっては、休日に給与明細を取得することが難しいこともあるかと思いますので、どうしても休日中に即日融資を受けたい方は、申し込みの際に上記の限度額を超えないように申請されるのが良いでしょう。

書類の提出タイミングは会社により異なる

書類を準備したら、あとはそれを各社の定めるタイミングで提出するのみですが、会社によって準備されている提出方法が異なります。アイフル、アコム、プロミスなどの大手消費者金融では、WEBから必要書類を画像アップロードすることが可能です。

しかし、銀行カードローンでは、自動契約機に必要書類を持参しなければならない場合もあります。その場合、折角インターネットで申し込み手続きを完了し、後は契約機でカードを受け取るだけ!という状態でも、本人確認書類や収入証明書を忘れてしまってはカードを受け取ることが出来ません。

時間によっては、家に戻っていたら当日中に融資が受けられないということもありうるでしょうから、各社の必要書類は事前にしっかり確認し、外出前に再度、必要書類を持っているかどうかをしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

・土日・祝日でもカードローンの申し込みは24時間行なっているが、審査時間は24時間ではない
・土日・祝日に即日融資を受けるなら、インターネット申し込み後、自動契約機でカード発行が基本
・土日・祝日に即日振込融資を受けるには、指定口座を持っている必要がある
・会社が休日で休みの場合、事前に相談する事で、在籍確認を電話以外で済ませてくれる場合がある

おすすめの即日融資可能なカードローン

アイフル

アイフル

おすすめポイント

不要
最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※
  • 人気のカードローンであるアイフルはなんといっても最短30分審査、さらに最短1時間融資と融資までのスピードが特徴です!更に審査が心配な方は事前にご融資可能か1秒で診断できるので安心です!また、指定の時間帯に自宅でカードを受け取れる「配達時間えらべーる」や、専用の無人契約でんわBOXから電話するだけでカード発行ができる「てまいらず」など、利便性も抜群です!オススメです!

直近60日間のアクセス数 345

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 500万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス

プロミス

おすすめポイント

不要
50万円以下は原則収入証明書が不要
  • プロミスを初めてご利用する方に朗報!なんと30日間まるごと利息ゼロで利用が可能です(※)!さらにプロミスなら最短1時間で融資可能なので、お急ぎの方にもピッタリです!50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要、手続きもカンタン!申込前に借入可能か診断できるので、まずはチェックしてみるのも良いかもしれません。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

直近60日間のアクセス数 256

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 1万円〜500万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム

アコム

おすすめポイント

不要
限度額50万円以下なら所得証明書不要
  • アコムを初めて利用する方はなんと最大30日間金利0円で超お得!限度額50万円以下なら原則収入証明書の提出が必要ないため、手続きもカンタンです!来店不要、審査回答は最短30分、もちろん最短即日融資も可能なので、お急ぎの方にもピッタリ!

直近60日間のアクセス数 682

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
最大30日間 800万円

詳細を見る

公式サイトを見る

【PR】Sponsored by アコム株式会社

※フリーター・主婦・パート・アルバイト・学生:安定した収入がある方に限る

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 即日融資可能なカードローンを徹底比較!

    どうしても今すぐにお金が必要!だけど、親族や友人に借りることはできないし、金融機関に借りたこともないので困っている…。そんな方のために、即日融資も可能なカードローンを一覧で比較できるページを作りました!下記の比較表では、最低金利や最高金利、借入限度額の大きさ、おまとめが可能かどうか、といった観点で並び替えができるので、自分に合った即日融資カードローンを探すのに最適です!さらに、比較表の下部では即日融資カードローンの比較の仕方や、消費者金融と銀行カードローンの違い、実際に即日融資を受けるまでの流れなどを解説していますので、初めての方でも安心です。

  • 即日融資も可能なカードローンはここだ!

    このページでは今すぐお金を借りたい!という方向けに、色々な条件での即日融資も可能なカードローンの選び方を解説しています。本当に今すぐお金を借りたい人、できるだけ低金利でお金を借りたい人、もしくは収入のない専業主婦だけど即日融資を受けたい人など、様々な方のお役に立てばと思います。

  • 平日に借りられるカードローン

    平日に急な出費でお金が必要になった場合、カードローンでお金を借りることも検討しましょう。

  • 土日に借りられるカードローン

    金曜日にお金を使いすぎて、財布の中が空っぽ。そのような時に限って、土日に食事に誘われたり、月曜日に支払いがあったりと、急にお金が必要になるものです。しかし、土日だからお金は借りられないだろうと、カードローンを諦めてしまったことはありませんか。実は、土日でもお金を借りられるカードローンはあります。土日に借りるポイントと注意点を紹介します。

  • 休日に借りられるカードローン

    カードローンは休日でもお金を借りられるサービスが多いです。銀行口座から休日にお金を下ろすと手数料がかかってしまうことが多いですが、カードローンの場合は金融機関によっては提携ATMで借入しても手数料がゼロなんてところも!お申込から借入まで休日で完結するカードローンもあるのでチェックしてみましょう!

  • 祝日に借りられるカードローン

    消費者金融は利用者が便利に使うことができるように、即日で審査が完了するところも多いです。しかし、祝日の場合には平日と異なり、審査結果が出るのが翌日以降になってしまうこともよくあります。そこで、祝日にどうしてもお金をすぐに準備しないといけないような状況にあるときには、祝日でも借入できる金融機関を選ぶことが重要です!

  • 24時間借りられるカードローン

    カードローンは、予め申し込んでおいて発行を受けていれば、基本的には24時間いつでもお金を借りられるようになります。今現在特にお金を借りる予定がない人であっても、万が一に備えて申し込んでおくと安心して過ごすことができます。

  • 今から最短即日で借入可能なカードローンを診断

  • 即日融資も可能なおすすめカードローン10選

    当サイトの編集部が選んだ、即日融資も可能なオススメのカードローン10選をご紹介しています!カードローンの選択肢は様々ですが、特に大手の消費者金融は審査スピード・融資スピード共に定評があります。今すぐお金を借りたい方は、是非ご参考にして下さい!

このページと合わせてよく見られている記事

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す