即日融資希望でも中小消費者金融より大手を選ぶべきな理由

2016年3月6日

即日融資を行う消費者金融は、安心してお金を借りられるところばかりではありません。中小の消費者金融ならではのリスクも少なからず存在します。ここでは、融資を相談してはいけないヤミ金やソフトヤミ金の特徴をご紹介します。最後に当サイトで紹介する安全なオススメ消費者金融を掲載しておりますので、借り入れをご検討の場合には是非こちらからお申込み下さい。

目次

消費者金融とヤミ金の違い

「消費者金融(街金・サラ金)」と「ヤミ金」には、明確な違いがあります。どちらもお金を貸してくれるという点では違いがありませんが、前者は貸金業法に則って営業しているのに対し、後者は法律を無視して営業をしています。

まず、中小の消費者金融は全国展開をしていないため知名度が低く、信頼できない人もいるかもしれません。しかし、国や都道府県知事から正式に営業許可を受けており、正当に運営しています。法定金利の範囲内でお金を貸し付け、取り立てについても脅迫や暴力をふるうことはありません。もし、少しでも法令に違反することがあれば即日業務停止になってしまうからです。

一方、ヤミ金は国や都道府県知事の許可を受けているわけではありません。詐欺を働いたり法外な金利を要求したりと、さまざまな方法で債務者を苦しめ、お金を巻き上げています。彼らが営業許可を取っていない理由は、初めから法律にしたがった営業手法で利益を上げようと考えていないからです。即日融資のような甘い言葉で誘惑し、債務者からお金を奪うのが彼らのやり方なのです。

最近はソフトヤミ金と呼ばれる形態の違法な業者も登場しています。ヤミ金グループが債務者を勧誘するために始めるケースもあれば、中小規模の消費者金融が経営難に陥って違法行為に手を出すこともあるようです。彼らも即日融資を打ち出すことが多いので、悪質な業者の罠にはまらないように気を付けるようにしましょう。

明確に判断しやすい悪質な消費者金融の特徴

多くの場合、借入後にトラブルになるのは中小規模の消費者金融です。それは、ヤミ金が紛れ込んでいるため、見極めが難しいことからトラブルが起こりやすいためだと考えられます。まずは、明らかな法律違反や悪質な営業手法を理解するために、借入すべきではない消費者金融の事例から詳しく見てみましょう。

■指定信用情報機関に登録していない業者
指定信用情報機関とは、融資希望者への過剰貸し付けを防ぐために設立された機関です。個人情報を取り扱うため、内閣総理大臣が指定した機関に限られます。2016年現在、株式会社日本信用機関情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シーが登録されています。個人向けの貸付を行う貸金業者は必ず加入することが求められるので、もし、指定信用情報機関に登録していない場合、ヤミ金または法律違反の貸金業者であると疑ってよいでしょう。

■貸金業者に登録していない業者
貸金業法の下、消費者金融は国または都道府県知事の登録を受ける必要があります。消費者金融が営業する都道府県が複数の地域か単一の地域なのかによって国または都道府県知事のどちらに登録を申請する必要があるかが決まります。中小規模の消費者金融の場合、恐らく都道府県知事からの許可を受けているはずです。もし、どちらの登録も受けていない貸金業者の場合、法律にしたがっていないため、借入すべきではありません。

■携帯電話だけで完結させようとする業者
携帯電話の番号のみでやりとりし、融資をする中小の消費者金融も存在します。これらは、携帯電話の番号から「090金融」と呼ばれていますが、法低金利の上限を上回る高金利で貸し付けられてしまう可能性が高いです。たとえば、街中の壁や電柱にチラシを貼って勧誘する業者には注意が必要です。法律を無視した金利条件で貸し付ける業者からは借入すべきではありません。

■無審査で即日融資を行う業者
中小の消費者金融のうち、無審査で即日融資を謳う業者は危険です。融資希望者に対してお金を貸し付けるとき、正当な金融機関は返済能力を審査します。たとえば、勤務先や勤続年数、収入といった条件をもとに、貸したお金が返ってくるかを審査するのです。もし、金融機関が無審査でお金を貸す場合、ヤミ金である可能性が疑われます。

■融資保証金を要求する業者
融資希望者への融資の前に、保証金の支払いを要求する消費者金融がいます。保証金のほか、保険料や供託金、信用情報登録料といった表現で、融資希望者にお金を振り込ませようとします。しかし、通常は融資の前にお金を支払うことはありません。仮に、実在の貸金業者やその関連業者の名前を謳っていたとしても、融資を申し込まないようにしましょう。

■街金を隠れ蓑にした違法業者
中小の消費者金融は街金と言います。知名度は低いものの、街の金融業者として正当な営業をしているところも少なくありません。ホームページなどを見ると違法な営業をしていることはすぐにわかるので、特に金利条件を確認しておくとよいでしょう。

判断が難しいソフトヤミ金の特徴

目に見えて法律を犯しているかは判断し難いですが、実は、中小規模の消費者金融のなかには悪質な業者も存在します。ここでは、特に見分けが付きにくいとされるソフトヤミ金の概要、そして彼らの手口についてご紹介します。

■見分けがつきにくいソフトヤミ金
ソフトヤミ金は法外な金利条件で貸付をしているため、法律上は違法となります。しかし、即日融資ができるというメリットがある上に、強引な取り立てを行うこともなく、融資希望者からは判断しづらいという特性があります。債務者が気付かないうちに、法律では違法とされる金利を取られていたという例は少なくありません。

明らかなヤミ金業者が営業しているとは限らず、国または都道府県知事の登録を受けている消費者金融がソフトヤミ金になっているケースも見受けられます。中小規模のため、経営難に陥ってしまい、法律違反を犯してしまっているという可能性もあるのです。ここからは、ソフトヤミ金の特徴を見てみましょう。

