カードローンで無審査・即日融資のサービスは本当にあるの?

2016年2月11日

インターネット上には真偽を問わず様々な情報が載っています。それはカードローンの分野でも同じなのですが、そう言った真偽が判らないサイトの中には無審査や即日融資と言ったことを並べるサイトも多くあります。
即日融資はあり得るのですが、そこに無審査という言葉が加わるとその情報は「嘘」か「正式な金融機関ではないヤミ金を勧めている」かのどちらかになります。
ここでは無審査のカードローンという話の真偽と、カードローンの審査について解説していきます。

目次

無審査のカードローンは存在しない

銀行や消費者金融では、利用者の返済能力を判断するために必ず審査を行います。仮に正規の銀行や消費者金融のカードローンについて「無審査」等と書いてあった場合、その情報は嘘であると認識しましょう。

カードローンにおいてなぜ審査をするのでしょうか?

カードローンではなく個人同士のお金の貸し借りで考えてみると理解しやすいです。どんな人であってもお金を貸すのであれば「貸したお金は返してもらいたい」はずで、なんらかの理由で最初から返済を期待していないわけでもない限り「返済する目途が無い人間には貸さない」と思います。
これは金融機関や企業にとっても同じ事が言えます。カードローンに限らずローンというのは基本的に融資した元金に利息をつけて返してもらう事を前提に考えています。
そこで「この人なら元金と利息を合わせて問題なく返済できるだろう」という返済能力を確認するのが審査なのです。ですので、普通の消費者金融や銀行カードローンでは無審査で利用できることはまずありません。

担保であっても審査はある

信用を担保に貸し借りを行うカードローンに限らず物理的な担保をとる不動産担保ローンなどでもしっかりとした審査が有り、これは銀行や消費者金融でも必ず行われます。
また本人の返済能力の他に社会的な問題、つまり暴力団や反社会勢力の関係者ではないか、関係団体への資金源として使われるのではないかという事も同時に確認する必要があるので、審査は確実に行われます。

闇金は無審査?

闇金であればどうでしょうか。闇金は、違法な金融業者に該当するので、法の規制を無視しており、かつ明確なマニュアルが存在するわけでもないので審査を行っているという証拠が存在しません。また通常の金融機関とは返済能力の考え方が違うため、貸し付けの基準も大きく変わります。違法な金利を設定しているので審査基準が緩いと考えられます。
このように違法な金利と法に縛られない手口を利用してくる闇金は、審査基準が普通より低い、または審査自体ない可能性も考えられます。

クレジットカードの枠を利用した即日現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者も出てきています。この方法なら、確かに「無審査」でお金を得ることができるのですが…

クレジットカードの現金化とは

現金化の手口は何パターンかあるのですが、一番単純な方法として「クレジットカードで現金化しやすい商品を買わせてそれを業者が買取る」という方法があります。
クレジットカードは後払い方式で一か月後などにまとめて請求がやって来ます。そのため品物が手元に届く時間と請求にタイムラグが発生します。そこで請求が来る前に手元の商品を売却する事でクレジットカードのショッピング枠の現金に換える行為がクレジットカードの現金化と呼ばれているのです。

クレジットカードの現金化は違法

商品の現金化は完全な違法行為ですが、やろうと思えば個人でも出来ない訳ではありません。事実換金性が高い金券類は現金化で購入する商品としてよく使われます。現金化対策でクレジットカード購入が出来なくなったという経緯もあります。
クレジットカードの現金化を掲げる業者が何を行うのかという点ですが、これはホームページやチラシをよく見ると「古物商」の免許が載っている点でわかります。つまり利用者にどこかで買わせた商品を古物商の自分達が買取るという手法になります。ほかにはCDなど安い品物を不当に高い価格で買わせて「キャッシュバック」という形で現金を支払う、といった方法も存在します。
しかし、クレジットカードの利用規約には「換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止する」と明記されているので、これらの行為は利用規約違反に該当します。

融資と見た場合はとてつもない高金利

このように現金化は融資ではありません。またこれを無審査の融資として見た場合とんでもなく高金利であり、使えるのであればクレジットカードのキャッシングサービスを使った方が良いでしょう。
大概の場合どんな新しい商品でも購入価格の7割程度で買われます。これはあくまで良心的な店の話で、現金化を行うような悪徳業者であれば5割を切る価格で買いたたかれることもあります。
カードローンやクレジットカードのキャッシング機能なら最大でも実質年率18.0%程度ですので、圧倒的に低い利息で現金の借り入れができます。

