カードローン契約者が死亡した場合、誰が返済に応じるの?

2016年9月30日
カードローン契約者が死亡した場合、誰が返済に応じるの?

カードローンの契約者やその家族の方は、「契約者が死亡したら、その返済はどうなるの?」と不安に感じたことはありませんか?契約者が死亡した場合の返済義務は、相続の状況によって誰が受け継ぐのかが変わってきます。 そこで今回は、カードローン契約者が死亡した場合の返済について、分かりやすくご紹介します。

目次

相続人がカードローンの返済を受け継ぐことになる

身内が亡くなった場合に、故人が所有していた資産の相続を考えている方もいるでしょう。しかし、相続をすると預貯金や不動産といった資産のほかに、故人の「負債」も受け継ぐことになります。つまり、故人が利用していたカードローンの返済が残っている場合には、相続人が返済を受け継がなくてはなりません。
相続する資産額がカードローンの返済額よりも多ければ、特に大きな問題とはならないでしょう。そのようなケースでは、相続した資産でカードローンの返済を行えば、残った分の資産をそのまま受け継ぐことができます。
しかし、問題となるのはカードローンの返済額の方が多いケースです。このような状況で相続人になると、返済しきれなかった分の負債がそのまま自分に残る形となります。

相続放棄・限定承認を選べば、金銭的に損をすることはない

故人の資産より負債の方が多いケースでも、「相続放棄・限定承認」のいずれかの方法を選べば、金銭的に損をすることはありません。では、それぞれどのような方法なのかについてご紹介します。

【1】相続放棄
法定相続人が、資産・負債のいずれの相続も辞退することを相続放棄と言います。法定相続人とは、主に下記の人物のことを指します。

・被相続人(故人)の配偶者
・被相続人の子ども
・被相続人の父母
・被相続人の兄弟姉妹

相続放棄を選ぶ場合には、「自分が相続人になったことを知った3ヶ月以内」に、家庭裁判所で手続きを済ませる必要があります。実際の手続きでは、家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出し、内容が認められると「相続放棄申述受理通知書」が交付されます。なお、相続放棄の手続きは各相続人が単独で行わなくてはなりません。

【2】限定承認
故人が資産・負債を残していた場合に、相続する資産の範囲内で負債も受け継ぐことを限定承認と言います。つまり、限定承認を選べば、相続によって金銭的に損をすることはありません。故人が密かにカードローンを利用していた場合でも、それは同じです。
ただし、限定承認の手続きは相続放棄とは異なり、全ての相続人が共同で申請をする必要があります。期限については、相続放棄と同じく「自分が相続人になったことを知った3ヶ月以内」となっています。

このように、相続放棄や限定承認を選べば、相続後にカードローンの返済だけが残るといった結果を防ぐことができます。ただし、自分がそのカードローンの「連帯保証人」になっているケースでは、相続放棄や限定承認を選んでも、返済義務が免除されることはありません

単純承認で自動的に負債が受け継がれることも

上記では、相続放棄と限定承認の期限について触れました。では、自分が相続人であることを知ってから4ヶ月以上が経過してしまうと、どのような扱いになってしまうのでしょうか。
このようなケースでは、「単純承認」として扱われることになり、相続する権利のある資産・負債の全てが、自動的に受け継がれることになります。そのため、相続放棄や限定承認を選ぶ場合には、早めに行動することを意識しておきましょう。
期限までに間に合わない場合には、家庭裁判所に対して「熟慮期間の伸長」を申し立てることによって、期限の延長が認められることがあります。ただし、必ずしも認められるわけではないため、可能な限り3ヶ月以内に行動することを心がけましょう。
また、以下も単純承認として扱われることになります。

・相続人が相続財産の一部を処理してしまった場合
・相続人が相続財産の一部を故意に隠していた場合

なども、単純承認として扱われることになります。特に、限定承認の手続きでは、「相続財産の目録」を作成する必要があるため、記入漏れがないかどうかを入念にチェックする必要があるでしょう。

負債を受け継ぐ場合には、どのような手順で返済する?

故人の負債を受け継ぐ場合には、まずは金融機関に連絡を入れてみましょう。金融機関によっては、契約者死亡手続きを済ませることによって、債務を放棄できる可能性があります。金融機関に電話などで「契約者本人が亡くなった」と伝え、その場合に該当する規約について尋ねてみましょう。
また、中には契約者の家族に対して、「一括で支払って欲しい」と伝える金融機関も見られます。返済の方法や金額によって、家計への負担も大きく変わってくるため、まずは金融機関に連絡を入れて現状を把握するようにしましょう

まとめ

・カードローン契約者が死亡した場合の返済は、相続人が受け継ぐ
・相続放棄、限定承認を選べば、返済義務を放棄できる
・手続きが遅れると、単純承認として扱われるため注意
・返済義務を受け継ぐときは、まずは現状を把握する

絞り込み条件で探す