カードローン審査が不安な方向け特集

カードローンの審査が不安な方は要チェック!

カードローンの審査が不安な方の理由として多いのは、既に他社で借入があり、新規の申込が出来るのか、という方が多くいらっしゃいます。そのような方のために、借入可能額シミュレーション機能を準備しました!ご年収と現在の借入金額などの項目を入力すれば、あなたがいくら借入できる可能性があるか、即座にお答えします!また、合わせて借入ができる可能性があるオススメのキャッシング会社も紹介します!是非チェックしてみてください!
※借入可能額は目安となります。実施の借入可能額は各金融機関にお問い合わせください。

私はいくら借りられるの?審査が不安な方も事前に安心!

借入可能額シミュレーション

  • ご本人の年収必須
    万円
  • 配偶者の年収
    万円
  • 借入残高必須
    万円
  • 借り入れ件数
借入がある
金融機関

診断結果より
あなたの借入可能予想金額

上記の金額が借りられる可能性があるカードローンはこちら

-万円

※金融機関の審査により借入が出来ない場合も御座いますので
あらかじめご了承ください。

審査なしのカードローンは無い

カードローンに申し込む際には、誰もが気になるのはやはり審査でしょう。はっきり言いますと、カードローンの新規申し込みで審査をしないカードローン会社はまずありません。
もし「審査なし!」と言うような、甘いうたい文句のカードローン広告などを見つけた場合は、ヤミ金などの違法な貸金業者だと疑ったほうがよいでしょう。

収入証明書不要=審査なしではない

カードローンの広告などで、「○万円以内なら収入証明書不要」といったキャッチフレーズをよく見かけると思われます。
これは、「○万円以内であれば収入に関する証明はしなくても融資する可能性はありますよ」ということであって、「審査なし」ということではありません。必ず審査は行われます。また、収入証明書が不要であっても審査が甘いというわけでもありません。

貸付対象者について

多くのカードローン会社の「貸付対象者」の条件に以下があります。

・満20歳以上
・定期的な安定した収入がある方

そもそもカードローンの申込をするためには最低でも上記を両方ともクリアしている必要があります。

年齢については満20歳以上で上限の年齢も69歳以下と決めている金融機関が多くあります。
69歳以下と取り決めているのは、若い方の場合は返済までの時間が多くあるのに対して、高齢の方は、例えば返済期間の間に亡くなってしまう、という金融機関側のリスクが高まるためです。
収入面では、いくら安定した収入があったとしても、年齢が20歳に満たない場合はお申込をすることが出来ません。学生ローンの場合は金融機関によっては18歳以上なら借入が出来るところもありますが、大手の金融機関の場合はそれが出来ません。

また、貸付対象者の条件に「安定した収入」とありますが、これは「正社員で勤務をしていなければいけない」ということではありません。例えば派遣社員の方や、アルバイトの方でも安定した収入とみなされることがあります。ただし、アルバイトの方の場合は、アルバイトをはじめたばかり、という場合はNGとなる場合が多く、アルバイトでもある程度長期にわたり収入がある場合に申込が可能です。

審査に必要な書類は?

カードローンに申し込みをした場合には必ず必要書類の提出を求められます。
カードローン審査に必要な提出書類は多いと思われがちですが、免許証などの本人確認書類と収入証明書の2点で済みます
また、大手の消費者金融カードローンでは、希望する借り入れ限度額が50万円以下の場合には収入証明書が不要なことが多いようです。さらに、銀行カードローンでは100万円以上の場合でも収入証明書が不要なところも多くあります。
※審査に必要だと判断されれば、希望限度額に関係なく収入証明書の提出を求められることもあります。

必要書類として利用できるもの

本人確認書類 ・運転免許証
・各種健康保険証
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
収入証明書類 ・源泉徴収書
・確定申告書
・所得証明書
・納税証明書
・住民税決定通知書
・給与明細書(最新3か月以内の2か月分)

