レディースローンとは何なのか?基本的な事から解説

2016年11月24日

近ごろ目にすることの多くなったレディースローンですが「そもそもレディースローンって何?」と思われる方も多いのではないでしょうか? この記事ではそのレディースローンについて、申し込み・返済方法、気になるであろう事などについて解説していきます。

目次

レディースローンとは?

レディースローンはカードローンの一種で、名称の通り女性専用のカードローンになります。
レディースローンは普通のカードローンとは違い、対応スタッフがほぼ女性で構成されているという事が大きな特徴になります。オペレーターが女性のため、初めてカードローンに申し込む女性でも相談などがしやすくなっています。

なぜレディースローンができた?

一昔前は、消費者金融カードローンによる自己破産などが急激に増加したため、消費者金融は怖いなどのイメージが広まっていたようです。そのため女性がカードローンを利用する機会は、現在よりも少なかったと言われています。

そこで、カードローン会社は女性から持たれるカードローンのイメージを変えるため女性が借りやすいように女性スタッフが対応するレディースローンを始めたと言われています

普通のカードローンとの違い

レディースローンと通常のカードローンとの違いは、女性スタッフが対応するという点とカードローン会社によっては借り入れ限度額が通常よりも低くなる場合があるという事です。そのため、金利に差が出るといった違いはほとんどないようです。

レディースローンはこんな事にも使える

月末で苦しい時の生活費に

出費がかさんでしまい、給料日までの生活費が足りないというような場合に、あらかじめレディースローンを契約しておけば必要な分の生活費を借り入れる事が出来ます。少額の借り入れなら、給料日に一気に返す事も可能なため、余分な利息を気にせず借り入れる事が出来ます。

旅行費用にも使える

レディースローンで借り入れたお金は、旅行費用として利用もできます。仕事が忙しく「このタイミングでしか旅行に行けないのにお金が足りない」というような場合でも、レディースローンを契約していれば問題解決です。

病院代としても使える

病気はいつ掛かるかわかりません。そのため、病院に行く費用はなかなか置いておくことは難しいと思われます。そんな場合でも、レディースローンを使って病院代を借りる事が可能です。レディースローンを契約していても、利用しなければ利息や手数料などはかからないため、緊急時のために備えておくという事も一つの手です。

申し込み・審査について

申し込み方法

レディースローンへの申し込みは、来店不要で電話またはインターネットで申し込める場合が多いため、人目を気にすることなく申し込みを行う事が可能となっています。

一般的な申し込みの流れ

1.インターネットによる申し込み
申し込みフォームに必要事項を入力します。入力した情報を元に仮審査が行われます。
         ↓
2.仮審査を通過すると本審査と在籍確認が行われる
仮審査を通過すると、本審査に移ります。本審査では在籍確認などが行われるため、勤め先に個人名での電話が来ます。
         ↓
3.本審査を通過すると銀行口座への振込み
本審査を通過すると、申し込みの際に指定していた銀行口座への振込みが行われます。
         ↓
4.契約書類の送付・返送
後日、契約書類が送られて来ます。書類に必要事項を記入し、住民票と一緒に返送します。

このように、レディースローンには店頭に出向くことなく申し込みから借り入れまでを行える所が多くあります。また、大手のカードローン会社の場合は、無人契約機による申し込み・借り入れを行える場合がほとんどです。

申し込み条件

レディースローンの申し込み条件は、通常のカードローンとほぼ変わらず「18歳以上で安定した収入のある方」という場合がほとんどです。そのため、アルバイトやパートであっても申し込む事が可能となっています。
また、カードローン会社によっては専業主婦であっても、配偶者(夫)に安定した収入があれば申し込む事ができる場合があります

審査は通常のカードローンと同じ

レディースローンの審査も、通常のカードローンと同じような基準で行われる事がほとんどのようです。レディースローンだからといって、通常のカードローンと審査が変わる事はありません。

在籍確認で利用がばれないか?

カードローンの審査の際には、ほとんどのカードローン会社で在籍確認が行われます。レディースローンであっても例外にはなりません。ですが、在籍確認は本当に勤め先に在籍しているかを確認するためのもので、カードローン会社も会社名を名乗ることはないため、勤め先にレディースローンの利用がばれてしまうという事はほとんどないようです

また、カードローン会社によっては健康保険証などの在籍を確認できる書類を提出することで、在籍確認を済ませる事ができる場合もあるようです。どうしても在籍確認を避けたい場合は、申し込む際に一度確認する事をおすすめします。

借り入れについて

借り入れ方法

レディースローンでは、借り入れを行う場合でも来店不要で借り入れを行う事ができるところもあります。その際は、銀行口座への直接振り込みという場合が多いようです。

コンビニATMが利用できる場合も

カードローン会社によっては、コンビニATMで借り入れを行える場合があります。コンビニATMは銀行口座の利用をしているようにしか見えないため、人目を気にする必要が少なくなります。

借り入れ限度額が低い

レディースローンの中には、借り入れ限度額が最大で数十万円という所もあります。最大の限度額が低いという事は借りすぎの抑制にもなります。もし、利用途中で増額を行いたい場合には、再度審査を受ける事で増額が可能になる事もあります。

内緒で借りる事はできるのか?

