どっちがお得?カードローンとクレジットカードを比較!

給料日前でお金が無い!
そんな時に役に立つのがカードローンです。
大手消費者金融のカードローンを利用すれば、最短1時間程度で借り入れすることができ、困ったときには本当に助かります。
またカードローンと同じようにお金を借りる方法として、クレジットカードを利用する方法があります。

目次

カードローンとクレジットカードの違いを把握していますか?

クレジットカードはカードローン以上に普及していて、多くの社会人が所有しているので、この記事を読んでいる方の中にも、クレジットカードを利用してお金を借りた経験があるかもしれません。
しかし、カードローンとクレジットカードは同じように見えても、その中身は意外と違います。
この中身を知らずに利用していると、知らず知らずの内に損をする事もあります。
そんな事にならないようにカードローンとクレジットカードの違いをしっかり理解しましょう。

カードローンとクレジットカードの特徴

ローンとは日本語に直すと貸付金となり、お金を借りることを意味します。
それに対しクレジットとは日本語に直すと信用となり、一般的にショッピングクレジット(信用販売)の事を指し、買物の際に一括または分割で支払いをする事を意味します。

カードローンの特徴

無担保でお金を借りることが出来る

カードローンは無担保でお金を借りる事が出来るローンです。
住宅ローンやマイカーローンは家や車自体が担保になっていますが、カードローンでは個人の信用度を対象として無担保でお金を貸し出しています。

各種ローンの中では金利が高め

個人の信用度を対象としてお金を貸し出すので、各種ローンの中では比較的金利が高く設定されています。

限度額の中で何度も借り入れが出来る

通常のローンの場合は、家や車など商品を購入するのに必要な分だけお金を借りることになります。
しかしカードローンでは決められた限度額内であれば繰り返し借りることが出来ます。
例えば、限度額を10万円と設定されたカードで10万円を利用しても、その後に5万円を返済して限度額に空きがでると追加で5万円を借りる事が出来ます。

様々な用途に使える

住宅ローンやマイカーローンでは家や車を買うためという風に借りたお金の利用方法が決められています。
それに対してカードローンでは事業目的以外であれば、基本的にその利用方法に制限がありません。

クレジットカードの特徴

クレジット機能とキャッシング機能がある

クレジットカードにはショッピングクレジットとキャッシングという2つの機能があります。
ショッピングクレジットは商品を買う際にクレジットカード会社にお金を立て替えてもらう支払い方法で、多くの場合分割払いの回数が2回以内なら手数料が発生しません。
キャッシングはお金そのものを借りることです。

カード会社やカード種別によって様々な特典がある

クレジットカードで買物をすると、利用者がお店に支払った金額から手数料が引かれ、それがカード会社の利益となります。
そのためクレジットカード会社は、より多くカードを利用してもらうために、利用金額に応じて得られる様々な特典を用意しています。

年会費がかかる

カードローンは年会費無料で利用できますが、クレジットカードでは年会費が必要な場合があります。
クレジットカードでも年会費無料のカードはありますが、ゴールドカードなどのランクの高いカードになるほど年会費が必要でその金額も高額になる傾向があります。
一般的に年会費が高くなるほど、付帯されている特典も豪華なものになります。

カードローンとクレジットカードの金利と支払い方法

上で説明したようにカードローンは、お金そのものを借りるためのローンです。
それに対しクレジットカードは、ショッピングクレジット(支払いを立て替える)と、キャッシング(お金を借りる)を選ぶことが出来ます。
ショッピングクレジットを利用して支払いを行う場合、分割払い回数が2回までは手数料がかからない事が多いので特に問題はありません。
しかし分割払い回数を3回以上にすると金利が発生し、利息を支払う必要があります。