※カードローン会社によっては、上記の中でも必要書類として認められない書類もあります。

審査で見られる項目

カードローンの審査で見られるのは、その人の返済能力と信用情報の大きく2つとなります。

属性

属性とは、年収や勤続年数・家族構成など、審査対象者のさまざまな個人情報をひっくるめた総称です。
カードローン会社は属性の一部である、年収や勤続年数などをそれぞれ点数化し総合点を出します。その総合点が高いほど、返済能力があるとみなされるため、審査結果に影響を与える項目の一つとなっています。

カードローン審査で見られる属性は主に以下のようになります。

年齢

年齢は若ければ若いほど評価は高いと言われています。その理由としては、上記の貸付対象者の項目でも述べたように、年をとるほど死亡リスクが高まり貸し倒れの可能性も高まるからです。
また、カードローン会社にとっては若い方のほうが長くつきあえる顧客のためともいわれています。

職業

勤務先については一般的に審査に有利なのは公務員といわれています。続いて勤務先の規模も重要で、有利なのはやはり大企業です。これらはやはり収入が安定している、という観点から有利とされます。また雇用形態も正社員が有利であり、自営業やパート・アルバイトの方が不利になるという傾向があります。

勤続年数

もちろん勤続年数は長いほど評価は高いといわれています。
理由としては、勤続年数が短い場合には転職や退職が多いと思われ収入の安定性が低いとみなされます。それとは逆に、勤続年数が長いほど転職や途中退職は少なくなる傾向にあり収入の安定性が高いとみなされるからです。
また、勤続年数は属性を見られるときには優先度の高い項目ともいわれています。

年収

年収は、属性として見られるときにはそれほど重要度は高くはないといわれています。
カードローン会社側は年収に合わせた限度額を設定すればよいため、カードローン会社側からすると一定の年収があればそれで充分だと考えられているようです。
但し、無収入の方が借りることは難しいでしょう。

居住年数

居住年数は長いほど評価がいいようです。そのためアパートなどの賃貸であっても、ずっと賃料の支払いを続けているとみなされるため、評価は高くなります。
また、持ち家の場合は居住年数が短いからといって評価が低くなることは少ないようです。

居住形態

居住年数とは別で、居住形態でも評価されます。その場合、自己名義の持ち家の評価が一番高くなり、賃貸は持ち家と比べると評価は低くなる傾向があります。
また、持ち家の場合、住宅ローンなどを完済しているとなお良いようです。

家族構成

家族構成は、実家暮らしで独身であることが最も評価は高いようです。その理由としては、経済的負担が少ないために返済に充てるお金にも余裕が出やすいと判断されるようです。
ですが、独身1人暮らしの場合には返済に困ったときに頼る相手がいないとみなされ、評価は一番低くなるようです。

健康保険の種類

健康保険で評価が高いのは共済保険や組合保険だといわれてはいますが、社会保険や国民健康保険の場合でも大きく評価に差が出ないとも言われています。
また、カードローン会社によっては、健康保険証を在籍確認代わりとして利用できるところもあるようです。

信用情報

まずは信用情報とは何か、解説します。信用情報とはローンやクレジットカードなどの信用取引の履歴のことをいいます。これらの利用履歴には取引の都度記録が残っていきます。その記録の代表的なものとしては以下があります。

返済遅延履歴

カードローンの返済日に返済を遅れてしまうと、信用情報に残ります。これはクレジットカードも同様です。また、近年気をつけなければいけないのは携帯電話の購入における分割での支払いです。これも同様に支払いが遅れてしまうと信用情報に残ることになります。延滞履歴が信用情報に残った場合、最長1年から5年記録が残ることになります。

債務整理の履歴

債務整理とは合法的に借金の額を減らす手続きです。多くは弁護士事務所に相談のうえ、進めることになります。債務整理の種類は「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」があります。この場合任意整理は最長で5年間、自己破産の場合は最長10年記録が残ることなります。金融機関にとっては債務整理を行っている方は、返済管理が出来ない、新たに貸付を行った場合に、返済されない可能性が高いので貸付をしない、と判断をされてしまう可能性が高くなります。

信用情報機関って何?