■過剰なまでに親切な対応
ソフトヤミ金の担当者は、融資希望者に対して親切な対応をすることが多いです。お互いの信頼関係を構築し、安心感を与えることで法外な融資をしやすくなるのです。たとえば、即日融資のような対応もそうですが、失業者に対して就職先をあっせんするようなケースもあるようです。通常では考えられませんが、ソフトヤミ金ならではの信頼を獲得するための手口です。

■知り合いを勧誘するように要求する
ソフトヤミ金では、債務者に対して知り合いを紹介するように求めることが頻繁にあります。これは、ソフトヤミ金による巧妙な罠です。債務者の知人や友人にもお金を貸すことで、返済に対する連帯責任を持たせようという狙いがあります。債務者が信頼している状態では知人や友人を紹介してしまうかもしれませんが、法外な金利を含めた返済から逃れられないように囲い込みをしているため、気付いた段階でソフトヤミ金とのつながりを断ち切るようにしましょう。

■審査申込ブラックでも融資可能
審査申込ブラックの人は、本来なら消費者金融からお金を借りることができません。返済能力が足りないと判断されているため、審査申込をしても融資が受けられない状況です。しかし、ソフトヤミ金の場合、審査申込ブラックの人でも簡単に審査を通過できる場合があります。審査が緩いと聞くとメリットがあるように感じるかもしれませんが、実態はソフトヤミ金だったということも十分に考えられるのです。

■極端な低金利を謳う広告
期間を区切ったキャンペーンや人数限定などを理由に、極端な低金利を謳う業者もいます。通常、中小の消費者金融では実質年率10%を下回った条件で貸し出すことは難しいです。そのため、借入金額にもよりますが、10%未満の金利を謳った広告を打ち出す消費者金融は、まずはソフトヤミ金であることを疑ったほうがよいでしょう。

■無担保なのに借入限度額が過剰に高い
無担保のキャッシングは消費者金融からするとハイリスクです。返済能力が高いと証明できる人ではない限り、借入限度額は低めに設定されることがほとんどです。しかし、ソフトヤミ金の場合、無担保なのに借入限度額がいきなり数百万円になる、というケースもあります。親切な対応だったとしても疑わしいと考えてよいでしょう。

安心して借りられる消費者金融の特徴

急いでお金を借りたいとき、消費者金融を選択する人は多いかと思います。一般の人であればヤミ金やソフトヤミ金に騙されることなく、即日融資を受けたいと希望するはずです。世の中には、適正に即日融資を実行してくれる業者も多くあります。安心して借入ができる条件について見てみましょう。

■貸金業者の許可を受けている業者
法律の下、適正に営業していることはよい消費者金融の第一条件です。登録許可を受けている消費者金融は、国または都道府県知事から登録番号を渡されています。個人に営利目的でお金を貸す会社は事業規模の大小を問わず、貸金業登録をしていることが前提とされています。日本貸金業協会にも登録しているはずなので、こちらも確認しておくとよいでしょう。

■融資審査を適正に行う業者
よい消費者金融は、融資希望者の返済能力を適正に審査しています。勤務先や年収などの条件をきちんと確認してから貸し付け、正当な取引の上で債務者からの返済を待つので、借入後も安心して取引ができるのです。業者ごとに審査のハードルはそれぞれありますが、適切な融資審査を行う消費者金融を選びましょう。

■知名度がある業者
テレビやラジオCMなどを発信する業者は、知名度が高いので安心して借入ができます。創業からの期間の長さもこちらに該当します。また、一般的な知名度は低くても、財務局登録がされている業者は業界内での知名度が高いので安心して利用することができます。

消費者金融選びは慎重に行おう

悪質な消費者金融に出会ってしまうと、トラブルに巻き込まれてしまいます。すぐにお金が必要な状況では即日融資という言葉だけに惑わされてしまいますが、信頼できる業者を探す意思が大切です。大手の消費者金融やカードローン会社でも即日融資ができる業者は見つかります。信頼できる業者から即日融資が受けられるようにしましょう。
下記に安全に借り入れが可能な当サイトおすすめのカードローンを掲載しておりますので、即日融資を希望の方はまずこちらから申し込んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの即日融資可能なカードローン

プロミス

プロミス

おすすめポイント

不要
50万円以下は原則収入証明書が不要
  • プロミスを初めてご利用する方に朗報!なんと30日間まるごと利息ゼロで利用が可能です(※)!さらにプロミスなら最短1時間で融資可能なので、お急ぎの方にもピッタリです!50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要、手続きもカンタン!申込前に借入可能か診断できるので、まずはチェックしてみるのも良いかもしれません。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

直近60日間のアクセス数 759

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 1万円〜500万円

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル

アイフル

おすすめポイント

不要
最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※
  • 人気のカードローンであるアイフルはなんといっても最短30分審査、さらに最短1時間融資と融資までのスピードが特徴です!更に審査が心配な方は事前にご融資可能か1秒で診断できるので安心です!また、指定の時間帯に自宅でカードを受け取れる「配達時間えらべーる」や、専用の無人契約でんわBOXから電話するだけでカード発行ができる「てまいらず」など、利便性も抜群です!オススメです!

直近60日間のアクセス数 764

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 500万円

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム

アコム

おすすめポイント

不要
限度額50万円以下なら所得証明書不要
  • アコムを初めて利用する方はなんと最大30日間金利0円で超お得!限度額50万円以下なら原則収入証明書の提出が必要ないため、手続きもカンタンです!来店不要、審査回答は最短30分、もちろん最短即日融資も可能なので、お急ぎの方にもピッタリ!

直近60日間のアクセス数 891

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
最大30日間 800万円

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

即日融資に関する記事

絞り込み条件で探す