分割払いの金利

カード名 分割回数3回 5回 6回 10回 12回 15回

ライフカードの実質年率

12.2%

13.5%

13.8%

14.5%

14.7%

14.8%

イオンカードの実質年率

10.05%

11.13%

11.43%

12.04%

12.19%

12.31%

楽天カードの実質年率

12.25%

13.50%

13.75%

14.50%

14.75%

15.00%

三井住友VISAカードの実質年率

12.00%

13.25%

13.75%

14.25%

14.50%

14.75%

Yahoo!JAPANカードの実質年率

12.19%

13.49%

13.85%

14.57%

14.73%

14.87%

このように、分割回数が3回を超えると金利が発生して、回数が多くなるほど実質年率が高くなっていきます。
実質年率が高くなるということは、それだけ支払う利息の総額が高くなることを意味しています。
一般的に分割払いを利用する際は、商品の値段が高いほど支払い回数を増やして月々の返済額を低くしようと考えるので、商品の購入額に比例して利息が高くなる傾向があります。

クレジットカードのキャッシング金利とカードローンの金利を比べて見ると

ではキャッシングではどうでしょう?
一般的にクレジットカードのキャッシング機能は金利が15.0%~18.0%に設定されていす。

キャッシングの金利

カード名 金利

ライフカード

100万円未満は18.0% 100万円以上は15.0%

イオンカード

7.8%~18.0%

楽天カード

18.0%

三井住友VISAカード

14.4%~18.0%

Yahoo!JAPANカード

100万円未満は18.0% 100万円以上は15.0%

それに対しカードローンの金利を見てみましょう。
クレジットカードのキャッシングとカードローンを比較してみると、カードローンの方が金利がかなり低く設定されている事が分かります。

カードローンの金利と限度額

提供先 金利 限度額

アイフル

4.50%~18.0%

500万円

アコム

3.0%~18.0%

800万円

プロミス

4.50%~17.8%

500万円

SMBCモビット

3.0%~18.0%

800万円

みずほ銀行 エグゼクティブプラン

3.0%~7.0%

1,000万円

三菱東京UFJ銀行 バンクイック

1.8%~14.6%

500万円

三井住友銀行 カードローン

4.0%~14.5%

800万円

りそな銀行 プレミアムカードローン

3.5%~12.475%

800万円

実はクレジットカードのキャッシングも、カードローンと同様にお金を直接貸し出す特徴のため、貸金業法が適用されています。
そのため上限金利が決まっていて、20%を超える金利を設定することが出来ません。
しかし下限金利の方は自由に決めることができるので、各社の特徴がここにでます。

クレジットカードでは皆が1~2回払いを利用していては、あまり利益が稼げません。
そのため、利益を意識してキャッシングには高めの金利を設定しているのです。
つまりキャッシングを利用するなら、カードローンを利用する方が低い金利で借りることができるということです。

分割払いと比べてもカードローンの方がお得になる事も

クレジットカードの説明では、分割払いを利用して商品を購入する際は、金額が高くなるほど分割回数が多くなる傾向があるため、それに比例して支払う利息の総額が増えるとお伝えしました。
しかし、カードローンを利用して商品を購入する場合は、購入金額が高くなるほど支払う利息の額が低くなることがあります。

なぜかというとカードローンでは、借り入れする額が大きいほど金利が低くなるからです。
カードローンではお金を後から返すという性質のため、高い金額を借りるにはそれにふさわしい高い信用度が必要になります。
信用度が高い方はカードローン会社にとってもキチンとお金を返してくれる優良顧客であるため、低い金利で貸し出すことができるのです。
そのため、高い商品を買う際は、カードローンを利用した方が結果的にお得になる事があります。

キャッシング利用時の限度額にも差がある

限度額の高さも大きく違います。
クレジットカードではゴールドカードのような比較的ランクが高いカードでも、キャッシングの限度額が100万円程度に設定されている事が多いです。
それに対しカードローンでは最高1,000万円まで借り入れ可能なものも存在します。


これはクレジットカードのキャッシング枠が、ショッピングクレジット枠と合計になっているためです。
審査によって決められた枠を全てキャッシングに充てる事が出来ないため、カードローンよりも低い限度額になっています。

またアメリカン・エキスプレス・カードのような一部のハイランクのクレジットカードではキャッシング枠自体を廃止したものもあります。
そもそもハイランクのクレジットカードではキャッシングを利用する方を対象としておらず、年間で数百万円の利用があったとしても、キャッシングを利用していると、上位のカードに招待されないという事があります。

申し込みから借り入れまでの時間は?