この信用情報は信用情報機関が管理をしています。では信用情報機関とは何なのでしょうか。信用情報機関は国内に3つあります。以前は5つ存在していたのですが、現在は統廃合が進み、3つとなりました。
一つ目は日本信用情報機構です。ここは3つの信用情報機関の中でも最も古く、主に消費者金融系の会社が登録しているといわれています。延滞情報や債務整理情報は5年、多重申込は6ヶ月保管されています。

続いてはCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)です。主にクレジットカード会社が登録しているといわれています。2012年11月時点ですが約6億を越す個人信用情報を管理しています。CICは日本信用情報機構と契約情報の一部を共有しています。

最後は全国銀行個人信用情報センターです。全国銀行個人信用情報センターはその名の通り、銀行、銀行系カード会社が登録をしています。その他農協や信用金庫、信用組合が加盟しています。

これらの信用情報機関はそれぞれ独立していますが、事故情報だけはそれぞれが利用できるように共有がされています。よって、例えば消費者金融で滞納してしまったから、クレジットカードのCICでは大丈夫だろう、ということはありません。
また、この信用情報ですが、自分の状況を確認することが出来ます。方法はそれぞれ情報開示請求をするのですが、窓口や郵送、ネットで可能となっています。※全国銀行個人信用情報センターのみ郵送での対応となります。

専業主婦の場合はどうなる?

専業主婦の場合は収入がないため、「満20歳以上・定期的な安定した収入がある方」にはあてはまりません。
ですが専業主婦の場合には例外があり、専業主婦であっても申し込むことが可能なカードローン会社もあります。

専業主婦の場合、本人が無職であっても配偶者に安定した収入があれば、多くの銀行カードローンには申し込むことが可能となっています。ただ、専業主婦の場合、一般の方と比べて借り入れ可能上限額が低く設定されています。

また、すべてのカードローン会社で申し込みが可能となっているわけではないので、「申し込み可」となっているカードローン会社を探す必要があります。

専業主婦でも借りられるカードローンについてもっと詳しく知りたい方はコチラ! >

おまとめ・借り換えの審査について

「おまとめローン」や「借り換えローン」は、複数の借金を単体のカードローンに一本化したり、高金利なカードローンからより金利の低いカードローンに借り入れをシフトしたり、ということが可能になるのが特徴です。

おまとめローンや借り換えローンの審査は通常の借り入れ審査よりも厳しくなるといわれています。
そのおまとめローンや借り換えローンに申し込みの際に見られる項目についてですが、属性や信用情報はもちろん、その中でも重要視されるのが他社からの借り入れの件数や事故情報などです。

借り入れ件数について

借り入れ件数は曲者で、借り入れの「総額」よりも他社からの借り入れ「件数」が多いほうが審査結果にはマイナスに働くようです。
例えば、「2社からの借り入れ総額が150万円」の場合と「5社からの借り入れ総額が150万円」の場合では後者のほうが審査に落ちやすくなると言われます。

事故情報があると厳しい

事故情報とは主に長期延滞・債務整理などがあった場合に信用情報機関に残るものですが、その期間が最低でも5年ほど残るため、過去に返済トラブルがある場合は審査に通るのは厳しいかもしれません。

おまとめ・借り換えは総量規制の対象外

総量規制は年収の1/3を超える貸し出しを禁止する法律ですが、おまとめローンや借り換えローンは「顧客に一方的に有利な借り換え」となるため、総量規制の対象外となっています。

審査に通らない理由

もし審査に通らなかった場合はどのような理由が考えられるのでしょうか。以下で考えられる理由を挙げます。

貸付対象者の条件を満たしていない

冒頭にも説明をしましたが、各社貸付対象者の条件があります。条件には年齢、年収等がありますが、もちろんその条件に満たない年齢であったり、収入がなかったりする場合は審査に通ることはありません。

