24時間お金を借りられるカードローン

カードローンは、予め申し込んでおいて発行を受けていれば、基本的には24時間いつでもお金を借りられるようになります。今現在特にお金を借りる予定がない人であっても、万が一に備えて申し込んでおくと安心して過ごすことができます

ATMを使って24時間借入ができる

カードローンを申し込んで審査に通過したら、借入をするときに使用するカードが発行されます。実際にお金を借りる際には、そのカードを提携ATMに挿入して、現金を引き出すといったやり方で借りるようになっています。
ATMは主にコンビニエンスストアなどの店舗内や、銀行の各支店に設置されています。銀行の支店は時間によっては閉まっていますが、コンビニエンスストアは24時間営業してます。そのため、店舗内にあるATMも24時間いつでも使用することができるようになっていて、カードローンを持っていれば24時間いつでもお金を借りられるということになります。メンテナンスなどで、使用できなくなる時間もありますが、大抵は5分から10分程度で、利用者が少ない時間帯を狙って行われます。

オススメ!24時間お金を借りられるカードローン

お金が必要なときは24時間いつでもあることです。そんな中、金融機関によっては夜に借入できない、なんてことも。下記で24時間借入可能なカードローンを厳選しました!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

最大ご利用限度額は充実の800万円!

公式サイト参照 公式サイト参照 2.0%〜14.0% 公式サイト参照

来店不要。審査は最短30分。最短1時間融資も可能!

最短30分 最短1時間 3.0%〜18.0% 50万円まで不要

30代~50代の方にオススメ!

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8% 公式サイト参照

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

アコム ※20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方
オリックス銀行カードローン ※6ヵ月以内の複数回にわたるお申し込みはご遠慮ください

深夜や早朝、休日であってもすぐに借りられる

急いでお金を借りたいときには、審査の早い消費者金融のキャッシングを利用すると便利です。しかし、消費者金融であっても、深夜や早朝の時間帯に申込みをした場合にはすぐに審査を完了させて、カードを発行するのは難しいです。翌日以降や夜明け以降になってしまう場合も多いです。また休日の場合には、翌営業日以降になることもあります。ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始と重なると、1週間くらい延びてしまう可能性もあります。
これに対して、予めカードローンを発行してもらっていれば、日時を問わずに必要なときにすぐにお金を借りることができるようになります。発行時に既に審査に通っているためです。ATMはコンビニエンスストアの店内にあるため、財布にカードを入れておけば、24時間いつでもすぐに現金を引き出して借りることができます。カードローンを持っていればお金が必要な状況になってから、慌ててキャッシングの申込みをする必要がなくなるため、常に落ち着いて過ごすことができます。

24時間イメージ

借入限度額の範囲内なら何度でも使える

カードローンには借入限度額が設定されています。この借入限度額は1回で借りられる金額を示しているわけではありません。借入金残高が、限度額を超えなければ何度もお金を借りることができるようになっています。そのため、既にカードローンを使ってお金を借りたことがあっても、同じカードローンで再びお金を借りることができます。
お金を借りる際に、その都度申込みをしなくて済むため、24時間いつでも手軽に借入をすることができます。

銀行のカードローンなら利息が安い

お金が必要で急いで借りる場合には、利息が高いと分かっていても、消費者金融のキャッシングを利用する人が多いです。消費者金融の場合には、審査が早いためです。銀行からお金を借りれば安い利息で済みますが、審査に時間がかかってしまうことが少なくありません。そのため、時間的余裕が無い場合には、どうしても消費者金融を頼ってしまう人がたくさんいます。特に深夜や早朝であったり、祝祭日の場合には銀行の窓口は開いてないため、消費者金融から借りざるを得ないケースも見られます。
しかし、カードローンなら、お金が必要な状況になる前に、申し込んでおくことが可能です。万が一の備えとして銀行のカードローンを持っておけば、急いでいるときであっても24時間いつでも銀行からお金を借りることができます。銀行の窓口が開いてなくても、利息の高い消費者金融から借りなくて済むため、返済の負担も小さいです。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 平日に借りられるカードローン

    平日に急な出費でお金が必要になった場合、カードローンでお金を借りることも検討しましょう。

  • 土日に借りられるカードローン

    金曜日にお金を使いすぎて、財布の中が空っぽ。そのような時に限って、土日に食事に誘われたり、月曜日に支払いがあったりと、急にお金が必要になるものです。しかし、土日だからお金は借りられないだろうと、カードローンを諦めてしまったことはありませんか。実は、土日でもお金を借りられるカードローンはあります。土日に借りるポイントと注意点を紹介します。

  • 休日に借りられるカードローン

    カードローンは休日でもお金を借りられるサービスが多いです。銀行口座から休日にお金を下ろすと手数料がかかってしまうことが多いですが、カードローンの場合は金融機関によっては提携ATMで借入しても手数料がゼロなんてところも!お申込から借入まで休日で完結するカードローンもあるのでチェックしてみましょう!

  • 祝日に借りられるカードローン

    消費者金融は利用者が便利に使うことができるように、即日で審査が完了するところも多いです。しかし、祝日の場合には平日と異なり、審査結果が出るのが翌日以降になってしまうこともよくあります。そこで、祝日にどうしてもお金をすぐに準備しないといけないような状況にあるときには、祝日でも借入できる金融機関を選ぶことが重要です!

このページに関連するQ&A

絞り込み条件で探す