何かしらの事情があり、家族に内緒で借り入れを行いたい事もあるでしょう。ですが、内緒で借り入れるためには、自身が会社に勤めている前提条件が必要になります。その理由は、専業主婦の場合には配偶者の収入証明書や同意書などの、必要書類の提出を求められる場合がほとんどだからです。そのため、申込者自身が会社に勤めていれば内緒で借り入れを行える可能性があります

総量規制に引っ掛かる事も

レディースローンを提供しているカードローン会社は、そのほとんどが消費者金融となっているため、総量規制に引っ掛かってしまう事があります。総量規制は年収の3分の1を超える借り入れを禁止する法律で、消費者金融はその総量規制が含まれる貸金業法に則って営業を行っています。そのため、すでに貸金業者(クレジットカードのキャッシングも対象)から年収の3分の1の借り入れを行っていると、総量規制に引っ掛かってしまい、追加で借り入れを行うことができない場合もあります。

返済について

返済方法

返済はそのほとんどが約定返済となっており、毎月一定の金額を返済します。また、毎月の返済とは別で、追加の返済を行うことが可能な場合が多く、追加の返済を行うとその返済分は元金返済に充てられるため、発生する利息が抑えられ借金の早期返済につながります。

返済遅れに注意

もし、返済日までに返済ができなかった場合、遅延損害金が発生する事があります。遅延損害金は、返済が遅れた日の翌日から、返済を行った日までの日数分だけ遅延損害金が発生します。返済が遅れる事によって、本来なら支払う必要のないお金が発生してしまうため、返済遅れには注意しましょう。また、返済遅れが何度も続くとカードローン会社からの信用情報が悪くなり、新規で借り入れを行えなくなる場合もあります。

信用情報機関に開示請求をすると何が分かる?申し込み手順を解説

返済方式で選ぶレディースローン

返済方式はカードローン会社によって異なる場合があるため、返済方式を覚えておく事によってお得に借り入れを行う事が可能になります。

返済方式

残高スライド元利定額方式
「借入残高×一定の割合=返済額(1,000円未満は切り上げ)」
・一定の割合
借入残高が30万円以下 3.61%
借入残高が30万円超過~100万円以下2.53%
借入残高が100万円超過 1.99%

元金定額方式 または元利定額方式
5年以内(1~60回)

残高スライド元利定額方式の特徴

残高スライド元利定額方式の特徴は、借り入れ残高によって返済額が変わるため、残高が減ると返済額も減るという特徴があります。そのため、毎月の返済額は少なくなっていきますが、返済期間が長くなりやすく利息が大きくなりやすいという一面もあります。

元金定額方式の特徴

元金定額方式は、毎月決まった元金の返済を行います。返済の際には、利息を付けて返済する必要があるため、毎月の決まった元金返済分に利息を足して返済を行います。そのため1回目の返済金額が1番多くなります。

元利定額方式の特徴

元利定額の特徴は、元金と利息を含めた金額を毎月返済していくため、借入から返済が終わるまでの期間中は、ほぼ一定の金額を毎月返済するという特徴があります。

この3つの返済方式を、返済期間が短くなりやすい順に並べると以下のようになります。

・元金定額方式(最も短くなりやすい)
   ↓
・元利定額方式
   ↓
・残高スライド元利定額方式(最も長くなりやすい)

借り入れ額が少ないなら元金定額方式がお得

レディースローンは、借り入れ限度額が最大で数十万円というところが多くあります。そのため、借り入れ限度額が数十万円以内であれば、元金定額方式のような返済期間が短くなりやすい返済方式のあるレディースローンを選ぶと、返済総額を抑えやすくなります。

毎月の返済負担を抑えたい場合は残高スライド元利定額方式

残高スライド元利定額方式は、毎月の返済金額は元金定額方式よりも少なくなりやすいため、この返済方式を選ぶと毎月の返済負担が減りやすくなります。


まとめ

・レディースローンとは女性専用のカードローン
・普通のカードローンとの違いは、女性スタッフが対応するという事
・レディースローンは生活費や旅行費用など様々な用途に使える
・レディースローンは来店不要で申し込める場合が多い
・レディースローンは専業主婦でも申し込める場合がある
・在籍確認で利用がばれてしうことは少ない
・返済方式で返済総額が変わる場合がある

この記事と関連する記事

絞り込み条件で探す