現在の借入額、件数

総量規制のルールにより、基本的には年収の1/3を超えての借入をすることは出来ません。もし既に他社で借入が多くある場合は、審査に通ることは難しくなります。また借入件数も4社以上の借入となる場合は審査に通ることが難しいと言われています。
ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、年収の1/3を超えての借入も出来る可能性があります。

短期間で何社にも申込を入れる

短期間で何社もの金融機関に申込を行うと、いわゆる「申込ブラック」として審査で不利になります。おおよそ1ヶ月に3社というのが一つのラインとなります。

ブラックリストである

過去に返済の遅延があったり、債務整理などを行ったりした方は、審査通過はかなり厳しくなります。

申込の希望額が高い

総量規制のルールの中、借入可能額は年収の1/3以内となります。他社の借入金額も含め、それ以上の利用限度額を希望すると審査に通りづらくなる可能性があります。

勤続年数が短い

カードローンの貸付対象者の条件に「安定した収入がある方」とあります。例えば仕事を始めて1週間ほどしかたっていない、などという方は「安定した収入がある方」とみなされず審査に不利になる可能性があります。おおよそ1年ほどの勤続年数が一つのラインであるといわれています。ただし、中には在籍確認さえできれば1ヶ月未満でも借入が出来る金融機関もあります。

カードローン審査に落ちた人の体験談・口コミ

Aさんの体験談

年収350万、勤続年数は7年あるのですがカードローンの申し込みに落ちてしまいました。
考えられることは、一点だけ書類に不備があったと思います。それは携帯電話の名義が親の名義なのに、本人名義と書いたことです。さらに別のカードローン会社に申し込みましたがまた落ちました。

Bさんの体験談

自己破産をした過去があり、事故情報の保存期間は5年と聞いていたため、それから5年経って申し込みをしたが審査に通りませんでした。また、5年後に申し込んだがだめでした。
その後、詳しい人に相談して携帯電話の分割購入から始めてやっとカードローンの審査に通りました。

落ちたと考えられる理由


Aさんの場合

Aさんの場合、1社目では書類に不備があったためだと考えられます。
カードローン会社は審査の際に、項目の中に嘘がないかを徹底的に調べます。その際、携帯電話の名義を間違って書いたことによって、虚偽の申告をしたと思われたのでしょう。携帯電話は分割払いで購入することが多いため、信用情報を照会すればすぐにわかってしまいます。

次に、2社目も落ちた理由としては、1社目の審査に落ちた後に、すぐに申し込みをしたことが考えられます。 カードローンの申し込み記録は共有されており、2社目のカードローン会社としては「他のカードローン会社の審査に落ちたのは、何か貸せない原因があったのでは?」と思われたのでしょう。 また、落ちてすぐの申し込みだったため、さらに印象が不利になったと思われます。

Bさんの場合

Bさんの場合は、まず自己破産が原因です。自己破産は事故情報として10年は保存されると言われており、5年経っても事故情報の照会で引っかかったのでしょう。

次に、10年経っても審査に落ちた原因としては、逆にクレジットヒストリー(略してクレヒス)が全く無かったことが考えられます。クレヒスはクレジットカードの利用やローンなどの過去5年間の利用履歴の事を言いますが、Bさんはそのクレヒスが全く無かったことでカードローン会社に疑問を持たれたのでしょう。 最後にBさんが審査に通った理由ですが、Bさんは携帯電話の分割購入などでクレヒスを作り、信用をつみあげていった結果、カードローン審査に通ったのだと考えられます。