カードローンの審査について

それでは次にカードローンは、どのような審査を行うかという事を解説していきます。

最低基準となる貸付対象者

カードローンの貸し付け対象として最低基準は「一定の年齢で返済能力があり法律で融資を禁じられていない人」という事になります。
まず年齢制限ですが一般的には20歳以上で、上限はカードローン会社にもよりますが60~70代となります。返済能力については一般的な職業につき安定した収入を得ている方であれば、問題ありません。
これはあくまでも申し込みができるかできないかという最低基準であり、実際に貸し付けができるかは企業ごとに行われる審査によります。
カードローン会社が行う審査の基準や流れというのは基本的に外部に出る事はありません。そのためあくまでも一般論という事になりますが、見られるのは大きく分けて「現在の状況」と「過去の金融に関する経歴(信用情報)」の二つです。

現在の状況

現在の月収や年収、勤務先などは借り入れ後の返済能力に直結するので当然審査対象になります。この際に見られるのは「収入の高さ」よりも「安定性」となります。
判りやすい例として芸能人の方が上げられます。芸能人の方は現在の収入は高くても一年後や一カ月後にその収入が維持できているか判りません。その結果、より収入が低いサラリーマンのほうが同じローンでも審査に通りやすい、といったこともあり得ます。
収入面以外にも住居形態や他のローンの有無などで返済能力を審査します。

過去の金融に関する経歴(信用情報)

過去の金融に関する経歴は、信用情報という形ですべて記録されています。
信用情報には過去に行った債務整理や自己破産、滞納の履歴も残っていますし、借り入れの履歴なども存在しています。
ちなみに信用情報にトラブル(俗語で事故という)が載る事を「ブラックリストに載る」と表現をする人がいますが、信用情報は問題なく完済したローンについても記録が残るので、厳密な意味でのブラックリストではありません。

総量規制について

総量規制とは貸金業に定められている規制で「収入の3分の1までしか借りられない」という規制です。この3分の1の上限は1社ずつではなく、融資限度額の総額です。そのため、年収が250万円という方が、希望限度額100万円で申し込んだとしても、その限度額では絶対に通過しません。仮に審査を通過した場合は、限度額を83万円まで下げられて通過することになります。申し込み時にはその点も頭に入れて、項目を埋めていくといいでしょう。
総量規制は貸金業法内の規則であり、消費者金融には適用される一方で、銀行カードローンは銀行法によって規制されているため、この対象とならないことも覚えておきましょう。

専業主婦や学生の審査

カードローンの審査は申し込み条件をクリアしていれば、誰でも審査を受けることができます。例えば「年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方」とすると、学生や主婦の方でもアルバイトやパートで一定の収入を得ていれば審査を受けることができます。
しかし、この場合は成人していない学生や収入のない専業主婦は原則、申し込みの対象外となり審査を受けることはできません。

無審査ではないけど、審査が早い即日融資可能なカードローンはある?

審査が無いという事はまずあり得ませんが即日融資可能という事であれば存在します。昨今では即日審査、即日融資に対応しているサービスはかなり多くなっており、大手消費者金融はもちろん、銀行系カードローンでも即日融資可能は広まっています。

実質年率 審査時間 融資スピード 担保不要

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

4.5%〜17.8% 最短30分 最短1時間 circle

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

3.0%〜18.0% 最短30分 最短1時間 circle

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

3.0%〜18.0% 最短30分 最短1時間 circle

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

アコム ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

大手消費者金融で即日融資可能なカードローン

昨今では銀行も即日融資を行うようになりましたが。もともと即日融資に力を入れていたのは消費者金融のカードローンです。

一般的な即日融資の流れ

即日発行では主に以下の申し込み方法で対応しています。

・電話申し込み
・インターネット申し込み
・店頭窓口での申し込み
・無人契約機での申し込み

まずは上記申し込み方法にて、申し込みを行います。次に本人確認書類の提出が必要です。電話やインターネットの申し込みの場合は、インターネットでのアップロードや、アプリ・FAXなどでの提出方法があります。店頭窓口や無人契約機での申し込みの場合は、その場で提出が必要になりますので、事前に準備しておきましょう。
また、場合によっては収入証明書が必要な場合もあります。具体的に消費者金融の場合は、50万円以上の融資限度額の場合、もしくは、他社借り入れを含む限度額が100万円を超える場合とされています。銀行系のカードローンではその銀行が定めた限度額以上の申し込みを行う場合に必要となります。100~300万円をその基準としている銀行が多いようです。
本人確認書類は運転免許証やパスポートであり、収入証明は自分の収入が証明できる確定申告や給与明細などを指します。