申込からカード発行までの時間にも違いがあります。
まずカードローンの場合を見てみましょう。

消費者金融系カードローンの貸し出しまでの時間

提供先 貸し出しまでの最短時間

アイフル

1時間

アコム

1時間

プロミス

1時間

SMBCモビット

1時間

カードローンの場合は大手以外にも、即日融資に対応している会社があります。
混み具合にもよりますが、申し込みからお金を借りるまで最短1時間で済む事もあり、初めて利用する方の中には、「お金を借りるってこんなに簡単なの!?」と感じる方もいるそうです。
これなら、家族の病気やケガなど自分ではどうすることも出来ない事情で急にお金が必要になった場合でも、すぐに対応することが出来ます。
ではクレジットカードではどうでしょう。

クレジットカードの発行までの時間

カード名 最短発行 備考

セゾンカード

最短即日

対象店舗で受取を利用した場合のみ

エポスカード

最短即日

対象店舗で受取を利用した場合のみ

ACマスターカード

最短即日

ACマスターカード

最短即日

ライフカード

最短3営業日

楽天カード

最短3営業日

クレジットカードの種類は国内に500以上あると言われていますが、即日発行に対応しているのは上記の3種類だけです。
そのうちのセゾンカードとエポスカードは、即日発行するには対応店舗まで行ってカードを受け取る必要があるため、近隣に店舗がない場合は即日利用することはできなくなってしまいます。
またACマスターカードは消費者金融のアコムが発行するカードであるため、全国のむじんくんで受取可能ですが、クレジットカードであるにも関わらずポイント還元がなく、支払い方法もリボ払いのみです。
そのため事情があって他社では作ることが出来ないが、どうしてもクレジットカードが欲しいという方以外にはあまり魅力がありません。

発行までの時間が早いと言われるクレジットカードでも、最短で3営業日はかかるのが一般的で、有名なカードでも発行までに2週間程度かかることはよくあります。
そのため利用できるまでの時間という点で見てみると、カードローンの方が圧倒的に優れていると言えます。

審査の厳しさも違う

こうして見ると、クレジットカードよりもカードローンの方が優れていることが多いよに感じますが、メリットがあればその分デメリットもあります。
それが審査です。
特に学生の場合は、クレジットカードの審査に最も通りやすい時期であるのに対し、カードローンでは学生専用ローンを設けている会社以外では、審査が厳しくなっています。

なぜ審査の厳しさが違うかというと、クレジットカードは商品を立て替え、カードローンではお金の貸し出しという違いがあるからです。
クレジットカードのショッピングクレジットを使って購入したものは、その支払いが終わるまでは商品の所有権がクレジットカード会社にあります。
そのため、支払いが終わるまではその商品自体が担保になっていると考えることが出来ます。
一方カードローンは無担保でお金そのものを貸し出すという性質のため、保証となるものが個人の信用しかありません。
そのため貸し倒れを防ぐためにクレジットカードよりも審査が厳しくなっているのです。

まとめ

・分割払いの回数が2回までならクレジットカードがお得
・クレジットカードの分割払いは回数が多くなるほど支払総額が高くなる
・クレジットカードのキャッシングよりも、カードローンの金利の方が低くてお得
・限度額はカードローンの方が高い傾向がある
・即日利用はカードローンがオススメ
・審査の通りやすさはクレジットカードの方が有利

絞り込み条件で探す