審査で注意する点

カードローンの審査を進めるにあたり申込時に注意をしなければならないことがあります。以下3点を必ず守って審査を進めましょう。

  1. 1.複数のカードローン会社に同時に申し込むのはやめましょう。
    よく「もしこのキャッシング会社で審査が落ちたときのために、別のキャッシング会社にも申し込みをしておこう」と複数社に同時に申し込みをする方がいらっしゃいますが、これはなるべくやめましょう。このような申込履歴は即座に信用情報機関を通じて、分かってしまいます。その際に、この申込者は他の金融機関でも借りられない人、同時申し込みにより総量規制の枠を超える可能性がある、等の理由からネガティブな印象を与え、結果的に審査に不利になる可能性がおおいにあります。
  2. 2.虚偽の内容の申請はやめましょう。
    申込時に、審査時に少しでも良く見せようと、虚偽の内容を申請する方がいます。「年収が高いほうが有利なのでは?」「他社の借入が少ないほうが審査に通りやすいのでは?」ということから「年収」や「他社の借入金額」などの項目で虚偽の入力をする方が多いようです。このように虚偽の申請はたいていバレてしまいます。特に他社の借入金額は信用情報機関を通じてほぼ確実に分かってしまうので、申込内容は正直に記載しましょう。
  3. 3.申込内容に誤りが無いように注意しましょう。
    わざとでは無くても申込時に誤った内容を記載してしまうことがありますが、これも審査時に誤った判断をされてしまう可能性があります。申込時にはしっかり内容を確認のうえ、申請しましょう。

カードローン審査に甘い・厳しいはない

カードローンに申し込む際に気になるのはまず、「審査に通るだろうか?」ということだと思われます。
その次に気になるのは「このカードローン会社の審査は厳しいのだろうか?」や「どこの審査が甘いのだろうか?」ということでしょう。
一般的には、「銀行カードローン」→「消費者金融カードローン」の順で審査が厳しいといわれていますが、決して消費者金融のカードローン審査が甘いということではありません。

一般的に「銀行カードローン」→「消費者金融カードローン」の認識になる理由とは?

一般的に審査の厳しさの認識が「銀行カードローン」→「消費者金融カードローン」になる理由としては、両者の金利差によるものです。
銀行カードローンの金利は、消費者金融カードローンと比べ全体的に低くなっていることがほとんどで、消費者金融よりも審査が厳しくなるのが自然です。
そのため、銀行カードローンと消費者金融カードローンの金利が同じだったとしたら、両者の審査における通過率の差はほとんどなくなるでしょう。

審査時間

お金を借りる際は急いでいる方が大半です。そんなときに重要なのが審査時間です。そのような理由からも最近のカードローン会社の審査時間はどんどんと短くなっています。
ただし、下記の通り金融機関の種類、個別の金融機関により審査時間は異なります。

  • ・消費者金融系・・・最短30分程度
  • ・銀行・・・最短即日~1週間
  • ・信販系など・・・約1週間

上記をみて分かるとおり、もし融資まで急いでいる場合は、消費者金融系のカードローン会社を選択することをおすすめします。消費者金融系カードローンは審査時間だけでなく、その後の手続きも簡素化されており、融資までの時間も最短で1時間など、銀行等に比べると早いことが多いです。

また各金融機関共通ですが、申込をする曜日や時間によって審査時間は異なります。土日祝日は審査に時間がかかるところや、そもそも審査回答が翌営業日になるところもあります。また深夜に申込をした場合は審査回答が翌日以降になりますので、お急ぎの方は平日のなるべく早い時間に申込をしておくことが必要です。

審査後のキャンセルは可能?

カードローン審査の後でもキャンセルは可能です。ですが、キャンセルの場合は電話などで理由を伝えたほうがいいと言われています。
理由は、審査後のキャンセルであってもその記録は残るため、また、申し込みをした際に以前キャンセルしていることはカードローン会社側にはバレてしまうためです。そのため、カードローン会社側に無断キャンセルとして記録が残っているよりは、事情を伝えていたほうが次回申し込みの印象も悪くなりにくいようです。

知っていた方がいい豆知識

保証会社について

銀行カードローンの申し込み条件には必ず記載されている「保証会社○○の保証を受けられる方」とありますが、保証会社ってどんな会社か知っていますか?