即日融資の注意点

即日融資を可能にするには、カードローン会社が即日融資に対応できる時間に契約を完了している必要があります。細かくは会社によって異なりますが、時間で注意しておく点を説明していきます。

ローンカードを利用して即日融資を行う場合の契約完了時間

どこのカードローンでもカードがあれば、コンビニなどの提携ATMがあるので、24時間借り入れ可能になります。ここで注意しておかなければいけない時間は、カード発行の時間です。ローンカードの発行は自動契約機か店頭窓口で行うことになります。そのため、窓口が空いている時間までに契約が完了している必要があります。
例えば、自動契約機が22時までの場合は、21時までには契約が完了しているように申し込みを行った方がいいでしょう。

振り込みキャッシングで即日融資を行う場合の契約完了時間

振り込みキャッシングの場合は、利用するカードローンと振込先の口座によって対応時間が大きく異なります。両者が提携している場合などは、24時間対応の場合もありますが、その優遇がない場合ですと14時~14時半ごろでないと即日振り込みに対応できない場合もあります。
まずは、振込先の口座が何時まで振り込みキャッシングに対応しているか確認の上、場合によっては午前中に申し込みを完了しておいた方がいいでしょう。

即日融資の審査に通過するポイント

即日融資と言っても特別な審査を行うわけではありません。通りやすくするというよりは落ちにくくするために以下のことに注意しましょう。

1. 申し込み項目は正確に、本当のことを書く
2. 在籍確認に対応できるように準備しておく

申し込み項目には様々な項目がありますが、虚偽申告をした場合に審査に通る可能性は極めて低いといえます。虚偽申告はばれるので、必ず本当のことを記載しましょう。
また、審査には在籍確認が行われるので、勤務先が休みの時や電話口の方が在籍の認識をしていないなどで、確認が取れない場合は、審査を完了できません。申し込み時にはその対策も行っておきましょう。

まとめ

・無審査のカードローンは存在しない。無審査とある商品は違法の可能性が高い
・クレジットカードの現金化も無審査ではあるが、違法取引である
・審査では必ず返済能力をあらゆる観点で評価され、融資の可否が決定される
・無審査のカードローンはなくても、審査スピードのはやい即日融資可能のカードローンはある

おすすめの即日融資可能なカードローン

アイフル

アイフル

おすすめポイント

不要
最大50万円以下は原則収入証明書類不要!※
  • 人気のカードローンであるアイフルはなんといっても最短30分審査、さらに最短1時間融資と融資までのスピードが特徴です!更に審査が心配な方は事前にご融資可能か1秒で診断できるので安心です!また、指定の時間帯に自宅でカードを受け取れる「配達時間えらべーる」や、専用の無人契約でんわBOXから電話するだけでカード発行ができる「てまいらず」など、利便性も抜群です!オススメです!

直近60日間のアクセス数 1,129

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 800万円

※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス

プロミス

おすすめポイント

不要
50万円以下は原則収入証明書が不要
  • プロミスを初めてご利用する方に朗報!なんと30日間まるごと利息ゼロで利用が可能です(※)!さらにプロミスなら最短1時間で融資可能なので、お急ぎの方にもピッタリです!50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要、手続きもカンタン!申込前に借入可能か診断できるので、まずはチェックしてみるのも良いかもしれません。 ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

直近60日間のアクセス数 1,129

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
30日間 1万円〜500万円

※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

アコム

アコム

おすすめポイント

不要
限度額50万円以下なら所得証明書不要
  • アコムを初めて利用する方はなんと最大30日間金利0円で超お得!限度額50万円以下なら原則収入証明書の提出が必要ないため、手続きもカンタンです!来店不要、審査回答は最短30分、もちろん最短即日融資も可能なので、お急ぎの方にもピッタリ!

直近60日間のアクセス数 1,067

利用可能なコンビニ※

審査時間 融資時間 実質年率
最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0%
無利息期間 借入限度額 パート・アルバイト
最大30日間 800万円

※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

即日融資に関する記事

絞り込み条件で探す