銀行のバックに消費者金融?カードローンと保証会社の関係とは?

2016年7月19日
銀行のバックに消費者金融?カードローンと保証会社の関係とは?

一般的にローンを申込むときには保証人が必要ですが、カードローンはその必要がありません。しかし代わりに保証会社が保証人に付きます。カードローンを申込むときに「当社所定の保証会社の保証を受けられる方」という条件を見たことがある人もいるでしょう。ではカードローンと保証会社はどのような関係性を持っているでしょうか。ここではカードローンと保証会社の関係性をご紹介します。

目次

保証人と同じ役割をする保証会社

保証会社は一般的なローンで言うところの保証人と同じです。お金を借り入れるときには保証人を立て、万一借りた人がお金を返せなくなった場合、保証人が代わりに支払うことになっています。保証会社も全く同じで、カードローンで借入を行っている人の返済が滞った場合に、代わりに返済をしてくれます。
またカード会社や銀行としても保証会社を付けることによって、借金を確実に回収できる上、お金を借りた人の管理まで行ってもらえます。保証会社があることによって業務が非常にスムーズに進むため、お金を貸す側にとってもなくてはならない存在です。

保証会社のカードローンでの役割

保証会社はカードローンの仕組みにおいて、どのような役割を持つのでしょうか。保証会社がカードローンで行う役割は主に、以下の2つです。

・ローンの肩代わり
・審査

【1】ローンの肩代わり
保証会社の1つ目の役割は、ローンの肩代わりです。前述したようにお金を借りた人がお金を返済できなくなった場合、借りた人の代わりにお金を返済してくれます。
しかしこれはあくまで肩代わりです。借りた人が返せないお金は保証会社が代わりに支払ってくれますが、今度は保証会社から肩代わりした金額の返済を求められます。
つまりA銀行からお金を借りていて返済できなくなったとしたら、B保証会社が代わりに銀行に返済し、B保証会社から「肩代わりしたお金を返してください」という連絡が来るようになります。単純にお金を返済する場所が変わるだけで借金がなくなるわけではありません。
また保証会社が代わりに返済をしたとしても、お金を借りた本人の支払いができなかったことは事実のため、信用情報に事故情報として記載されます。信用情報に事故として記載されてしまうと、新しい借入がしにくくなるため、保証会社が付いているからといって返済を怠ってはいけません。

【2】審査
保証会社はカードローンを申込んだ人の審査も行っています。審査の基準は「返済能力があるか」が基本です。万一返済できなくなった場合には、保証会社がリスクを負って返済するため、きちんとお金を返せる能力があるかが重要になります。
審査は基本的に金融機関で共有している信用情報をもとにしています。信用情報には延滞や債務整理をしていないかなどが記載されており、過去に何らかの金融事故を起こしている場合には、審査に通りにくくなります。俗に言う「ブラックリスト」です。
またこの信用情報は会社で独自のものを持っていることもあります。基本的に信用情報に記載されている金融事故は一定の時間が経過すると消えます。しかし金融事故を起こされた金融機関は独自にその情報を保管している場合があり、そういった会社では過去に事故を起こした人にはお金を貸してくれないこともあります。

銀行には消費者金融が保証会社として付いている

現在銀行のカードローンには、消費者金融が保証会社として付いている場合が多いです。今までよく耳にした消費者金融が銀行の傘下に入り、そのもとで審査やローンの肩代わりを行っています。
こうした背景には貸金業法が大きく関わっています。貸金業法が大きく変わったことにより、金利の引き下げや過払い金の大量請求などが起こり、大手の消費者金融でも生き残るのが難しくなりました。平成18年には1万4000社あった消費者金融が、平成25年には2200社ほどまで減っています。かつては最大手と言われていた消費者金融ですら、過払い金の支払いが負担となって倒産したほどです。
そこで消費者金融は銀行の傘下に入り、保証会社となりました。銀行側としてもこれから増えていくと考えられている個人向け融資を行うために、消費者金融のノウハウが役立つと考えたためです。また信用情報は貸金業者でのみ共有されているものもあり、これは銀行では見られません。消費者金融を保証会社にすることで、こうした情報を閲覧できることも銀行にとってはメリットです。

こうした経緯で、銀行カードローンには消費者金融が保証会社として付いています。そのため銀行のカードローンでは銀行と消費者金融、両方の審査を通過する必要があります
必然的に審査も厳しくなるため、銀行のカードローンに申し込む際には、保証会社がどこなのかも調べましょう。もし以前に信用事故を起こしたことがある会社であれば、審査を通過するのは厳しいと思われます。

まとめ

・カードローンにおける保証会社は、ローンの保証人と同じ
・保証会社はローンの肩代わりのほかに審査も行っている
・銀行のカードローンは消費者金融が保証会社

この記事と関連する記事

絞り込み条件で探す