平日、お金を借りられるカードローン

平日に急な出費でお金が必要になった場合、カードローンでお金を借りることも検討しましょう。

平日にお金を借りるなら午前中に手続きを済まそう

カードローンは平日であれば、ほとんどのところが営業しています。選択肢も多いですから、より借り入れ条件の良い、かつ返済の負担が少なくて済みそうなキャッシング会社を見つけることです。 中には急な出費で、借り入れ申し込みの当日に現金が必要というケースもあるでしょう。その場合、即日融資にも対応しているようなカードローン会社を見つけましょう
ただし即日融資をしてもらうためには、一つ注意すべきことがあります。それは午前中までに申し込みを済ませることです。 即日融資のサービスを行っている所は、皆さんの口座に必要なお金を振り込むことで融資をします。銀行の取引は午後3時までですから、これまでに振込を済ませておく必要があります。
振込の事務手続きもありますし、融資するかどうかの審査の時間もあります。そのようなこともあって逆算すると、正午までの午前中に申し込み手続きをすませておかないと間に合わない可能性も出てくるわけです。

オススメ!平日にお金を借りられるカードローン

平日なら各金融機関、比較的審査もスムーズに進みます!即日融資も可能でカードローンによっては最短で1時間で融資可能な金融機関も!下記のカードローンをチェックしてみましょう!

審査時間 融資スピード 実質年率 収入証明書※

お試し1秒診断!申し込みから最短1時間でご融資可能!

【PR】Sponsored by アイフル株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜18.0% 原則不要(※)

審査最短30分!さらに最短1時間融資も可能!

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

最短30分 最短1時間 4.5%〜17.8% 50万円まで原則不要

最大ご利用限度額は充実の1000万円!

【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行

最短即日 最短即日 3.0%〜7.0% 200万円まで不要

お申込時には三井住友銀行に口座がなくてもお申し込みいただけます。

【PR】Sponsored by 株式会社三井住友銀行

最短30分 最短即日 4.0%〜14.5%

おまとめ・借り換え希望の方に人気!

【PR】Sponsored by オリックス銀行株式会社

最短即日 ご契約後最短即日 1.7%〜17.8%

アイフル ※フリーター・主婦:安定した収入がある方に限る
アイフル ※最大50万円以下は原則収入証明書類不要(アイフル利用限度額50万円以下、且つ他社含めた借入総額100万円以下の場合)
アイフル ※当日融資は、21時45分までに無人契約ルーム(てまいらず)に入店いただくことが条件となります。
アイフル ※利用可能コンビニ:E-net設置店のみ、イオン銀行ATM設置店のみ

プロミス ※主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミス ※30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※本日中の借入:一部21時までの店舗もあり。詳しくはホームページをご確認下さい。
プロミス ※WEB契約で即日振込:平日14時までにWEB契約完了が必要

みずほ銀行カードローン ※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。エグゼクティブプランの年3.0%、コンフォートプランの年3.5%は引き下げ適用後の金利です。

三井住友銀行 ※審査時間最短30分:お申込の受付時間等によっては、審査結果のご連絡およびご融資が翌日以降になる場合があります。
三井住友銀行 ※21時まで受付可能ですが、時間帯によっては回答が翌日以降となる場合があります。

オリックス銀行カードローン ※ご利用いただける方:原則、毎月安定した収入のある方

午後3時までの振込に間に合わない…そんなときでもチャンスあり?

平日は午前中までに取引を済ませておけば、その日のうちに融資を受けられる可能性も高いです。しかし午後になってから、当日の夜付き合いなどでお金が必要といったケースもあるかもしれません。その場合もはや万事休すかといえば、決してそうではありません。
大手キャッシング会社の中には、自動契約機を日本全国に設置している業者もあります。自動契約機で申し込みをし、審査通過できればその場でローンカードが発行されます。そしてこのカードは発行された瞬間から利用可能ですから、そのままATMを使って借り入れ手続きすれば現金確保できます。
自動契約機は、夜の9時ごろまでは営業しているはずです。振込による即日融資には間に合いそうにないときには、活用してみましょう。

平日イメージ

無利息キャッシングを活用して返済負担を最小限に

平日お金借りる場合には選択肢が多い分、返済のことも視野に入れて比較をすべきです。返済のときに着目すべきは、金利です。少しでも金利が低く設定されていれば、利息の支払い負担も軽減できます。
そこで各カードローンの金利がどのくらいかを比較しましょう。そしてもう一つチェックしておきたいのは、無利息サービスの有無です。 無利息サービスとは文字通り、一定期間内に返済できれば、利息が一切かからないキャッシングです。元本の返済だけで済みますから、負担を最小限にできるわけです。
無利息サービスは、通常借り入れから30日以内としているところが多いです。ただし初回借入時だけなどの条件も付いているケースがありますから、内容をしっかり確認した上で利用するかどうかを考えましょう。ノーローンのように1週間だけ無利息ですが、何度でもサービス利用できるようなキャッシング会社も見られます。

平日無利息イメージ

キャッシングの返済方法が多彩かどうかも確認しよう

キャッシングを利用するときには、返済方法が多彩かどうかも注意すべきです。方法が多ければ返済もしやすいですし、うっかり返済し忘れるといった事態も回避できます。
たとえばATMを使った返済の場合、コンビニATMが利用できるかどうか確認しておきましょう。コンビニが近所にある人も多いはずです。そうすれば、帰り道に立ち寄って返済手続きも簡単に行えます。
また口座からの自動引落に対応しているかどうかもチェックしましょう。自動引落であれば、自分で手続きをする必要もないですし、決まった日時に向こうが処理してくれるためうっかり返済を忘れる事態も回避できます。

このページに関連した記事

このページに関連するコンテンツ

  • 土日に借りられるカードローン

    金曜日にお金を使いすぎて、財布の中が空っぽ。そのような時に限って、土日に食事に誘われたり、月曜日に支払いがあったりと、急にお金が必要になるものです。しかし、土日だからお金は借りられないだろうと、カードローンを諦めてしまったことはありませんか。実は、土日でもお金を借りられるカードローンはあります。土日に借りるポイントと注意点を紹介します。

  • 休日に借りられるカードローン

    カードローンは休日でもお金を借りられるサービスが多いです。銀行口座から休日にお金を下ろすと手数料がかかってしまうことが多いですが、カードローンの場合は金融機関によっては提携ATMで借入しても手数料がゼロなんてところも!お申込から借入まで休日で完結するカードローンもあるのでチェックしてみましょう!

  • 祝日に借りられるカードローン

    消費者金融は利用者が便利に使うことができるように、即日で審査が完了するところも多いです。しかし、祝日の場合には平日と異なり、審査結果が出るのが翌日以降になってしまうこともよくあります。そこで、祝日にどうしてもお金をすぐに準備しないといけないような状況にあるときには、祝日でも借入できる金融機関を選ぶことが重要です!

  • 24時間借りられるカードローン

    カードローンは、予め申し込んでおいて発行を受けていれば、基本的には24時間いつでもお金を借りられるようになります。今現在特にお金を借りる予定がない人であっても、万が一に備えて申し込んでおくと安心して過ごすことができます。

このページに関連するQ&A