保証会社とは?

保証会社とは、簡単に言うと銀行カードローン会社に申し込んだ人の保証人になってくれる会社です。保証会社は主に消費者金融が担っており、この保証会社のおかげでカードローンは担保・保証人が要らなくなっています。

保証会社の役割

保証会社の役割は、債務者の返済が厳しくなると債務者にかわって借入残高の返済を行うことです
また、「保証会社の保証を受けられる」ということは「保証の審査に通った」ということにもなり、一定の信用があるとみなされます。

保証会社の保証を受けられない場合

銀行カードローンを申し込んだ際に保証会社の保証を受けられなかった場合は、他の銀行カードローンであっても保証会社が同じだと、審査に通るのは厳しくなります
その場合は、他の保証会社と提携している銀行カードローンに申し込むと結果が変わってくるかもしれません。

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードでは、返済方法ぐらいしか大きな違いは無いと思われる方もいるでしょう。ですが、両者を比べると結構な違いに気がつきます。

クレジットカードのほうが金利が高い

クレジットカードでキャッシングを利用すると、銀行カードローンに比べて金利が高くなってしまいます。また、クレジットカードでリボ払いをする場合も、毎月の使用額が変動しやすいため、必要以上に利息が高くなってしまうこともあります。

現金払いかカード払いか

クレジットカードの場合はカードが利用できない場所では使用できませんが、カードローンは現金を借り入れるため、利用の場所を選びません。

カードローン与信枠は住宅ローンに影響する?

よくあるうわさとして、「カードローンの与信枠が住宅ローンの借り入れに影響する」という話ですが、実際にカードローンの与信枠は住宅ローンに影響することがあるようです
そのため、カードを所持しているが借り入れをしていない場合でも、将来的に与信枠分の借り入れを行う可能性があると判断されることがあるようです。

また、カードローンの与信枠だけではなく、クレジットカードのキャッシング枠なども当てはまるため、住宅ローンに申し込む際には利用しないものは解約なども考えたほうがいいかもしれません。

もしもに備えて銀行口座を開設

急な出費がかさんで、どうしても資金が必要になる時ってありますよね?
もし、そうなった場合には「即日融資可能」のカードローンを探すことになると思われます。
その即日融資ですが、銀行カードローンの場合には、その日の内に融資を受けるためには前提条件をクリアしておけば簡単に申し込むことが可能です。

前提条件とは多くの場合、その銀行の口座を開設していることなのですが、銀行口座を開設していればネット申し込み後の数時間で借り入れが可能になる銀行カードローンもあります
そのため、今カードローンの与信枠は必要ないという方でも、銀行口座を開設しておくことで、もしものときの即日融資に備えられます。

過払い請求後はブラックリストにのる?

過払い請求をすると、過去に払い過ぎた利息を取り戻すことができます。ですが、巷では過払い請求をするとブラックリスト入りしてしまい今後ローンが組めなくなるといったことが噂されているため、過払い請求をするかどうかで悩んでるかたもいるでしょう。

これは、嘘でもあり本当でもあると言えるようです。

借金を完済している場合は大丈夫

すでに完済している借金に関しての過払い請求の場合には、事故情報として信用情報機関に残ることはないようです。ですが、過払い請求をされたローン会社としては印象が悪くなるため、過払い請求後の利用が難しくはなるようです。その場合、他のローン会社への影響はないようです。

過払い請求後に借金があると危険

ローンなどの借金返済中であっても過払い請求は可能となっています。
ですが、過払い金が戻ってきても借金がなくならない場合には借金の減額手続き=債務整理という扱いになります。そのため、事故情報として信用情報期間に残ってしまい、その後のすべての借り入れ審査に影響を及ぼします。
また、過払い請求をしたローン会社の保証会社にも借金がある場合や、過払い請求をした同じグループ会社に借金がある場合にも債務整理扱いになる可能性があるため注意が必要です。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

このページに関連するQ&A